医師の転職・相談・求人『何事も慣れには気を付けましょう』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

仕事、私生活共通して言える事かと思いますが、
何か行動を起こす際に「流れ作業」になってしまっているなと感じられた事は
ありませんか?
その流れ作業が当たり前になってしまいますと、
時には仇となってしまうケースもあります。

先日、M先生(女性)と喫茶店で面談をしてきました。
そこでまず、先生の口から飛び出してきたのが
「実は先週、別の紹介会社さんの方と面談をしてきたんです、、
ただ、私はこれまでに大学の人事で転職を繰り返してきた為、
外部の業者の仕組みは全く分からずにとりあえず登録をして、
その後流れや仕組みについて説明があるのだろうと思い面談日を
迎えたのですが、当日も一切説明が無く、挨拶や私の経歴や希望の話を
聞くだけ聞き、今後どのような流れになるのか、私自身は何をすれば良いのか等
全くと言って良い程説明が無く、唖然としてしまいました。
私が常識知らずなのでしょうか?、、」

少し端折りましたが、先生より冒頭にお話頂いた内容になります。
実は記憶を遡ると、少し前にも類似したお話を先生より耳にした事があります。

今回のケースの場合は紹介会社側の人間からしますと、
分かってて当然の思いで面談に望み、自分達はどのような役回りになるのか等の
説明を(説明)怠り、初めて紹介会社を利用する先生より不安・不信感を抱かせてしまったのです。
コンサルタントからしますと、細かい事かもしれませんが、
紹介会社を利用した事のない先生からすれば分からなくて当然です。
※事前にお知り合いの先生から話を聞いていれば別ですが。

そこで私の方で、改めて冒頭でより詳しく噛み砕いた形で
先生の紹介会社とは何なのかを説明させて頂き、
先生には無事にご納得頂けました。

M先生より、このようなお話が無かった場合でも、
私としましては自身の役割や今後の流れについての説明はどんな先生であっても
毎回説明は怠らないように心掛けて対応していますが、
当たり前の作業を当たり前に熟してこそ、
一人前のコンサルと呼べるのでは無いでしょうか?

物事を進める上で「慣れ」が「自信」に変わり成長するケースもあるのは
間違無いかと思いますが、
【慣れる事=基本を怠る】
と、なってしまっては本末転倒になりますので、
私共リノゲートコンサルも細心の注意を払い、先生方のお役に立てるよう
精進して参ります。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆