0e69c42f72ea49067110e8a81f390eb0_s

医師の転職・相談・求人『高齢化社会についてのお話』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の一杉です。

「高齢化社会」というワードは皆さんがニュースなどでよく耳にする事が多いと
思いますが、その定義をご存知でしょうか?
弊社のような医療業界に携わっている企業や福祉業界なども大きく関わってくる
社会問題の一つです。
本日は高齢化社会について少しお伝えさせて頂きます。

簡単にご説明しますと高齢化社会とは65歳以上の人口が、全人口に対して7%を
超える事を指します。
又、65歳以上の人口が14%を超えると高齢社会、21%を超高齢社会と呼びます。
ちなみに現在日本は超高齢社会になっており、
世界のどの国よりも高齢化率が高い国になっているのです。

なぜ日本が超高齢社会になったかというと原因としては主に2つ挙げられます。
・まず一つ目は平均寿命の高齢化です。
医学の進歩や生活環境・食生活の改善などにより日本人の平均寿命は大きく
伸びました。
・二つ目は少子化による若年人口の減少です。
内閣府のデータによると、戦後、出生状況の推移をみると第一次ベビーブーム、
第二次ベビーブームのピーク後は減少傾向にあり、
平成29年の出生数では過去最低となっております。
現在日本では晩産化や結婚をしない人が増えている影響なども大きく減少は
進む一方です。

高齢化が進む事により今後、私たちが直面する問題として、
労働人口の高齢化や将来の労働力不足、医療費や介護負担費などの社会保障費
の増加、介護負担の増加(介護負担、老老介護など)などが起こってきます。
その為、政府は定年制度の見直しや労働人口減少や介護業界の人手不足による
機械化の導入、介護サービスの普及などの様々な対策を図っているのが現状です。

まず、私たちに出来る事としては、
今の段階で高齢化の問題に対してしっかりと理解を深め、対策を考えておくことが大切
だと思っております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆