月別アーカイブ: 2016年4月

医師の転職・求人・相談 『 金の亡者になっていませんか? 』

 

なんだかおかしなタイトルになってしまいました(苦笑)
こんにちは!リノゲート株式会社の「みつ」です。

医師の先生方から転職相談を受けておりますと、転職のたびに給与が上がっている先生方がおります。
そして今回も「今より給与額が下がるのはNG!」というご希望を仰います。

もちろん先生のお気持ちは十分に理解出来ます。
折角、転職をするのだから下がるのは嫌だというお気持ちは持って当たり前です。

しかし、転職を繰り返すとどうなってしまうのか・・・。
—————————–
今の職場はもう我慢の限界。転職したい!!

家族の事や生活レベルを考え、給与額は絶対に下げられない。

もう近隣では希望に合う医療機関が無い。

八方塞がり!?

これまで行ったことのない地方の高額提示をしている医療機関へ転職。
—————————–
という先生方を私はこれまで沢山見てきました。

転職先候補のご提案をさせて頂いた時には、医療機関の中身のお話ではなくお金の話がメイン…。

 

こうなってしまう前に、転職の少ない状況下では以下がポイントです。

PAK75_karutemitenayamu20141025131412_TP_V
 ■ 給与は相場程度で抑える。
 ■ 転職先は条件面だけで選ばず、中身を重視する。
 ■ 改めて転職を考えた経緯を振り返り、今後の転職先で求めるものに優先順位をつける。

 

お金は大事ですが、先生のご経験・技術を求めている地域の患者様と医療機関があるという事をもう一度考えてみて下さい。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
★ 医師転職はリノゲート 匿名相談 ★

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

GWもリノゲートはオンコール待機しております!

いつも弊社ブログをご覧頂き、誠に有難うございます。

 

明日からゴールデンウィークです!  …世間では(笑)

でもリノゲートはゴールデンウィークも営業しております!
ご相談やお問い合わせには迅速に対応させて頂きます。

 

お気遣いは無用です。
先生方からのご連絡お待ちしております。

リノゲート株式会社 一同

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
★ 医師転職はリノゲート 匿名相談 ★

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

医師の転職時に役立つ行動術4選

新年度、人間関係に右往左往・・・。
お疲れ様です、リノゲート「和田」です。

4月入職の先生の中には、
・職場の人間関係に疲れ気味
・医局内のカースト制度に圧倒
・職場内の暗黙の了解的なことについていけない
・どうやらすでにあの先生に嫌われてしまったかもしれない

など早々にお悩み発生している方もいるのではないでしょうか。
そんな先生方に向けて、今日からでも使える
「転職時に役立つ行動4選」についてです。

(1)5割増しの笑顔で!
今この瞬間のご自身の顔を鏡で見てみてください。
けっこう「ぶすっ」としていませんか?
自分では普通の顔、と思っていても周りからは「怒っているよう」
「話しかけづらい」と見えているかもしれません。

職場に慣れるまで、また面接時には5割増しの笑顔を心がけましょう。
第一印象が「笑顔の人」なら、後日「ぶすっ」としているところを見られても
「今日は疲れてるのかな?」などと思ってもらえます。

一度「印象悪い人だな」「この人、嫌いかも」と思われてしまうと
それが原因で思い違いやトラブルに発展してしまうことあります。
仕事に影響が出てくることもあるでしょう。

長年笑っていないと、口角を上げることすらできなくなってしまいます。
「そんな笑えないよ」と思う先生!
たとえビジネススマイルでも、それで待遇の病院に転職でき年収が大幅アップしたら
嬉しいですよね??ビジネススマイルでも福来る、ですよ!

 

(2)職場の人の名前を覚えよう!

実は幼稚園でママと子どもの名前を覚えるというまるでテストのようなゲームが
近々あるらしく・・・。必死で覚える毎日です。
でもやってみてわかったのは、やはり名前を覚えていると話しかけやすい、ということです。
「あのー・・・」と話しかけるよりも「〇〇さん!」と言う方がとても印象も良いです。

(3)挨拶は自分から!
たとえ挨拶されなかったとしても、自分から挨拶しましょう。
「コメディカルだからいいか」と下に見てはいけません。
院内に「あの先生は感じ悪い」と一気にイメージダウンな噂が流れてしまいます。
また、コメディカルも転職するので他の病院にまで噂が広がり、先生が再度転職するときに
不利になることもあります。

(4)自分のこだわりに固執しない
特に「身だしなみ」については、ご本人はそのつもりでなくとも
固執されている方が多いです。
「これが私のスタイルだから」「サラリーマンじゃないんだし、
このくらいいいだろう」と思っていてもそれが原因で不採用になることも多々あります。
そういった方に限って、残念ながらコンサルタントが指摘しても
なかなか素直に修正できないケースも多く見受けられます。
「たかが服装」ですが、その「たかが服装」でもしかしたら、年収面で損しているかも
しれません・・・。

「身だしなみを徹底して変えたら、これまで受からなかったような
高額年収の職場で働くことができるようになった」という先生もいらっしゃいます。
特に年齢を重ねると、自分でも気付かない間に身だしなみやモノの考え方、
人に対する評価のしかたなどこだわり・クセを持ってしまうものです。

 

既に職場での人間関係、雲行きが怪しい・・・という先生。
まだ間に合います。リノゲートにご相談ください。
時すでに遅し、すでに再転職を検討中という先生もリノゲートを
ご活用ください。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
★ 医師転職はリノゲート 匿名相談 ★

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

医師の転職・求人・相談 『 精神科へ転科 ~~ メリットとデメリット ~~ 』

 

弊社リノゲートは精神科転職の専門の紹介会社の為なのか!?
最近、精神科へ転科したい・転科を検討しているという医師の先生方からのご相談が多くなってまいりました。
こんにちは!リノゲート株式会社の「みつ」です。

実は以前も精神科へのメリット・デメリットをこちらでご紹介したのですが、その時も反響があった為、本日は改めて追記した内容も含めてご紹介したいと思います。

あえてデメリットを書かせて頂くのは、先生方に納得して頂いてから転科への道を歩んで頂きたい為です。

_MG_3511

~~~ 精神科へ転科するメリット ~~~

■そもそも他科からの転科がしやすい専門科目である。
■転科前の科目の専門性を転科後も活かす事が出来る。また指定医取得後は精神科分野と転科前の専門があるという事で医療機関側から重宝される傾向が強い。
■当直を行なった場合、他科よりもゆったりした当直(寝当直)のケースが多い。
■残業やオンコール等の時間外勤務が他科と比べて少なく、オンオフしっかり分ける事が出来る。よって自身が高齢になっても勤務しやすい。
■今後の高齢化や現在の社会情勢から、患者が増えてきている事から増々需要が出る専門科目になる事が予想される。
■患者様とのコミュニケーションが重視される為、外来は他科よりもゆっくり1人の患者と向き合える。
■個々の患者様の心(脳)の問題の為、他科と比べ決まった治療法はなく先生独自の治療法を行なう事が出来る。(もしくはその可能性が高い。)
■開業を考えた場合、他科に比べ初期費用が低い為、リスクが少ない。
■産業医としても精神分野の需要は増している為、精神科の経験は大いに活用できる。(最近は精神科医が産業医になるケースが増えている。)
 

~~~ 精神科へ転科するデメリット ~~~

■これまで多くの手術や救急等でバリバリ勤務してきた先生にとっては、物足りなさを感じる事がある。
■身体疾患を診るケースが減る為、身体管理スキルが落ちる可能性がある。
■転科出来る年齢が限られており、早ければ早い程良い。50代になると転科可能のハードルがかなり上がる。
■精神保健指定医の取得を希望する場合、3年の精神科経験が必要。
■転科前の給与額にもよるが、転科直後は給与面の減額になるケースがある。(地域により変動あり。)
■病院勤務の場合、病院の場所が駅から離れているケースが多い。
■紙カルテ等のシステム面を含め、総合病院よりも体質面で古いところが多い。

 

以上になります。
勿論、全てに該当する内容ではないのですが、ご参考にして頂ければ幸いでございます。

無理やり転科を勧めたり、転職を勧める事はありませんのでご安心ください。
ご相談は以下の匿名相談からでも構いません。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

医師の転職・求人・相談 『 本当にオススメ出来る精神科求人! ~八潮市・病院~ 』

 

「都心の病院はどれも給与条件が合わない・・・。」という指定医の先生には是非ご覧頂きたい求人です!
こんにちは!リノゲート株式会社の「みつ」です。

本日はそんな先生に都心からのアクセスも良く、給与条件の良い本当にオススメ出来る求人を一つご紹介します。

————————————–
『 埼玉県八潮市の病院求人(常勤)』

募集科目: 精神科

勤務日数: 週4日~

給与: 指定医 1600万~1900万+当直代
※経験を考慮

当直: 月に2回程~週1回程
※当直代は別途支給

◇職務内容:外来(週1~2コマ)、病棟(30名程)
◇就業時間:9:00~17:00

■10名以上の精神科常勤医が在籍
■週4日勤務も可能です
■カルテは紙カルテ(オーダリングシステムなし)です。
■急性期をイメージしている先生にとっては物足りなく感じるかもしれません。
(スーパー救急病棟ありません。)

_MG_3104

【担当コンサルタントからのコメント】
病棟やシステム的な部分ではアナログですが、それ以上にご勤務されているコメディカルを含めた他の職員の方のお人柄の良さ、ホスピタリティの高さが目立ちます。
そのような働く人が魅力の病院でもありますので、ご勤務のしやすい環境かと存じます。

————————————–

以上にご興味のある先生はお気軽にご連絡下さい。
お問い合わせの際には「ブログに掲載していた八潮市の精神科求人」と仰って頂ければ幸いでございます。

【ご連絡先】
リノゲート株式会社
TEL:03-5355-1260
メール: info@renogate.co.jp

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

医師の転職・求人・相談 『 先生方からのお悩み相談 』

 

精神科に特化した紹介会社である弊社には、精神科医の先生方から多くのお悩みをお聞きする事がございます。
こんにちは!リノゲート株式会社の「みつ」です。

そのような様々なお悩みも一つ一つ解決してまいりました。
本日は過去の多くのお悩み相談の内容を以下に記載します。
これをご覧になっている先生方の中にも同じお悩みを持つ先生方もいらっしゃるかもしれません。

———————————————–
■精神保健指定医の取得がしたいのに現職場では症例が集まらない。

■専門医(精神神経学会)の取得出来る病院の求人はあるのだろうか。

■トップ(理事長・院長)との考え方が合わない・・・。もしくはワンマンでご機嫌を取りながらの勤務は疲れる・・・。

■一緒に勤務している先生で本当に気が合わない先生がいる・・・。

■入職したら話が違った・・・。

■引越しをする先で希望する条件の求人はあるのだろうか?

■現状よりも給与額の高い転職先はあるのだろうか?

■精神科医として臨床に携わった方が良いのか、それとも産業医として勤務した方が良いのか!?

■研修医の指導に疲れてしまった。

■上の先生が指定医レポートの添削をしてくれない・・・。

■他の医師の一斉退職によるシワ寄せが来そうだ。

■事務方が仕切りすぎていて働きにくい。

■もっと急性期の患者様を診たいのに診れない状況。

■合併症の患者様を押しつけられる事が多く、勤務がハード。
———————————————–

以上は一部になりますが、お悩み事がございましたらお気軽にご相談下さい。
(強引に転職を勧めるような事はありませんのでご安心ください。)

IMG_5810

先生方のお悩み一つ一つに対し、真摯に向き合ってまいります。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

医師の転職・求人・相談 『 転職確定後の入職は期中でも可能 』

 

これまでずっと大学医局にいらっしゃった先生、公的病院でのご勤務しかない先生は是非ご確認下さい。
こんにちは!リノゲート株式会社の「みつ」です。

先生方からご転職のご相談を頂く際に、私共から必ずご転職(ご入職)時期をお聞きします。
すると時に、「4月以外で入職出来る月なんてあるのですか?」というご返答をお頂く事があります。

先に結論を言うと、「4月以降の5月~翌年3月までのご入職も可能です!」

むしろ医療機関側は、医師の募集をしているくらいですから、少しでも早く入職して頂きたいというところが殆どです。
実は先生からのこのようなご返答は、これまでずっと大学医局にいらっしゃった先生、もしくは公的病院でのご勤務しかない先生が仰るケースが多いのです。
4月を基準に職場が変わってきた先生方です。

また4月は確かに転職先が変わる先生方が多い月ではあるのですが(例えば契約期間が3月末までという契約になっている)、4月に向けてご転職活動をするという事は他の多くの先生方とも活動時期が重なりやすくなります。
よって、良い求人がすぐに閉まってしまったり、良い求人に対する素早い行動を起こす必要があったり、時には複数の応募者が一つの医療機関に重なり、入職出来るハードルが上がってしまう事も起こりえます。
医療機関側も多数の医師の応募があると、条件を下げても獲得できてしまう現象も当然起こります。

新年度の始まる4月に標準を合わせるのも良いですが、上記の理由もある為、5月~翌年3月のご入職が可能な先生は入職時期をずらす事を検討しても良いかもしれません!

_MG_3079

ご不明な点や不安な点がございましたら、お気軽にご相談下さい。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
★ 医師転職はリノゲート 匿名相談 ★

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

医師の転職・求人・相談 『 付き合ってはいけないコンサルタント、付き合うべきコンサルタントとは!? 』

 

本日はコンサルタントの良し悪しの判断の為に、参考にして頂ければ幸いです。
こんにちは!リノゲート株式会社の「みつ」です。

医師の先生方が転職を考え、紹介会社を利用する際に、現在多くの紹介会社が存在しています。
弊社リノゲートもその一部なのですが、正直どの紹介会社に相談して良いのか難しい判断に迫られている先生も多いかと思います。

また転職のポータルサイトでは、同時に複数の紹介会社に相談・登録するシステムもあったりします。
仮に、複数の紹介会社に相談・登録をされた場合、お忙しいご勤務の中で複数のコンサルタントと連絡を取り合う事になります。
そうなっては体力的にも精神的にも先生にご負担を掛けてしまいます。

しかしながら、初期段階でコンサルタントの良し悪しの判断が出来れば、良い方だけと付き合っていけば良いわけです。
また付き合いを重ねていく中でも信用すべきコンサルタントかどうか判断をしなければなりません。

以下は付き合ってはいけないコンサルタント、付き合うべきコンサルタントの一例です。

—————————————————-
【NG コンサルタント】
■登録間もない段階で、また先生の事をよく理解しない段階で求人を沢山送ってくる。
■求人数を沢山提案する事が良いと思っている。「さぁ選んで下さい!」のスタンス。
■求人を提案後に下手な営業トークで面接を無理やり組もうとする。
■医療機関側からのオファーに対し、大げさに喜んでみせる。
■面接の際に何もフォローしない。喋らない。
■レスポンスが遅い。
■「~~だと思います。」「~~らしいです。」という非断定的表現を多用する。
■医療機関への疑問点や内情に対し即答出来ない。
■進捗状況の報告がない。

【GOOD コンサルタント】
■先生への質問の意図が明確。またその質問の意図を説明する。
■医療機関の情報に詳しい。
■先生の事を理解している為、医療機関の紹介をした際の理由が明確である。
■レスポンスが早い。
■先生からの質問に対し、明確な返答がある。またそれに付随する情報も付け加える。
■面接の際に聞きにくい事、答えにくい質問に対しスマートに代弁する。
■先生ご自身が気づかないポイントについても、医療機関側に確認・質問をする。
■転職市場の動向や今後の医療業界の方向性を見越したアドバイスをする。
■進捗状況の報告、リマインドメールを怠らない。
■医療機関側からのオファーに対し、冷静なアドバイス・見解を示す。
—————————————————-

IMG_5679 _MG_3191 IMG_5768

最後にこれだけは言える事があります。

会社の規模や知名度は良いコンサルタントと必ずしもリンクしません!
また求人検索システムが整っている、情報量を沢山持っているに関しても良いコンサルタントと必ずしもリンクしません!

なぜならコンサルタントの質は、経験年数とコンサルタント自身の性格・人柄等の人間性で左右されるからです。

以上、参考にして頂ければ幸いです。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
★ 医師転職はリノゲート 匿名相談 ★

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

医師の転職・求人・相談 『 精神科求人の転職相談 』

 

リノゲートは精神科転職専門の紹介会社です!
こんにちは!リノゲート株式会社の「みつ」です。

さて、4月も3週目に入り精神科の先生方からのお問合せが増えてきております。

勿論色々な先生方がおります。
「指定医のベテラン精神科医」、「精神保健指定医を目指す精神科医」、「他科から精神科へ転科をご希望の先生」、「後期研修医としてこれから精神科を志す先生」です。

そのような先生方から最近は以下のようなご相談を頂いております。

『 〇〇〇〇病院は現在募集しているか? 』
『 △△△病院の求人で自分の場合だと条件はどのような感じか? 』
『 □□□□病院への転職を検討しているが、現在の内情はどのようになっているか? 』
『 ◇◇◇病院への転職について〇月に入職する事は可能か? 』
『 ●●●●病院では~~~症例は取れるのか? 』
…etc

IMG_5586

以上は一部ですが、ご相談の段階で既に病院名をご指定されるケースも多くなってきております。

勿論、先生個別にご希望を仰って頂き、その条件に見合う医療機関を探し・交渉しご紹介する事も可能でございます。

また過去の多くの事例からも、ご相談時にご指定された病院とは違う病院に転職をされたというケースもございます。
過去に散々他の医療機関も見てきて、この医療機関に絞り込みをかけているという事であれば良いのですが、そうではない場合『この病院がイイ!』というように最初の段階で絞り込みしすぎても視野を狭める事になります。

もしご指定の病院と併せて先生のご希望もご教示頂けるのであれば、他の医療機関のご紹介もさせて頂きます。
あまりに視野を広げ過ぎるのはオススメしませんが、ある程度の選択肢を持つのは限りなくベストに近い選択・転職をする上で必要不可欠です。
(どこまで視野を広げた方が良いのかもお気軽にご相談下さい。)

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

ママDrの疑問「子どもを幼稚園に通わせながら仕事はできる?」

とうとう新年度はじまりました!
いかがお過ごしでしょうか?
私自身も新生活がはじまってドキドキ、リノゲート「和田」です。

本日も、お子様をお持ちのママDrに寄り添うブログを書き綴ってみたいと思います。
お子さんがいるママさんで、且つ医師として仕事をしている場合、

・院内併設の保育施設
・プリスクール
・自宅でシッターさんに依頼
・祖父母に託児
・認可・認証保育園に託児

お子さんの預け方は恐らく何れかだと思います。

しかし、お子さんが3歳になると

「幼稚園に行かせたい」

と考える親御さんも多いと思います。

【仕事をしながら子どもを幼稚園に通わせることはできるか?】

実際、私も今年4月からわが子を幼稚園通園させはじめたところです。
そこで体感したのは

①非常勤勤務や理解のある職場であれば、通園可
②送迎をシッターさんや家族に頼めば通園可

だということです。

【常勤で幼稚園通園は難しい?】
送迎をパパや祖父母がしてもらえるのであれば50%クリアです。
ただ、園によっては
・全体保護者会や学年保護者会が頻繁に開催される
・母親の園活動の参加頻度が高い(係の役目など)

ということがあり、これらは参加がほぼ必須となります。
大抵は、子どもを預けてそのまま保護者会や係りの活動がはじまるので
せっかく幼稚園が始まったというのに、「むしろ仕事する暇がない」
「忙しい」「保護者会が終わったらもうお迎え?!」という事態に陥ることも。

とはいえそのようなイレギュラーな事態にも理解のある職場も存在します。
そういったところで働くことができれば、両立も可能だと思います。
【仕事と幼稚園通園、両立させるには?】

できれば午後から勤務の仕事(となると非常勤?)か
家庭の事情を考慮してもらえる職場で働くことができれば
両立できると思います。

また、一時保育のある幼稚園だとより働きやすいのでオススメです。
(ただし、年度始めすぐ一時保育が使えないこともあるようですので、ご注意ください)

なかには、どうしても幼稚園に通わせたくて
幼稚園→降園後に別の一時保育施設、と2施設に預けていたという先生もいるようです。

【幼稚園、どんなタイプがある?】
「幼稚園」と一言でいっても、さまざまなタイプがあります。
マンモス系(数百人の園児がいる)、先進系(英語やプログラミングなど最先端の習い事をやらせてもらえる)、少人数系、キリスト・カトリック系など・・・。

最近はプレが必須のところもあるので、かなり早い段階から情報を集めたり幼稚園のホームページを
こまめにチェックしておくことをおすすめします。児童館や公園で他のママさんからさりげなく情報収集することもとても有効な手段です。

ちなみに、「キリスト・カトリック系の幼稚園ってどうなの?」と不安に思う人も多いかもしれませんが、
自己肯定感を高めてもらえる、教育熱心な園も多いので意外とオススメです。

 

IMG_5575
【託児も仕事探しも専門家の力を借りよう!】

やはり、託児も仕事探しも専門家の力を借りるととても安心です。
託児は託児のスペシャリスト、そして仕事探しはリノゲートへ
お任せください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
★ 医師転職はリノゲート 匿名相談 ★

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆