月別アーカイブ: 2017年8月

_MG_3311

医師の転職・相談・求人『面接で落ちても得られるメリットとは?』

おはようございます。
リノゲート㈱和田です。

面接はあくまでも「ご縁」ではありますが、
それでも、不採用の回答を頂いた場合に
気分がいいとはいえないと思います。

繊細な先生ですと、かなり落ちこんで
しまう方も時にはいらっしゃいます。

しかも、それが2度、3度、はたまた
それ以上続くと心が折れてしまったり
「もう面接は受けたくない」という
お気持ちになってしまうことも。

とはいえ面接で例え落ちたとしても、
得られるメリットはあると私は考えます。

1.医師転職市場を体感できる
これはある種、面接の醍醐味ともいえると思います。
私どもがいくらこのブログで詳しくあれこれ書いても、
全てを伝えきることはできません。
何より体感することで、最近の医師転職という現場を
理解することができると思います。
ご自分の足で医療機関に行ってみることで初めて
得られるもの、そして求人を読むだけではけっして
得られなかったものにいくつも気付くはずです。

2.面接に強くなる
面接が苦手、という先生もいらっしゃると思います。
たとえ面接に落ちたとしても、「リアルな面接」を
体感できたことは、非常に良い経験となります。
1度目よりも2度目、2度目より3度目の方が
受け答え方、質問への切り返し方などよくなる
傾向があります。
(但し改善しようと意識している先生に限る)
私どもコンサルタントが事前に面接対策と称して
対応することも可能ですが、あの緊張感や場の空気までは
なかなか再現することは難しいからです。

3.「理想の職場」が具体的になる
不採用といわれても「あまり落ち込まない」
ということや、時にはむしろ「よかった」と安堵することが
あります。実際、面接に行ってみると「想像と違った」という
こともあるからです。
もし面接なしで書類選考だけで通ってしまっていたら?
いざ働いたときに、すぐ後悔しはじめてしまうことでしょう。
また、面接で自分の理想の医療、働き方を語ることにより
初めて「自分の本当の気持ち」に気付くことがあります。
よさそうな求人、人気の求人を見るとつい惹かれてしまいますが
「本当に自分が働きたい場所、内容は何か」に気付きやすいのは
面接後のことが多かったりします。

 

4.転職がより現実的になる
PCやスマホで求人をただ見ているだけでは、まだまだ
2次元転職です。院長や事務長とお会いする、病院見学すると
いったことで転職がとてもご自身にとって現実的なものと
なります。

*「通勤は電車で40分?遠いな」と感じていたけれど
いざ乗ってみると空いているため快適。

*「自分はもっと給料をもらってもいいはずだ」と強気で
今の職場もやめようと思っていたけれど、これ以上の
年収を得るためにはもっと責務を背負わなければならないのだ
と体感することができた

など、面接は転職前の大事な通過儀礼ともいえます。
ですので、ぜひ面接を前向きに捉え、チャレンジして
いただければと思います。

そんな先生方に私達リノゲートは全力でサポート
させていただきたいと考えています。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!) ↓ ↓ ↓ 匿名相談バナー
>>>リノゲートのホームページはこちら >>>
精神科医専門の転職サイト「精神科医の転職相談室」はこちら >>>
CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

医師の転職・求人・相談『給与額の地域差について』

OZP73_komattasensei20140321_TP_V

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

転職をお考え頂く際に最も大事な要素の一つとしまして、
「給与額」が挙げられると思います。
仕事をする上で、生活をより良いものにするためにも
給与額というのは非常に大事な要素である事は間違いありません。

そのため転職を機に今まで以上の給与額を手に入れたいと
考える先生方も多い事だと思います。

確かに給与は沢山貰えるに越した事は無いと思うのですが、
だからと言ってこちらの都合の良いようにする事は難しいものです。
その一つとして地域による給与額の格差というものがあります。
これは地域によって給与額の相場が存在しているという事になります。

例えば東京や横浜、名古屋、大阪などいわゆる都市部に関していますと
給与額の相場は低くなる場合が多くなります。その理由としましては
都市部は生活するにも便利な場所が多く、都市部で勤務を希望する先生が多く
医療機関側としては医師の採用に困らない場合が多くなります。
つまり高い給与を支払う事をしなくても医師の採用が出来てしまうのです。

一方、地方ではその逆の現象が起きる訳です。
勤務したいと思う医師が少ないため、医師の採用で苦戦している医療機関が
とても多くなるのです。そのため給与額を高く設定する事によって、
医師を採用しやすくする事を考えているのです。

ですので地方から都心部への転職を考える場合には給与が下がる可能性があります。
逆に都心部から地方への転職の場合には給与が上がる可能性が高まります。

この図式を頭の中に入れておく事で人生設計の考え方が変わる可能性もあります。
後々、失敗した、順序を間違えたという事にならないよう気を付けて下さい。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!) ↓ ↓ ↓

匿名相談バナー
>>>リノゲートのホームページはこちら >>>
精神科医専門の転職サイト「精神科医の転職相談室」はこちら >>>
CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

医師の転職・求人・相談『メールでのやり取りについての注意事項』

_S1C0997_sss

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。
大変ご無沙汰しておりましたが、今回は私の方で書き込みの担当をさせて頂きます。

先生方とのやり取りの仕方についてのご提案になるのですが、
よくご希望される事としましてメールでのやり取りを希望します、という事で
それ以降の対応を全てメールでお願いしたいというご依頼を頂く事があります。

確かに日々、お忙しい先生方の状況を考えますと、
お電話でのヒアリングや直接お会いしての面談をする時間を取る事が難しく、
いつでも対応可能なメールでのやり取りをご希望されるお気持ちは十分理解出来ます。

しかしメールでのやり取りに関しては一つだけ注意が必要な場合があります。
それは「情報を正確に伝える事が難しい」という懸念事項となります。
メールでのやり取りの場合、口頭でなければ伝えきれないような
微妙なニュアンスなどを正確にお伝えする事がとても難しい場合があります。

下手をしますと誤解を招くなど誤った解釈をされてしまう事もあります。
また正しい情報が伝わっていなかった事による時間のロスが発生する事もあります。
時には送ったはずのメールが何らかの理由で相手方に上手く届いていないなんて事も
稀に発生する事があります。

このような事を防ぐ事や正確な情報を確実に相手に伝える事を考えますと
直接お会いしての面談や電話でのやり取りの必要性や重要性について
ご理解して頂く事が出来るかと思います。

私共の方では極力、先生方のご希望の時間等に合わせて対応が可能でございます。
予めご希望をお聞かせ頂ければ合わせて対応させて頂きます。
決して貴重なお時間を無駄にする事はございませんのでお気軽にお申し付け下さい。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!) ↓ ↓ ↓

匿名相談バナー
>>>リノゲートのホームページはこちら >>>
精神科医専門の転職サイト「精神科医の転職相談室」はこちら >>>
CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

f4f8373b4b309355eae4dba91347a291_s

医師の転職・求人・相談『世代別、医師転職状況について』

こんにちは。
リノゲート㈱和田です。
20代の医師、
30代の医師、
40代の医師、
50代の医師、
60代の医師。

将来の人生設計を考える際ですが、
多少なり不安などを感じることも有るかと思います。
しかもその中身は年代ごとに変わっていくものです。
「これから先、自分の人生設計はどうしていくべきか?」と。

え?あまり考えていない?
もちろんそういった方もいるかもしれませんが。

リノゲート内でもこのテーマが話題にのぼることも
少なくありません。
また、ご相談いただく先生と熱いトークを繰り広げることもあります。

気になるドクターは、是非リノゲートのコンサルタントと
話した際に話題にあげてみてください。

「コンサルタントの意見を聞いてみたい」
「今後のことを考え、どう動いていけばいいのか不安」
「医師人生、転職で困らないためにはどうしたらいい?」

など、ぜひお待ちしています。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!) ↓ ↓ ↓

匿名相談バナー
>>>リノゲートのホームページはこちら >>>
精神科医専門の転職サイト「精神科医の転職相談室」はこちら >>>
CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

b9cf0e1debaaaf8ecc77cca74623e3cd_s

医師の転職・求人・相談『コンサルタントができること・できないこと』

こんにちは。
リノゲート㈱和田です。

コンサルタントには
「できること」「できないこと」
があります。
例えば、年収1200万円で採用、と
言われた医療機関に
「先生は過去にこれだけのスキルを積んできたので、
善処していただけないだろうか?」と
交渉することは可能です。

とはいえ、実績がない医師に年収2000万円を!
と交渉してもどの医療機関も首を縦に振ってくれる
ことはありません。

先生の過去は変えることはできません。
実績を詐称することもできません。

これからの時代、「いつかの転職のために」
また「これからの自分のために」
常にキャリアアップを意識しないと
生き残れない時代になりつつあります。
それはコンサルタントは決してできないこと
でもあるのです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!) ↓ ↓ ↓

匿名相談バナー
>>>リノゲートのホームページはこちら >>>
精神科医専門の転職サイト「精神科医の転職相談室」はこちら >>>
CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

PAK75_karutemitenayamu20141025131412_TP_V

医師の転職・相談・求人『転職タイミングと周囲の動向を把握しよう』

おはようございます。
リノゲート㈱和田です。

気付けば8月も後半戦。9月入職の先生は、
諸々の準備も慌しいのではないでしょうか。

医師転職業界では、

4月
が最も大きな転職のタイミングとなります。
もちろん、それ以外の月では転職してはいけないというわけでは
ありません。
ただ、年間を通しての転職のバイオリズムを知っておくと
実際動くときにラクです。

「じゃあ、来年4月に向けて」と転職に向けて
動いていると、実は同僚や先輩医師も同じく転職活動を
している場合もあります!

院長に言うタイミングがタッチの差で遅くなり退職し辛くなった!
なんてことがないよう、自分の転職活動だけではなく
周りの動きも把握しておくとよいでしょう。

それはなぜか?
人が足りない場合は、転職するのを待って欲しいといわれることも
あるからです。

特に先生方の場合には医療機関にとっては最も重要な職位です。
医師がいなくなるというのは医療機関にとっては死活問題な訳です。
ですので退職したいと思っても、こちらの思い通りにいかない場合もあります。
また自分以外のメンバーが先に退職し、負担が一気に押し寄せてしまうなんて
こともなかにはあります。

どちらにせよ、周囲の動向を常に把握しておくと安心かもしれません。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!) ↓ ↓ ↓

匿名相談バナー
>>>リノゲートのホームページはこちら >>>
精神科医専門の転職サイト「精神科医の転職相談室」はこちら >>>
CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

fe7d99e7ab07b13e471ebf26d8426d5a_s

医師の転職・相談・求人『脱・都心への目論見』

おはようございます。
リノゲート㈱和田です。
先生は、お盆をどのようにお過ごしだったでしょうか?
都心のお盆はというと電車も空いていて、快適でした。
まるで都心ではないような。
毎朝、通勤ラッシュの混雑で苦労していた事もあり
とても新鮮な感覚を覚えました。

そんな時にふっと思った事がありました。
それは「脱・都心」という考え方です。
都心に向かって通勤するとなりますと、
どうしても朝の通勤ラッシュに巻き込まれます。
仮に車で通勤するとしても道路が渋滞していたりします。
これだけでも相当なストレスになってしまいます。

しかし都心ではなく逆に郊外への通勤となりますと、
嘘のように交通機関が空いていたりします。
※私が利用している電車も毎朝、上り電車は超満員ですが
下り電車は驚くほどに空いています!
毎日の事になれば、この違いだけでも大きいですよね。

また都心部は郊外に比べて何かと便利な分、勤務を希望される医師も多く
医療機関の中では医師の採用に苦労していない所も多くなってきました。
そのため都心部と郊外で医師の労働条件を比較してみますと、
都心部の方が郊外よりも相場が低く設定されている場合がほとんどです。
つまり相場が低くても便利さを優先して都心部での勤務を希望される先生が
多いため相場を高くしなくても医師の採用が出来てしまうんです。

このような事からも少しだけ都心から離れて、
敢えて郊外で勤務する事は都心部での勤務するよりも幸福度が高いのかもしれない
なんて思ったりもします。

せっかく日本人として生まれたのですから、北や南や東や西を
住みかとしてみるのもあこがれます。
美味しい食べ物も多く、ゆったりとした時間の流れ、自然の豊かさ。
都心での生活からは得られないものばかりです。

年齢を重ねてきたからでしょうか?
日本の何処かをもう一つの故郷にしてみるのもいいかなと
ごくごく最近、思いはじめてきた和田でした。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!) ↓ ↓ ↓

匿名相談バナー
>>>リノゲートのホームページはこちら >>>
精神科医専門の転職サイト「精神科医の転職相談室」はこちら >>>
CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

916562e0540d475c3f25ce9d62cbbd34_s

医師の転職・求人・相談『医師転職もサバイバル時代に突入?』

 

おはようございます。
リノゲート㈱和田です。

いつ頃からでしょうか?
医師の転職も急激に一般的な職業とそう変わらない
転職難に近づいてきた気がします。

転職難という言い方をしてしまと大げさな気もしますが、
実際に転職活動を行う際のハードルは確実に上がっています。

今までであれば何ら問題なく採用して頂けたパターンであっても
NGを受けるような事もしばしば起こり始めています。
これは2025年問題など、今後の医療現場を取り巻く環境の変化が
既にスタートしつつあるという事に他ならないのです。

何も準備しなくとも「〇〇大先生!当院へぜひ!!」
なんていわれるのは、かなりの僻地でないと今日では
現実的ではなくなってきてしまいました。

より良い年収、より良い環境で働きたいのであれば
先生ご自身も医療機関から選ばれる存在となる必要があります。
1求人に対して応募者が1人なんてことは、とても珍しいです。

同じ医者ながら、同じ医療機関への応募者は
「ライバル」、「見えない敵」となってしまいます。

ライバルが現れたときに、選ばれるための策をお持ちですか?
最近の医師の転職活動では、こういった点も十分考慮する
必要がでてきたのです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!) ↓ ↓ ↓

匿名相談バナー
>>>リノゲートのホームページはこちら >>>
精神科医専門の転職サイト「精神科医の転職相談室」はこちら >>>
CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_MG_3544

医師の転職・相談・求人『ママドクターのキャリアプランについて』

おはようございます。
リノゲート㈱和田です。

「いつか出産を」
「もうすぐ出産」
というプレママドクターは
今後のキャリアやキャリアプランについて
不安に感じている方が非常に多いと思います。

個人的な意見では、
「妊娠中はあれこれ不安を抱えないこと」
が一番です。
正直、どうなるかなんて生まれてみないとわかりません。
とはいえ、私自身も深刻に悩んでいましたが・・・。
でも。いや、だからこそ伝えたいのは
お子さんの性格や生活環境によっても
かなり変わってくるということを今回は
お伝えしたいと思います。

私自身、出産して6年ほど経ちます。
予想に反して子どもの繊細さが際立ってくる
今日この頃です。

先日は義両親の家に子どもたちだけで
お泊りというイベントがあったのですが。
お迎えし、義両親の家を後にしている際、
「がんばったね」とふと声をかけると、
「さびしかった」と言って子どもが
近年稀に見る大泣き。

でも友人のお子さんなどは、同じ年でも
しっかりしていて「僕の妹が何かしましたか?」
なんて聞ける大人な性格だったりします。
しっかりしている子=1人でも大丈夫という
わけではないですが、
そういったタイプのお子さんであれば
預けたりもしやすいかと思います。
出産前にキャリアプランを考える方も多いと思いますが、
正直産んでみて子どもの性格と対峙してみないと
決められないこともあるのではないかと私自身感じています。

「そうはいっても仕事のためにはしかたない」と
子どもをその環境にならすのも一つの手かもしれませんが、
我が家のように非常に繊細なタイプだったり、
自己主張が強いタイプ
(「ママお仕事行かないで」とはっきり言うなど)
だとちょっと難しいこともあるかもしれません。

また「近くに親がいるから預かってもらえるだろう」と
思っていても、なかなか全て都合よく預かってもらえるとも
限りません。

産前に考えたキャリアプラン通りに行くとは
限らないということを念頭においておくとよいかも
しれない、と考えます。

「じゃあ仕事なんてできないじゃない」
「どうやって産後、キャリアを積めばいいの?」
と思うかもしれません。
でも大丈夫!
子どもの成長と共に都度、考えていけば必ず
道はみつかります。

ママドクターの求人、表に出しているものは、
まだまだ非常に少ないです。
しかしそんな医療機関側の気持ちも理解できます。
表立ってママドクター用の求人を出すと、ママではない医師も
こぞって応募するなどの弊害も出てしまうからです。

しかし、そんなママドクターの働き方こそ交渉次第!
ぜひリノゲートにご依頼いただければと思います。

最後に。最近息子が
「ママと遊ぼう」と言っても遊んでくれない
ことがずっと気になっていました。
このお盆期間、腹をくくって仕事を一切せず
子どもと向き合ってみたところようやく
「ママと遊びたい」と言ってくれるようになりました。

子どもとの距離、仕事との距離。
産後、何年経っても簡単ではないですが、
だからこそ真摯に考えるべき問題なのかもしれません。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!) ↓ ↓ ↓

匿名相談バナー
>>>リノゲートのホームページはこちら >>>
精神科医専門の転職サイト「精神科医の転職相談室」はこちら >>>
CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

dd6b607a6319e360c9b1f2772ceb63d3_s

医師の転職・相談・求人『医師情報はコンサルタントの武器である』

こんにちは。
リノゲート㈱和田です。

リノゲートでは基本、医療機関に対して医師をご紹介する際、
まずお電話にて医療機関にコンタクトを取ることが多いです。

電話でのご紹介においては、
・トークスキル
・判断スキル
・ヒアリングスキル

などが求められます。
電話にてコンタクトを取る際のポイントとしましては
顔が見えない相手に対して如何に正確に情報を伝えるか
と私どもは考えています。

最近はテレビでもテロップが流れるなど、何かと
視覚優位な世の中です。
そんな中、見えない人物像を先方にいかに魅力的に
お伝えするかは決して簡単なことではありません。

医療機関側の採用担当者も忙しい方々ばかりです。
その合間をぬって対応して頂いていますので手短に端的に
お話をする事も非常に大事な要素になって参ります。

そのため、医療機関が興味を持ってくれるための
情報が私達コンサルタントのいわば武器となります。
そうなんです!先生方の武器は何かを考える事が
その後の交渉を進めていく上で非常に大事なポイントになるのです。

武器について考えるにあたり本当であれば
先生と直接お会いしてじっくりお話しする機会をいただきたい所です。
お会いして頂く事で私共の方から先生ご自身が気が付いていなかった武器を
発掘する事も出来たりします。

例え生身は非常に優れていて、どの医療機関でも
引く手あまたな先生だったとしても、その情報がなければ
私どもはその魅力を先方に伝えることができないのです。
「〇歳の〇科医師」だけでは、アピール力が弱すぎるのです。
本来の先生の強みをアピール出来るようにするためには
先生とコンサルタントの情報共有が非常に大事になるのです。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!) ↓ ↓ ↓

匿名相談バナー
>>>リノゲートのホームページはこちら >>>
精神科医専門の転職サイト「精神科医の転職相談室」はこちら >>>
CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆