月別アーカイブ: 2016年10月

医師の転職・求人・相談 『 転職サポートは入職したら終わり!? 』

 

転職先が無事に決まり、「先生頑張ってくださいね!」と先生を送り出し、「さて他の先生へのサポートを始めるか」となるケースが普通のコンサルタントです。
こんにちは!リノゲート株式会社の「みつ」です。

実は私達はこれで終わりません。
先生のご入職後も入職前の医療機関とのお約束はしっかりと守られているのか、何か問題や不満等が出てきていないかを確認します。
ご入職後に、万が一問題点や不都合な事が出てきた時には先生からすぐに連絡を頂けるように連絡を絶ちません。

なぜなら先生とご縁があり大事な転職のサポートさせて頂きました責任があるからです。
それは一時の関係で終わらせてしまうのはあまりにも無責任です。
(これを言うとすぐに新しい転職先を紹介するための手段と、とんでもない評価をする方もいるかもしれませんが、絶対にそんな事はしていません。)

もし先生方から問題や不満の声が上がってきた際には、私から病院側に直接言うのでなく様々な対策・提案をさせて頂いております。
勿論、それを採用するかは先生方次第です。

s__S1C3059_sss

過去には、ご入職後半年くらい経った頃に診療方針の事で院長先生・事務方とトラブルになりかけた先生のケースがあります。
それも大きなトラブルになる前に私達にご相談を頂けた事で治まった事もありました。

以前もこちらでお伝えしましたが、私共は常に先生方の脇に控えておりますので、必要な時は24時間いつでも呼び出して頂いて構いません。
ご相談はお待ちしております。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

医師の転職・求人・相談 『 来年4月転職(入職)希望の先生方の活動がまもなくピークを迎えます 』

 

今期も下期がスタートし、『 そろそろ来年の4月からの事も考えようか 』という先生方も多いのではないでしょうか?
こんにちは!リノゲート株式会社の「みつ」です。

この時期になりますと、医療機関側も来年度からの先生方の採用活動を本格的に始めているところがほとんどです。

実は毎年この時期になりますと同じような事をお伝えしているのですが、4月入職希望の先生方でも2月、3月になってようやく動き始める先生もいます。
お話を伺うと「これまで転職する事が確定ではなかったから」とおっしゃいます。
確かに転職が確実になった時に動くのは間違っていません。筋が通っています。

しかしながら、転職活動に関してはフライングが有りです。
フライングして情報集めや見学を済ませておき、いざ転職が決まった際には一点集中で絞り込みをかけていた医療機関へ話をするのです。

754221f5ad36a2ccd592c69e56e35e57_s
ちなみに事前に転職候補の病院にそのようなお話をしておく事は、全く失礼にはなりません。

これから転職の可能性がある先生は、私共を上手く使いながら情報の収集をオススメ致します。
(転職を強要する事はありませんのでご安心ください。)

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

1c3175edea1dd185e66aee549859feb9_s

医師転職で大切なポイント~②大事なのは入職してから・・・~

おはようございます。
リノゲート和田です。

昨今の医師転職は、曲がりなりにもラクだとはいえません。
しかし本当に大切なのは「転職活動が終わり、入職してから」ということ
けっして忘れてはいけないと思います。

入職後、状況確認のお電話などさせていただくと
「もう電話とかいいですよ」
という先生もいらっしゃいます。

しかし!
それを決めるのは先生なのでしょうか?
(電話を取る暇ないよ~というお気持ちは分かります)

 

では誰なのでしょう。

強いていえば
採用先の医療機関です。

「この先生、すっかり馴染んでいるからもう状況確認いらないよ」と
言われれば、一旦は一安心です。

とはいえそれで100%安心とはいえません。
むこう1,2ヶ月ほどは安泰でしょう。

しかし、1年後には人材の入替えがあったり、
病院の建て替えなどで環境の変化があったりする場合も
多いのが実状です。

また「はじめはよかったけど、だんだん先生の勤務態度が」
「他の先生との相性が」
など長期間働いてみてはじめて顕在化してくる問題もあります。

先生ご自身では「順調!」と思っていても、周囲はそう感じていない
ケースもあります。

大抵、入職当初は緊張感をお持ちになっていた先生も
段々と素が出てきてしまうからです。

ぜひ入職して1ヶ月、半年、1年・・・。
よき区切りの際には、ご自身の仕事ぶり、周囲からの評価を
客観視してみてください。

「自分ではそのへんのことは分からない」
「どうやら評価が悪いみたいだかどうしよう」

入職後に起こりえる問題もリノゲートはご相談を承ります。

 

———————————————————————–
余談かもしれませんが。
リノゲート社内では、入職した先生の名前がよく挙がります。

「〇〇先生、元気にしているかな?」
「〇〇病院には〇〇先生が働いていますよ」
サポートさせてもらった先生の勤務先をみな覚えています。

リノゲートのコンサルタントはいつだって先生のことを忘れません。

_MG_3684

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

OZP73_komattasensei20140321_TP_V

医師転職で大切なポイント~①自分のウィークポイントを知ろう~

 

おはようございます!
リノゲート和田です。

先日、人生で初めて胃カメラを体験しました。
「鼻からなのでラクですよ」と周囲から言われていたのですが・・・。


すごく辛かったです!

同時に気付いたのです。
自分は痛みには強いけれど、不快感には弱いのだということを。

よく就活でも「自分の強みを知ろう」なんてもはや耳タコですが、
それ以上に弱みを把握する方が大事なのではないかと最近感じます。

自分の弱みって一番見たくないところです。
できれば目をつぶりたい、つい蓋をして気付かないフリをしてしまいますよね。

でもその弱みが、面談でのネックになっていたり
転職の妨げになっていることも少なくないのです。

例えば・・・。

*自分の意思を曲げないクセがある
→医療機関側からのお願いに柔軟に対応できない
→面接でその場にふさわしくない服装をしてしまう
→チームワークが必要な現場で単独行動をしてしまう

1つの弱みがこれだけのデメリットを引き起こしてしまいます。
こういった先生の場合、どうしたらいいのでしょうか?

自分の弱みに気付いて、外からの意見を受け入れるというのも
もちろん解決法です。ただ大人になるとなかなか弱みを簡単に
直せるものではありません。

・自分の意思がある程度尊重してもらえるような病院を探す、
・個人プレーがそこそこ許されるような少数気鋭のクリニックで働く
・どこにも依存せずオール非常勤医師として全国の病院を飛び回る

 

無理して「常勤 年収2000万以上 」の働き方にしがみつくよりも
ご本人的には楽な働き方になるでしょう。

コンサルタントは面接で
「なぜ不採用だったのか」という理由も先方の医療機関様からなるべき細かく聞き出します。
そしてその理由をはっきりお伝えすることもありますし、
その理由を踏まえたうえでアドバイスすることもございます。
また、先生とコミュニケーションをとるなかで、先生の弱みを把握して
さりげなく転職先のご提案に生かす場合もございます。

少なくともリノゲートの関しては
ただ空きがあるから紹介する、という単純な理由だけではご紹介しません。

そういった背景があるアドバイスだと理解し、
その景色を見ようと目を凝らしてみるとご自身のウィークポイントに
気付くきっかけになるかもしれません。

そして弱みに気付いた人ほど、さらに強くなる。
私はそう思います。

_S1C0997_sss

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

fe7d99e7ab07b13e471ebf26d8426d5a_s

医師の転職・求人・相談 『転職と転居を同タイミングで行う際の注意点』

おはようございます!
リノゲート和田です。

転職を検討している先生のなかには、
転居も同タイミングで検討
している方もいらっしゃると思います。

 

【転居を伴う転職のメリット】

・新鮮な気持ちで仕事も生活も送ることができる

・新しい家に住むことができる場合が多く、快適である

・引越しを機に家財道具の整理ができる

・これまでだったら働くことできなかったエリアでの勤務ができる

 

 

【転居を伴う転職の注意点】


・環境の変化が激しい

・引越し作業がハード

・お子さんがいる場合に子どもの環境にも配慮が必要

・新生活がうまくいかない場合、全てがストレスになる

仕事・生活、どちらかがうまくいかなくてももう一方に影響が
出てしまうものですよね。
またご家族がいらっしゃる場合には、ご自身だけでなく
他メンバーの配慮も必要なためさらに難易度が高まります。

一度引越ししてしまうと簡単にはもとに戻ることができないのが
このタイプの転職なだけに、一般的な転職以上に慎重さが
求められます。

慎重になるがゆえに踏み切れない!というケースもあると思いますが、
そんなときにはご相談ください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

IMG_5731

医師の転職・求人・相談 『割り切れない思い』

おはようございます!
リノゲート和田です。

最近、常に意識していることがあります。
それは「自分の意思」。

かっこよく言ってみましたが、
例えば

「おなか減った」
「お酒のみたい」
「これ欲しい」
「休憩をとりたい」

など。瞬間的な自分の気持ちをできる限り
ないがしろにしないようにしています。

振り返ってみると学生時代、特に小・中学校時代は
校則もあり、集団生活であり、自分というものがまるでない
期間が長くありました。

そんな時代を過ごしていたら・・・。

自分がどうしたいか。
何をしたいか。
どんな気持ちか。

自分でも分からなくなってしまったのです。

就職の時期が控えても、自分がやりたいことなんて
全く分からなかった就活生でした。

 

先生のなかには
「家系が代々医師だから自分も医師になった」
「医局の言う通り、医局派遣されている」
「家族のために、生活のために仕事している」

このような割り切った考えをしている人もいることでしょう。
思うに、ご自身がしっかりと割り切れていれば問題ないと思います。

「割り切っている」と言いながら、腹のどこかで割り切れていないものが
あるとすれば、そこにご自身が気付くべきです。
割り切れない思いを抱えたまま、転職を繰り返しても
大抵はまた転職したくなってしまい、そんな自分に自信がなくなってしまう場合も。

そういった点にご自身が気付くと、短期間での入職・退職を繰り返すクセがある場合、
クセはスーッと消えてなくなります。

ご自身の大事な気持ちを、必要以上に割ったり切ったりしないでくださいね!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

544931630e5d352d556073c7a7cff75a_s

医師の転職・求人・相談 『ねぇ、妥協してない?~諦めない心~』

 

おはようございます!
リノゲート和田です。

先日、とあるイベントで新宿中央公園に行ってきました。
そこに、階段ではなく上り坂をのぼって頂上まで行き滑るタイプの
滑り台が。

見ると“小学校高学年向き”とのこと。
まだ幼稚園の我が息子には到底厳しいだろうなと思っていました。
実際、私がのぼってもかなりキツイ!

でも息子は諦めず。
何度も何度も挑戦し、最後にはするするっとのぼれるようになってしまいました。

ちょっと親バカ目線も入っていますが、
自分の子どもに「諦めない心」を教えられたような瞬間でした。

 

私だって昔は息子のような純粋なハートを持ち合わせていたかもしれません。

でも、大人になるに従って

「頑張ったからって何になるの?」
「疲れるからやめよう」
「どうせ無理だよ」

こんな悪魔のささやきが聞こえるようになってしまいました。

 

 

仕事、人間関係、キャリアアップ、夢、目標・・・。
大人になるとちょっとのことで諦めたり、チャレンジする前に損得勘定で
動いてしまったりということが多くなってしまいます。

でも時には、やみくもにチャレンジしてみたら
予想もしていなかった結果に到達し、今まで見ることのできない
すばらしい景色が見えるようになるかもしれません。

 

 

db74ce13a59ee1f6a2745b4777987faa_s


ねぇ、妥協してない?

自分にそう問いかけてみたら、今まで踏み出すことのできなかった
新しい一歩が踏み出せるかもしれません。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆