8c83a431f3de7729c713c935e86a24b2_s

医師の転職・相談・求人『お子様がいらっしゃる先生の働き方について』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の一杉です。

本日は、お子様がいらっしゃる先生の働き方についてお伝えしようと思います。

最近は子育て支援などの取り組みをされている企業も増えてきており、
子育てをしながらバリバリ働かれている方も増えてきております。

それは医療業界にも言える事で、
お子様が生まれて育児休暇後に仕事復帰をお考えの先生方も沢山いらっしゃいます。
育児休暇後に今まで働かれていた病院に復帰する道もありますが、
勤務日数や業務量などで先生のご負担が増える為、実際ご退職される先生も少な
くはありません。

その為、子育てをしながら仕事をする際に勤務時間や通勤時間を第一優先に考えて
非常勤の掛け持ちでご勤務をされている先生も多い現状です。
非常勤のイメージとしては、自分の好きな曜日に仕事を入れられる・融通が利き
やすいと思っている方も多いかもしれません。
しかし実際のところは決まった曜日に入る=置き換えれば何かあった場合に代わ
りがきかないという事なのです。

私が経験した過去の事例からお話を致します。

A先生はお子様がまだ小さく保育園に預けている関係で、非常勤を掛け持ちでの
勤務スタイルを取られておりました。
当初は決まった曜日に入り職務をこなして良いなと感じておられていたようなのですが
ある時、お子様が熱を出してしまい保育園から連絡が来ました。
しかし非常勤勤務の為、他に患者様を診れる先生がおらず
その結果、結局保育園へのお迎えが遅れてしまいました。
医療機関側からすれば、決まった曜日に契約をし雇用をしている訳ですから
当然先生にはしっかりとその日の職務を果たしてもらいたいというご意向がある訳です。

このような事も重なり、A先生から弊社へご相談がありました。
先生のご事情や意向をお伺いする中で、
弊社から常勤での勤務スタイルはどうでしょうか?というご提案させて頂きました。
実は常勤でのご勤務の方がA先生にとって+になる事が多かったのです。

メリットとしては
・社会保険への加入ができる
・安定した収入が得られる
・常勤医という事で、
 何かあった場合に他の先生とシフトを代わってもらえたり融通が利きやすい。
・今後、お子様が大きくなり子育てが落ち着いた際に、ご経験がスキルとなって
 身についている。など挙げられました。

結局、A先生は弊社からご紹介させて頂いた医療機関へ常勤医としてご勤務され、
現在、仕事と子育てを上手く両立して働かれております。

何が言いたいのかと申しますと
一概に非常勤だからといって先生にとって働きやすい環境であるのかというと、
そうではないという事です。
まずはご自身にとってどのような働き方がベストなのかをよく考えて頂く事が必
要だと思っております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆