医師の転職・相談・求人『2022年4月のタイミングでの転職をお考えの先生へ』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

今日は2022年4月(令和4年)を境に転職をお考えの先生へお話させて頂きます。
※未だ、転職先が決まっていない先生が対象です。

さて、今年も残すところ半月少々となりました。
数か月前迄は賑わいを見せていました転職市場も季節の移り変わりと同様に、
冷え込んで(落ち着いて)参りました。
ですが、まだまだ来年4月へ向けて転職を検討されている先生方は多くいらっしゃいます。

ただ、これから転職活動を開始される先生方は一つ注意があります。
それは現在お勤めになられている医療機関への退職の申し出の時期についてです。
法人の就業規則や入職時期に先生⇔病院間で取り交わしを行う、
雇用契約書(労働契約書)に「退職に関する事項」という欄が存在しているかと思います。
そこには「労働者が退職の申し出を行う際は〇ヵ月前迄に申し出る事とする」というような
文言が表記されています。
医師の業界の中で一般的には3ヵ月前~6か月前という記載がなされているものが多い印象です。

となりますと、逆算した場合仮に3ヵ月迄の場合は今月中に申し出を行う必要があります。
6か月の場合は最短で2022年7月頃にした辞められないという事になります。

もちろん、病院との話し合いの中で規則よりも早く退職出来るケースや、
後任や引き継ぎの問題等で規則以上の期間、
働かざるを得ないケースも可能性としてはあります。

何れにしましても、転職活動は転職先を決める事だけではなく、
もう一つ大きな重大任務として「退職の申し出」があるのです。

先生方の対応をしておりますと、案外盲点となっている先生が多く、
後々お困りになってしまっているというのを、私共は目にしています。

今日のお話しをあまり意識された事のない先生は、
転職先を探すのと同時に今一度逆算しながらお話を進めて頂ければと思っています。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら