1059ecca130208de7dc51f07ecbbfaae_s

医師の転職・求人・相談『今後転職するかもしれないときに備えてやっておくといいこと』

 

おはようございます。
リノゲート㈱和田です。

このブログは転職を考えているドクターはもちろん、
そうではないドクターも読者層としているだろうと思います。

「今すぐではないけどいつか転職するかもしれない」
ではそんなときのために今からやっておくといいことはあるのでしょうか?
またあるとすればどんなことなのでしょうか?

①日頃からの行いを正す
どの業界も情報は早く回ります。(特に悪い噂ほど)
自分は転職しなくとも、コメディカルが先に転職し、ご自身が転職しようとする病院に
在籍していることもあります。そのコメディカルが先生に対する印象が
最悪で、入職前に悪評を振りまいていたらどうなるでしょうか?
日頃から周囲との関係性を良好にしていないと、時に自分に還ってくることがあります。

②自分の本心を把握しておく
とある先生が「仕事の前日はきまって眠れなくなる」と言っていました。
本心と行動がバラバラだとこんなことが起こる場合もあります。
でもなかなか本心をオモテに出すのは難しいものです。
100%オモテに出すことは、この世の中生きてはいけないかもしれませんが
「自分の本心を把握しておく」ことで、納得いかない転職となる可能性は
少なくなるだろうと思います。
③いつ人と会うことになってもいい1コーデを用意しておく
トントンと話が進んだ場合、かなりスピーディーに面接の日程が決まる場合も
あります。ジャケットやシャツ、靴、鞄は見られています。
面接日程が決まってから、ヒールを直す、新調するのでは遅くなってしまいます。
いつ誰と会うことになっても自信を持てる1コーディネートを今のうちから
用意しておくとよいでしょう。
面接で好感を持たれる服装は、デート、婚活でも確実に好感をもたれますので
決して無駄な投資ではありません。

④相性の合い、スキルの高いコンサルタントを見つけておく
「そろそろ転職したいなぁ」なんてのんきに言っていられるうちはいいですが、
やむ終えず月末退職、来月から次のところを探さなければなんてことも
人生なくはありません。また友人が転職トラブルに遭った際にも
「この人に頼ってみたら?」と紹介できる頼もしいコンサルタントが一人
いれば、万一自分が転職危機に陥ったときにも安心です。
紹介会社単位で探すと、コンサルタントは自動的に決まってしまうこともあり、
「大手の紹介会社にせっかく登録したのに、中途で経験の浅い人が
担当になってしまった」というケースも。
またスキル高くても相性が合わなければ、いい転職はできません。

普段忙しい先生方だからこそ、まだ転職決定していない段階でも
動いていたって十分構わないと思います。
リノゲートでは

「まだ転職するか決まったわけではないけど、一度コンサルタントの
方とお会いしてみたい」
「転職の流れについて一度ゆっくり話を聞いてみたい」
などのご相談も大歓迎です。

備えあれば憂いなし。
リスク管理に優れた先生のご相談、お待ちしています。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に抵抗が
ある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆