年末年始のご相談やお問い合わせについて

 

今年も一年間良いお付き合いをさせていただき厚く御礼申し上げます。

さて年末年始の私共のスケジュールですが、私共は日々先生方個人と向き合っておりますので、年末年始も引き続きご相談やお問い合わせをお受けしております。
(お電話でご連絡を頂く際には出れない場合もございますが、折り返しのお電話をさせていただきます。)

中には「どうしても早急に相談がしたい!」「今すぐに転職の相談がしたい!」という先生方もいらっしゃるかもしれません。
そんな時はお気軽にご連絡下さい。
「年末年始は休みだろうから相談は控えよう…」というお気遣いは不要でございます。

今後もより一層皆様のお役に立てるよう尽力してまいりますので、引き続き宜しくお願い致します。

医師の転職・相談・求人『有給休暇について確認しましょう』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の一杉です。

最近気温がぐっと下がり寒さが一段と増してきて、
私、冬の寒さを痛感しております。

さていよいよ年末に差し掛かかってまいりましたが、
今年は有給休暇を使って長期間お休みを取られる方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

有給休暇については、法律により付与日数が決まっておりますが、
それを基に医療機関によって付与期間や付与日数が異なる場合が
あります。

本日は有給休暇の付与についてお伝えしたいと思います。

付与の条件については

①半年間継続して雇われている
②全労働日の8割以上出勤している

上記の①②を満たしていれば正社員・パート労働者などの区分に関係なく
年次有給休暇を取得する事が可能です。
※ちなみに年次有給休暇の時効は2年間になっております。

また2019年4月から日本政府は労働基準法を改定し、
1年で年次有給付与日数が10日以上の全ての労働者を対象に、
1年以内に5日の年次有給休暇を労働者に取得させる事を義務づけました。

最近では先生方の面接同行で医療機関に訪問した際に、
医療機関側の担当者から上記についてご説明頂く機会も増えました。

ちなみに年に10日年次有給休暇を付与される労働者の条件としては
————————————————————

・正社員もしくはフルタイムの契約社員で6ヵ月以上経過している事
・週4日出勤で3年以上のパート・アルバイト社員である事
・週3日出勤で5年以上のパート・アルバイト社員である事
 ※直近1年以内の出勤率が8割以上である事

————————————————————
以上になります。

もし「上記に該当しているけど全然有給付与日数が足りていないかも」
と思われる先生がいらっしゃいましたら、是非ご勤務先にお尋ねください。
またこれからご転職をお考えの先生方は、有給休暇のルールが
どうなっているのか一度確認してみる事も大切です。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

医師の転職・相談・求人『面接終了後に医療機関からの返事が中々無い、、何が起きているのか』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

今日は転職活動における少しリアルなお話しをしていきます。
転職活動の中で避けて通れない「面接」についてですが、
面接を受けてから〇日経つが、中々結果が来ないな、、
と、内心ハラハラしながら面接後数日を過ごされたという経験をされた方は
多いのではないでしょうか?

では、何故医療機関は回答に時間を要してしまうのか紐解いていきます。
➀.面接後数日、採用窓口である事務長や決定権のある理事長(院長)が
連休を取っており、病院として回答が出せない状況にある。
➁.実は他に候補者がいたり、飛び込みで面接を1件急遽行う事となり
その先生との比較をする為に時間を要してしまっている。
➂.法人本部に話を挙げ、稟議を通さないといけない為時間を要すケース。
➃.採用にするか不採用にするか、純粋に判断に悩んでいるケース。
➄.そもそもがのんびりとした病院(早く先生に回答しなくてはという気持ちが無い)で、
中々院内で最終的な話し合いを設けたり判断を下して頂けないケース。

以上が医療機関から返事が来ない際に起きている可能性が高い状況です。
➀と➃と➄は回答迄に1週間前後
➁と➂は回答迄に1週間~2週間
おおむね↑が目安となります。

面接後に結果が中々来ない事で大なり小なりストレスを抱えてしまう事もあるかと思います。
気休め程度にしかならないかもしれませんが、
医療機関から回答が来ない理由をある程度想定しておくことで、
少し軽い気持ちで面接に臨めるかもしれません。

私共を介して面接に進まれる先生に関しましては、
極力早い段階で回答を頂けるように尽力しますのでご安心くださいませ。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

医師の転職・相談・求人『医療機関を比較検討する上でのポイント』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の一杉です。

さてご転職の際には複数の医療機関を比較検討して頂き、最終的に
ご入職される医療機関を決めて頂く形が、最も多いパターンになります。
平均して大体2~3件の医療機関を比較するといったところでしょうか。

先生のご希望条件によっても変わりますが、比較検討を行う中で
幾つかポイントが出てまいります。
—————————————————————–
①少し特徴の違う病院を比較してみる
②大手法人~中小規模の病院規模を変えて検討してみる
③交通手段の範囲を広げて比較してみる
—————————————————————–

上記のポイントを交えて少し具体例を出してみますと、
例えば、A先生はこれまで救急対応を行っている急性期の病院にて、
患者様をバリバリ診てきましたが、年齢の事を考え今後はもう少しゆったり
と負担を軽減して病院勤務したいと考えていると仮定します。

先生によってゆったり勤務という感覚は変わってくるかと思いますので
ここではどの程度の急性期→慢性期の病院にシフトするのかが重要なポイント
になります。

このケースの場合、①を引き合いに出すと、
・急性期医療を行っているが救急対応は行っていない病院
・急性期~慢性期まで満遍なく対応している病院
・慢性期の患者様がメインの病院
などそれぞれ特徴の違う病院を比較して頂く事で、A先生が考えている病院の
イメージを上手く捉える事が出来るようになります。

このようにご転職の際には、比較検討を行う場合ポイントを抑えて進めて頂く
事が重要になります。

弊社では先生方のお考えやご希望をお伺いした上で、どのようなところに
ポイントを置いてご転職活動を進めるのが良いのかなどもお伝えしております。
ご転職に際して何かお困りの事などございましたらお気軽にご相談下さい。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

医師の転職・相談・求人『2022年4月のタイミングでの転職をお考えの先生へ』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

今日は2022年4月(令和4年)を境に転職をお考えの先生へお話させて頂きます。
※未だ、転職先が決まっていない先生が対象です。

さて、今年も残すところ半月少々となりました。
数か月前迄は賑わいを見せていました転職市場も季節の移り変わりと同様に、
冷え込んで(落ち着いて)参りました。
ですが、まだまだ来年4月へ向けて転職を検討されている先生方は多くいらっしゃいます。

ただ、これから転職活動を開始される先生方は一つ注意があります。
それは現在お勤めになられている医療機関への退職の申し出の時期についてです。
法人の就業規則や入職時期に先生⇔病院間で取り交わしを行う、
雇用契約書(労働契約書)に「退職に関する事項」という欄が存在しているかと思います。
そこには「労働者が退職の申し出を行う際は〇ヵ月前迄に申し出る事とする」というような
文言が表記されています。
医師の業界の中で一般的には3ヵ月前~6か月前という記載がなされているものが多い印象です。

となりますと、逆算した場合仮に3ヵ月迄の場合は今月中に申し出を行う必要があります。
6か月の場合は最短で2022年7月頃にした辞められないという事になります。

もちろん、病院との話し合いの中で規則よりも早く退職出来るケースや、
後任や引き継ぎの問題等で規則以上の期間、
働かざるを得ないケースも可能性としてはあります。

何れにしましても、転職活動は転職先を決める事だけではなく、
もう一つ大きな重大任務として「退職の申し出」があるのです。

先生方の対応をしておりますと、案外盲点となっている先生が多く、
後々お困りになってしまっているというのを、私共は目にしています。

今日のお話しをあまり意識された事のない先生は、
転職先を探すのと同時に今一度逆算しながらお話を進めて頂ければと思っています。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

医師の転職・相談・求人『医療機関へ見学・面接に行く際のポイント2』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の一杉です。

前回のブログにて医療機関へ見学・面接に行く際のポイントについて
お伝えしたかと思いますが、本日は第二弾として、見学に行く際の
ポイントについてお伝えさせていただきます。

本日お伝えしたいのが、
先生のご自宅から医療機関までの通勤時間・ルートについてです。

例えばお車でご通勤をお考えの場合、グーグルマップなどで医療機関までの
距離や大体の所要時間を調べられ具体的な数字を出して確認する事になる
かと思います。
公共交通機関のご利用であればそこまで差は出ないかと思いますが、
車の場合は道の混雑状況によってだいぶ開きが出ることになります。

よく聞くのが「距離は短かったが実際に車で通勤してみたら思ったより
道が混んでいて事前に確認した時間の倍近くかかってしまった」
「実は車より公共交通機関を利用したほうが通勤がスムーズだった」
などなど。

新しいご勤務先をお探しする上では、通勤面も一つ大事な要素になって
くるかと思います。

そこで、ご興味を持たれた医療機関へ見学に行かれる際には、
想定している通勤手段・ルートを使いリアルな道の混雑状況や時間なども
確認していただく事をおススメいたします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

医師の転職・相談・求人『転科をする際に必要な心構え』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

時期的にピークではありませんが、
転科を希望される先生方からの相談は年々増え続けています。

そもそも転科を希望される先生方は何を目標(希望)にして転科を
考えているのか以下に記していきます。
==========================================================
■転科先の科の資格を取得したい。
→専門医をはじめとした、その科にしか無いような特定の資格を取得したい。

■現在の科へのモチベーションが下がってしまい、元々興味のあった〇〇科への
転科を考えている。

■現在勤務している科に最終的に戻りたいと考えているが、
全身管理が出来るように経験の無い〇〇科のスキル、知識を身に付けたいと
考えている。

■年齢的に厳しいかもしれないが、一線を退く前に〇〇科で臨床を行いたいと
思っている。

■QOLが改善されるのではないか。
→現在の科が忙しい為、〇〇科であればプライベートの時間の確保、
ゆったりと働けると思い、転科を考えている。
※あまりオススメは出来ない理由です。
==========================================================

5つ程挙げてみました。
↑はご相談頂く先生方が転科を考えられている際に持たれている主な理由です。

では、少し話が変わりますが、今日のテーマの「心構え」についてお話ししていきます。
同時にどのような医師を医療機関は採用したいと考えるのかについても述べていきます。

➀.何か特別な事情が無い限り、フル勤務が出来る事が大前提。
→省エネ勤務をしたいが為に週4日勤務、当直は出来るだけ入りたくない等の理由を
前面に出し転職活動を行っても上手くいきません。

➁.何か明確な目標や理由を持つ事が重要です。
→資格を絶対に取りたい、以前より強い興味があり転科するのであれば今しかない等、
強い意思を持っている先生に対しての印象や評価は自ずと高くなります。
※逆に理由がはっきりしておらず、現在の科への不満や失敗談を中心に語ってしまいますと、
ネガティブな印象を相手に与えてしまい、受け入れて頂ける可能性が大きく下がります。

➂.現在の科での経験を活かす。
→転科する上で現在勤務している科での経験が活かされる、役に立つ場面は高い確率で訪れます。
その際に周りのサポートや手助けを積極的に行うという姿勢を持つ事はとても重要で
重宝されます。

どれも大事ではあるのですが、やはり➀に関しましては、
非常に重要で医療機関側としても、採用条件の前提として掲げられているところが
圧倒的に多くなっています。

ただ、家庭の背景等から周りの先生方のようにフットワーク軽く柔軟に勤務出来ない事情を
持たれている先生もいらっしゃるかと思います。
そのような状況下の先生方の、相談が可能な医療機関も数は少ないですが、
存在していますので、転科をお考えの際はまず弊社迄ご相談ください。

事例や市場動向等を共有させて頂きながら、的確なサポートを行いたいと考えております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

医師の転職・相談・求人『医療機関へ見学・面接に行く際のポイント』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の一杉です。

さてご転職活動時の一番重要な過程として、
先生方がご興味を持った医療機関に対しての見学・面接が挙げられます。

先生方は実際の医療機関の雰囲気や院長先生含め在籍されている先生方の
お人柄、医療機関の方針等を確認される事になります。

ここで1つポイントになるのが、見学・面接を実施する日時になります。
もちろん、先生方のご予定や医療機関側のご都合もあるかと思いますが、
なるべく平日の午前中や午後までに実施するのがベストになります。

なぜかと言いますと、リアルな医療機関の様子を見る事が出来るからです。
リアルな様子とは、外来を行っている時間帯の職員の方々の動きや患者様
の様子など最も活気のある時間帯を指すことになります。

例えば、外来診察が終わった平日の夕方や土曜日の午後などの場合は、
院内の動きも静かになりますし、職員の方々が帰ってしまっている
可能性もあります。
そうなってしまうと本来の医療機関の雰囲気などを確認する事が難しく
なります。

見学・面接は医療機関へ訪問する貴重な機会になりますので、
是非、本日お伝えさせていただいたポイントについて
参考にしていただければ幸いです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

医師の転職・相談・求人『給与重視の転職に潜む注意点・ネガティブ要素について』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

突然ですが、
給与は良い質の生活を保つ上であったり、
家族を支えていく上で非常に大事なものになります。

時には思い切って給与大幅アップを目指し、
転職するというのも必要になる事もあると思います。

今日はそんな先生方に、給与を重視した転職を検討する上での注意点、
決断をする前に改めてお考え頂きたい事をお伝えしていきます。

まず、注意点について述べていきます。
大きく分けて2点挙げさせて頂きます。
➀.将来的な事を加味する
今後(将来)再度転職するとなった際は、それ以上の給与額を提示頂ける病院が
極めて少なくなり、ケースによっては給与額がダウンした形での転職を
せざるを得ない状況に陥る可能性が高まります。
↑はあくまで度を超えている、地域相場よりもかなり高い額で勤める場合を
指します。
給与交渉を行う上では、先生ご自身の年次や地域の給与相場等を意識し、
常識の範囲内のアップを目指して頂くというのをオススメします。

➁.給与額と業務量が見合っているのか。
こちらは実際に勤めてみないと分からない部分でもありますが、
入職し、給与は約束通り支払って頂いているものの、
業務量が以前勤めていた病院とは桁違いに忙しく、
アップアップ状態になってしまうという事もよく耳にします。
つまり、高い給与を支払う以上それに見合った業務量は熟して頂きますよという、
病院側の考えが含まれています。
世の中、甘い話ばかりではないという事を裏付けている典型的な例です。

2つ程例を挙げましたが、
給与重視の転職は辞めた方が良いという事を申し上げたいのではありません。

希望条件は先生方により異なりますが、
条件の中でも一番落とし穴にはハマりやすいのが「給与重視の転職」であるが故に
お話させて頂きました。

給与相場であったり、自身の年次ではどれくらいの給与が妥当なのかといった
ご質問・相談もお受けしておりますので、お気軽にご一報くださいませ。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

医師の転職・相談・求人『面接時に注意したい事』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の一杉です。

先生方がご転職をお考えになられるご理由としては
様々な背景があっての事かと思います。

例えば、「ご家庭のご事情」や「今後のキャリア形成を考えた際に
専門性を身に付けたい」、「資格を取得していきたい」などご理由は
様々かと思いますが、現在の勤務先に不満がありご転職を検討される
先生方もいらっしゃるかと思います。

そういった場合、転職理由を医療機関にお伝えする際には、
注意が必要になります。
何かと申しますと、現在の勤務先に対しての愚痴や不満を言い過ぎたり
それだけの理由にしないという事です。
転職理由が全て愚痴・不満になってしまうと先生ご自身の心証を
下げてしまう可能性がございます。

そうならない為には、ポジティブな内容を盛り込み理由をつくる事が
大切です。

例えば、病院の方針がガチガチで医療に関してかなり制限されてしまう
という不満があった場合。
→ただ単に不満を伝えるのではなく、本来やるべき職務がこなせない。
やりたい医療が出来ない。だから転職をしてやりたい医療を叶えたい。
そちらの病院では自分自身がやりたい医療がしっかりと行えると考えている。
など転職を行う事によりこの先どうなりたいのか・何故面接に行った病院を
選んだのかという内容を盛り込む事によりグッと前向きな転職理由に変わります。

面接の際に上手く転職理由を伝えるのが苦手、どういう形で内容を纏めて
いいかわからないなどお悩み事がございましたらお気軽にご相談下さい。

転職理由を伝える際のポイントなども弊社では先生方に共有させていただ
いております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら