_S1C2611_sss

医師の転職・相談・求人『周りの先生方の労働条件を意識する。』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

今回は転職活動を行う際の条件交渉についてお伝えさせて頂きます。
多くの先生方が出来る限り良い条件にて採用して頂きたいと考えている事は
決して間違いなどと言う訳ではありません。

しかし交渉をしすぎてしまう事で先生方に悪い影響を与えてしまう事も
多々ございます。その中の一つが院内の他の先生方との労働条件の乖離
という問題が挙げられます。

交渉を重ねてやっと得た条件ほど、他の先生方の労働条件と比べた際に
圧倒的に優遇されている可能性が高くなります。
例えば分かりやすい所で表現しますと「週4日で当直無し」を希望された場合、
他の先生方が週5日勤務して週に1回の当直に入っていたとします。
明らかにご自身だけが業務量的に優遇されてしまう事になるのです。

一見、得したような感もあるのですが、実際にはこれに対して不満を
感じる先生もいれば、白い目で見られてしまうような事があるかもしれません。
また周りの先生方が自分より先輩だったりすれば「生意気な奴だ!」なんて
厳しい言い方をされてしまうかもしれません。

こんな環境の中で平穏無事に過ごす事は、かえって難しい事かもしれません。
長い間、仕事をすると考えれば周りの先生方との関係性に波風を立てないように
する事は非常に大事なポイントになると思います。上手くやり取りをするには
やはり一緒に勤務する他の先生方との条件のバランスを考える事が、
とても大事ではないかと思います。

医療機関も企業と一緒で複数の人が一つのチームになって働いています。
そうなれば当然の如くチームワークというのが大事になってくるのです。
一人だけ特別な扱いをして頂くような事はチームの輪を乱す事になります。
そのような事になる前に周りの先生方との調和を保つ事が大事です。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆