_S1C2583_sss

医師の転職・相談・求人『見学と面接の違い』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

転職先として気になる医療機関に対して応募しますと病院側からは
「是非見学にお越し下さい。」というようなお誘いを頂く事がほとんどになります。
医療機関側としては先生方に一度、足を運んで頂く事でご入職に向けての
囲い込みをしたいという狙いがあり、このようなお誘いをされる事があります。

一般的に「見学」という言葉のイメージは院内の雰囲気や設備などを見学する
という感じに捉えがちであり医療機関側も先生方に対し「お気軽にお越しください」
という事をお伝えする意味を込めて敢えて見学という言葉を使う事が多くなります。

しかし実際に訪問すれば事務長をはじめ院長先生や診療部長、時には理事長など
医療機関の中核を担う方々がお出ましになります。そうなんです。見学というのは
建前の場合が多く実際には面接という事になる場合が多くなります。

面接という事になれば当然、評価を受ける事になります。
そこで相手方の印象を悪くしてしまえば、そもそも採用して頂けなくなるような事も
想定されるのです。そこで見学に参加される際の心構えとしましては、
面接に参加するという事を前提に準備を進められる事をお薦め致します。

面接の時の準備として、これだけはやっておきたい事としましては、
事前に病院に対しての質問を考えておくという事ではないかと思います。
面接であろうと見学であろうと必ず聞かれるのが「何か質問ありませんか?」
という投げかけです。ここで何かしらの質問をする事が出来れば、
「病院に対して興味を持ってくれている」「真剣に考えてくれている」という事で
ポジティブな印象を与える事が出来ます。
逆に何も質問が出て来ない場合には「興味を持っていない」「無関心」という
ネガティブな印象を与える事にもなりかねませんので注意が必要です。

見学=面接という事でご認識頂きまして、そのような機会がありました際には
しっかりと事前準備をして頂き抜かりない対応をして頂けると良いと思います。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

images (6)

医師の転職・相談・求人『二段ステップの転職方法』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

いわゆる中途の立場での転職という事になりますと、多くの場合、求められる要素は
その道の経験という事になります。雇用する側としては中途採用の人達に対して
その経験を活かして即戦力として勤務して欲しいと考えている場合が多いからです。

しかし中には諸事情により十分な経験を積む前の段階で転職せざるを得ないような
状況にある人も存在します。つまり中途組として転職したいと考えてはいるものの
即戦力として捉えて頂けるほどの経験値を積んでいないというような場合になります。
このような状況の場合、経験を売り物にする事が出来ない分、転職する際のハードルは
グッと高くなります。恐らく普通に転職活動をするだけでは良い結果を導く事は
とても難しい作業になってしまうでしょう。

となると、このような状況に置かれている方々は転職が一切出来ないのかと言いますと
決してそうではありません。選択肢は少ないながらも対応策は存在しております。
その中で最も現実的な手段が二段ステップの転職という事になります。

少々遠回りする方法ではあるのですが計画的に二段階の転職を踏んで行く事で、
最終的に希望しているような職場を目指していくという方法になります。
まず第一段階では職場の環境や労働条件等は一切度外視し、とにかく入りやすい
職場を探す事に徹します。そこで出来れば一人前になるまで経験を積めるに
越した事はありませんが、難し場合には0.5人前くらいになるまで頑張るのです。
そして次のステップでは、この0.5人前の経験を買ってくれるところを探すのです。

こうやって段階を踏む事で最終的に希望の条件の職場を目指していく方法です。
時間的には確実に遠回りする事になってしまうのですが、経験を積む事が出来なかった
方々にとっては大変有効な方法であります。こういったステップを踏んで頂く事で
現在ご活躍されている方々も多数存在しております。焦らずに一歩一歩進んで行けば
必ず明るい将来が見えてきます。お困りの先生方、是非、お試しください。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

862a0ab9cf59350b1d5c5b7b129d686c

医師の転職・相談・求人『安定志向かチャレンジ志向か?』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

過去にも一度、お話をさせて頂いた事があったかと思いますが、
以前の日本では終身雇用という形態が一般的であり、新卒で入社した勤務先で
定年を迎えるまで働き続けるという考え方が良しとされておりました。

しかしここ最近までは、その考え方も徐々に変わりつつあり転職する事に対して
抵抗を示さなくなる風潮も出始めてきております。それもあり変なお話ですが
私共のような人材紹介会社の存在意義が高まってきているという事になります。

ただここに来てこの動きに改めて変化が生じてきている部分もあるようです。
どうやら今の若手の間では終身雇用を希望する人が増えてきているようなんです。
その理由の多くは「安定志向」という事になります。1つの職場で長年勤務する事で
安定を得られる事と退職時には多額の退職金を得る事が出来るというのがあります。

ここで1つ注視しなければならない事があります。
終身雇用を希望する場合、安定した給与を得る事が出来るメリットはありますが、
今までの日本社会の特徴として安定を保障する代わりに安い賃金で雇用するという
風潮もあるのです。つまり生涯年収という事で考えた場合には終身雇用よりも
転職組の方が高くなる可能性が高いという事になるのです。それは転職組の場合、
給与額の決定方法がその人の能力に合わせた評価という事になりますので、
年齢や勤続年数にはあまり左右される事なく、能力の高い人にはそれなりの賃金が
支払われるという事になるからです。

これらの考え方は一般企業だけではなく医師の世界でも同じような事が
言えるのではないでしょうか。そもそも仕事をする目的、価値をどこに置くかに
よって、どんな人生設計をするのかが変わってくる事になるのだと思いますが、
仮に賃金を重視したスタイルを考えるのであれば転職する事で賃金を上げていく
というような方法も選択肢として有りではないかと思っております。

安定志向なのかチャレンジ志向なのか、まずは先生方がどんな人生を歩むのか
改めて一度ご検討頂けると良いのではないでしょうか。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2e8ac716e5a67106227f8ec3c2fe4896_s

医師の転職・相談・求人『百聞は一見にしかず、転職活動にも当てはまります。』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

「百聞は一見にしかず」この言葉についてですが
転職のお手伝いをさせて頂く際にも正しくそのように感じる事がございます。
先生方にご紹介させて頂く医療機関の求人についてですが本来であれば、
全ての医療機関に足を運んで我々の目で実際に見聞きしたリアルな情報を
ご提供させて頂く事が出来れば、それに越した事は無いと考えているのですが、
現実的には全国に何千件と存在している医療機関に対し全てに足を運ぶというのは
非常に難しい作業になる事もあり、医療機関の事務長など採用担当者から確認した
情報を信頼して先生方にご紹介させて頂く事もしばしばございます。

そんな中で実際に医療機関に足を運んでみると事前に聞いていた話の内容と
実際の雰囲気に乖離があると感じてしまう事も多いのです。この乖離については
人それぞれの価値観や捉え方、考え方が違う事から生じてくるものだと思います。
つまり人から聞いた話というものは、その人個人の感覚が含まれているので、
同じ物を見ても、それを良いと感じる人も居れば悪いと感じる人も居るという事です。
それもあり、まずは一度見学してみるという事が重要ではないかと考えております。

同じようなケースとしてもう一つ挙げられるのは評判の悪い病院についてです。
よくあるケースですが悪評だけが独り歩きしてしまっているような場合です。
このような病院の場合には検討する余地も無しという事で見学にすら行かない場合も
多くなります。しかし実際に見学してみたら思っていたよりも断然良いイメージを
お持ち頂ける事もよくある話です。

このように実際に目で見て確認するという事は実はとても大事な作業になります。
先入観などにとらわれ過ぎること無く、まずは柔軟に対応してみるという事も
とても大事な事ではないかと考えております。「百聞は一見にしかず」
是非、転職活動の際にも意識して取り組んでみて下さい。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

医師の転職・相談・求人『紹介会社の腕の見せ所、それは見合った求人を絞り込むノウハウです。』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

一般的な意見としまして転職活動を行う際には出来るだけ多くの求人を見る事が出来た方が、
見落としが無かったり、より良い求人を見つけ出す事が出来る可能性が高まるというように
考えられている場合も多いのではないかと思います。

それもあり紹介会社の中では求人数をウリにしている所も多く、他の紹介会社との差別化の
一環として抱えている求人数をアピールしている所も多い状況となっております。

私共も日々の活動の中で、ご相談頂きました先生方に向けて求人をご紹介させて頂くために
多くの医療機関とコンタクトを取り、求人情報を獲得するための活動を行っております。
ここで注目して頂きたい事は実は単純に求人情報を獲得することだけであれば
さほど難しい作業ではないという事になります。現在、医師の転職市場というのは、
いわゆる医師不足という問題もあり先生方もご存知の通り「売り手市場」という事に
なっております。つまり転職する先生方が有利な状況になっておりますので、
買い手市場の中での求人開拓に比べれば、そこまで難易度は高くないのです。

それよりも大事な事は獲得した求人の中から個々の先生方に最もマッチした物がどれなのか、
絞り込みを行う事だと思います。数があってもマッチングの精度が低ければ、
折角、沢山ある求人が無駄という事にもなってしまうのではないでしょうか。

その点において弊社では起業時から徹底してそのノウハウの蓄積を行ってきました。
先生方の志向はどのような物なのか、数多ある医療機関の中で良い病院を
ピックアップする際には、どんな要素が必要なのか、それらのノウハウを
培ってきた事が最大の強みであると自負しています。

これらのノウハウについて私共としましても先生方に対して惜しみなく
ご提供させて頂きたいと考えております。是非、転職をお考えの際には
弊社までご相談下さいませ。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

医師の転職・相談・求人『「週4日勤務+当直無し」にはそれなりの理由が求められます』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

ここ最近ですが「週4日勤務+当直無し」という勤務スタイルが可能な求人を紹介して欲しい
という事で先生方からのご相談をお受けする頻度がとても多くなってきております。

実際にこのような勤務形態でご勤務されている先生方も数多く存在していますし、
医療機関側としても、このような条件でお受けして頂けるような所も少なくありません。

しかし一部の医療機関ではこのようなスタイルにてお受けするのは非常に難しいという事で
場合によってはお断りを受けてしまうような事もしばしば発生しております。
ではお断りを受ける際の具体的な理由にはどんな物が存在しているのかと言いますと、
・大原則として常勤として扱う際には週32時間以上の勤務が必要なため週4日勤務では時間が足りない。
・常勤で勤務している先生方は全員、週1回以上の当直に入っているため特例扱いが出来ない。
・専門医など資格取得を目指す先生の場合には勤務日数は多い方が症例を集めやすいという事や、
 当直帯の勤務を経験して頂く事も経験値積んで頂く際に重要であるという考え方、、、。など

一方、何らかの明確な理由が存在する場合には認めて頂ける場合もあります。
例えば
・小さいお子様が居り勤務出来る日数や時間に制限がある女医先生の場合。
・病気にかかっている家族を看病するために当直に入る事が出来ない。
・週4日勤務が基本であり当直も非常勤の医師に全て入って頂いている、、、。などになります。

中には無条件でお受け頂けるような医療機関も存在しておりますが、
そのような所は数が限られてしまう場合が多くなりますので出来れば週4.5日ないしは5日勤務、
当直に関しては週1回、最低でも月に1~2回程度入って頂けるに越した事はございません。
どうしても、と言う場合にはそれなりの理由が必要になりますが、
明確な理由が存在する場合には、私共の方で交渉する事も可能ですので、
お気軽にお申し付け下さいませ。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_S1C2532_sss

医師の転職・相談・求人『転職する際の最も難しい点』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

先日、私共と同業である人材ビジネスに関わる知人にお会いし仕事に関する
様々なお話をする機会がありました。そのお話の中で私自身も他人事ではないと
感じざるを得ないようなお話がありましたので共有させて頂きます。

知人であるEさんですが人材ビジネスとは言ってもシステムエンジニアや
プログラマーといったIT系の人材を扱う仕事をされています。
このEさんですが、つい先日ご自身が転職したという事で話を聞きました。
転職といえば私共の専門分野であり最も得意としなければならない事ですが、
なんと、そんなEさん、転職して失敗してしまったと言い出したのです。

一体何が失敗に導いてしまったのか、その理由を尋ねてみましたところ、
今回の転職ではもともとEさんの顧客であったある企業の社長からのお誘いを受け
その会社に入社したようなのですが普段、社長から聞いていた話の内容と、
実際に入社して見聞きした内容に大きな誤差があったという事でした。
Eさんも言っていましたが、この点こそ正に転職する時の最も難しい点の1つ
という事になると思います。

どれだけ事前に情報収集しようと、実際に勤務してみて本人の尺度で
現状を見聞きしてみない限り合う合わないは分からないという事なんです。
Eさん自身も過去にこのような事を何度も経験してきていたので、
本人の頭の中では注意しなければならない事は十二分に分かっていたようです。
にも関わらず結果的にこのようになってしまうのですから先生方が転職する際には
もっともっと注意が必要であるという事になると思います。

しかし流石のEさん、自分のミスを認めつつも、その後の対処は流石でした。
事前に聞いていた職場環境と違っているのであれば、自分から新たな環境に
適応していけば良いという発想のもと現在、新たな職場にマッチ出来るように
自分自身をメンテナンスしているようです。

そうなんです。この考え方こそ、転職の極意と言っても良いかもしれません。
職場が変われば仕事のやり方、職場内の雰囲気、職員の人柄など変わって当然です。
であるならば自分から新たな環境に馴染んでいこうという考え方です。
この考え方をお持ち頂ければ転職すること自体、不安は少なくなる気がします。
もちろん初めからマッチする職場を探す事が大前提ではありますが、
「自身の身は自身で守る」これが何事においても基本的な考え方になると思います。
先生方におかれましても、改めまして転職の難しさと、その解決方法、
ご確認して頂ければ幸いです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_MG_3149

医師の転職・相談・求人『面接時のアピール方法 』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

先日、私がB氏の面接に同席させて頂いた際にご指摘を受けた事について
私自身が感じた事をお伝えさせて頂きます。(B氏は医師ではありません)

私共の方では先生方に限らず、極力ご紹介させて頂いた方々の面接に同席し
そのやり取りを拝見させて頂くのと併せて可能な範囲でフォローをさせて頂く
ような事を行っております。その流れの一環として私がB氏の面接に
同席させて頂いた時ですが面接官から「長所、短所について教えてください」
というような質問を受け、それに対する回答をして頂く事になりました。

するとB氏ですが、恐らく事前に何も考えていなかったのだと思いますが、
意外にも回答に苦しんでおりスムーズな対応をする事が出来なくなりました。
私も何とか手助けをしたいと思ったのですが長所や短所を私が答えるのは
流石に変な話かと思い、とても歯がゆい思いをしつつ敢えて発言を控えました。

そのまま面接が終了し退席した後にB氏の方から「あの場面ではプロとしての
フォローをお願いしたかったです。」というようなご指摘を受けたのでした。
まさかのご指摘に驚きつつも私としては「あのタイミングで口出ししてしまうと
かえってB氏の評価を下げてしまう事になりかねない」という事でお答えしました。
仮に私が説得力のある回答をしたとしても、それは私に対する評価が上がるだけで
むしろ何も言えなかったご本人の評価を下げる事に繋がるとの趣旨でお伝えしました。

確かに就職活動のプロとして出来る限りのフォローをさせて頂く事は大事ですが、
私としては、そもそも面接の場というのは、ご自身のアピールの場であるという事を、
しっかりとご認識して頂きたいと思ったのが本音でした。

そうなんです。当然の事かもしれませんが、面接を受けるという事になれば、
相手方がどんな組織なのかを確認する意味もありますが、採用して頂くために、
出来るだけ良い条件で雇って頂けるために自身をアピールする場面なのです。
そこをはき違えてしまえば面接で良い評価を頂く事が難しくなってしまいます。
改めて面接に参加する意味をご認識頂き、最善の面接を行いましょう。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

0e69c42f72ea49067110e8a81f390eb0_s

医師の転職・相談・求人『転職活動とタイミングの重要性』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

先生方の転職のお手伝いをさせて頂く際に何度も「難しい」と感じてしまった事が
あります。それが転職時期、つまりタイミングという事になります。
先生方からご希望の条件をお伺いし、それに見合った情報をお探しする中で、
タイミングが悪く、ご希望されているような求人を見つけきれない事もあります。
そうかと思えば、それまで求人を出していなかった所から急遽、求人を行うお話を
頂くような事もあり、タイミングは本当に難しい、という事で感じてしまったような
場面は今までに多々ありました。

かと言いましても転職の時期を測る事もとても難しい事です。
私共の方でも出来る限り新たな求人の情報を収集しようと努めており、
多くの医療機関にアプローチをかけておりますが、いくらお声掛けしても求人情報を
頂けない病院もあれば、一切の退職者が出ず求人枠自体が発生しないような病院も
多々あるのです。良い病院ほど退職者が出る可能性も低く逆に応募してくる人は
沢山いますから、そんな病院に入職すること自体がとても難易度の高い事になります。
つまり待っていれば必ず良い求人が出てくるという保証がある訳では無いのです。

そこで大事な事は、そもそも、このような状況の中で転職する事が先生の悩みを
解決する事に繋がるのかどうかを考える事ではないでしょうか。
多少のリスクを背負ってでも転職すべきなのか、リスクを回避する事を優先するのか、
その判断自体が転職して良かったのか、そうでなかったのか、その差になって
現れてくる事になると考えております。

転職する時にはそのタイミングをしっかりと考え、長い目で失敗しないような
対応を考えて頂く事をお薦め致します。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

120def697f48ab695e43eff403307195_s

医師の転職・相談・求人『紹介会社の本来の役割』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

改めまして元号が平成から令和に変わり世の中にも新たな風が吹き始めました。
医師の転職市場におきましても、これからの時代の変化に合わせて様々な変化が
生じてくる事かと思います。私共としましては市場の最前線に立ち最新の情報を
収集しつつ今後も先生方に有益な情報提供をさせて頂けるよう尽力致します。
今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。

さて今回のテーマですが改めて弊社のような紹介会社の役割について記載します。
ここ最近では医師の転職を扱っている紹介会社だけでも、かなりの社数が存在します。
それだけに各社それぞれのやり方や特徴があるのは当たり前の事ではありますが、
そうは言ってもとても残念に思えてしまうような会社も存在しています。
それが求人情報の投げ売りを行う会社です。

リノゲートでは先生方に求人情報をご提供させて頂く際にむやみやたらに
情報の投げ売りのような事はしたくないと考えております。紹介会社の中には
単に抱えている案件を全て先生に紹介し、その中からお好きな物を選んで下さい、
というような手法を取り入れているような会社もあるようです。

この方法が全て悪いという事でもないと思いますが折角、紹介会社をご利用して
頂く事を考えますと、そのメリットが半分削ぎ落とされているように思います。
紹介会社をご利用して頂くメリットの一つに「マッチング」という要素が有ります。
これは先生方のご要望と求人を出している側の要望を上手くマッチさせる事です。
紹介会社は唯一、求職者側と求人側双方の意向を把握している立場になります。
求職者、求人者を上手く引き合わせる事も腕の見せ所という事になるのです。
にも関わらず、その作業を省いて活動している所もあるようです。
それでは本来の紹介会社の役割を果たしておらず更には紹介会社に対する満足度を
下げてしまう事にも繋がるのではないかと危惧しております。

先生方、求人者側から見れば大企業も中小企業も「紹介会社」という括りで見れば
全て同じ物に見えてしまっているのかもしれません。しかし私共としては敢えて
そこからの差別化を図りたいと考えております。そのために最も大事な事としては
先生方、求人者側双方に喜んで頂ける仕事をする事ではないかと思っております。
その結果として私共も恩恵を受ける事が出来る、そんなスタイルの仕事が出来れは
結果的に皆様の期待にお応え出来る会社になれるのではないかと考えております。

「令和」という新たな時代と共に改めて自分達がやるべき事を再認識し、
今後の業務に取り組んでいきたいと考えております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆