29898c1b293e574b972e09b2f2ceb634_s

医師の転職・相談・求人『求人をご紹介させて頂くときのジレンマ』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

私共の方から先生方に対し求人案件をご紹介させて頂く時の事ですが、
とても悩んでしまう事があります。それは「どの範囲までの求人をご紹介すべきか?」
という事になります。ここで言う「どの範囲までの」というのが何を指しているのかと
言いますと、いわゆる求人の質という事を指しております。

実は先日の事ですが、こんな出来事がありました。
私共の方でご案内させて頂いていましたT先生の件についてですが、
T先生は転職活動を行う際に複数の紹介会社をご利用されていました。
結論から言いますと私共ではなく別の紹介会社を経由し転職される事になりました。
しかし転職されてから2ヵ月ほど経過した時に再度、私共の方に連絡がありました。
「転職した先の病院が色々と問題のある病院で改めて転職を考えている」という
内容のご相談でした。

そこで先生に対して、どこの病院に入職されたのかを確認させて頂きましたところ、
つい1年ほど前に医師の一斉退職があったような病院にご入職されていました。
病院側は急ぎで医師の採用を行う必要があり、近隣の病院と比べて破格の条件で
医師をオファーしていた事もありT先生もこの病院に決められたようでした。

当然、私共の方でもこの病院の情報は把握しておりました。
しかし内情を察知していましたので、そのような病院を敢えてご紹介する事が
先生に対して良いご提案になるのかどうかを懸念しておりました。
それもあり今回はT先生に対して敢えてご紹介していなかった背景がありました。
その隙をつかれて、この病院に入職する結果になったのです。

このような場面は過去にも何度かありました。
先生方に対してどの範囲までご案内する事が良いのか大変悩む事もあります。
ただし、いずれにしましても変わらない事は先生方に対して有益な情報を
ご提供出来るよう対応させて頂きたいと考えております。
このような方向性だけは変えずに今後も対応していきたいと思っております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_MG_3608

医師の転職・相談・求人『慣れが怖いと感じた事』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

先日、私共の方でご案内させて頂いたN先生から以下のような事を言われました。
「私は過去の転職では紹介会社を利用した事がなく今回初めて利用しようと
考えています。先日とある紹介会社に問い合わせをしたところ、
面談を実施したいとのお誘いを受けコンサルタントとお会いする事に
なったのです。そして実際にお会いしたのですがお会いして早々から、
簡単な挨拶から始まり、いきなり諸々の質問をぶつけて来ました。
私の方ではその質問に対して分かる範囲で全て答えたのです。
一通りの質問が終わるとコンサルタントから「本日はお時間を頂きまして
誠に有り難うございました」という締めの言葉が出て来たのです。」

その時にN先生は何かが足りていない気がしてしまったというのです。
それは、そもそも紹介会社を利用する方法であったり、メリットであったり、
今後の流れであったりの説明が一切無かったという事なんです。

つまり初めて紹介会社を利用する先生に対して自分達が何者なのかについて、
一切の説明が無かったという事なんです。N先生からしてみれば何も分からず
不安を抱えての面談だったと思いますが、一切の説明が無かったために、
ただ自分の情報だけを抜き取られてしまっただけで何のための面談だったのか、
分からなくなってしまったようです。

そこで私共の方では改めてN先生に対し紹介会社とは何ぞや、というご説明を
させて頂きました。そして、そもそも面談をする理由は何かについても
ご説明をさせて頂き無事にご納得して頂く事が出来ました。

恐らく前出のコンサルタントは先生方と面談をする事に慣れ過ぎていて、
基本を怠った対応をしてしまったのだと思います。
コンサルタントからすれば些細な事かもしれませんが、
先生方からすれば、とても大事な事になるのです。
そもそも先生方がどんな事を気にされているのか、そこに気が付かない
コンサルタントに良いご案内をする事は不可能だと思います。
私共としましても、同じような事を起こさないよう細心の注意を払い
対応させて頂きたいと考えております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

134959

医師の転職・相談・求人『将来を見据えた転職について』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

転職するというのは人生の中でも大きなイベントであり、転職する事でその後の
人生に大きな影響を与える可能性も十分に考えられる事ではないかと思います。
つまり転職するという事はその場の状況を変える事だけが目的ではなく、
将来を見据えて計画的な転職をする事も非常に大事な要素になると思います。

先日、こんな出来事がありました。
私共の方で転職のご案内をさせて頂いたM先生の件についてですが、
年齢は37歳という事でお若い先生でした。M先生は数年前に転職活動を行い
現在の勤務先に入職されたようですが、その際に病院側に対して上手く
交渉を行いご年齢の割に大変な高額な給与額にてオファーを頂いたようです。

その後、再び転職したいという事で私共の方にご相談を頂き先生のご希望に
見合うような案件をお探ししようと考えたのですが、先生が頂いている給与が
大変な高額である事もあって、それ以上の条件を出して頂ける所はさることながら
現状を維持出来るような求人をお探しする事すら難しい状況になっていたのです。
この状況になってしまいますと、いざ転職したいと思ったとしても
転職出来る先が見つからなくなってしまうのです。

今回のポイントは前回、転職した際にご年齢に見合った給与ではなく、
明らかに高額な給与を引き出し過ぎてしまったがために起きてしまった
出来事なのではないかと思います。

将来の事を考えずにその場しのぎの対応をしてしまう事で、
思わぬしっぺ返しを食らってしまう結果になってしまったのだと思います。
このような事にならないようにするためにも「先を見据えた転職」をする事が
大事ではないかと思います。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_S1C1791_sss

医師の転職・相談・求人『良い先生と思って頂くためには』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

医療機関との面接にお伺いした際ですが当然のごとく「良い先生」という評価を
下して頂けるに越した事はありません。それは、そもそも採用して頂けるのか
否かについて大きな影響を与えるだけではなく採用が決定した後の条件交渉の
場面においても多大な影響を与えるためです。当然「良い先生」と思って
頂けた方が先生方にとりまして優位な状況で進める事が可能になる訳です。

では医療機関から良い先生と思って頂くためには一体どんな事が重要なのか
改めて考えてみたいと思います。
まず言わずもがな先生方の医療的なスキルについてです。
医療機関側は先生方がお持ちの高いスキルに期待している場合が多くなります。
これが先生方にとりまして最大の武器になるのは当然です。

それともう一つ、とても大事な要素としては先生方のお人柄という事になります。
医療機関だけでなく企業なども同じですが多くの人が一つの組織を形成して
調和を取りつつ動いています。そのため和を乱さないようなチームワークを
重んじる事が出来るような先生方はとても好まれる傾向にあります。

ではそのような雰囲気をどの場面でアピールする事が出来るのかと言えば
それは面接の場面という事になります。その中でも特に大事なのは
面接がスタートした時の第一印象という事になります。面接官と初めて
顔を合わせた段階で自然な笑顔を出せるような先生は好印象間違いなしです。
また面談中も相手方の話をよく聞き、相手の立場をよく理解した上で、
適切な回答が出来るような先生も大変好まれます。つまり空気を読んだ
対応が出来るような先生という事になると思います。

採用する側が求めている「良い先生」のイメージをご理解して頂く事で、
実際の面接の場での立ち振る舞いも変わってくる事になると思います。
是非、上記のような事を頭の隅に入れて頂きつつ面接への参加をお薦めします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

tayou85_officedash20140823100308_TP_V

医師の転職・相談・求人『転職活動とスピード感』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

今回のテーマですが転職活動を行う際のスピード感について実際の事例を含め
ご説明させて頂きたいと思います。

過去に私共の方でご案内させて頂きました先生方の事を振り返った際に
「もう少しスピード感をもって対応していれば、もっと良い結論を導く事が
出来たかもしれない、、、。」と思うような事例が幾つかありました。
転職活動を行う際にもスピード感というのは、とても重要な要素になり得る
という事になるのです。

では具体的にどのような場面でスピード感が重要になってくるのか、
実例を交えて2つほど、お話をさせて頂きたいと思います。
以前ご案内させて頂いたH先生の事例になりますが、こちらの先生ですが、
私共の方から複数の求人をご紹介させて頂きました。その中で気になる物があれば
一度、見学を兼ねて面接を実施してみませんか?という事でお話をしていました。
しかしご紹介させて頂いてから、しばらくの間、先生からのお返事は一切なく、
1ヵ月程度の時間が過ぎてしまいました。私の方でも諦めかけていた時でしたが、
先生から突然の連絡があり、ご紹介させて頂いた求人の中から気になる案件を
2つほどチョイスして頂き、そこの見学・面接に参加してみたいという事で
ご連絡を頂いたのです。そこで改めて求人先に問い合わせしてみたところ、
なんと、この1ヵ月の間に別の先生から応募があり2件とも、その先生で
決まってしまった、という報告を受けました。こうなると、もう手が付けられない
状況になります。結果的にH先生は転職を諦め現職場に戻られました。
また機会があればチャレンジしたいという事でお伺いしましたので
次回のチャンスが来るのを祈るばかりです。

続いての事例はB先生の件になります。B先生は、とある病院の面接に参加して頂き
無事に内定を頂き、後は先生がそれを受け入れるか否かの判断を下すのみ、
という所まで進んでいました。先生としては初めての転職という事もあり、
かなり慎重に時間を掛けて検討しているような印象でした。
一方、内定を出した病院側の状況はどうだったのかと言いますと、
前任の先生が急遽お辞めになった事実があり1日でも早くご入職して頂きたいと
考えておりました。

そんな時、別の医師からの応募がありB先生に対しても、その事実をお伝えし
早めのお返事を頂きたいとお伝えしていましたが、いっこうにお返事を頂けず、
後から応募した医師で正式に入職が決定してしまったのです。
結局、その後にB先生からは入職したいとの申し出があったのですが、
採用枠は全て埋まってしまい結局、入職に至らなかったのです。

いずれのケースも、もう少しスピード感をもって対応していれば、
何ら問題なく決まっていたケースではないかと考えております。
上手く事を進める為には相手方の状況も理解しつつ、スピード感をもって
対応する事が大事ではないかと考えております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

1059ecca130208de7dc51f07ecbbfaae_s

医師の転職・相談・求人『経歴書の取り扱いについて』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

転職活動を進めていく中で、先生方にお願いしている事としましては、
履歴書や職務経歴書といったいわゆる経歴書の作成をお願いする事があります。
経歴書を作成して頂く事で、私共の方で先生方の今までのご経歴や
ご希望条件を把握した上で、各求人先とのやり取りをさせて頂きます。

しかし作成する先生方の立場で考えました際に経歴書を提示する事で
ご自身の個人情報などを、あまり広めたくないというようなお考えを
お持ちの先生方も少なくないのではと感じております。
そこで改めて先生方よりお預かりした経歴書の取り扱いに関しまして、
私共のやり方を改めてお伝えさせて頂きます。
特にご心配されるのは医療機関など求人先に対して経歴書をお送りするような
場面についてだと思いますが、求人先に提示させて頂く際には
先生のお名前や住所、電話番号はもちろん、現在のご勤務先の名称など
個人を識別出来るような情報に関しては全て消した状態で提示します。
つまり経歴書を見ただけでは、どこの何先生なのかについては
一切分からない状態になっており、外部に対して先生の個人情報が
広まってしまうような事はありませんのでご安心下さい。

私共の方では引き続き先生方の個人情報をお守りする事に努めます。
そして100%先生方にご安心して頂けるようなやり方にて
先生方のご案内を対応させて頂きたいと考えております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_S1C1077_sss

医師の転職・相談・求人『医療機関の医師採用ご担当者様へ』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

今回は医療機関にて医師の採用を担当されている方々にお願いがあり
ご連絡をさせて頂きました。

弊社では先生方により多くの質の高い求人をご紹介させて頂くために
日頃から各医療機関様にコンタクトを取らせて頂き最新の求人情報について
確認させて頂いております。

医療機関様側からすれば多くの紹介会社から毎日のように電話があり、
お忙しい時間を電話対応のために割くというのは、多大が労力を
お掛けしてしまう事になるかと思います。

このような状況を考えますと大変心苦しい限りではございますが、
無理を承知で、ここで一つお願いがございます。
それは転職をご希望されている先生方により良い求人をご紹介させて頂く
ためにも、質の高い求人をご紹介させて頂くためにも、少しの時間で
構いませんので私共からのお電話に耳を傾けて頂けますと幸いです。

医師の採用でお困りの医療機関に対して私共としても出来る限り
良い先生をご紹介させて頂きたいという想いで取り組んでおります。
そのためには、まずは先生方に求人を如何に魅力的に感じて頂けるかが
大事だと思います。そのための情報収集は医療機関様からお伺いするしか
方法が無いのです。

医療機関様の中には実は医師の採用で困っているにも関わらず、
私共の方からお電話をさせて頂いた際に「業者」と分かった時点で、
一方的にお電話を切られてしまうような場合も多々ございます。
少しでもお話をお伺いさせて頂く事が出来れば何らかのお手伝いを
させて頂く事が出来るかもしれません。

そのような機会を逃さないようにするためにも、
どうか私共にもチャンスを頂ければ幸いです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

803647cd35396f52014ee7dd299c1a77_s

医師の転職・相談・求人『週32時間勤務の常勤規定について』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

以前にもご説明をさせて頂いた事があったかと思いますが先生方が勤務先にて
常勤として勤務して頂く際には最低でも週に32時間以上の勤務が必要である
という事でご説明をさせて頂いたかと思います。この規定に関しましては
先生方も良くご理解されている事ではないかと思います。

また週の勤務時間を換算する際ですが、当直の際に費やした時間の半分を
勤務時間に組み込む事も可能であるとお伝えさせて頂きました。
例えば勤務時間が9:00~17:00で休憩が60分の病院だったとすれば、
休憩時間の60分を除くと実際に勤務している時間は7時間という事になります。
週4日の勤務だった場合、1日7h×週4日=28時間勤務という事になり
週32時間の規定に抵触してしまいます。しかし週に1回当直に入って頂いた場合、
17:00~翌9:00まで時間を費やしたとすれば16時間の勤務となり、
日勤分の28時間に半分の8時間を加えた36時間が週の勤務時間という事で
換算する事が出来ておりました。

しかしここ最近ですが当直で費やした時間を日勤の勤務時間に合算する事が
難しくなってきているようです。つまり常勤として昼間に勤務している時間と
当直帯の時間は全くの別物であるという行政からの指示が出ているようです。
そのため今後は日勤帯で32時間をキープする事が必要になります。

つまり週4日勤務であれば1日8時間の勤務が必要になり(昼時間は除く)
1日8時間勤務を行わない場合には週の勤務日数を4.5日ないしは5日にして
勤務する事が求められる事になると思います。

今までは「週4日勤務+当直無し」というスタイルも多くありましたが
今後はそのスタイルの見直しが必要になるかもしれません。
念のため先生方の方でもご認識頂ければと考えております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

images

医師の転職・相談・求人『転居を伴う転職について』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

転職についてお考えになられる際ですが、中には転居を伴うような転職を
お考えの場合もあるかと思います。例えば元々、北海道で勤務されていた先生が、
何らかの理由で東京へ転居する事になり、求人を探す際には東京を含めた
1都3県あたりの病院の情報を収集したいというような状況です。

決して転居を伴うような転職が悪い事ではないのですが、具体的な面接や
病院の見学などに参加される際には、何故(敢えて)遠方の地域に転居してまで
転職したいのか、その理由について考えておく必要があります。
当然、面接官の目線で考えますと「そもそもの転職理由」、「転居してまで
転職する理由」「転居する場合に何故、当該の地域を選んだのか」など、
気になる点が満載であるのです。そこでおおよそでも構いませんので何故、
転居してまで転職したいのか、その理由を考えておいた方が良いと思います。

ちなみに転居を伴う転職理由の中で最も注意すべき点は何かと言いますと、
ごく一部の先生方の中には今までにご勤務されてきた病院もしくは地域で
何らかのトラブルなどを起こしてしまった結果、もうその地域に居座る事が
困難になってしまい、敢えて遠方の地に転職を希望される人がいるのです。
言い換えますと、とてもネガティブな転職理由になります。
仮にこのような理由を病院側にお伝えしてしまった瞬間に採用は出来ないと
いう事で断りの理由を聞かされてしまう事に繋がるのです。

実は病院側が一番気にしている点が正にこの点になるのです。
つまり転居してまで転職する理由を明確に出来ないと上記のような事で
転職するのではないか?という事で勘繰られてしまう可能性が高まります。
そのような事にならないようにするためにも、転居する理由まで予め
明確にしておく事をお薦め致します。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
 ↓ ↓ ↓ 
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら
>>>精神科医専門の転職サイト「精神科医の転職相談室」はこちら 
>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 

_S1C2105_sss

医師の転職・相談・求人『複数の求人に同時に応募する場合の注意点』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

今回ですが転職活動を行う際に同時に複数の求人に応募する際の注意点について
記載させて頂きます。転職活動を行う際には誰しも、複数の求人先のお話を聞き
最終的には比較検討したいと考えるのが一般的ではないかと思います。その方が
最終的にご自身の希望に見合った物を探し出す事が出来る可能性が高まるからです。

しかし複数同時に応募する事で起こり得るデメリットもあります。
その辺りをしっかりと認識した上で活動するのと、そうではないのとでは、
状況が大幅に変わる可能性があります。では具体的にどんな点に注意が必要かと
言いますと、合否の返事を頂くタイミングがいつになるのかという事と
複数の求人候補を比較検討する時間を作る事が出来るか否かという事になります。

複数の求人に応募するという事は先程も述べましたように最終的に検討して
最も良い条件の所を選ぶ事が出来る点にあります。例えばA・B・Cの3つの求人に
応募したと仮定します。Aからはすぐに合否のお返事を頂く事が出来ましたが、
BとCからはなかなかお返事を頂く事が出来なかったとします。このような場合、
初めに連絡を頂いたAにどこまで待って頂けるのかがポイントになるのですが、
仮に急かされてしまった場合、全ての結果が出揃わないうちにAに対し何らかの
回答をしなければならず比較検討をする事が出来なくなります。

このような流れになってしまうのは複数の求人に応募した意味を失います。
そのような事にならないようにするためには応募するタイミング、順番など
しっかりと計算した上で進める必要があります。

その辺りのコントロールも含め、弊社にて対応させて頂く事が可能です。
転職活動を行う事に不慣れな先生がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談下さい。
宜しくお願い申し上げます。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
 ↓ ↓ ↓ 
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら
>>>精神科医専門の転職サイト「精神科医の転職相談室」はこちら 
>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆