医師の転職・相談・求人『経歴書の送付を先生方に依頼する理由』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

今日は経歴書(履歴書)についてお話していきます。
先生方からご登録を頂いた後、お電話やメールにて現在先生が置かれている状況や
転職を検討するにあたっての希望をお伺いする流れが殆どです。

その流れの中で私共コンサルタントより、先生方に「経歴書をお持ちでしたらお送り頂けませんか?」
と、依頼させて頂く場合があります。
いいえ、場合ではなく99%お願いしています。

経歴書は個人情報の塊ですので、人に送る事に抵抗を持たれるかもしれませんが、
医療機関をはじめとする外部に情報を開示する事を目的としている訳では
100%ありません。
医療機関に開示するタイミングとしては私共からご紹介した医療機関の中で
先生が応募(見学・面接)したいとなった場合にはじめて開示する事になります。
少し早い段階で医療機関から情報の開示を求められるケースもありますが、
その際は少なくとも、先生から許可や了承を得てからお送りする事になりますので、
無許可で情報を開示する事は絶対にありません。

では何故、経歴書を依頼するのかと言いますと理由は一つです。
コンサルタントである私共は言い換えますと、先生方の分身となり代理人のような形で
医療機関に確認・交渉していく事となります。
その代理人である私共が先生のご経歴やこれまでどのようなキャリアを歩まれてきたのかを
把握していない状況で先生方を医療機関にご紹介するという事は非常に難しく、
役割を十分に全う出来ないのです。
ですので、担当する先生のご経歴を私共の頭に中いにインプットし、
転職に向けたサポートを行わせて頂きたいというのが理由になります。

もしも先生の担当となるコンサルタントより経歴書の開示を求められた際は、
あえて何故送る必要があるのか?とあえて聞いて頂くのも良いかと思います。
そこで先生方を納得させられるような説明が出来ないコンサルタントに対しては
疑念の目を持っても良いかもしれません。

弊社コンサルタントにつきましては、そのような事が起こらぬよう、
経歴書をお送り頂きたい理由や必要性について丁寧にご説明いたします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら