医師の転職・相談・求人『防災について』

いつも当ブログをご覧いただき誠に有難うございます。
リノゲート(株)の一杉です。

昨日は関東地方で強い地震があり、1都3県で震度5を観測しました。
私も急な揺れに驚きました。最近、各都道府県で地震が起こっているので、
改めて防災の重要性を感じております。

本日は防災に準備についてお話をさせていただきます。

まずは災害(地震等)が起きた時に考えられるリスクとして
「家具類の転倒落下」「二次災害」「食料・飲料などの不足」
などが挙げられます。

それに対する備えとして

「家具類の転倒落下」→「転倒防止対策」
落下による下敷き被害や導線が埋まってしまうリスク
を回避する為、家具等をしっかりと固定する必要があります。

「二次災害」→「二次災害防止策」
火災などが起きる危険性もあるので、
普段から消火器の位置・使い方の確認を行っておく事。
使用後はガスの元栓を閉める、電気プラグを抜いておくなどのこまめな対策。

「食料・飲料などの不足」→「食料・飲料などの備蓄確保」
電気やガス、水道などのライフラインが止まった場合に備えて、
普段から飲料水や保存の効く食料などを備蓄しておく必要があります。
基本的には人数分の最低3日間の食料・飲料の確保が目安とされております。

また非常用の持ち出し用のバッグを準備しておく事も重要です。

中身としましては、
◆飲料水、食料品(缶詰、ビスケット、チョコレートなどの非常食品)
◆貴重品(預金通帳、印鑑、現金、健康保険証など)
◆救急用品(ばんそうこう、包帯、消毒液、常備薬など)
◆ヘルメット、防災ずきん、マスク、軍手、レイングッズ
◆懐中電灯、携帯ラジオ、予備電池、携帯電話の充電器
◆衣類、下着、毛布、タオル
◆洗面用具、使い捨てカイロ、ウェットティッシュ、携帯トイレ

備える事により、ケガなどの予防にも繋がります。

また現在、コロナウィルスの影響もあり、災害が起きた際には
より医療機関に負担をかける事となりますので、日々防災に関する
備えが大切になります。

東京消防庁や首相官邸にも防災についての記述がございますので
気になる方はチェックしてみて下さい。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら