43e928ece7d0df021c988f2f8ef37ac2_s

医師の転職・相談・求人『医師の労働条件について』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

ここ最近ですが国内の全ての職業に対して労働者の保護に対しての考え方が
浸透してきつつあります。そのため私共のような紹介会社に対しましても、
労働者が転職する際に不利益などが発生しないよう、日々の業務フローなどに
関しても厳しく指導が行われるようになってきております。

そんな中つい先日、弊社の方にも労働局からの要請があり日々の業務内容について
具体的にどのようなやり方で行っているのか、その報告をして参りました。
その際に改めて感じてしまった事がありました。それは医師の労働に関する規定が
その他の職業と比べて曖昧な点が非常に多いという事でございます。

例えば「残業」についての考え方です。一般的には残業が発生するような場合は
残業手当を支給する、もしくは月に~時間分の固定残業代を月々の給与に含む等の
規定が明確に定められています。むしろ明確に定めなければいけないのです。
しかし私共が日々やり取りしている医療機関の中でこのようなルールを
しっかりと守っているような所は非常に少ないという現実があります。
違う言い方をすれば医師の勤務実態の中で残業という概念自体がほとんで
無いようにも思います。なので「残業代」「固定残業代」といった言葉が
浸透していないという事になるように思います。それもあって医師の雇用契約を
締結する際には残業に関する規定はほとんど触れられないという事実があります。

私共としても、そのような実態がある事を労働局側にお伝えはするのですが、
本来は法律に従って頂くしかないので、その通りの対処をして下さいという事での
返事が来るのみです。つまり医師と医療機関の間で交わす雇用契約書などにおいて
残業に関する規定を明確に記さなければならないという事になるようです。

現段階では医師の労働条件に関してはグレーゾーンとして扱われているような事が
多いようではありますが、このようなルールが徹底されるようになれば
医師の労働環境に関しても大きな変革が起きるかもしれないと感じております。
近い将来、何らかの動きが生じる可能性も十分に考えられます。
今後、注視すべきポイントになると思います。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆