tayou85_officedash20140823100308_TP_V

医師の転職・相談・求人『入職後の立ち振る舞いについて』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

今回ですが先生方が新たな勤務先にご入職された直後の立ち振る舞い方について
記載させて頂きたいと思います。実はご入職直後というのは色々な意味でとても
重要な時期であります。では具体的にどんな点に気を付けるべきなのかについて
記載してみたいと思います。

新たな職場にご入職された直後というのは入職したご本人にとりましても、
採用した医療機関側においても、お互いがお互いの腹の探り合いをしている
状況になります。勤務先からすれば「どれだけの能力を持っている先生なのか」
先生の立場からすれば「どんな職場なのか」について確認している状況です。

また中にはとても真面目な性格をしている人もいらっしゃいます。
このような人の場合、少しでも早く新たな勤務先から認めて頂けるように
勤務開始早々の段階からフルスロットルで勤務を行ってしまう場合もあります。

実はこれがNGなんです。いきなりフルスロットルでの勤務という事になれば、
慣れない環境での勤務になり心身ともに削り取ってしまう事に繋がります。
また新しい職場の人達からすれば「凄く仕事が出来る人が入社してきた」
という感じで、いきなりの高評価を得てしまうような事にもなり得るのです。
つまり、その姿がその人の普通の姿であるという過大評価を受ける事にもなります。
こうなってしまうと後々の伸びしろが少なくなってしまうので、評価が上がりにくく
なってしまうのです。

一方でスロースタートを切った場合、初めの期待感は大きくないと思いますが、
時間が経過するにつれて徐々に実績を上げていく事が出来ますので、
当初の段階よりも評価を高める事が可能になります。つまり伸びしろがあるのです。
伸びしろがあった方が勤務先から見れば一生懸命勤務しているように見えるので、
結果的にはスタートだけ良かった人よりもトータル的に評価が高くなります。

以上のような事からも新たな職場で勤務を開始した当初というのは、
フルスロットルで勤務するよりも少し手持無沙汰くらいの感じでご勤務頂いた方が
色々な意味での伸びしろがあるのではないかと思っています。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆