images (6)

医師の転職・相談・求人『職員の雰囲気から職場の良し悪しを感じ取る』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

そもそも私が思う良い職場のイメージですが、それは従業員のモチベーションが高く
仕事に対して前向きに取り組んでいるような職場をイメージしています。
しかし良い職場なのか否かを判断するのは簡単な事ではありません。
仮に面接や見学などを通じて理事長や院長、事務長などとお会いさせて頂き実際に
お話をさせて頂いたとしても、限られた時間の中で全てを見抜くというのは現実的には
ほぼ不可能ではないかと思ってしまいます。

しかし転職活動を通して最終的にどこの職場に入職するかどうかを判断するには、
面接や見学で得た情報から判断するしかない、というのが現状となっております。
という事になりますと面接や見学に行った際の情報収集の精度を高めることで
出来るだけ間違いのない選択が出来るように対応するしかないという事になります。

そこでご提案があります。情報収集を行う際に注視して頂きたいポイントがあります。
それは理事長や院長といった要職の方々を見るのではなく事務長やその他の職員など
雇われの身として勤務しているような人達の姿を見て頂きたいという事になります。

これは私共の経験上からの話という事になりますが、その職場のカラーが最も鮮明に
反映されているのは職員の方々の雰囲気という事になります。生き生きと働いていれば
働きやすい良い職場である可能性が高いです。一方、元気がなく無理やり仕事を
させられているような職場は、そのようになる何らかの原因が潜んでいる可能性が
高まるのです。これが先でも述べました職員のモチベーションの表れになります。

モチベーションが高いという事は職場が職員に対してそれなりの対応をしています。
つまり職員(人)を大事にする雰囲気がある職場である事が言えます。
モチベーションが低いという事は職場が職員(人)を大事にしていないという事が
直ぐに分かるのです。

職員(人)を大事にしない職場、先生方も今までにご勤務されてきた所の中に
一つや二つ思い当たるような所があるのではないでしょうか?
そのような所で再び勤務したいと思えるかどうかという事になります。
是非、職員(人)を大事にするような職場にご入職される事をお薦め致します。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆