b9cf0e1debaaaf8ecc77cca74623e3cd_s

医師の転職・相談・求人『経営者の目線で将来を探る』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

転職先を探す際の重要ポイントの一つに勤務先の「将来性」というのがあります。
今後、どんな方向で活動していくのか、経営者はどんな事をイメージしているのか
このような点に関しましては、とても気になる部分の一つではないかと思います。

また、これに近い話としまして経営者がどんな事に重点をおいて活動しているか、
その辺りについてもしっかりと見定めておく事は新たな勤務先を探す際にとても
大事なポイントになること間違いないと思います。

そこで医療機関に面接や見学に訪問し理事長や院長といった組織のトップの方々と
お話をさせて頂く際に、どんな点に耳を傾けるべきなのかまとめてみました。

①将来のビジョン
経営者が将来の方向性をどんなふうに考えているのか確認してみる事です。
法人で抱えている施設の件数を増やし規模を拡大していく路線なのか、
現状の規模を維持して量よりも質を重視していく戦略なのか、という事などです。
拡大路線を目指しているという事になれば、勤務している先生方に対しましても、
それなりの負荷がかかる可能性もあります。ただ上手く組織が大きくなれば、
役職などのポジションの数も増えます。そうなれば重要な役職に就いて
勤務するようなチャンスの可能性も広がります。
逆に安定志向であれば、大きな変化はなく落ち着いた環境の中で勤務する事が
可能だと思いますが、それ以上に組織が成長する見込みは薄くなりますので、
新たに役職などにつけるチャンスは少なくなるかもしれません。

②従業員に対する考え方
経営者によって従業員に対する考え方はバラバラです。
従業員をとても大事にする経営者もいれば、自らの保身のために従業員を
こき使うような場合もあります。これらを見抜くにあたり一番分かりやすいのは、
労働条件という事ではないかと思います。従業員を大事にする組織に関しては
給与、福利厚生、労働環境などの面で従業員に対しての配慮が徹底しています。
一方でこれらの配慮が欠けている、不足しているような職場と言いますのは、
多くの場合、従業員よりも経営者自らを守ろうとする意識が強い場合が多いです。
当然の如く、前者のような職場に出会えるに越した事はないと思っております。

以上のように経営者がどんな目線で考えているのかを探る事で、
その組織の良し悪しや、おおよその将来の展望を推測する事が可能になります。
このような情報を収集する事で間違いのない勤務先をお探しして頂ければ
私共としても嬉しい限りです。

ご検討頂く際には私共の方から候補をご提案させて頂く事も可能です。
必要な場合には、是非、お気軽にご相談下さいますよう、宜しくお願い致します。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆