images (6)

医師の転職・相談・求人『悔いを残さない転職の重要性』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

今年も早いもので既に8月になりました。昨日から甲子園では夏の風物詩でもある
高校野球が開幕しました。私自身も高校時代には硬式野球部に所属していた事もあり
この時期になると今でも高校野球にくぎ付けになってしまうのです。

そんな高校野球を見ていて毎年思い起こしてしまう事があります。
それは「悔いを残さない」という事です。自分自身が高校野球をやっていた時の事を
振り返ると後悔する事ばかりで「真面目にやっておけば良かった」と今更ながらに
思う事があるのです。

何故、後悔するのかと言いますと「やり尽す事が出来なかった」事です。
一生に一度しかない場面ですから当然あとでやり直す事は出来ません。
にも関わらずやり残した事があるというのは後悔以外に何も残りません。

実はこれと同じ感覚に陥るのが転職です。
現在の仕事を辞めて新しい職に就くというのは意外と簡単な事かもしれません。
だから嫌な事などがあると簡単に転職しようと考えてしまいがちになります。
実際に自分も過去に目の前の仕事が嫌になってしまい逃げるように転職をした事が
ありました。その時の事を今になって振り返る事があるのですが、
残念ながら、その時に学んだ事はほとんど無い事に気が付かされます。
学んだ事が無い事は時間を無駄にしただけという事になるのではないでしょうか。

本来、転職するというのは今までよりも前進する事が前提だと思います。
経験値、給与額、ポジションなど、どれを見ても今まで以上の何かを得られるように
する事が大事ではないかと思うのです。悔いが残るような転職、つまり前進出来ない
転職であれば、してはいけないのではないかと思う次第です。

転職するのであれば悔いが残らない転職、前向きな転職が出来ると
良いのではないでしょうか。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆