_S1C0837_sss

医師の転職・相談・求人『面接や見学に行くタイミングについて』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

今回は転職活動を行う際には必ず実行する必要のある院内見学や面接について
どのようなタイミングで実施するのが良いのかについて記載致します。

転職活動を行う際に実際に希望の医療機関に足を運んで院内の見学をしたり
理事長や院長、事務長などと面接を実施する事は必須事項となります。
先生方の本心としても出来る事なら見学に行ってみたい、
理事長や院長に直接お会いしてお話をお伺いしてみたいとお考えのはずです。
しかし日々お忙しくされている先生方の生活リズムから考えますと、
滅多やたらに多くの医療機関に足を運ぶ事が出来ない場合も有りますし、
無計画に多くの見学や面接に参加してしまえば、先生が転職活動を
行っていること自体が広まってしまうなどのリスクもあります。

そう考えますと可能性が高いと思われるところだけに絞り込んで、
見学や面接を実施するという事が最も効率の良い方法になるのです。
実は転職活動の中で、この「可能性が高い所」をどうやって
絞り込んでいくのか、この作業が実はとても大事な作業になります。
ここで的が外れてしまえば、そもそも見学や面接に参加したとしても
話がまとまらない可能性が高まってしまうからです。

可能性が高い所を見つけ出すには、予め条件を確認しておき、
その内容が先生のご希望にどれだけマッチしているかを
チェックする事が最も近道ではないかと思っております。
仮に多少の誤差があったとしても、交渉を行う事ですり合わせを
行う事も可能です。この段階で、概ね合意する所まで到達出来れいれば
見学や面接を実施した後にこじれる可能性は下がります。

しかし面接などを実施する前の段階で合意までの持っていく事は、
それはそれで非常に難しい作業にもなりますし、
こちらの希望を押し付けし過ぎてしまえば相手方からの印象は悪くなります。
ですので概ね合意という程度まで事前に持っていく事が出来れば
あとは見学、面接を実施した際に最終詰めを行うだけになります。
これが見学、面接を実施する最善のタイミングだと思います。

私共の方でも各先生方のご案内をさせて頂くにあたりまして、
これらのタイミングを慎重に測りながら対応させて頂いております。
転職活動を実施する上での不安などがありました際には、
是非一度、お気軽にご相談下さいますようお願いします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
 ↓ ↓ ↓ 
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら
>>>精神科医専門の転職サイト「精神科医の転職相談室」はこちら 
>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆