d447689a53bd9b8edb8f90ffee0af97d_s

医師の転職・相談・求人『医療機関側から見た辞めて欲しい医師の人物像』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

弊社、コンサルは日々先生方の対応も当然ながら医療機関様とのコンタクトも
密に取っています。
こちらからコンタクトを取る場合の多くは、現在の医師の募集状況の確認が主です。
そんな中、たまに耳にするのは、
「実は今にでも辞めてもらいたい医師が1名いて困ってるんだよね。。。」
なんていう、目が覚めるようなお話(愚痴)を聞くこともあります。苦笑

医療機関側が俗に言う辞めてもらいたい医師とはどんな人物なのでしょうか?
・院内でキレる。職員やコメディカル、場合によっては他の医師にも
・医療レベルが低い。時間内に通常の業務量をこなせない
・管理者・経営者と意見や根本的な考えが食い違っている
・患者や家族からのクレームが絶えない
・休みがちで周りに迷惑を平気でかける。

etc…
これまでに聞いた事があるのはこんなところでしょうか、、

同じ職場で勤務されている仲間なのですから大切にされるに越した事は
無いと思います。
自分の希望が全て通れば誰でも嬉しい事ですが、社会ではそうはいきません。
時にはグッと我慢も必要です。

上記で記した中で思い当たる節がある先生は、自身の態度や周りへの配慮等を
少しだけでも考えてみて下さい。
相手に変わってもらう前に自分がまずは変わる事を心掛ければ
きっと周りとの関係は良好になると思っています。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_S1C0997_sss

医師の転職・相談・求人『情報共有の大切さ』

いつも当ブログをご覧頂き誠に有り難うございます。
リノゲート(株)の一杉です。

先日、お休みの日に家族旅行に行ってきました。
海の近くにある水族館に行き、生き物に触れ合う事で癒された時間を過ごす事が出来ました。
そんな楽しい旅行の夕飯時の話です。
飲み物を注文した際に研修中のスタッフが対応をしてくれたのですが
いくら待っても飲み物が来ず….
その後そのスタッフが上司を連れて再度注文を聞きにきて、やっとこれで飲めると思ったのですが
なんと頼んだものと違う種類の飲み物がテーブルに運ばれてきました。(笑)
注文を取ったスタッフとウエイターが違う人だった為、
事情を説明すると注文はこれで受けているのでと言いそのまま行ってしまいました。
きちんと情報共有をしておらずこの時点でこのお店に対する信用はゼロです….

情報共有の内容は変わりますが、これは転職の際にも言える事で、
面接の際に事前に病院側から聞いていた内容と面接をした際に病院側から
言われた内容が違うと、あれ?何が本当の事なんだ、
どの情報が正しいのかと病院側に対する信用性が低くなり
先生からの評価が下がってしまいます。

これには逆パターンもあり、
面接を実施する前には私共の方から医療機関側に対して先生方のご希望の条件など
の情報をご提供する事になるのですが、
事前に病院側に伝えていた内容と面接の際に伝えた内容に違いがあると
ん?事前に聞いていた情報と齟齬があるけどこの先生大丈夫かな…と病院側から
先生に対する信頼性が薄くなり評価が下がってしまいます。

こうならない為にも事前の情報共有をしっかり行う事が大切なのです。
面接前に情報の確認・すり合わせなどを行うことにより医療機関側
・先生の両者にとって良い結果・時間に繋がるのではないでしょうか。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_S1C2743_sss

医師の転職・相談・求人『ご勤務されている病院を退職される際に重要な事』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

先生方からの相談は〇〇のような条件が満たせる病院はありませんか?
等の相談内容が多いですが、他にも今居る病院の辞め方や場合によっては
大学に居る先生で医局を退局する際の辞意の伝え方等の相談を
頂く事も多々あります。

そこで現在ご勤務されている病院を辞める際に心掛けて頂きたい事を
共有させて頂きます。
まず「円満退職(退社)」という言葉はよく耳にされる先生方も
多いかと思いますが、医療業界のみならず退職される際は円満にお辞めになるに
越した事はありません。

当然、退職される際は人それぞれ、何らかの理由はありますよね!?
その理由をストレートに伝え、しこり・いざこざなく辞める事が出来れば誰も苦労は
しません。ですが実際問題、雇用主側も戦力になっていた先生を簡単には
手放したくないと思いますので、ある程度の引き留めにあうのは覚悟が必要です。

しかし、ここで挫けていては話が進みません。
自身の意志が固まっているのであれば、引き留めにあう事を恐れずに
話し合いの機会を粘り強く設けてみて下さい。

また、話し合いや退職を申請する際に一点、注意して頂きたい点があります。
何度も引き留めにあい、中々思うように事が進まずイライラが募り感情的に
なってお話されるのだけは絶対の絶対にNGです。

何故かと言いますと、残りの退職日までは今居る病院でご勤務されるわけですから、
事務方や噂を聞いた医師、コメディカルの方々との関係がギスギスしてしまう
可能性があるからです。
せっかくこれまでに築き上げてきた信頼や貢献度、絆が水の泡になってしまいます。
また、院内では何も無かったとしても、狭い医療業界ですので転職先に
何らかの経路でお話が伝わってしまい仇となって跳ね返って来る可能性も
あります。

退職する際のポイントは時期を明確に決め伝える事や、法・就業規則に則って
進めていく事になりますが、周りからのご印象も大事にされ転職先に変な噂が
流れる事が無いように誠意を持ち、寛大な心で病院側と向き合ってみて下さい。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_S1C0432_sss

医師の転職・相談・求人『ゆったり・忙しさの感じ方は人それぞれ』

いつも当ブログをご覧頂き誠に有り難うございます。
リノゲート(株)の一杉です。

最近は家の近くの公園などでアジサイを目にする機会が増え
梅雨という季節を強くを感じております。
正直梅雨は苦手なので、
雨の日でも快適に過ごせるようレイングッズを充実させたい今日この頃です。

さて本題に入りたいと思います。

今までご転職を考えられた事のある先生は
求人情報で『ゆったり勤務』というワードを一度は目にしたことがあるかと思います。
ワードだけで見ると、「業務量が少なくラクな勤務なんだろうな」と
イメージをしてしまいがちですがこのワードには注意が必要です。

何故か?

それは先生方によって「ゆったり」や「忙しい」の感じ方の度合いが違うからです。
つまり先生方の業務量、
詳しく言うと外来担当数、病棟担当数、救急対応数、当直回数などのご経験から
転職先候補の病院がゆったりなのか忙しいのかなどの感じ方が変わるのです。

その為、弊社で転職のお手伝いをさせて頂く際は
先生のご経歴や業務量などを必ずお伺いさせて頂いております。
そうする事で先生のご希望に近い医療機関をご紹介した際に
齟齬が生まれる事を防げるからです。

業務量を減らしたいのでゆったり勤務が出来る病院が希望・
経験を活かせるよう動きのある忙しい病院での勤務が希望
など先生によってご希望は違うかと思います。

ご転職をお考えの先生は医療機関をお探しの際に
事前に転職先の病院がどういう職務内容になっているのか、
どんな特色の病院なのかをしっかりと予習する事で
アンマッチを防ぐことができるのではないでしょうか。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

d35f9a538272c8f930e139e4ed9d6ea2_s

医師の転職・相談・求人『リノゲートの求人について~続編~』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

数週間前にもリノゲートの求人については触れさせて頂きましたが
少し違った視点からお話したいと思います。

弊社へご相談頂く先生方の多くは常勤先をお探しの場合が圧倒的に多いですが、
常勤先でも少し違った働き方が可能な一般・総合病院等での
リエゾン、緩和ケア、訪問診療といった働き方も出来る医療機関とのやりとりも
ございます。
また、前面に押し出している訳ではありませんが、非常勤の案件も保有しています。
非常勤と言いましても色々ありますが、パターンとしては
・クリニックでの外来や、在宅・訪問診療等での週1~3日程の勤務
・病院での外来+病棟管理の週1日程の勤務
・隔週や毎週の土日の日当直の勤務
・療養型病院(ケアミックスの病院も含む)等での病棟管理等の週1日勤務
etc..

先生方とやりとりをさせて頂いている際に、私共からもお声掛けさせて頂く場合も
ありますが、先生方も非常勤先を探している場合や差し替えを考えている際は
僭越ながらお手伝い出来ればと考えていますので何なりとお申し付けくださいませ。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

1349ca994d43647020ef02347cac8cf3_s

医師の転職・相談・求人『転居の際のポイント』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート(株)の一杉です。

転職の際は転居を伴った転職をお考えの先生もいるかと思います。
エリアフリーで条件面次第での転居、ご家庭のご事情による転居
ご出身地に戻られる転居などご理由は様々です。

転職のサポートを行う中で、転居を伴う転職の際は、
先生と一緒に病院の最寄り駅や通勤しやすい駅を散策してみる事もあります。
その地域に住むイメージを膨らます為です。

その際は以下のポイントをチェックしながら歩いています。

・交通網(公共交通機関の際の利便性や車利用の際の利便性)
・周辺の飲食店状況やスーパーの有無
・地域の治安
・子育ての環境(近隣にどんな学校があるか)
などです。
又、中には実際に歩いて感じたイメージと地元の方からのみたイメージに
齟齬がある場合もあります。

これは先日の話ですが、実際に転職に伴い転居をお考えの先生を担当した時のお話です。
面接前に少し時間があり先生と最寄り駅のA駅周りを歩いてみましょうという事になりました。
駅周辺を歩いた印象ですと、駅から少し離れたところにスーパーがあり、
静かな住宅街で特に何もデメリットは感じられないといった印象でした。
先生としても「ここなら住んでも全然構わないです」とおっしゃっておりました。

その後、ご希望の病院で面接を行い、お話の中で先生が転居をお考えという事を
お伝えするとご同席された先生から近隣駅の情報を頂ける機会がありました。
よくよく話を聞くと、先生と散策した最寄り駅のA駅はお昼と夜ではイメージが異なり夜は治安が悪く
住むのにはあまり適していないのでB駅の方が色々と利便性もあり住みやすいですよというご意見を頂きました。
私と先生は「えっそうなんですか!?」といった感じでした。 (笑)
全然そんな風には感じられなかったからです。

ちなみに面接後、少し時間があった為、B駅から帰る事にして駅周りを散策をしたのですが、
実際に歩いてみるとなるほど!確かにB駅の方が住みやすいと感じました。
B駅の方がファミリー層も多く、近くに飲食店やスーパーなども充実していたのです。
結果、先生とお話しし住むには断然B駅ですねという意見で一致しました。

このように、実際に病院で勤務されている先生から地域の情報を頂く事も大切だと感じました。
それは住んでいる方しか分からない実際のリアルな情報をお持ちだからです。

ご転居を伴う転職の際には是非面接の中で、ご質問など病院側にしてみて下さい。
有益な情報を得たり、ご質問する事で病院側とのコミュニケーションも図れ
プラス要因に繋がります。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_S1C1956_sss

医師の転職・相談・求人『複数の病院に見学へ行く際の注意点』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

先生方が現在勤務している病院をお辞めになり、転職先を探され入職に至るまでの
フローは百人百様です。
そんな中、多いパターンとしては数件(2、3件程)の医療機関に見学に行かれ、
比較検討し最終的にジャッジされるパターンが多いかと思います。

今日は複数件、見学に行かれる際の注意点について共有させて頂きます。
最初にお伝え致しますが、複数の病院に見学に行かれる事自体は
全く問題ございません。
むしろ、じっくりと検討される意味では良いかと思います。

ポイントになってくるのは、見学に行かれる日程の間隔です。
例えばですが7/1(月)にA病院、7/15(月)にB病院という風に
日程を組んだ際、仮に7/3(水)にA病院より雇用条件通知書(正式なオファー)が
届いてしまった場合、B病院からオファーを頂ける日まで空白の時間が
出来てしまいます。

当然、病院によってどれくらい保留状態で待って頂けるかであったり
オファーが出るまでの時間を要すかは定かではありませんが
少しでも長い時間、じっくりと比較検討して頂く為にも
複数件を見学に行かれる際は出来れば1週間以内、長くても10日程の間隔で
見学を組めるのが理想です。
先生方のご都合、病院側の都合が合わずやむを得ず間が出来てしまう場合も
ありますが、1日でも近い日程で行かれる事をオススメします。

私共コンサルタントとしては、先生方のご意向を第一に考え希望に可能な限り
近づけられるよう精進致します。

今後、弊社や他社様を利用され複数見学を検討されている先生は
何度もお伝え致しますが、見学日程のスケジューリングを少しでも
意識してみて下さいませ。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_S1C2263_sss

医師の転職・相談・求人『男性の育児休暇について』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート(株)の一杉です。

最近の悩みは子供に全然懐かれないという事です。
なぜでしょう?  (笑)
なるべく子供との時間を作り一緒に過ごすように心がけているのですが、
なかなか難しいものです。

本日は子供を持つ父親なら気になる
男性の育児休暇について少しお話させていただきます。

まず男性の育児休暇取得の現状についてですが、
世界では男性の育児休暇に向けての政策などもあり
ノルウェー、スウェーデン、ドイツなどの国は特に取得率が高くなっております。
最近は日本でも男性社員の育児休暇制度を取り入れる
企業が増えてきていますが、ただ現状取得しにくいとの声も多く、
実際に取得しているという人は極めて低いという事も事実です。
その為に、今男性の育児休暇の義務化の声が上がってきています。
※ちなみに厚労省が発表した2018年の統計では6.16%
 育児休暇を挿入した年に比べると数値自体は何十倍にもなっていますが、
 それでも極めて低いという数値になっています。
 又、「制度はあっても利用しづらい」という現状を表しています。

この間、友人のA氏と食事をする機会があり、その際に子供の話になりました。
A氏の家庭は共働きをしており、第一子誕生後、約1ヵ月の育児休暇を取得して
育児をすることが出来たと言っていました。色々話を聞くと育児休暇により
得たものは大きく、育児に対しての意識も変わったと話しておりました。

その際に聞いたメリットとしては
①夫婦で一緒に子供の成長に少しでも立ち会える喜び
②奥さんの育児による負担を理解する事が出来る
➂育児休暇により、育児に関する経験・知識が深まった
④意識が変わる事により、必然的に行動も変わった
etc…

「そもそもよく育児休暇を取得出来たね」と私が言うと
育児休暇を取得出来た事の一番の要因については
「職場の理解があったから」とA氏は言っておりました。

A氏の言う通り、最近は育児休暇取得後の復帰の際、部署の移動を命じられたりなどの
パタニティーハラスメントによる問題も出てきており、
男性の育児休暇については職場での理解が必要不可欠になっております。
その為には、まず職場の人たちとの信頼関係を築く事や
自分自身が発信していく事が大切だと私は思います。

これは医療業界にも言える事で、
医局内の雰囲気やコメディカルなど職場の方たちと信頼関係を築く事により
自身が働きやすい環境を作っていけたり、何かあった際にサポートしてもらえる
状況を作れるのだと考えております。

話は戻りますが、
育児休暇取得に関しては、今後、国として取得率が大きく伸び環境が整備された際に
夫婦で家事・育児を分担できれば、女性が仕事でも活躍でき、子どもも産みやすくなり
労働者の確保や少子高齢化対策にも繋がっていくのではないでしょうか?
その為には、企業側の理解・育児に関する意識の改善が必要だと思っております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

8850c0a6a42b264900ed9bc06e5032ad_s

医師の転職・相談・求人『履歴書(経歴書)の重要性』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

これは私達、ホワイトカラーの企業で勤務している人間にも同じ事が言えますが
転職をする際には「履歴書」が必要になります。
履歴書は面接前の段階で必要なケースがほとんどで、僭越ながら私共も先生方と
やりとりをしている中で、履歴書(経歴書)の送付をお願いする事が
どこかのタイミングでは一度は発生します。

履歴書の記入項目についてですが
上部→氏名や住所等の個人情報の記載欄があり
中部→学歴・職歴、資格の記載欄があり
下部→自己PR、特技、本人希望記入欄の枠が設けられているのが多く使われている
書式かと思います。

まず、上部と中部については先生方に記入のお願いをしますと
しっかりと記載を頂き返信を頂ける事が99%です。
逆に下部の自身のPRや希望条件等を記載する欄に関しては、
空白状態や特に無し等の状態になっている場合があります。

当然、絶対に記載しないといけない必須項目ではありませんので
記載がない履歴書を医療機関側に提出しましても、マイナス評価になる事は
ほとんどありません。
ですが、病院見学の場は双方のコミュニケーションの場でもありますので
履歴書に書いてあるちょっとしたネタがお話が盛り上がる良いきっかけに
なる事も多々あります。

先日、実際にあったのが趣味の部分でゴルフと書かれていた先生の面接の際に、
院長先生も趣味がゴルフで休日はよく楽しまれているとの事で
場の雰囲気が和やかなムードになり、そのまますんなりと採用に
繋がったという事もありました。+条件面も当初のお話よりは色を付けてご提示
頂けました。

履歴書をパッと見た時は、空欄が多い履歴書よりかは確実に何かしら先生の事が
少しでもわかるような内容が記されている履歴書の方が、良い印象を医療機関側にも
与える事は間違いありません。

とは言いましても、先生方もご多忙のところ記入頂くわけですので
絶対にそうして下さいという事ではありません。
もし、少しでもお時間があるようでしたら1行でも2行でも記入頂く事を
お薦めします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

589511e742ca11a0a77a9d5b88043bcb_s

医師の転職・相談・求人『急な転職にはご注意を!』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート(株)の一杉です。

私が転職のサポートを行っている中で、早期転職をご希望のご相談もよく頂きます。
ご家庭の事情や目的の変化などご理由は様々ですが、
中には仕事のハードさや人間関係の悪化などにより→はやく辞めたい!
などと衝動的に転職を考え行動されるケースもございます。
実はここの衝動的な転職には危険が潜んでいるのです。

本日は急な転職の注意点についてお伝えしようと思います。

今まで私が過去に在籍していた会社など(医療業界だけでなく)、
企業側の視点として入職してすぐに辞める社員を色々みてきましたが
その人たちには共通している部分があります。

■入職して何をしたいのか・目指しているもの・目的がはっきりしていない
■一度嫌な事があるとそれをいつまでも引きずり、
自分で解決しようという意識より、違う環境に身をおいた方が楽と考えてしまう
■転職する事に慣れてしまい退職に抵抗を感じない
など以上の事が大半の退職者の理由を占めておりました。

こうなると
また新たな不満が出た際に同じように転職を重ねてしまい
それが慢性的にクセずいてしまいます。
結果、悪循環に陥りなかなか仕事が続かない状態が続くのです。

業務量のハードさや人間関係の悪化などのご理由などで
すぐにでも環境の改善をしたい気持ちはわかります。
ただ一度、冷静になってじっくりと転職に対して向き合ってみてください。
自分が転職して叶えたい事。目的を明確に持つ事で
今後それらを乗り越えられ
この悪循環から抜け出す事ができるのではないかと思います。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆