1349ca994d43647020ef02347cac8cf3_s

医師の転職・相談・求人『転居の際のポイント』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート(株)の一杉です。

転職の際は転居を伴った転職をお考えの先生もいるかと思います。
エリアフリーで条件面次第での転居、ご家庭のご事情による転居
ご出身地に戻られる転居などご理由は様々です。

転職のサポートを行う中で、転居を伴う転職の際は、
先生と一緒に病院の最寄り駅や通勤しやすい駅を散策してみる事もあります。
その地域に住むイメージを膨らます為です。

その際は以下のポイントをチェックしながら歩いています。

・交通網(公共交通機関の際の利便性や車利用の際の利便性)
・周辺の飲食店状況やスーパーの有無
・地域の治安
・子育ての環境(近隣にどんな学校があるか)
などです。
又、中には実際に歩いて感じたイメージと地元の方からのみたイメージに
齟齬がある場合もあります。

これは先日の話ですが、実際に転職に伴い転居をお考えの先生を担当した時のお話です。
面接前に少し時間があり先生と最寄り駅のA駅周りを歩いてみましょうという事になりました。
駅周辺を歩いた印象ですと、駅から少し離れたところにスーパーがあり、
静かな住宅街で特に何もデメリットは感じられないといった印象でした。
先生としても「ここなら住んでも全然構わないです」とおっしゃっておりました。

その後、ご希望の病院で面接を行い、お話の中で先生が転居をお考えという事を
お伝えするとご同席された先生から近隣駅の情報を頂ける機会がありました。
よくよく話を聞くと、先生と散策した最寄り駅のA駅はお昼と夜ではイメージが異なり夜は治安が悪く
住むのにはあまり適していないのでB駅の方が色々と利便性もあり住みやすいですよというご意見を頂きました。
私と先生は「えっそうなんですか!?」といった感じでした。 (笑)
全然そんな風には感じられなかったからです。

ちなみに面接後、少し時間があった為、B駅から帰る事にして駅周りを散策をしたのですが、
実際に歩いてみるとなるほど!確かにB駅の方が住みやすいと感じました。
B駅の方がファミリー層も多く、近くに飲食店やスーパーなども充実していたのです。
結果、先生とお話しし住むには断然B駅ですねという意見で一致しました。

このように、実際に病院で勤務されている先生から地域の情報を頂く事も大切だと感じました。
それは住んでいる方しか分からない実際のリアルな情報をお持ちだからです。

ご転居を伴う転職の際には是非面接の中で、ご質問など病院側にしてみて下さい。
有益な情報を得たり、ご質問する事で病院側とのコミュニケーションも図れ
プラス要因に繋がります。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆