医師の転職・相談・求人『面接対策も謹んで行わせて頂きます』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

「面接なんて何十年ぶりで緊張します」「面接ってどんな事聞かれるんですか?」
「言わない方が良い事はありますか?」
「面接に苦手意識を持っているのでアドバイスをしてもらえませんか?」
いきなりすみません。
上記の「」内はサポートさせて頂いている先生方が面接前等に
仰る事を一例として挙げてみました。

割合としては決して多くないですが、
割と多くの先生方が面接に対して不安を持たれているという事が、
日々先生方の対応をしている中で垣間見えてきます。

面接と言いましても、
ガチガチの雰囲気で行われる新入社員の面接ではありませんので、
「理念に共感し‥」
「私が貴院を志望しました理由は‥」
のように、硬い言葉を並べずとも面接は突破する事が出来ます。

ただし、上記でも挙げましたが面接に対して苦手意識を持ってしまっていたり、
何を聞かれるか不安、、という先生がいらっしゃるのも事実です。

そのような時は私共を頼って下さいませ。
各病院が面接時に気にするポイントや話の内容の傾向等を事前に共有し、
先生が余裕を持ち極力リラックスした状態で当日臨めるように、
出来る事は全て行わせて頂きます。

面接の際にどのような内容で話をすれば印象が良いのか、
言ってはいけない事は何なのか等、
事例も交えながら面接対策を行わせて頂く事も可能です。

先生方から希望が無いようでしたら、
こちらから唐突に面接対策をしましょう!とは基本的には申しません。
ただし、このまま面接に進むと少し不安だなとコンサルタントが感じた際は
時には提案させて頂く事もあるかもしれません。
その際は先生に対してダメ出しをしたいのではなく、
面接を終え、無事に内定(オファー)を病院側からもらう為というのが背景にあります。

「面接対策」をして欲しいとは中々言い辛いかもしれませんが、
逆にそのように仰って頂ければ私共としても俄然モチベーションが上がりますので 笑
一度お試しくださいませ!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら