月別アーカイブ: 2016年2月

その転職、ゴールまでどれくらいかかりますか?入り口と出口が変化していませんか?

先生、本日も診療お疲れ様です。リノゲート和田です。

これから転職しようと考えている先生、どれくらいの期間で転職先が見つかると思っていますか?
また、転職が決まった、内定しているという先生、どれくらいの期間かかりましたか?

3ヶ月以内に転職活動が終わる方の割合は、
20代は9割、30代は8割、40代は6割、50代は3割に
(ー「エン転職コンサルタント」コンサルタントアンケート集計結果ー)

とのことです。20代の先生は「だいたい3ヶ月以内に終わるな」と考えておくのが妥当でしょう。

 

転職活動期間2.png

画像をご覧いただければ分かるとおり、
年代が上がるごとに転職には時間を要する傾向にあります。
20代で1度転職を経験された先生が、
30代、40代、またはそれ以降に再び転職しようと思ったときに
過去の転職期間と同じイメージをされていると「あれ、まだ決まらない?!」
と焦ってしまうかもしれませんので気をつけるとよいでしょう。

逆に言えば、円熟してからの転職には期間がかかるということを念頭におき、
早め早めに動いておくことが必要
だともいえるデータです。

 

また、転職が長期化する要因の一つとして
転職の際の入り口と出口が変わってしまうということが挙げられます。
どういうことかというと、人間関係がイヤで辞めたはずなのに、
いざ転職先を探し始めると「やっぱり年収は高い方がいいかな」
「通勤時間が1時間以上かかるのはつらいな」など、
いつの間にか転職目的に尾ひれがついたり、全く変わってしまう現象です。

求人検索していると、医師転職市場の平均年収が見えてきたり、
「おぉ、こんな求人もあるのか!」と視野が広くなってきます。
人間、無意識により良いものを取捨選択してしまいがちですが、
「自分は本来、何を目的に転職を決意したのか」という意思がブレてしまうと、
せっかく転職しても根本の満足度が満たされず、
結果として再び転職しなければならない事態に陥ってしまいます。

条件のいい仕事は魅力的です。時には「この働き方、憧れだな~」というものもあると思います。
しかしながら、本来の自分のスキル、キャリア、タイプに合った職場でなければ
まず採用率は低いですし、運よく採用されても、「転職したい」と思ったきっかけが
解決されなければ先生の根本が満たさせることはないのでは、と推測します。

一人孤独に転職活動していると、

・長期化し焦った衝動で、満足度の低い求人に甘んじてしてしまう
・ご自身を客観的に分析できず、傍からみると「そこは先生にマッチしていないのでは?」
という職場に固執してしまう
・どの求人も同じに見えてきてしまい、自分にとっての「良い求人」が分からなくなってしまう

このようなことが起こることも多いようです。
転職という闇に迷いこまないよう、お気をつけ下さい。

「コンサルタントにこんなこと相談していいのだろうか」
「見ず知らずの人に内情を話すのははずかしい」

と思うかもしれません。
ただ私達はこれまで多くの先生の転職・相談をサポートして参りましたので
大抵のことでは驚きませんし、先生も驚くような事例もたくさん見てきました。

「今回の転職、長期化しそうだな」
「自分にとっての良い求人が見つからない」
「転職に関するトラブルに巻き込まれてしまった」

などなにかお困りのことがありましたら、ご相談いただければと思います。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
★ 医師転職はリノゲート 匿名相談 ★

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

医師の転職・求人・相談 『 いつも求人を出している医療機関は悪いところなのか!? 』

 

インターネットで見かける医療機関の求人、いつも目にする求人はありませんか!?
こんにちは!リノゲート株式会社の「みつ」です。

IMG_5575

ご転職の相談を医師の先生方から伺っておりますと、お話の中で
「〇〇〇病院はいつも募集しているから良いイメージが持てない・・・。」
という事を仰る先生方がいらっしゃいます。

そう仰る先生のお気持ち、十分に理解出来ます。
仮に私が医師であっても、そのような状況でしたら同じように思うでしょう。

しかし私はもう一歩踏み込んで確認したくなります。

なぜなら、必ずしも
頻繁に募集をかけている = ブラックな医療機関
ではないからです。

 

では、どのような理由で頻繁に募集をかけているのでしょうか。
以下にいくつかのパターンを紹介します。

■医師の入れ替わりが激しく、頻繁に募集をかけているパターン。
■医療機関側の求める医師像(人柄、スキル等)のハードルが高く、なかなか採用が決まらないパターン。
■立地的に需要の少ない地域の為、医師の応募が少ないパターン。
■部長先生のご年齢により、「医師免許取得:平成〇〇年以降の先生」等の条件付き募集の為、医師の応募が少ないパターン。
■数年後に新築移転(増築)があり、さらに複数の医師が必要な為、なかなか充足しないパターン。
…etc

以上が大凡の理由です。

最初の理由は何か問題があるとしても、他の理由に関しては悪い印象はないと思います。
もしかしたら、そのような病院・クリニックこそが先生の求めている医療機関だったという事もあるかもしれません。

とは言え、理由が分かったとしても応募は見送るという事であればそれでも良いと思います。
ただ固定概念を崩し、幅広く医療機関を見る事は、転職を成功させる上で大事な要素です。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
★ 医師転職はリノゲート 匿名相談 ★

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

医師の転職・求人・相談 『 医師の転職条件ランキング 』

 

他の先生方がご転職の際にどのようなご希望を出しているのか、気になりませんか!?
こんにちは!リノゲート株式会社の「みつ」です。

先生方からご転職のご相談・ご希望を伺っておりますと、必ずしも転職条件がおありです。
若い20代後半~30代の先生方と40代以降のベテランの先生方、また男性、女性でもご希望は違い多種多様です。

そこで今回はセグメントを4つに分けて希望条件をランキング形式で発表致します。

E146_ishidaiseikou_TP_V 医師拳

【20代後半~30代の先生方】
1位: 「症例の集まる・経験の積める・資格の取れる」に関するご希望
2位: 「給与額」に関するご希望
3位: 「医療機関の立地条件」に関するご希望

【40代以降のベテラン先生方】
1位: 「給与額」に関するご希望
2位: 「当直回数」に関するご希望
3位: 「行ないたい手技」に関するご希望

【男性の先生方】
1位: 「給与額」に関するご希望
2位: 「行ないたい手技」に関するご希望
3位: 「当直回数」と同順位で「役職」に関するご希望

【女性の先生方】
1位: 「勤務日数・当直回数」に関するご希望
2位: 「医療機関へのアクセス」に関するご希望
3位: 「給与額」に関するご希望

 

以上になります。

結局何が言いたいのかと言いますと、
どのような求人に人気が集まりやすいのか。そして出てきた求人内容によって今動くべきかまだ待つべきなのか。
仮にも、性別限定の求人、ご年齢(ご経験)・お持ちの資格限定の求人が出てきた際には求人内容で見るポイントがより明確になります。

ご自身のご希望に照らし合わせ、判断材料にして頂ければ幸いです。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
★ 医師転職はリノゲート 匿名相談 ★

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

郊外にて年収1600万円で暮らすのと、都心で年収2000万円で暮らす、どっちがリッチ?

 

先生、本日も診療お疲れ様です。
重々ご存知かとは思いますが医師転職の世界では、高額年収の案件が常に人気です。

【医師転職 地域による年収の傾向】
都心:年収高めの案件が比較的少ない
郊外:都心に比べると高め
地方:かなり高額なレア案件もある

一般的にはこのような見解なのではないでしょうか?
また、

【医師転職 求人数と採用率】
都心:求人が少ないのに倍率が高く、面接して落ちることも多い
郊外:求人は都心よりもある。人手不足の医療機関も多く、条件交渉もしやすい
地方:面接に行くだけで好待遇で迎えてくれるところも

場所によりこれだけの差があります。
特に地方は、面接に行くだけで豪華な食事をご馳走して頂き、お土産まで持たせて
頂きコンサルタントも大感動して帰宅した、という話も稀に聞きます。

それでもやはり都心人気は変わりませんが、本当に都心は住みやすいのでしょうか?

【都心に住んで働くメリット・デメリット】
〇メリット
・交通の便がいい
・流行のものが手に入りやすい
・話題の場所も多い
・コンビニなどがあり便利

〇デメリット
・家賃が高い
・土地、物価も高い
・子どもを預ける場所がない
・家も狭い、公園も狭い
・通勤ラッシュがある
・人付き合いにお金がかかる場合も・・・

例えば都心の高級住宅街に住むと、子どももみなお受験するのが当たり前、
ママ同士のランチ会が高額など、他エリアでは上級層にいた人も
「中の下」ランクにカーストされてしまうことも少なくないようです。

そんな中、実は今、都心に近い郊外に住み働くことが一番リッチなのではないか?
という説が浮上しています。

【郊外に住むメリット】
・すぐ都心に出ることができる
・都心より家賃も安く、広々とした家に住むことができる
・物価も安く、空いている土地を他で有効活用することができる
・安い飲食店も多い

都心と地方の間、つまり都心と地方の良さをちょうどよく合わせ持つのが郊外なのです。
年収だけに固執しすぎるのではなく、収入・支出をトータルに考えてみると
郊外はブルーオーシャンなのかもしれません。
「都心で希望の仕事がなかなか見つからない」「都心で毎日ストレスフルに働いている」
という先生は郊外という新しい選択肢をもって検討してみることもおすすめします。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
★ 医師転職はリノゲート 匿名相談 ★

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

医師の転職・求人・相談 『 コンサルタントとの相性が悪いと感じた時 』

 

なんとなく相性が合わない人、どうしてもいますよね。
こんにちは!リノゲート株式会社の「みつ」です。

先生方から
「以前、他の会社に登録したが、コンサルタントと相性が良くなかった・・・」
というご相談を頂く事があります。

コンサルタントの転職についての進め方・やり方や求人提案の方法、話し方、性格等、何故かしっくりこない・・・。
確かに人と人ですから相性というものがあります。

 

では合わないコンサルタントが担当の時はどうしたら良いのか・・・!?

“ 正直にコンサルタント交代の意向を伝える ”という事も大事です。

先生の人生のかかった大事な転職だからこそ余計なお気遣いは不要です。
そして、納得のいくコンサルタントと二人三脚で転職された方が必ず上手くいきます。

 

また、“ 他の紹介会社に登録し直す ”という手段もありますが、以下のようなリスクが出てくる可能性があります。

■先生の個人情報は明かさないものの、求人の確認の為に希望条件を医療機関側に話した際、前紹介会社とのバッティングが起こり、医療機関側からの先生の評価を下げてしまう。
■別の紹介会社との求人情報の混在が起こり、整理がし難くなる。
■再登録し、別のコンサルタントにもう一度イチから話をしなければならない為面倒である。

 

以上を踏まえ、最良の手段であると思う方法でご転職に向けて足を進めるのが宜しいかと思います。

ちなみにどちらの最良の方法を見失っている先生がおりましたら、お気軽にお申し付け下さい。

リノゲートには匿名相談という相談方法もあります。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
★ 医師転職はリノゲート 匿名相談 ★

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

医師の転職・求人・相談 『 常勤医としての心構え 』

 

極端な言い方ですが、医師の先生方の考え方は「(医療機関で)働かせてもらっている」 or 「働いてあげている」どちらでしょうか?
こんにちは!リノゲート株式会社の「みつ」です。

4月から新しい医療機関でのご勤務が始まる先生方も多いかと思いますが、そもそも常勤医とは何なのでしょうか?
僭越ながら、本日は常勤医として働く心構えについて触れたいと思います。

 

そもそも開業医を除く常勤医とは、医療機関に雇われた正職員(正社員)です。
正職員は毎月安定した給与を頂きながら、地域の患者様に貢献し、医療機関の医療や収益に貢献しなければなりません。

正職員ですから、緊急な事態が起きた時には、その対応をお願いもしくは相談される事もあります。

例えば、
普段は「当直なし」という条件で働いていても、医療機関側から『先生、急遽今日の当直の先生が来れなくなってしまったので、スポットで当直に入ってくれませんか?』と相談を受ける事もあるでしょう。
普段は「療養病棟の管理」という条件で働いていても、『先生、診れる範囲で構いませんので一般病棟も少し診て頂けませんか?』と相談を受ける事もあるでしょう。

 

しかし「それでは条件が違う!」と突っぱねてしまう、さらには退職を考えてしまう・・・。

これが本当に常勤医の在り方でしょうか?

やむを得ない理由で出来ないという事を除き、しっかりと耳を傾けるべきです。
何でもかんでも先生が引き受ける必要はありませんが、本当に患者様の事、医療機関の事を思っているのであればそれなりの対応が出来ると思うのです。

常勤医として働くとは上記の事、上記の責任がある事をご理解下さい。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
★ 医師転職はリノゲート 匿名相談 ★

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

医師の転職・求人・相談 『 常勤・当直なし求人の裏側 』

 

求人をインターネットで探して『当直なし』 → 『おっ!いいね!』 → 『ポチっと問い合わせクリック』、このような経験ありませんか?
こんにちは!リノゲート株式会社の「みつ」です。

さて、本日は先生方からのご希望が多く、また求人票に度々登場する「当直なし求人」についてです。

そもそも「当直なし求人」には裏があるのはご存知でしょうか?

セグメントは2つです。
①既に当直は常勤医で埋まっている為、(現状は)「当直なし!」のケース
②当直は非常勤医師、もしくは大学からの医師で埋めている為、「当直なし!」のケース

※①のケースは、今後、常勤医の体制により当直に入る可能性は高い。
※②のケースの場合、当直は非常勤医と常勤医の区分けがしっかりしている為、当直に入る事はない。
(急遽、当直当番医師が来れなくなった日のみ、スポット的にお願いされる事はごく稀にあります。)

 

「当直なし」をご希望の先生は、求人について問い合わせをした際はこの辺りも確認しておくべきでしょう。

 

ちなみに、

先生方の「当直なし」のご希望の理由にも大きく分けて2つのセグメントがあります。
〈1〉単純に当直は嫌だ、やりたくない、楽をしたい。のケース
〈2〉小さいお子さんがいるので当直が出来ない等の家庭のご事情で難しいケース

※〈2〉のケースですと上記の①であっても今後当直がなしになるケースがあります。
※〈1〉のケースは仮に「当直なし」勤務が出来たとしても、場合によっては他の先生方からの「あの人は何で当直しないのか?」という疑惑の目を向けられる事もあるかもしれません。そのような疑惑の目に耐えられるのであれば「当直なし」をご希望されるのも良いと思います。

 

「当直なし求人」の裏側 を確認した上で、選択される事をオススメ致します。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
★ 医師転職はリノゲート 匿名相談 ★

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

医師の転職・求人・相談 『 退職時のトラブルについて 』

 

医師の先生の退職時のトラブルについても相談可能!
こんにちは!リノゲート株式会社の「みつ」です。

年度末になりますと、4月の新しい医療機関へのご入職に向けて現職場を退職をされる先生方も多いかと思います。
心機一転、新しい職場でのご勤務に胸を躍らせている先生方もいらっしゃる事でしょう。

しかし同時に退職時に現職場とトラブルになる先生方もいらっしゃいます。

よくある相談内容としては以下の通りです。
■退職の申し出をしたのにも関わらず、辞められない・・・。引き伸ばしにあっている・・・。
■契約時の内容は「〇ヶ月前までに退職の申し出をする事」となっているが、そもそも有効なのか?
■契約書と法律ではどちらが強いのか?
■上手く退職出来る方法を教えてほしい!  …etc

コレを見て、「まさに!!」と思った先生方もいるかもしれません。

退職時のトラブルや相談についてもリノゲートのコンサルタントは、過去の事例が豊富にあり、また退職に関する知識・法律的にも詳しいのでご安心下さい。
これまでお世話になった医療機関だけに事を荒げたくないという先生方のお気持ちは十分に理解出来ます。

〝立つ鳥跡を濁さず〟が理想ですが、なかなか上手くいかない事が多々あります。
そんな時はお気軽にご相談を頂ければ幸いです。

ちなみに、ご相談料等の費用は一切発生しませんのでご安心ください。
全て無料にて行なっております。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
★ 医師転職はリノゲート 匿名相談 ★

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

医師の転職・求人・相談 『 どこまで相談をしてよいものか 』

 

医師の先生からの転職に関する相談に力を入れています!
一番初めにする事は登録ではありません!相談です!
こんにちは!リノゲート株式会社の「みつ」です。

さて、本日は医師の先生方からのご相談内容としての境界線についてお話をしたいと思います。

結論から言いますと、

境界線はありません(笑)

目先の転職についての不安・ご希望条件・求人情報等のご相談は勿論の事、時には10年先、20年先の将来の方向性についてのご相談も非常に多いのです。
例えば、「将来的に親の介護が必要になる為、ゆくゆくは地元に帰ろうかと思っている。そこで地元でも自分の働ける医療機関はあるのだろうか?」といったような事です。
そんな先の事まで!?とお思いになるかもしれませんが、実は私共にとっても大事な内容なのです。

なぜなら、先生のお考えを理解共有する事で、将来プランを考えながら目先の提案が出来るからです。
例えば、10年先を目途に開業をお考えなのであれば、今から経営についても学べる求人のご紹介も出来ます。

ですから、
先生ご自身で「これはさすがに言わないくてもよいか。」と判断しないで下さい。
言う事でご提案出来る事は180度変わる事もありますから、思っている事は全てぶつけるべきです。

ちなみに、上記は先生のプライバシーな事ですし、将来的な事で100%確定していない事も含まれますので、私共から今ご転職を考えている医療機関側にお伝えする事はありません。というより安易にお伝え出来ません。

先生の大事なご転職に関わる事ですから、全てぶつけない事には、全て納得のいく回答は得られません!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
★ 医師転職はリノゲート 匿名相談 ★

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

医師の転職・求人・相談 『 経験豊富なコンサルタント・・・ってホントかよ!? 』

 

医師の先生方の転職サポートをするツボ、しっかり押さえてます!
こんにちは!リノゲート株式会社の「みつ」です。

さて本日のタイトルは少し乱暴な言い方に聞こえるかもしれません。
リアルな感じを出す為です。どうかご理解ください(苦笑)

さて様々な紹介会社の転職サイトやホームページを見ていると、「経験豊富なコンサルタント」、「10年以上のキャリアを持つコンサルタント」、「先生専任のコンサルタント」とか様々なコンサルタントの強みをアピールしたものを見かける事が多くなってきました。

でも、自分に適応するのかわからないし、コンサルタントというからには詳しくて当たり前だし、正直「ホントかよっ!?」と思ってしまう事もあるし・・・。
兎に角、響くワードではなくなってきた事は確かです。
あと、少し見飽きてきました(笑)

では弊社リノゲートの場合はどうなのか。

「厳選した優秀なコンサルタント」というワードがしっかりホームページ内にありました・・・(苦笑) すみません!
しかし、
「厳選した優秀なコンサルタント」というのは勿論本当なのですが、もう一つコンサルタントに自信があるからこそ行なっているサービスがあります。
これは言い訳が出来ません!

それが【匿名相談】のサービスです。

匿名相談1

コンサルタントが優秀かどうかも分からないのに、先生の個人情報をお伝えする事は無駄以外の何物でもありません。
ですからリノゲートでは匿名でやり取りをして頂いて、弊社コンサルタントが優秀であるとご判断頂いた後に正式に先生のお名前を明かして頂ければ結構でございます。
(ちなみに匿名相談をした後、迷惑メールやメルマガが送られてきたという事も一切ありませんのでご安心を!)

このサービス、先生のリスクはゼロです!
「まずは登録!登録!」と兎に角、登録をさせようとするサイトは多いのですが、【匿名相談】は登録自体が必要ありません!

本当にコンサルタントに自信があるからこそ出来るサービスなのです!
(優秀と判断されない場合、連絡を絶って頂いて構いません。)

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
★ 医師転職はリノゲート 匿名相談 ★

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆