医師の転職・相談・求人『面接で不採用になるケース』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

転職活動の中で避けて通れないのが「採用面接」です。
少し前までは医師の場合面接というよりかは「面談」「顔合わせ」のような
イメージに近く、医療機関側からしますと
「先生さえ宜しければ是非当院にいらしてください」といった回答に至る事が殆どでした。

では近年はどうなのか、、
先生方にプレッシャーをかける訳ではありませんが、
予想だにしない理由で面接で落とされるケースが日常茶飯事に起きています。

不採用になってしまう一番の理由は、謙虚さであったり細かい言葉遣い態度等、
一般的によく聞く内容になります。
また、面接はコミュニケーションの場でもありますので
会話が嚙み合わない・成立しない・質問されている立場なのに逆質問で返してしまう等の
理由で落とされてしまう場合もあります。

先生側に悪気はなくとも、相手にそのような印象を与えてしまっては、
取り返しがつきません。いくら私共が間に入り面接後フォローを入れましても、
第一印象を覆す事はまず出来ません。

大事になるのは、〇〇病院の面接はどのような内容の面接になるのか、
どのような人材を好み採用したいと考えているのか等を事前にある程度把握する事です。

↑に関しましては先生が独自に情報を収集するのは困難であると思いますので、
コンサルタントを利用して下さい。
面接時の人となりに絶対の自信をお持ちの先生は必要ないかもしれませんが、
少しでも面接に対して不安であったり、苦手意識を持たれている先生は事前準備を
される事を強く推奨します。

決して大袈裟な事をお伝えしている訳ではありません。

面接なんて〇年ぶりのような先生も近年の面接の傾向等を、下調べされた方が懸命です。
特に何も準備をせずに、一昔前の感覚で面接を受け痛い思いをされている先生は
多くいらっしゃいます。

医療機関は以前と比べ、短い面接の時間でしっかりと人を見極めてくるようになっています。
ですので、繰り返しになりますが準備や対策を怠る事なく面接に臨まれるの越した事はありません。

近々、面接を控えている先生は一読頂ければと思っております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら