tayou85_officedash20140823100308_TP_V

医師の転職・相談・求人『面接前後の振る舞いについて考えてみる』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の一杉です。

私が過去に転職活動を行っていた際ですが、
面接時間の1時間ほど前には面接会場の最寄り駅に着くようにし、
事前に企業の場所を確認しておくなどの準備を心がけておりました。
少し時間に余裕が出てくるのでよく近くのカフェなどで、
一息入れてから面接に臨むことが多かった事を覚えています。
その際には書類を乱雑にテーブルの上に置かないようにしたり、
電話は席を立ち、なるべく人の居ない静かな場所で対応するように
気を付けておりました。

何故かというといつどこで企業の関係者が見ているか分からないからです。
せっかく面接が上手くいっても、面接前後で悪い印象を持たれてしまったら
元も子もありません。

医師の転職活動の際にも同じことが言えるかと考えております。

例えば、面接後に安心をして歩きたばこをしていた際に、
お昼時に外へ出たコメディカルや病院関係者に目撃されていたなんてことも
起こり得ます。そうなると先生に対する評価が下がってしまう可能性も
出てきます。

面接前後の振る舞いについては、
全てが面接の一部と考えて行動されることをおススメ致します。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆