_S1C0997_sss

医師の転職・相談・求人『自分が求職者であればどんな紹介会社を利用するのか』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

今日は、いつもとは視点を変えてお話させて下さい。汗
その視点についてですが、もしコンサルタントである私(コウ)が
転職を考え、紹介会社を使おうと考える際にどのような会社、コンサルタントに
対応して欲しいかといった事を考えてみました。

まず、紹介会社についてですが、
ホワイトカラーの企業専門の紹介会社もあれば、
私共のような医師専門の紹介会社があり、大手であれば職種毎に部署を分け、
様々な職種に対応している会社も存在します。

先生方の中にも数多くある、紹介会社の中から本当に信頼を置ける会社を選ぶのは
大変だと思われた経験はありませんでしょうか?

ここで本題ですが、職種は一旦置いておいて、冒頭でも記しました
私であれば、何を基準にして会社選びをするのか挙げていきたいと思います。
——————————————————————————————–
■紹介会社へ登録した際の相手方へのファーストコンタクト方法■
→ファーストコンタクトとは、どのような手段で登録者に連絡を取って来るかです。
私が仕事中の時間であれば、メールを入れておいて頂ければ、
相手の事をしっかりと考えている人だな、と思えますし夕方や夜の遅くない時間であれば
仕事終わりの時間を見計らって電話して来たんだなと、不快感は覚えません。
答えになっていないかもしれませんが、相手の状況を考えケースバイケースの対応が出来る人に
担当してもらいたい。そう思うのです。

■何をウリにしているか■
→紹介会社の特徴にも直結する部分ですが「➀情報」「➁情報の」どちらを
強みにしている会社を選ばなくてはならない状況になった場合は、
➁の情報の質をウリにしている会社に任せようと思えるのです。
情報量(求人数)は確かに欲しいところではありますが、
その情報が本来の情報と乖離が発生していたり、過去の情報で最近のものでない。
これでは話になりません。

■コンサルタントとの相性■
→人付き合いは「相性」が大事になるのはご周知の通りです。
仮に優れた実績を誇る会社でも、コンサルの能力によって
転職が成功するか、失敗となるか変わって来るといっても過言ではありません。
対人で見た際に、社会人としてのビジネス的な一般常識を兼ね備えていない、
情報は相当数送って来るのに対して、その情報について質問した際に
全くもって答えられない(確認しますの連呼)。
これもコンサルタントとしては能力不足と感じてしまいます。
情報や求人を送って来るからには何か、その情報を推したい理由を持って
送ってきて欲しいと思うのです。
———————————————————————————–

長くなってしまいましたが、今日は私の個人的な見解を述べさせて頂きました。
もちろん、人によって相手に求める事は違いますので、
賛否両論があって当然です。

但し、紹介会社に登録をするという事は、
同時に個人情報を多かれ少なかれ渡す事になりますので、
紹介会社選びは慎重に行って頂きたいと考えております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆