s__S1C0209_sss

医師の転職・相談・求人『面接時に一番やってはいけない事』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

これは先生方の面接に限った事ではないのですが、面接に参加して頂く際に
絶対にやってはいけないポイントが幾つか存在します。
面接時の評価というのは採用試験の中で最も重要視されるポイントになります。
面接が上手くいかなければ採用して頂くのは難しい、という事に直結します。
ではどんな事をやってはいけないのか具体的にご説明させて頂きたいと思います。

面接の時に一番やってはいけない事、それは面接の事前に伝えていた事と
面接当日に伝えた内容に齟齬が生じてしまう事になります。

面接を実施する事前に私共の方から医療機関側に対して先生方のご希望の条件など
諸々の情報をご提供する事になります。その内容と先生方が面接の場で直接お話を
して頂く内容が違ってしまいますと、その時点で医療機関側はどの情報が正しくて
間違っているのか疑心暗鬼になってしまう事になります。こうなってしまった時点で
かなり評価が下がってしまう事になります。

実はこれの真逆の事についても同じことが言えるのです。
事前に聞いていた医療機関からの情報と面接当日にご説明して頂く内容が
違っていた場合には先生方の方から医療機関に対して不信感が募ります。
こうなってしまうと決まるものも決まらなくなってしまうのです。

これを防ぐには事前の情報共有が大事になります。
改めて面接を実施する前に聞いていた内容に間違いが無いかどうかの擦り合わせを
実施する事が大事だと思います。面接で良いお返事を頂くためであれば
抜かりなく事前準備から面接当日の振る舞いまで対応すべきです。
凡ミスによる不合格だけは絶対に避けて頂きたいと考えております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆