月別アーカイブ: 2017年5月

803647cd35396f52014ee7dd299c1a77_s

医師の転職・相談『完璧な転職先はない』

おはようございます。
リノゲート和田です。

「今の職場が忙しい」
「人間関係に悩みがある」
「とにかく辞めたい」

などの理由で転職を考えているドクター、
少なからずいらっしゃるかと思います。

ただし、転職すれば全ての問題が解決するような
錯覚が起きることがあるので注意いただきたく
思うのです。

完璧な転職先はありません。
Aの悩みは解決しても、転職したらBの悩みが発生することも
よくあることです。

悩みが発生したら逃げる。
私個人としては、肉体的・精神的限界や物理的に無理がある場合には
致し方ないと考えますが、毎回「退職」「転職」という選択肢だけ
選んでいると、逃げ道がなくなっていくこともあります。

「転職すれば全ては解決する」という思考は時に危険です。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

862a0ab9cf59350b1d5c5b7b129d686c

医師の転職・求人・相談『転職はネガティブな事なのか?』

いつも当ブログをご覧頂き有り難うございます。
リノゲートの野中です。

先日、ある先生とやり取りをさせて頂いている際に先生の方から
「転職したいという気持ちがあっても転職という言葉はネガティブなイメージが強くてどうしても気が引けてしまう」という事を伺いました。
確かに一般的に「転職」という言葉を耳にしますと、
・途中で諦める。
・嫌になって辞める。
・人間関係でトラブルを起こした。
・仕事に対する目的意識が欠落している。
・何らかの問題を起こした(リストラ)。

というようにネガティブなイメージを持たれる人も多いのではないかと思います。

しかし転職すること全てがネガティブという事は無く、むしろ転職する事がきっかけで
プラスに転じた先生も多数いらっしゃるのが現実です。
ではどんな転職であればポジティブな転職なのかと言いますと、
それはズバリ「目的が明確な転職」という事になります。
例えば
・自身のキャリアアップのための転職
※診療部長や副院長、院長として勤務するために転職するなど。
・新しい経験値やスキルを身に付けるための転職
※専門医や指導医を取得するために転職するなど。
・今までに勤務した事が無いスタイルの勤務先への転職
※過去に公的病院での勤務経験しかなかった先生が民間病院に転職するなど。

以上のようなスタイルがポジティブな転職と言えるのではないかと思います。
目的を持ったうえで転職する事で何らかの形で前進出来るような転職は
ポジティブな転職と言えるのではないかと思います。

逆に何の目的もなく安易に転職を繰り返す事は前進どころか後退する恐れがあります。
転職を繰り返す事で給与額が下がってしまったり、そもそも希望する転職先が見つからないなど、これこそがネガティブな転職という事になるのです。

転職する事は人生のプランを組み立てていく過程で大きなイベントの一つだと思います。そこで失敗しないように、ネガティブな転職をしないように注意して頂きたいと思います。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

53d8ef3efebc8ae129e190f5c8fc61da_s

医師の転職・相談『年収が上がったのに貯金できない!?』

 

おはようございます。
リノゲート和田です。
医師の転職で最もhotなキーワードは
「高額年収求人」です。
しかし、意外と多いのが
「年収が上がったのに貯金できない」という先生方。
「むしろ転職してからのほうがお金がかかるようになった」
という方も少なからずいらっしゃいます。
その理由はなぜでしょうか。

例えば実年収がアップしても
・学会出席費が自費である
・役職がついたため部下に奢ることが増えた
・都心に引っ越したら生活費がかかるようになってしまった
・地方の方が人間関係が密で交際費がかかるようになってしまった

・飲み会が多い職場だった
・開業ローン、住宅ローンを組んでしまった
こんなことが起これば貯金はしづらいですし、
これまでの貯金を切り崩さなければならないこともあります。
年収1000万円の仕事と年収1800万円の仕事なら、
後者の方がいいですよね?
しかし週4日勤務や当直無し以外にも
「年収が安い理由」「年収が高い理由」
は潜んでいることもあります。

どうしても数字という目安は判断しやすい材料ですので、
高い年収の求人は魅力的にみえてしまうものです。

・転職してみて分かったけれど、前の職場は静かで穏やかに過ごせた
・忙しい職場だったけれど人数が少ない分、人間関係はやりやすかった
・年収アップのために役職についてみたけれど、自分には部長職は向いていない
・憧れていた都内勤務は、満員電車にもううんざり
・クリニックは想像していた働き方と違った

など、転職してから分かる、ご自身が大事にしている「軸」に
初めて気付くこともあります。

コンサルタントとじっくり話すなかでまだ気付けていない「軸」を
見出すことが転職において最も大切な作業です。

ただ年収を上げたいだけなのか。
貯金できる生活が理想なのか。
だけでもかなり方向性が変わってきてしまいます。

しっかり軸を持ったうえでの転職を我々はお薦め致します。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

kan41

医師の転職・求人・相談『副業についての考え方』

いつもブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲートの野中です。

今回は医師の副業についての定義について確認してみたいと思います。
医師の場合、常勤先での勤務以外に非常勤として常勤先以外で外勤を行う事が多々ありますが、私共のように企業で正社員として勤務している場合のほとんどが副業は禁止になっています。では医師の場合と企業で働く人達のルールの違いは一体どこにあるのか確認してみます。

副業の可否については医師でも企業勤務の場合であっても基本的には勤め先の就業規則によります。就業規則に副業禁止という事が記載されていれば副業は禁止となりますが、
そのようなルールが設定されていない場合には副業をしても良いという事になるのです。
※ちなみに常勤や正社員として掛け持ちで複数の職場で働く事も法的には問題ありません。ただしその場合には1日8時間以上勤務した分に関しては時間外労働という事になり、
通常の給与の1.25倍した金額、つまり時間外手当として給与を支払う事になりますので、このような条件で雇ってくれる先があるかどうかというのがポイントになってきます。

ただし業務の中心はやはり常勤先というのは変わらないと思います。外勤先で勤務している時に常勤先からの急な呼び出しなどが発生した場合に外勤が理由で対応が出来ないという事になるのは問題になります。このような事な起こらない範囲で勤務される事をお薦めしたいと思います。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

48db2bd79c94a72e3ce38b9493dc6295_s

医師の転職・相談『リノゲートは面接アドバイスも積極的に行います』

 

おはようございます。
リノゲート和田です。

俳優の演技が上手いかどうかの判断は
ちょっとしたしぐさ、声のトーンなどで
無意識のうちに行なっているな、と最近テレビを
観て思います。

人間は無意識ながら、言葉以外のことで
他人を判断しようとします。
面談の場でも、その習性をぜひ効果的に使いたいものです。
無理して元気がいいふりをする必要はありませんが、
疲れをそのまま引きずる、落ち込んだ気持ちを持ち込むなど
はあまりいい行為とはいえません。

口角を少し上げる、いつもより身だしなみに気を使う、
話し方のクセを直すなど
「たったこれだけのことで?」と思うかもしれませんが、
面接官によっては、医師のことを非常によく観察しています。

選考の最後まで残ったのに「あっちの先生のほうがなんとなく
印象がよかったから」で落とされたらとても悲しいですよね。

リノゲートは時に
「先生、こうしてみたらいかがですか?」
などとアドバイスする場合もございます。
しかしそれは、先生を否定しているわけではなく
「先生が採用されるためのお手伝いをしたいから」
です。

指摘されることは気分を害することもあるかもしれませんが、
不採用通知を受け取ることと比較するとどうでしょうか。
私たちは先生方のためであれば、喜んで悪役にもなります。
しかしながら先生が聞く耳を持っていただけない限り、悪役も
無駄な行いとなってしまうのです。

 ・なぜかいつも面接で落ちてしまう
・理由は分からないけれどいつも不採用
・面接が極端に苦手
・面接の身だしなみが分からない

面接を制するものは転職を制します。
ぜひリノゲートにご相談ください。

 

 

 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

 

493058

医師の転職・相談『“急な転職”と駆け込み乗車の類似性』

 

おはようございます。
リノゲート和田です。
今朝は通勤中に電車の駆け込み乗車を、連続で2人も
見かけました。実際挟まれかけた経験もありますが、
予想以上に痛かったことを思い出しました。

また今朝目撃した駆け込み乗車は、
通勤かばんが挟まれていました。
かばんの中身は大丈夫なのか心配なところです。
駆け込んだ人とは別のサラリーマンがスーツの
裾の汚れを気にする行動を何度もしているのも目に入りました。
どうやら、駆け込んだ人のせいで汚れてしまったそうです。
「駆け込み乗車は“急な転職”に似ている」とも感じました。
急な転職も自分だけでなく、周りの人に迷惑を
かけてしまうことがあるからです。
急に辞めることになった人の代わりに一時的に
仕事量が増えた経験、誰しもあるのではないでしょうか。

 

駆け込み乗車でセーフであれば
「あーよかった」と安堵するくらいですが、アウトの場合は様々な
弊害が伴ってしまうと思うのです。
もちろん転職の場合には「どうしてもしなければならない状況だった」と
いうこともありますが。
無事転職を果たしたい。
周りの人に迷惑をかけずに転職したい。
転職で失敗したくない。
メリットのある転職がしたい。

そんな場合はリノゲートにご相談ください。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_S1C2557_sss

医師の転職・求人・相談『転職する際の目的の重要性』

いつも当ブログをご覧頂きまして有難うございます。
リノゲートの野中です。

実は私自身も過去に何度か転職をした経験があります。
しかもお恥ずかしい話、転職して1年以内で退職した事もありました。
今考えれば「何をしているんだー!」と後悔の念に駆られてしまいます。

当時の私を振り返った際に一番問題だった事は何かを自己分析しますと
それは職場が嫌になって衝動的に辞めてしまった事だったと思います。
何故職場が嫌になったかと言えば、やりがいを感じる事が出来ず、
それでいて深夜までの残業や休日出勤の繰り返しという環境に対して
嫌気が差してしまったというのが正直なところです。

では何故やりがいを感じる事が出来なかったのかと言えば、
当初から何らかの目的や狙いがあって入社した会社ではなかったからです。
何となく良さげに感じて安易に転職してしまった結果(隣の芝生は青い的な考え)、
このような落とし穴にはまってしまったという事でした。

恐らく何らかの目的を持った上での転職であれば、
残業だったり休日出勤も苦にはならなかったのかもしれません。
仕事をする上で最も大事な事は何と言っても「目的」だと思います。
現在転職を考えている先生方、何のために転職を考えているのか、
転職した後に何をしたいのか、明確になっているかどうか改めてご確認下さい!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_S1C2310_sss

医師の転職・相談『残念な求人の探し方、していませんか?』

おはようございます。 リノゲート和田です。
買い物をすることと求人を探すことはとても 似ているように思います。

理由1:〇時まで、と決めると焦って冷静な選択ができない
私は買い物はなるべく終わりの時間が決まっていない、
余裕のあるときに 行くようにしています。
〇時まで、と決めていると迷う暇もなく、
時間が ないからとりあえず買ってしまおう、
という場当たり的な選び方になって しまうからです。
求人についても、気になるけれどゆっくり見ておく時間が
ないから応募しておこうというスタンスになってしまいます。

理由2:直接的でないなら信頼ある相手、実績がある相手を選ぶ
どうしても時間がないのでネットでショッピングすることも多い和田です。
「大丈夫だろう」と思って、かなり無名で評判もめったに聞かない
ショッピングサイト で購入したところ、縫製が甘かったり
「受注メール」から1週間たってから「発送 メール」がくるなど
かなりがっかりなことが最近多発しております。
これまでは大手通販や評判、実績のあるところを
当たり前のように使っていたので その違いに大きく驚いています。

理由3:目的なく探さない
「これが欲しい」「こういう求人を探している」という具体的な目的なく
探してしまうと、本来の目的なく「お店が売りたい商品」
「トレンド商品」 をまんまと買ってしまいます。
求人も「人気求人」「高額年収」につい 釣られてしまいます。

理由4:具体的イメージをしていないと妥協し、結果的に後悔する
例えば、夏用の軽い着心地で麻のシャツ、色は白かグレー。
価格帯はだいたい 2万円まで。と決めていると買い物も スムーズにできます。
求人も「年収はだいたいこれくらい、勤務日数〇日程度、通勤時間は〇時間以内」
とある程度イメージしていないと、「なんとなくよさそう」で決めてしまった後に
理想ぴったりの求人が出てきたとき後悔してしまいます。

求人でもショッピングでも、
「選んでよかった」と思える選択をしたいものですね。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!) ↓ ↓ ↓ 匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

HOWtokaidousenE231_TP_V1

医師の転職・相談『短い通勤時間が必ずしもラクとは限らない理由』

おはようございます。
リノゲート和田です。

特に女性医師は転職の際、シビアになる
「通勤時間」。
近ければ近いほど効率がよいですが
デメリットになることもあります。

◆患者さんとばったり会う可能性もある
患者さんによっては話しかけてきたり、
診察のときに、「先生を見かけましたよ」と明け透けに話す
方も稀にいらっしゃいます。プライベートを重視したいタイプの
先生にとってはあまり嬉しくない事態が起こることがあるかも
しれません。

◆時間よりも電車のラッシュ度がストレスに直結する
電車で20分だけどいつも非常に混んでいて殺伐とした通勤時間。
職場についてからも、うまく気持ちの切り替えができない。
一方、通勤時間は倍かかるけれどずっと座れるため音楽を
聞いたり、読書ができ快適。さて、どちらがよいでしょうか。

◆近いゆえに仕事にメリハリがつかない
真面目な先生にありがちなことですが、家から近いがゆえに
つい仕事を頑張ってしまうケースがあります。
家から遠いと「この時間に病院を出なければいけない」と
メリハリを持った働き方がしやすい傾向にあります。
また、家から近いと周囲からも「近いのだから」という圧力があり
メリハリをもって働きにくいと感じる先生もいらっしゃるようです。

◆「近い」けれど不便ということもある
例えばバスは時刻ダイヤ通りこない、時刻通り到着しないことも
非常に多いです。近いけれどバスなら、ちょっと遠くても電車で
時間通りついてくれる方がストレスも少ないのではないでしょうか。
また、自転車で行けて楽だけれども駐輪場が不便ということもあります。

もちろん、家から近いことでストレスなくご勤務されている先生も
いらっしゃると思います。ただこういった可能性もあるのだと
いう意味で例を挙げてみました。
「近い」だけにフォーカスしすぎることには時に注意が必要かと思います。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

c336eb963396848d7bdf7396bd4a62c9_s

医師の転職・相談『高齢医師の転職について』

おはようございます。
リノゲート和田です。

医師は若くても転職が楽勝、とはあながちいえません。
年を重ねすぎてもまた難しいので
「転職において旬な時期」というのは
人生のなかではほんの一瞬なのではないかと
感じることがあります。

今回は高齢医師にスポットをあててみたいと思います。
ご高齢のドクターでも、転職希望をされる方は
けっして少なくありません。

◆高齢医師、転職の傾向◆

◆衰えとともに急性期がつらくなってきた

◆病院との契約が終了した

◆体力的に当直無しで働きたい

など主に現在のご自身のコンディションに適した職場で働きたい
とご希望される方は非常に多いように思います。
もちろんなかには、年を重ねられても生涯現役を掲げている先生も
おられます。

尚、紹介会社とのファーストコンタクトをとる際には
電話、メールなど手段がありますが
電話だとよく聞こえないし、メールは打てないという場合もあるかと思います。
ご家族の方が代理でご連絡いただく形でも構いません。
事前にご家族内で転職の方向性を話し合ってからご相談いただくと
スムーズかと思います。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆