_MG_3079

医師の転職・相談・求人『産業医について』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の一杉です。

本日は産業医についてお伝えしようと思います。

そもそも産業医とは、
事業所において従業員が健康で快適な作業環境のもとで仕事が行えるよう、
健康障害の予防と労働者のメンタルケアなど専門的立場から指導・助言を行う医師の事を指します。
事業所によって異なりますが、工場や有害物などを扱う企業では安全対策などが中心であり、
オフィスワーク中心の企業は座り仕事が多いため生活習慣病・メンタルヘルスなどへの対策が重要視されます。

又、産業医の働き方としては大きく専属(常勤)嘱託(非常勤)に分類されます。
現在、日本の産業医を占める割合の大部分は嘱託産業医であり、
開業医や勤務医が日常診療の傍、産業医の業務を担っている先生が多くなっております。

ちなみに専属(常勤)とは
常時1000人以上の従業員を抱える事業所、
従業員(常時)500人以上の特定業務に従事する事業所に所属する産業医の事を指します。
企業に属する事になるので、勤務時間に関しては企業の勤務時間に従う事になります。
ちなみに常時3000人以上を抱える事業所は専属産業医を2人以上選任しなければいけない決まりもあります。
専属産業医を雇用する企業はいわゆる大手企業になるので
福利厚生が手厚かったり、当直無し、オンコール無し、残業も殆ど無い為
ワイフワークバランスを高める事が出来ます。

嘱託(非常勤)とは
常時50人以上で999人以下の従業員を抱える事業所に所属する産業医の事を指します。
企業と嘱託契約(業務委託契約)を結ぶ事になり、勤務回数は週1回~月1回程度など企業によって異なります。
メリットとして嘱託産業医は実働時間が少ないにも関わらず、高い報酬を得られる傾向にあります。

以上、簡単にはなりますが、
本日は産業医についてご説明をさせて頂きました。

最近は早い段階で専属産業医を目指される先生もいらっしゃいますが
企業側もある程度のご経験や資格などを考慮して採用を行う事もあり
まずはしっかりとご自身の科目でご経験を積んで頂いた後、
専属産業医を目指されるのが最良の道かと思います。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆