134959

医師の転職・相談・求人『仕事と向き合う際の考え方』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

私自身は今までに仕事を通じて、先生方をはじめ看護師や薬剤師、臨床検査技師など
医療に携わっている方々と多く接する機会がありました。そんな方々から聞いた事を
整理致しますと医療業界で勤務している方々は「経営重視」「利益追求」「規模拡大」
というような、いわゆる「お金」に関するキーワードと仕事を結び付けようとすると
とても大きな抵抗感を感じてしまう方々が非常に多い印象を持っております。

その理由は医療というものの本質が利益追求つまりお金稼ぎのために行う物ではない、
というように考えている人が多いからではないかと思います。確かに医療というのは
病気やケガで苦しんでいる患者を救う事が最大のミッションであり時には奉仕活動
のような意味合いを帯びてくる事も有るからではないかと思います。

とは言いつつも医療機関にせよ利益が無ければ存続が難しくなります。
そう考えますと完全に医療と利益を切り離すというのも難しい事だと思います。
ではそんな環境の中でモチベーションを低下させる事なく仕事に取り組めば良いかと
と言いますと、それは仕事への取り組み方(考える方向性)を変えてみる
という事で解決出来るのではないかと思っております。

皆さんがお金にまつわる話に嫌気が差してしまう最大の理由は、
お金のために働く(経営者だけが儲かるような仕組み)が嫌になる事です。
そこで目線を変えて少し違った観点で考えて頂くと如何でしょうか?

具体的な考え方としましては「良い仕事をすれば、お金も自然と入ってくる」
というような発想です。つまり良い仕事をして相手に納得してもらえれば、
利益は後から付いてくる、という事です。患者に感謝されるような良い仕事を
行っていれば自ずと利益もアップするという考え方です。こういう考え方に
頭をシフトする事が出来れば、やっている事は全く同じだとしても、
仕事への満足度は大幅にアップすると思います。

お金のことを先に考えるか後に考えるかという事になりますが、
少し目線を変えるだけで大きく仕事への取り組み方が変わると思います。
是非、一度お試しください。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆