医師の転職・相談・求人『医療機関側の理想医師像を意識して面接に臨む』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

今日は面接時のテクニック的な要素にもなりますが、
しっかりと病院の医師募集背景や理想医師像を理解した上で面接に臨まれる事を
意識して頂きたいという事をお伝えしたく、お話をしていきます。

医療機関側からしますと「医師」を1名を採用するというのは、
かなりの労力を使います。
あらゆる意味で簡単には採用する事が出来ない職種であるからです。

とは言いましても、どんな先生でも良いからとにかく頭数を増やしたい、
ただ〇〇のような先生を採用したいといった理想(本音)との葛藤の中、
採用活動を行っている病院は多い印象です。

では病院側の理想医師像とは、
具体的にどういう先生を求めているケースが多いのかについてですが、
まずは協調性、チームワークを重んじる事が出来る先生です。
病院はあくまで病院ですが、一般企業と何ら変わりはありません。
様々な職種の方が働いていますので、同職種の方とは当然の事、
多職種の方とコミュニケーションをまともに取れないような先生が居てしまうと、
院内の秩序が崩れてしまいます。
職員からの不満等で一斉退職のような最悪の事態に発展してしまっても
おかしくありません。

もう一つは、これまでに培ってきた経験・スキルをどれだけ活かすことが出来るかです。
一から何かを学びに来るような先生を採用し、指導・教育に力を入れている病院も多くありますが、
片や即戦力を求めている病院も多数存在します。
現在勤めている病院や以前勤めていた病院で培ってきたものが、
転職先の病院で殆ど活かせないとなるとお話はマッチしない可能性もあります。

面接に行かれてから、思っていた病院と違ったな、、
と思われる事もあるかとは思いますが、事前にある程度候補となる病院が
どのような医師を求めているのかといった事は下調べする必要があります。

※もちろん、事前に情報収集を行い過ぎたが故に、
固定概念のようなものを持ってしまうのも宜しくありませんが、、

具体的にどのような医師を採用したいのかといった事はネットには詳しく出ていませんが、
私共であれば病院の担当者と日々コンタクトを取っており、細かい情報まで保有しております。

これまでに面接を多く受けたが、中々マッチせず転職活動に苦戦されている先生は
是非一度、リノゲートをお試し下さい。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら