月別アーカイブ: 2016年5月

先生は、子どもの頃考えた生き方・働き方を実現できていますか?

先日、珍しく平日にフリーな日ができたため
お友達家族とキッザニアに行ってきました!

様子が分からず駄々をこねる子どもにも
スタッフの方は黙って「待ち」の姿勢を貫いてくれ、
「あぁもっと私もあれこれ手出しせず見守ってあげないとな」と
とても勉強になりました。

仕事でいえば、
成長を見守る、部下に仕事を思いきって任せる姿勢なのでしょうか。

キッザニアのなかには
動物病院のお仕事体験、沐浴体験、なんと手術体験
(かなりリアルでした!)などもあり
将来は「キッザニアがきっかけで医師を志した」という人も
出てくるのではないかというほど本格的でした。

 

main-visual_1

 ps)キッザニアには「お仕事紹介」の体験もありました!

 

 

先生は何がきっかけで医師を志したのでしょうか?
医師になりたての頃は、どんな医師になりたいと考えていましたか?

「医師にはなれたけれど、やっぱり転科したい」
「職業には就けたが、働き方が理想通りではない」

あの頃の夢、理想通りに実現していないとしたら・・・
まだ間に合うのでしたら、思いきってリノゲートに任せてみて頂けませんか?

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

 

 

女性医師が働きやすい病院とは?

こんにちは!
仕事と育児の両立は本当に難しいですね。
リノゲート「和田」です。

最近は「ママ、待って~」と泣きながら玄関まで追いかけて
くるわが子を、もはや置き去り状態にして出勤しています・・・。
サッと出勤できなくなってきており戦々恐々な今日この頃です。

さて、本日は
「女性医師が働きやすい病院」についてまとめてみました。

 

(1)院長が女性である
女性が働く上での問題点、ツラさ、悩みが一番分かるのはやはり同じ女性です。
女性院長が働く病院は「女性医師歓迎」である割合も高いです。

(2)残業がない、少ない
お子さんがいらっしゃる場合は特に、お迎えの問題もあるので定時に上がれるかどうかは
重要事項だと思います。私も今年度、幼稚園に子どもを通わせ始めましたが
「母以外がお迎えの時には必ず事前に報告すること」という煩わしいルールがあり
なかなか気軽に他の家族に送迎をお願いすることができない状況です。

(3)時短勤務ができる
なかにはご家族の介護などダブルケアでとにかく「時間がない」という女性も
多いことでしょう。

(4)自分と同じ立場の女性が活躍している
前例がないと社会とは何事もスムーズに行きにくいものですが、
先輩方の存在は後輩を大いに働きやすくしてくれます。
先輩の姿を見ることで、5年後、10年後の自分も想像しやすかったり、
いざというときに相談しやすい人がいるのも心強い限りです。

(5)福利厚生が手厚い
福利厚生が手厚いということは、それだけ職場が私達を大事にしてくれているということ。
内容が充実されている職場は大抵人気が高いです。

(6)院内託児所がある
アピールしている医療機関も増えてきました。
病院側は「当たり前」と思っているのかもしれませんが、もっと詳細まで
丁寧にPRすべきだと私は感じています。
お子さんの受け入れ対象年齢、営業時間を細かく記載することにより
「私はここで働けるのか?」という求職者のイメージを掻き立てることが
できるからです。

 

_MG_3654

今現在も、さまざまな事情でうまく転職できていない、
できないだろうと諦めかけているという先生もいらっしゃるかと思います。

リノゲートでも、これまで多くの女性医師の方と医療機関をマッチングしてきました。

・残業できない
・時短勤務はできないのだろうか?
このようなご事情を医療機関に相談する際には、
言い方、コツ、タイミングなど上手に行うのがプロのコンサルタントの技です。

医療は医師、転職はコンサルタント。
各分野、エキスパートに任せてみてください。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

 

医師の転職・求人・相談 『 転職コンサルタントが入職を強要する!? 』

 

医師の先生方からご相談を頂いておりますと、中には「過去に他社の転職コンサルタントから入職を強要された事がある・・・。」という先生がおられます。
こんにちは!リノゲート株式会社の「みつ」です。

同じコンサルタントとしては大変残念なのですが、本日はそんな道徳心のない他コンサルタントの事例をご紹介します。
また、今後複数のコンサルタントと連絡を取った際、そのような傾向が見えてもそれは危険信号ですのでお気を付けください。

————————————————-
■事例1:
面接を受けた医療機関からのオファーを断ろうとした際、
「先生、どうしてくれるんですか。折角のオファーを断り私共の立場もないですよ。この病院には入職をお願いします。」
と強制的に入職をさせられそうになった。
————————————————-
■事例2:
A病院とB病院(他のコンサルタント経由)で入職を迷っている際に、A病院を紹介したコンサルタントから、
「B病院は〇〇〇〇~ですから辞退した方が良いですよ。私が先生ならA病院を選びます。」
と下手な営業トークでB病院を蹴落とし、A病院への入職をプッシュされた。
————————————————-
■事例3:
最初から、
「この病院の面接は絶対に行った方が良いですよ。オファーをもらえたらラッキーです。」
とある特定の病院をプッシュして、面接に連れて行こうとする。
————————————————-
■事例4:
コンサルタントに相談した事、また話した条件を無視して、
「やはり条件的な事を考えて、〇〇エリアの〇〇病院がお勧めです。」
と行かないといっているエリア、医療機関を勧めてくる。
————————————————-

_S1C2557_sss

最短距離を取ろうとする・楽な業務をしようとする・自分達の都合を優先する会社、コンサルタントのお話を聞くと、残念な気持ちになります。

 

もしご縁があって、私共に転職のご相談を頂いた際にはご安心ください。
そのような進め方や強要は絶対にしません!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

医師の転職・求人・相談 『 こんな医師はお断り! 』

 

これまで多くの先生方とお会いし、転職のサポートをさせて頂きました。
多くの先生に出会えた事に感謝しております。
こんにちは!リノゲート株式会社の「みつ」です。

さて、穏やかな感じで始まった本日ですが・・・
実はこんな先生はお断りをしております。

 

「コンサルタントと話すよりも前に、とにかく沢山の求人を送ってほしい!」 という先生です。

 

そもそもコンサルタントの仕事をさせないかのような先生はお断りです。
仕事もさせないというのは求人を送るだけだからです。何の経験もない人でも出来てしまう事だからです。

まだまだ医師の先生方が職場を選べるような、言わば売り手市場の現場で多くの求人が存在するのは当たり前です。
にも拘らず、求人を沢山送って「先生、さぁ選んでください!」は仕事ではありません。

私共のエゴのように聞こえるかもしれませんが、本当のマッチング、本当の転職成功はそんな事からは生まれません。
先生の現在のご状況、今後の展望、ご転職先に求める条件、求める条件の良し悪しの判断、条件整理、医療機関の絞り込み、交渉条件のチェック等、本来であればこれらを全てコンサルタントと話し合うべきなのです。
それを踏まえて求人を探し、交渉をし、先生にお届けするのがコンサルタントです。

IMG_5670

「とにかく沢山の求人がほしい!」という先生、
私共に仕事をしっかりやらせて下さい。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

医師の転職・求人・相談 『 実は・・・面接の日程調整は非常に重要! 』

 

何気なく私共が行なっている面接日時の調整ですが・・・
実は「納得の転職!」に繋がる重要なポイントが隠されています。
こんにちは!リノゲート株式会社の「みつ」です。

転職をご希望の先生は、転職候補となる医療機関の面接を複数受けるケースが多いです。
(ご希望条件が相場よりも高い先生の場合は、該当する医療機関がそもそも少ない為、一か所のみという事もあります。)

複数面接を受ける場合、上手く面接日の日程調整が出来れば良いですが、面接と面接の間隔が1~2週間、もしくはそれ以上空いてしまう事があります。
つまり、仮に最初に受けてオファーを頂いた医療機関には待って頂く事になるのです。

その場合、待つ方の医療機関は、待つ間が長いほど以下のような状況・考えが出てきます。
——————————————-
◆他の医師からの応募を一旦ストップし採用活動を止めているのに、医師の採用が確定していない状況。(勤務表の作成や院内告知も出来ない状況)
◆もともと当院への入職意欲は高くなかったのではないか・・・。
◆いつまで待てばよいのか・・・。
——————————————-

以上のような事で折角の先生のご評価、ご印象を下げてしまう事になるかもしれません。
また待たせてしまっている状況から、先生ご自身が次の面接までの間気疲れしてしまう事もあるでしょう。

 

もうお分かり頂けたと思います。

医療機関側に待たせる事なく、何の気疲れもせずに、納得いくまで面接をするには、短期間での日程調整が必要になるのです。

ですから、複数の医療機関とのご面接をご希望の先生方には、可能な限り近い日程をお出し頂けるようお願いしたり、一日で複数の医療機関の面接を受ける事をご了承頂いております。
※一日に3つ以上のご面接は難しいです。

とは分かりつつも、
先生もお忙しいでしょうから、なかなか都合の良い日を作るのに苦労されるかもしれません。
仮にご都合をつけて頂いても、医療機関側と都合が合うかは分かりません。

そんな時は我々リノゲートのコンサルタントの力の見せ所です。

■面接日の日時を絶妙な感じで調整します。
■土日も調整します。
■内定からの返答に時間を要する場合には、私共から先方にお話ししますので気疲れはありません。
(■条件交渉力にも自信を持っていますので全ての事において一任して頂いて構いません。)

IMG_5810_MG_3511

リノゲートを一度試してみて下さい!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

転職あるあるストーリー5選

今朝、ダイソン掃除機が破損してしまいました!
6~7年使っていたのでまぁしかたないですが
少しショックなリノゲート「和田」です。
その掃除機を買った頃を振り返ってみると・・・
まだ別の仕事をしていましたし、その間に転職も経験しました。
ということで、今日のテーマは「転職あるある」にしてみました。

特にこれから活動をはじめる方は熟読必須ですよ♪

あるある1:「不採用」が続くと焦りだす
転職とはご縁であって、「不採用」をたくさん貰ったとしても
自分に合う転職先1つがあれば全く問題ないのではあります、が。
いくつも不採用を貰うと精神的ダメージが大きくなってきます。
焦って冷静な判断ができず、自分が本当に働きたいかを忘れて
とりあえず「採用」がもらえたところに慌てるようにして
入職してしまう人も少なくありません。

 

あるある2:家族からのプレッシャーが重い
ご本人は焦っていなかったのに家族が「どうなの?」とあれこれ聞いてくる、
家でのんびりしたいのに、家族の手前ゆったり過ごせずストレスが溜まるという
ケースはよくあります。
「一旦、今のところは退職してゆっくり次の働き口を探そう」と思っていたら
なかなかそうはいかないことも多いようです。

 

あるある3:転職市場状況が予想と違った
「この病院なら転職できるだろう」と自分的に安全枠だったところに応募してみると
「応募が多数きているので受付すらしてもらえなかった」
「想像していた自分自身の市場価値とギャップがあった(提示される年収が低い!)」
ということも。想像ではなく、事前に市場状況を把握しておくことは大事だと思います。

 

あるある4:求人を探しているうちに理想と現実が分からなくなってしまう
当初イメージしていた働き口があったはずなのに、膨大な求人を見ているうちに
「こんな条件もあるのか」と理想と現実の区別がつかなくなってしまうことがあります。
高額年収案件は、その分仕事量が多い、責任ある業務である、場所が遠いなど
何か理由があるはずです。年収に釣られるのではなく、自分が転職し始めた理由は
そもそも何だったのか思い返してみてください。

 

あるある5:条件は良くても面接してみると「ここはちょっと・・・」と思うことがある
紙面上の条件は問題なくても、いざ面接に行ってみると
・現場の雰囲気が悪い
・設備が古い
・衛生面に問題がある
・スタッフの印象が悪い

などイメージと違うこともあります。
ホームページの情報や写真だけで判断するのは時に危険です。

 

 

いかがだったでしょうか?
転職未経験の方はピンとこない部分もあったかもしれませんが、
かなりリアルな内容になっていると思います。

転職するか決断できない!そんな時にやりたい心理テスト5選

今年は、まるで梅雨前に夏がきたようですね・・・。
気温の変化に対応しきれておりません・・・、リノゲート「和田」です。

というわけで、本日はちょっと肩の力を抜いて心理テストでもいかがでしょうか?
特に何か悩んでいるときには、視野が狭くなりがちです。
ふっとクールダウンしてみたときに、最適な答えが見つかることもあると思いますよ!

☆第一問☆
人通りの少ない交差点。赤信号であなたより先に女性が一人、信号待ちしています。
あなたはどうしますか?

Aイライラしつつ青信号になるのを待つ
B車が来ないことを確認して渡る
C渡らない
D女性が渡ったら一緒になって渡る

 

 

☆第二問☆
道を歩いていると、3匹の種類の違う動物に出会いました。
出会った3種類の動物の名前、動物のイメージを挙げてください。

 

 

 

☆第三問☆
あなたはどんな死を迎えたいでしょうか?

A自宅で家族に看取られながら・・・
B不慮の事故により
C病気のため病院にて
D眠るように

 

☆第四問☆
「四字熟語」と聞いてパッと思い浮かんだ熟語は何ですか?

 

☆第五問☆
紅茶と一緒に食べたいケーキはどれ?

A:チーズケーキ
B:フルーツタルト
C:チョコレートケーキ
D:モンブラン

=Anser!=
第一問:仕事を辞めたいかどうかご自身の願望が判定できます
A:できることなら今すぐ辞めたい
B:特に辞める気はない
C:現状に不満なし
D:本当は辞めたいものの悩んでいる

第二問:1番目の動物は「自分の理想」、
2番目の動物は「他人からみた自分」を表しています。
そして3番目は理想ではなく「本来の自分」なのだそうです。

 

第三問:この質問であなたが人生で大切に思っているものがどれか分かります。
A:家族
B:仕事
C:健康
D:趣味

 

第四問:その熟語があなたの人生観を表しています!

第五問:あなたの職場でのイメージが分かります
A リーダー気質
B仕事はできるけれど謎が多い人
C親しみやすいムードメーカー
D合理的な考えの持ち主

 

 

いかがだったでしょうか?
仕事のこと、人生のこと、見つめなおす時間もたまには必要かと思います。
心理テストを使わずとも自分の本音を引き出してくれる人が身近にいるなら、
ざっくばらんに話してみるとスッキリすることでしょう!

医師の転職・求人・相談 『 週4日勤務がOKな病院とNGな病院の違い 』

 

昨今、週4日勤務が可能な病院は少なくなってまいりました。
こんにちは!リノゲート株式会社の「みつ」です。

そのような状況でも、先生方から転職のご相談(常勤)を受ける際に週4日の勤務をご希望される先生方がおります。
確かにインターネット上の求人でも「週4日~OK」、「週4.5日以上」等の表記の違いがあります。

そこで本日は、なぜ週4日の勤務がOK / NG なのかについて触れたいと思います。

 

いきなりですが結論から言います。
医師の常勤換算は週32時間以上と健康保険法で決められているからです。

簡単に言いますと常勤医師は週32時間以上勤務している医師の事を言います。32時間未満の医師は非常勤医師と言います。

以上を勤務形態に当てはめますと、
————————————————-
【週4日勤務がOKなケース】
■1日の勤務時間が休憩時間を除き8時間である。 ※休憩時間は勤務時間としてカウントされません。
■週5日勤務(7時間/日)であっても週1日を研究日として届出をしている為、実働が週4日の病院。
■週4日勤務(7時間/日)+週1日の当直を行なっている。 ※当直は当直時間の半分を勤務時間として換算します。

【週4日勤務がNGなケース】
■1日の勤務時間が休憩時間を除き7時間で当直も行なっていない場合。
■そもそも病院の規定で週4.5日勤務以上や週5日勤務以上と定めている場合。
■勤務している全ての常勤医師が週4.5日勤務以上をしている場合。
————————————————-
となります。

以上を知る事で、後求人の見方も変わってくるかもしれません。
例えば、
「『週4.5日以上(当直無し)の求人』  →  『週4日+当直の求人』  という内容に交渉して変えられないだろうか?」と思う先生方もいるかもしれません。
「なるほど!だからこの求人は週4日がOKなのか」や「だからこの求人は週4日がNGなのか」と求人内容に対し納得してくださる先生方もいるかもしれません。

N934_karutewokakunishiteirudr-thumb-autox1000-14328

少なくとも求人をご覧になって「何故、週4日じゃないんだっ!!」と 〝カ~〟となる事は少なくなるのではないでしょうか(苦笑)

また、現在の職場に対して勤務形態に不満のある先生方にとっては不満解消に繋がり、無駄な転職を繰り返す事も無くなる…..かもしれません。

 

以上、参考になったという先生がおれば幸いでございます。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

医師の転職・求人・相談 『 本当の相談相手、味方 』

 

転職を考えた時、「気軽に相談できる相手がいない。」「自分の味方になってくれる人が少なくて孤独感がある。」という先生方は意外に多いです。
こんにちは!リノゲート株式会社の「みつ」です。

先生方からのご相談を伺っていると、本当に上記のような悩みをお持ちの方が多いと感じます。
転職活動は公に出来ないからこそ、また孤独感も強くなるからこそ、本当に相談の出来る信頼出来る相手や味方を求めたりされるのです。
それは当たり前であり、恥じる事でもありません。多くの先生方はそうなのです。

私共、リノゲートの全てのコンサルタント(エージェント)は、転職コンサルタントである前に先生方の相談役・味方でありたいという考え方も強く持っています。
ですから、ろくに話を伺っていないにも拘らず、いきなり沢山の求人情報をお送りする事もなければ、無理に転職を勧める事もありません。
「こんな遅い時間に相談するのは迷惑だ」とか「何度も相談、また同じ事を聞くのは聞き辛い」というお気遣いは無用です。

_S1C2884_sss

弊社の匿名相談フォームから匿名相談を受けておりますのも、気軽にご相談頂きたいという気持ちからでございます。

先生の味方はおりますのでご安心下さい。
そして気になる事、悩んでいる事は相談役に全て丸投げして頂いて構いません。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

医師の転職・求人・相談 『 大学医局を辞める際の注意点 』

 

医局から退局をお考えの先生からご相談を頂いておりますと、私も先生の話に便乗してしまい、ついつい話が長くなってしまう事があります。
こんにちは!リノゲート株式会社の「みつ」です。

本日は、そのような長い話を簡単にまとめてお伝えできればと考えております。
「医局を出る!」とお決めになった先生は参考にして頂ければ幸いです。

 

まず、今後大学医局をお辞めになるといってもなかなかお話の進まない事や退局の時期が確定しない事がございます。
そもそも退局の時期を決めなければ、次の職場に移る事が出来ません。
これでは転職活動を進める事は難しいですし、もし既にオファーを頂いている医療機関がある場合は尚更時期を確定させる事が重要になってきます。

そこで最初のポイントは、
先生から退局希望の時期を明確に伝える事です。

待っていては引き伸ばしに合うばかりか、いきなり直近と言われた時に転職先がないという最悪の事態にもなり兼ねません。
これをしないと医局側の都合の良い時期にされてしまいますので、先生の方から明確な時期を伝えるという事が重要です。

 

次に退局をする理由についてですが、先生方によって様々あるかと存じます。
そこで次のポイントは、当たり前かもしれませんが、波風を立てずに辞めるという事です。

まず、本当であっても不平不満をぶちまけるのはNGです。
嘘はお勧め出来ませんが、仮に安易な嘘をついてしまった場合、それを医局側がフォロー出来てしまうような条件を突き付けてきた場合、もう逃げられなくなります。

OZP73_komattasensei20140321_TP_V

しかし複数の事例として、ご自身の都合というより、ご家族の事などやむを得ないという状況をお伝えする事でこれまでスムーズに退局が出来たという事例が多いです。

他には以下のような理由で過去に退局をされた先生方がおりました。

「ご家庭の事情による理由」
・お子様が小さい事もあり、奥様とお話をされた結果、もう少し勤務日数・業務内容でゆとりを持った方が良いという事になり、その様な事が可能な複数の医療機関からお話を頂いている。また子供の養育費の事も気にしていたところ、良い給与条件でもお話を頂いている。
・お子様の事を考え、またご両親等それ以外のご家族の事を考え、奥様(または旦那様)から引っ越しの強い希望が出ており、家族で十分に話し合った結果、退局の意向が固まった。

「身内も含めた健康上の理由」
・ご家族の方のご体調が良くなく、暫く看病をしなくてはならなくなってしまった。回復しても様子を見ながらとなる為、暫くフルな勤務は難しい。
・小さなお子様がいらっしゃる中で御自身のご体調も優れない為、今後の事も長い目で見た場合これまでのフル勤務は難しい。
・ご家族の方の介護が必要になった為、ある程度ゆとりの持てる勤務先が必要になった。

「事業承継(ヘルプ)による理由」
​・ご家族のどなたかが​診療所(クリニック)を運営しており、そこを手伝わなければならなくなってしまった。手伝いながらでも勤務出来る医療機関から複数お話を頂いている。

 

また万が一、医局から強い引き留めにあった場合は以下に注意です。

■非常に良いお話を頂く事があるかもしれませんが、あと1年、あと2年と単純に期間の引き伸ばし工作だったりするケースもございますので、慎重且つ注意深く条件を書面で確認する必要があります。
(医師同士のお約束事は不透明の部分が多いですし、結果的に曖昧なお約束となりがちな為です。)

■可能でしたら過去に退局された先生方に連絡をし、交換条件や期間の条件が守られていたかの確認をしてみるのも宜しいかもしれません。

 

以上になります。
簡略で申し訳ありません。
もし、もう少し詳しい話が聞きたいという事であれば、お気軽にご相談ください。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆