医師の転職・相談・求人『常勤医として働くには』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の一杉です。

本日は常勤医として働く条件についてお伝えしたいと思います。

育児やご家庭の事情により休職されており、復帰先をお探しの先生方から
ご相談頂く機会もあります。
そういった場合、まずは非常勤勤務をして慣れてきたら常勤勤務を検討される
ケースや常勤医としての働き社会保険に加入したいとお考えの先生もいら
っしゃいます。

ご存じの先生方も多いかもしれませんが、常勤医として勤務される場合には
週32時間以上の勤務が必要になってきます。
ちなみに厚生労働省では常勤の条件として以下のように定めています。
——————————————————————–
常勤医師とは、原則として病院で定めた医師の勤務時間の全てを勤務する者をいう。

ア 病院で定めた医師の勤務時間は、就業規則などで確認すること。
イ 通常の休暇、出張、外勤などがあっても、全てを勤務する医師に該当するのは当然である。

病院で定めた医師の1週間の勤務時間が、32時間未満の場合は、
32時間以上勤務している医師を常勤医師とし、その他は非常勤医師として常勤換算する。

——————————————————————–
※一部抜粋している形です。

以上です。

具体例を挙げさせていただきますと、

例えば、就業時間が9:00~18:00(休憩60分)と定めている医療機関
では、勤務日数が週4日の場合、1日の実働時間が8時間になりますので、
8時間(1日の実働時間)×週4日勤務(週の勤務日数)=32時間(週の勤務時間)
という事になり常勤規定を満たすことになります。

ただ就業時間が9:00~17:00(休憩60分)と定めている医療機関の場合
には、1日実働7時間×週4日=28時間になりますので常勤条件を満たせずに
非常勤扱いという事になります。

整理いたしますと、常勤規定のポイントとしては、
休憩時間を除いての就業時間×勤務日数が32時間以上でなければ
常勤医として認められないという事です。

簡単ではございますが、以上が常勤医として働く条件になります。

これから常勤医として働きたい、転職を考えているという先生は
是非ご参考にして頂ければ幸いです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら