_MG_3079

医師の転職・相談・求人『待っていれば良い求人は出てくるのか?』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

求人を探す際ですがタイミングがとても大事であるというような事は
過去にも何度かご説明をさせて頂いた事があったかと思います。
転職活動をスタートした時に、たまたま良い求人が出ていれば、
それに越した事は無いと思いますが、逆に良さげな求人が無かった場合、
どの様な対応をすべきか、多くの方々が迷う事だと思います。

そのような時に多くの先生方が仰る事としましては、
「良い求人が無いのであれば出てくるまで待ってみます。」
という事を仰る先生も多くいらっしゃいます。

確かに無理して転職するよりも、良い案件が出てくるのを待ってみて、
出て来た時にアクションを起こすというのは筋の通った考えだと思います。
ただ肝心なのは待てば本当に良い求人が出てくるのか否かという事です。

ではその答えはどうかと言いますと、答えは「NO」という事になります。
今までに私共としても各医療機関とやり取りを重ねつつ、
求人が出て来るまでの流れや背景を見て参りましたが、
特に良い求人ほど出て来ない可能性が高いというように考えています。

企業のように規模拡大などに伴う増員という事で人材の採用を行う事は
可能性としては考えられる事だと思いますが、医療機関に関しましては
規模を拡大すると言っても多数の人材を採用するほどの拡大になる事は
少ないと思いますし、どちらかと言えば採用しなければならない理由は
退職者が出る事で補充のための採用の方が圧倒的に多くなる訳で、
採用する理由もネガティブな物が多くなりがちになります。
結果的にはいずれの場合においても多数の人材を採用する可能性は低く、
いつまで待っても求人が出て来ないなんて事も考えられるのです。

以上のような事から考えますと転職をするか否かという事に関しては
求人の良し悪し云々という事よりも、ご本人が強い意思を持って
決断する事が出来るか否か最も大事になると思います。
逆に言えば決断したからには、どんな職場に転職したとしても、
やり通す強い意識が大切になるのではないかと思います。

転職を成功させるには良い求人を待つ(求人に頼る)のではなく、
自らの力で切り開いていく意識の方が大事になると思います。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
 ↓ ↓ ↓ 
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら
>>>精神科医専門の転職サイト「精神科医の転職相談室」はこちら 
>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆