_MG_3448

医師の転職・相談・求人『「すぐに入職できます」というのは良い印象を与えるのか?』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

今回は入職時期についてのお話になります。
転職活動を行う際の大きなポイントの一つが転職時期という事になります。
医師を採用する医療機関の側からしますと、そもそも求人を出しているという
背景を考えますと医師が足りておらず今すぐにでも入職して頂きたいと考えている
医療機関も多く存在しています。こういった医療機関に対しては
「すぐに入職できます」とお伝えすれば確実に喜んで頂けます。

しかし一方で「すぐに入職できます」という事をお伝えした事で
先生方の評価を下げてしまうような場合もあるので注意が必要という事になります。
それがどんな場面なのかと言いますと一般的に医師が転職する場合ですが、
急に辞められてしまえば医療機関は困ってしまいます。時には患者に対しましても、
多大な迷惑をお掛けするような事にも発展しかねません。
それもあって他の職種と比べた場合、医師の場合には退職の申し出を行うタイミングは
他の職種よりも早い時期に行う事が多くなります。つまり実際に退職出来るまでには
引継ぎを行うなど多くの日数を費やしながら行っていくような場面も多くなります。

にも関わらず「すぐに入職できます」と仰る先生に関しましては、
・次の職場が決まる前の段階で先に退職してしまった無計画な先生、
・退職の申し出をすればすぐに辞める事が可能であると一方的に思っており、
すぐ辞めれば職場に対して迷惑を掛けるという事に一切気が付いていない先生、
・退職を申し出すればほとんどの場合、引き留め交渉にあう可能性が高いですが、
引き留めに会わない先生方。(何らかの問題を抱えている可能性が大きく
職場としては、むしろ辞めて頂きたいと考えているような場合。)

以上のような何らかのネガティブな理由が潜んでいる場合も多くなります。
つまり「今すぐに入職できます」と伝える事は裏に何らかのネガティブな理由が
潜んでいるかもしれないという事を予感させる事に繋がってしまうのです。

お伝えする場合には、まずは医療機関側の募集状況がどのような状況なのかなど
背景を確認してからお伝えするようにした方が無難です。お気を付け下さい。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆