_S1C2743_sss

医師の転職・相談・求人『ご勤務されている病院を退職される際に重要な事』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

先生方からの相談は〇〇のような条件が満たせる病院はありませんか?
等の相談内容が多いですが、他にも今居る病院の辞め方や場合によっては
大学に居る先生で医局を退局する際の辞意の伝え方等の相談を
頂く事も多々あります。

そこで現在ご勤務されている病院を辞める際に心掛けて頂きたい事を
共有させて頂きます。
まず「円満退職(退社)」という言葉はよく耳にされる先生方も
多いかと思いますが、医療業界のみならず退職される際は円満にお辞めになるに
越した事はありません。

当然、退職される際は人それぞれ、何らかの理由はありますよね!?
その理由をストレートに伝え、しこり・いざこざなく辞める事が出来れば誰も苦労は
しません。ですが実際問題、雇用主側も戦力になっていた先生を簡単には
手放したくないと思いますので、ある程度の引き留めにあうのは覚悟が必要です。

しかし、ここで挫けていては話が進みません。
自身の意志が固まっているのであれば、引き留めにあう事を恐れずに
話し合いの機会を粘り強く設けてみて下さい。

また、話し合いや退職を申請する際に一点、注意して頂きたい点があります。
何度も引き留めにあい、中々思うように事が進まずイライラが募り感情的に
なってお話されるのだけは絶対の絶対にNGです。

何故かと言いますと、残りの退職日までは今居る病院でご勤務されるわけですから、
事務方や噂を聞いた医師、コメディカルの方々との関係がギスギスしてしまう
可能性があるからです。
せっかくこれまでに築き上げてきた信頼や貢献度、絆が水の泡になってしまいます。
また、院内では何も無かったとしても、狭い医療業界ですので転職先に
何らかの経路でお話が伝わってしまい仇となって跳ね返って来る可能性も
あります。

退職する際のポイントは時期を明確に決め伝える事や、法・就業規則に則って
進めていく事になりますが、周りからのご印象も大事にされ転職先に変な噂が
流れる事が無いように誠意を持ち、寛大な心で病院側と向き合ってみて下さい。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆