Monthly Archives: 1月 2017

医師の転職・求人・相談 『大人気ない発言』

 

おはようございます!
リノゲート和田です。

最近、周りでよく耳にしてちょっと違和感を感じるのが
「私、小心者だから・・・」とか「私、引っ込み思案だから・・・」などという
言葉です。

もしかしてそうかも、と納得できるケースもあれば、その割には~と思うことも
あります。その発言が正しいか正しくないかは置いておいて・・・。

ご自身でマイナスなレッテルを貼ってしまうのはよくないなぁと思います。
ある種、自分を暗示にかけているようなものなので。
ずっとそういい続けていると、いざ前に出なければいけない局面で
出れなくなってしまいます。本当は力があったとしても、
その力をご自身で封じてしまうことになってしまいます。

 

そして傍から前述のような発言をしている人を見ると、
「大人げない」と感じてしまうのです。
発言を聞いている側からすると
「私、小心者だから責任を負う仕事やらないからね」
「私、引っ込み思案だからコミュニケーションとれないの仕方ないでしょ」
という捉え方もできてしまうからです。

もし口癖になっているのでしたら、
STOPした方がいいと、私個人は思います。

 

 

・・・お仕事に関するお悩みはリノゲートへどうぞ・・・

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

 

 

医師の転職・求人・相談 『自分と同年代の医師はどう転職している?』

 

おはようございます!
リノゲート和田です。

「自分と同年代の先生ってどうやって転職しているのか?」
と不安になることはありませんか?

「転職」と一言でいっても、例えば20代と60代の転職は
かなり内容が異なります。

「自分と同年代の方の転職事例について知りたいなぁ」と
思っていませんか?

そんなときおすすめなのが、リノゲートpresents「精神科医の転職相談室」
内にある「転職事例一覧」です。

年代別はもちろん、性別ごとに分類されていますので
より親和性の高い内容の転職事例を閲覧することが可能です。
自分よりも上の年代の事例は、今後のワークプランを考える上で
参考になると好評です。

まだご覧になっていない方は是非・・・

◆リノゲートpresents「精神科医の転職相談室」◆

 

 

・・・お仕事に関するお悩みはリノゲートへどうぞ・・・

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

 

 

 

 

医師の転職・求人・相談 『転職後の過度な期待に注意』

おはようございます。
リノゲート和田です。
転職先が決まると、一気にこの先の未来が
明るくなる、開けたような気がするものです。

が。

気をつけたいのは「過度な期待」です。

希望の勤務先、やりたい医療に携わることが
できるとなれば誰しもワクワクしてしまいます。
しかしながら、この先一生いいことしかない、
というわけではきっとないと思うのです。
そんな時、期待し過ぎていると何かあったときに
必ずがっかりしてしまいます。

良いと思っていたはずの転職先が輝きを失ったように
見えてしまったり、「この転職失敗だったかな」と思ったり。

しかし転職後だって、いいことがあれば悪いこともあります。
第一希望の医療機関に入職できたとしても、
「でも勝負はここからだ」というような気持ちで、
心の手綱を引き締めておいて欲しいのです。

 

言いたいのは、「転職したからといってバラ色の人生」では
ないということ。きっと1つや2つ、予想外のことは起こります。
それを想定しておいた方がお気持ちが楽なのではないかということです。
もう一つ述べておきたいのは、コンサルタントは預言者では
ないということです。現在のことで予測できることは全てお伝えしますが、
未来永劫の安泰をお約束できるのはきっと神しかできないでしょう。

ただし、入職後のサポートはしっかり行っていきますので
「こんなこと」と思わず小さなことでも担当コンサルタントにお声がけください。

 

 

 

・・・お仕事に関するお悩みはリノゲートへどうぞ・・・

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

医師の転職・求人・相談 『働き方は人それぞれ』

おはようございます!
リノゲート和田です。

生き方、生き様が人それぞれなように
働き方も人それぞれ。
私個人はそう思っています。

億万長者でバリバリ働いている人も、
フリーターでそこそこ生きていける程度に働く人も、
魅力的に見える人はご自身の生き方・働き方に納得
いっている人のような気がします。

なんとなく日本の風潮として、
「たくさん働くのがかっこいい、えらい」
という感覚があるような気がしますが

「働き方や時間はどうあれ、イキイキとお仕事している人が
かっこいい」

そんな世の中になることが理想です。

働き方で悩んでいる先生も多いかと思いますが、
固定観念に縛られることなくご自身の理想の働き方がどうか
見つかりますように。

何かご相談ありましたらお気軽にお問い合わせ
ください。

 

 

 

・・・お仕事に関するお悩みはリノゲートへどうぞ・・・

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

(医師転職)面接前後の気をつけたい振る舞い

おはようございます。
リノゲート和田です。

私はカフェで誰かとお茶していても、
両隣りの話が気になって上の空になってしまうタイプです。

面接前後はカフェに行くことも多いと思いますが

・関係書類を机の上に広げない
・大声で話さない(電話もNG)
・身バレするようなフレーズは気をつける
・悪口は言わない

など気をつけるべきだと思います。
たまに聞こえたくなくても耳に入ってきてしまって、
「あぁ、この人はこんなお仕事しているんだなぁ」
と考えてしまいます。

また電車内も然り。
加えて、大きいタブレットやスマホ類の利用も、知られたくない事由に関しては
控えたいところです。目が良い人は遠くからでも、何を閲覧しているかや
何をタイピングしているか全て見えてしまいます。

面接の帰り道はつい安心してしまいがちですが、
これから出勤するコメディカルが目撃していることも少なくありません。
入職してから「先生、歩きタバコしてましたよね?」なんて言われてしまっては、
早々に評価が下がってしまいます。

帰るまでが面接。
私はそう思っています。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

医師の転職・求人・相談 『転職系広告の正しい見方』

おはようございます、
リノゲート和田です。

一度でもネットで
「医師 転職」と調べたり
求人サイトを閲覧すると、それに連動して
関連する広告が出てくるのはもうご存知のことかと思います。

最近では驚いたことに、インスタグラムでも医師転職の
求人がさりげなく出ているのでびっくりします。
(大抵、小さく「広告」と書かれています)

キャッチコピーが上手いのでついクリックして
しまいがちですが、転職以外のものでも
「これ、かなり怪しいなぁ」と思うものも多いので
注意したいところです。

意外と認知度が少ないのは
「医師転職ランキング」などというもの。
ついつい興味があってクリックしてしまいがちですが、
あれも広告や求人会社が制作しているものが多いです。

ネットを利用して転職活動する先生もかなり多いと
思いますが、頭を使ってネットを使わないといけない時代に
なってきました。

「ネットで個人情報漏れたりしたらいやだし」と
心配されている先生なら、お電話での直接的なやりとりが
安心できるのかもしれません。

医師の転職・求人・相談 『もう若くないからこそ・・・。』

おはようございます、
リノゲート和田です。

先日、数年ぶりに映画館に行ってきました。
行く前までは正直言ってあまり乗り気ではなかったのですが、
鑑賞を終えるとすっかり「大画面はいい!」と
映画の良さを再確認していました。

年を重ねたせいなのか、出かけなくても家で何でもできてしまう
便利な世の中のせいか最近、行動力を失ってきたような気がします。
やる前から「面倒くさいな」と思ってしまうことも増えてきました。

転職に関しても、若い頃だったら「もう辞めていたかも」という状況でも
辛抱がついた一方で、転職活動に対して腰が重くなっている。
若い頃に比べると、様々なしがらみや制限も増えてしまい
自由にやりたいことが選べない。
そんな先生も多いのではないでしょうか。

条件は多いけれど、失敗もしたくない。
何が起きても怖くなかった若い頃の転職と違い、
年を重ねてくると転職に対するモチベーションも変わってきていませんか?

なんとなく「転職したいかも」と思いつつも、どうにも動けない!
もう若くないなと感じる時期こそ、コンサルタントのサポートが
必要なのかもしれません。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

医師の転職・求人・相談 『医療業界における女性医師ニーズ、高まる?』

おはようございます! リノゲート和田です。
昨今、業界内における女性医師ニーズが高まって
きていると感じています。

一患者としてクリニックに受診しても
(同じ内科で男性医師と女性医師が同時に診察を 行っているのですが)
女性医師だけとても混雑 しています。
予約の時点で「女性医師を希望したい」という 患者さんも多いようで、
「女性医師希望されますか?」と わざわざ確認されることもよくあり
驚きます。

そして最近報道されたこれらの記事。

女性医師が担当の患者、生存率より高い
AFPBB News-2016/12/19

女医の方が「腕がいい」? 性別比較の論文、米国で話題
朝日新聞

女性医師の診療、低い死亡率
読売新聞

これだけあちらこちらで記事が出ていれば、
女性医師のニーズも少なからず高まるのではないかと思います。

男性医師を優先して募集する病院、
女性医師大歓迎の病院。
病院によってその熱量はさまざまです。

ただ求人に男女どちらかを募集する旨は
特別な理由がない限り書いてはいけない
規則となっています。

ご自身で応募した場合にはそのあたりのことは
全く見えず、不採用になっても理由が告げられないことの
方が多いでしょう。
ただコンサルタントはそのあたりの裏事情に精通しているため、
「この病院も求人はありますが男性をメインに募集しています」
「こちらの病院であれば女性積極採用中のため、手厚く歓迎してくれるかと」
など単に求人をご紹介するだけでなく、
採用されやすい病院とその理由についてもお答えできる場合が多いです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

医師の転職・求人・相談 『若手ドクター向け:医師の退職するタイミングは?』

おはようございます、
リノゲート和田です。

今回は若手ドクターが悩みがちな
「医局を出るタイミング」についてです。
人の入れ代わりが激しい病院なら苦労しないかと
思いますが、そうではないとタイミングを失って
しまいがち。

他のドクターはどんなタイミングを持って退職に
踏み切るのでしょうか。


◆医局を出るタイミング◆

*後期研修を終えたと
(病院側としては「やっと一人前になれたね!これから
頑張ってくれるよね!」と期待しているときなので、
辞めることに対する風当たりは強めでしょう。
この時期辞める先生は、病院の体質や経営方針など
「ちょっとやっていけないな」と感じて結論を出す
先生が多いようです。

*医学博士号、専門医、認定医を取得したとき
取得後すぐよりも、取得してから転職先を探す先生が
多いのではないでしょうか?また、それ以上に
「資格取得をめざしているけれど、ここでは取得できないから」
という理由を掲げる先生も多いです。

*他の先生が辞めるから
「ある程度我慢していたけど、あの先生が辞めるならもう無理」
「他の先生が辞めると自分の仕事がさらに増えてしまうので」
という理由も少なくありません。
状況によっては辞めやすいため、「今だ!」と思い切ってしまう
先生も。

*ライフイベントを理由に
結婚、引越し、親の介護、出産など・・・。
ただ転職と同時期に行うと生活環境が変わりすぎて
精神的に参ってしまうこともあるので慎重に。

 

 

他にもたくさんありますが、
代表的なものを挙げてみました。

後期研修医など若い先生、
「転職のタイミング」や辞め方について
悩んでいましたらお気軽にどうぞ。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

医師の転職・求人・相談 『生き方の意味が分かるのは5回目の転職後かもしれない』

おはようございます、
リノゲート和田です。

最近、子どもに
「大きくなったら何になるの?」と聞いたら
「ママは大きくなったら何になるの?」と逆に
聞き返されました。

これから何になるのか。
今、何者として生きているのか。

明確に答えられずモヤモヤとしてしまったのですが、
数日後、幼稚園の園長先生からこんなお話しを
頂いて目からウロコでした。

本当は長い話なのですが、要約すると
「人生の意味は20代や30代のときに分かるとは
限らない。60代やそれ以降、死ぬ間際かもしれない。
だから今、答えが出ないからといって焦る必要はない」
というようなお話でした。

転職してもしっくりこないこと、あると思います。
何度転職しても、どうも思っていた働き方・生き方と違うな
と感じてしまうこともあるかもしれません。

でももしかしたら、「これだ!」と思う生き方・働き方の
答えが出るのはまだまだ先かもしれない。
そう思うと少し、今の働き方に関する悩みも薄れるのではないでしょうか?

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆