_S1C0837_sss

医師の転職・相談・求人『転職が全てではありません』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

徐々に年末も近づいてきた事もあり、自身の1年がどんな1年であったかと
振り返りをここ最近のふとした時に行っています。
私の中での本当にちょっとした毎年の恒例行事です。笑
冒頭でいきなり私のどうでも良い話をしてしまいスミマセン、、汗

さて今年1年でも、新たに多くの先生方の転職活動のお手伝い、
お悩みをお聞きし、恐縮ながらアドバイス等をさせて頂きました。

流れとしては、先生方からまずはじめに現在のご状況であったり
今後お考えになられている事をお伺いし、
その後は各先生方に合わせた形で対応しております。
各先生方に合わせた形というのがどういうものかと申しますと、
そもそも先生方は、
➀転職ありきの相談
➁まずは悩みを解決した上で転職をするのか否かを決められるケース
➂希望条件がクリアできる医療機関が出てきた際に転職の可能性を模索、
又は単純に情報集めをされているケース

大きく分けると上記の3つのパターンに大きく分かれます。

今日は➁のようにお考えの先生、又はそれに近い形でご相談を頂戴する先生方へ
向けてお話をしていきたいと思います。

私共の立場からしましても、
➁のケースの先生方への対応がコンサルタントのしての
真価が問われると考えております。

➀の先生方であれば、そもそも先生方が転職したい・しなくてはならない状況ですから、
極論、条件にある程度見合う医療機関が出てくれば、
大きな問題なくお話が進み、無事にご転職されるという流れになる事が多いのです。

➁の先生方の場合、転職をする事で悩みや不安が解消されるのであれば、
転職をされた方が良いとお伝えさせて頂く事もあります。
ですが、ある程度事前に調べているとはいえ、
これまでに勤務した事のない病院で働くというのは多少なりとも
不安やリスクは生まれてしまうかと思います。

仮にも面接に行かれた後にやはり転職する事に対しての
不安が払拭出来ない、今よりも本当に状況が良くなるのだろうか?と
お考えになられてしまうケースもあるかと思います。
このような場合、冷静に考え今の勤務先に残った方が良いという選択肢も捨てずに
熟考頂く事をオススメします。

紹介会社の立場でここまではっきり申し上げるのはおかしいと
思われる方も居るかとは思いますが、
転職すれば全てが良い方に向かうかと言いますと、そうではありません。
「前回の転職は失敗してしまったので次は絶対に同じ失敗はしたくない」
と、いった先生方も多くいらっしゃいます。

転職は、ご家族含む周りへの影響も良くも悪くも計り知れないものがあります。
「転職した方が良いのか」「転職しない方が良いのか」
この究極の二択で迷われている先生は、
第三者として客観的にアドバイスが出来る、
知人の方、私共紹介会社等へご相談される事を推奨します。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆