ec29b40837fa1ba2440cee3b5937b330_s

医師の転職・相談・求人『有益な情報、質の高い求人とは何か』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

1ヶ月程前に転職の相談を頂き、お会いしてきたF先生から伺った
お話を元に先生方のお悩みを解決していきたいと思います。
まずF先生ですが、これまでに転職は数回経験しており、
転職における流れも完全に把握されている先生でした。

その先生が転職活動を行うにあたり私共のような紹介会社を
これまでも利用し、転職されてきたようなのですが、紹介会社とのやりとりの中で
毎回モヤモヤしていく事があるんですよねとのお話があり、
それが何なのかを聞いてみたところ、
「よく業者の方は、良い病院です、悪い病院ですといった事を言われるのですが、
実際に何故この病院は良い病院でこっちの病院は悪い病院なのか
求人からは全く読み取れず、直接聞いても全く説得力の無い事ばかり
言ってくるんですよね、、」
と、半分は愚痴のような感じで嘆いていました。

具体的に説得力が無いというのは何なのか、更に深掘りして聞いてみたところ、
表面的な勤務形態や諸条件は求人内に記載されているが、
それ以外の病院の内情や裏情報を紹介会社側が持っておらず、
何故、良い病院なのか、悪い病院なのは何故かといった大事な部分が
明確に見えて来なかったと感じられたようです。

確かに紹介会社側の立場からすると、内情等の裏情報を求人に記してしまう事は
非常にリスキーではありますので、先生方にお伝えする場合は
基本的には口頭ベースになります。
しかし「良い病院なのでオススメです」と発言したのにも関わらず、
その明確な根拠をお話出来ないのは(知らない場合や根拠無しに)
コンサルタント(会社として)三流では無いかと思います。

もちろん先生方にとって、勤務日数、当直の有無、給与も大事かもしれませんが
どうせ働くのであれば、入職前にどんな病院なのか可能な限り知った上で
居心地の良い病院へ入職されたいですよね?

そこで私共が心掛けている事は、先生方のお気持ちを汲み取った上での
社内のコンサル間での情報共有です。

では何について情報共有を行っているかと申しますと、
例えばですが、Aコンサルが実際に病院に訪問し見て聞いて知り得た情報を
それを社内全てのコンサル間で密に共有するようにしています。
つまり、実際に訪問した事がないコンサルでも
頭の中には多様な情報が蓄積されていく事になり、
それぞれの病院の雰囲気や人間関係、理事長・院長の考え方など
求人票に記載されていないような内容も蓄積されていき、
先生方への情報提供が可能となるのです。

今後も私共としては、このようなリアルな情報収集を徹底して行い、
求人票からは読み取れない、載っていない情報を先生方に
ご提供出来るよう精進して参ります。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
 ↓ ↓ ↓ 
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら
>>>精神科医専門の転職サイト「精神科医の転職相談室」はこちら 
>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆