月別アーカイブ: 2018年1月

photo0000-2901

医師の転職・相談・求人『新幹線を利用しての通勤を考える』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

求人を探す際に重要な要素の一つとなるのがエリアになります。
当然お住まいから近い範囲で良い案件を探せるに越した事はありません。
しかしここ最近ですが、特に東京や神奈川などの人気エリアに関しては
このエリア内で勤務を希望される先生方が全国から集まってくる事もあり
医療機関の中には、さほど医師の獲得に困らない所も出始めています。
つまり求人の数が少なくなる傾向にあります。

また、そのような状態が進んでいくとどうなるかと言いますと、
求人の条件(給与額など)においても好条件の物が少なくなってしまい、
転職し辛い状況に陥ってしまう可能性が広がってしまいます。

そんな時に視野を広げて頂く意味も込めまして新幹線通勤をお薦めします。
新幹線を使えば都内近郊からでも短時間の間にある程度の所まで行けます。
そうする事で求人の選択肢の幅が広がり、都内や神奈川辺りでは
お目にかかる事が出来ないような好条件の求人を見つけるチャンスが増します。

実際に様々な医療機関の話を聞いていますと、新幹線通勤を行っている
先生方のお話をよく耳にします。ここ最近では東京に住んでいる先生方が
新幹線を利用して静岡や福島、群馬などの医療機関に通っている話です。
しかもその際の交通費は医療機関側が負担してくれますので、
先生方の負担は全くありません。

新幹線通勤と言いますと大掛かりな移動をイメージしてしまいがちですが、
実は手軽な時間で遠方の医療機関まで移動する事が可能な場合もあります。
新幹線での通勤に抵抗をお持ちにならなければ、私共の方でも新幹線で
通勤が可能な求人をお探しする事も可能でございます。
気になる先生方がいらっしゃれば是非、お気軽にお申し付け下さいませ。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
 ↓ ↓ ↓ 
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら
>>>精神科医専門の転職サイト「精神科医の転職相談室」はこちら 
>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

医師の転職・相談・求人『面接同行の必要性』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

先生方の面接を実施する際ですが私共では必ず同行させて頂き、
面接に同席させて頂くようにご案内させて頂いております。
同席させて頂くメリットは
・先生方と面接官との間でどんなやり取りが行われたかを把握しておき
今後の交渉の場面などで活かせるようにするため。
・紹介会社の目線や角度から質問をぶつける事が可能である。
・直接は聞きにくいような質問を私共が肩代わりして質問する。
・本来であれば不要な要らない質問などを受けないようにするための抑止力になる。
大まかには以上のような事が考えらえるのではないかと思っております。

以前、ご案内させて頂いた先生の事になりますが、
この先生は面接の場に私共が同席する事を拒否されました。
その理由ですが、後に確認したお話によりますと、
面接に同席する事のメリットについて正しくご理解されておらず、
「何となく」という感じで同席する事を断られたようでした。
そこで面接本番では私共は同席せず先生お一人で面接に参加されました。
結果、無事に内定を頂き、そちらにご入職する事になったのです。

しかしご入職頂いてから半年ほど経過した時期に問題が発生しました。
当該の先生より私宛に久し振りにご連絡を頂きました。
その内容を確認してみますと給与額に関して入職前に聞いていた内容と
実際のルールに食い違いがあるという事でした。より詳しくお伺いしてみますと、
どうやら昇給の考え方に相違がある事が分かったのです。

この話の内容は入職前の面接の際にお話された内容だったようなのですが、
私共は面接に参加していませんので、どのような経緯でそのようになったのか、
話の内容の裏が取れませんでした。そのため病院に対しても
交渉などを行う事が出来ず、結果的に先生本人の力で交渉を
行わざるを得ない状況になってしまったのです。
先生としても、まさかこんな状況になるとは想定もしておらず、
面接時に同席してもらえば良かったと大変後悔されていました。

私共は何度も面接同行の経験を積んでおり如何に先生方に安心して
ご入職して頂くために何をすべきかを把握しております。
その強みを上手く利用して今回の先生のようにならないように、
転職成功への足掛かりになるとなるように上手く紹介会社をご利用ください。
転職成功に向け私共としましても最大の努力をさせて頂きたいと考えております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
 ↓ ↓ ↓ 
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら
>>>精神科医専門の転職サイト「精神科医の転職相談室」はこちら 
>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_MG_3191

医師の転職・相談・求人『面接時に意外と重要なポイント』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

転職活動を行う際に最も大事な事は何かといえば、
やはりその答えは「面接」という事になるのではないかと思います。
事前の評価がどれだけ良かったとしても面接での評価が悪ければ
採用してもらう事は出来なくなります。

そんな面接の流れの中でも特に重要なポイントが存在します。
それが「第一印象」という事になります。
これは私の個人的な感覚のお話になってしまいますが、
第一印象の良し悪しが、その後の展開にどれだけ大きな影響を
与えるのかと言いますと7割~8割方、第一印象の良し悪しにて
採用してもらえるかどうかが決してしまうと言っても過言ではない
という事を覚えておいて下さい。

では何故、第一印象がそこまで大事なのかと言いますと、
第一印象というのは最初から最後まで、ずっと相手の頭の中に
残りやすいというのがあります。

人間は普段の生活の中の癖として、第一印象からどんな人なのか、
過去の経験を基に勝手に想像し始めるのです。
「この手の人は真面目なタイプだ」とか「本音を言わないタイプだ」など
過去に実際に目で見てきた方々と照らし合わせて勝手な推測をします。
その時に良い印象を持って頂く事が出来れば最後まで良い印象を持ったまま
面接を進める事が出来ますが、逆に悪い印象を持たれてしまえば、
最後まで悪い印象を持ったまま面接が進められる事になります。
悪い印象を持たれてしまうと、どんなにアピールしたとしても
印象を覆す事が非常に難しくなってしまうので。

そうならないようにするためには、まずは第一印象で良い印象を
持って頂くように努める事が大事です。「挨拶をしっかりする」
「身だしなみを整える」「笑顔を絶やさない」など、誰が見たとしても
良い印象に捉えて頂けるようにする事が大事だと思います。

第一印象でアドバンテージを獲得する事が出来れば
面接での勝利も間近という事が言えると思います。
面接での第一印象、是非、意識的に取り組んでみて下さい。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
 ↓ ↓ ↓ 
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら
>>>精神科医専門の転職サイト「精神科医の転職相談室」はこちら 
>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

dd6b607a6319e360c9b1f2772ceb63d3_s

医師の転職・相談・求人『紹介会社を上手く利用する方法』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

先生方もご存知の事だと思いますが、医師の転職関わる紹介会社は
全国に多数存在しております。いわゆる大手と言われている企業から
中小規模の企業まで含めますと、その数は相当数に上ります。

先生方が転職を行う際に紹介会社を利用する事もあるかと思いますが、
その際の利用方法について、上手くご利用頂くための方法について
記載してみたいと思います。

紹介会社をご利用される場合ですが、上手く利用して頂く事が出来れば
何ら問題はないのですが、稀に誤った利用をしてしまったがために
それが足かせになってしまったり、先生にとって不利益な状況に
陥ってしまうような場面も拝見してきました。
では利用して頂く際には、どんな点に注意が必要か挙げてみたいと思います。

まず一つ目は利用される紹介会社の数です。
多くの会社に登録しておいた方が沢山の情報が手に入るような
印象を抱かれる先生もいらっしゃるかと思います。
しかしそれ以上に、同時に複数の会社の対応をする手間の方が
上回ってしまう事が多いようです。紹介会社側の目線で考えますと、
先生方よりお問い合わせを頂いた場合、競合他社よりも早く先生との
コンタクトを取りたいと考えます。そのためお問い合わせを頂いた直後に
電話やメールをさせて頂く事が多くなります。
多くの会社に登録しますと、その分だけ電話やメールが届く事になります。
その対応だけで大変な苦労をされたお話も実際に聞いております。

次に大変なのが、紹介会社の管理という事になります。
先生方とのファーストコンタクトを取り終えた紹介会社が
次に行うアクションとしては、お伺いしたご希望条件に見合う
求人案件をお探しする作業という事になります。

この時、多くの紹介会社は目星をつけた医療機関に対してコンタクトを取り
医師の募集状況を確認します。その際に匿名を前提に先生方のご年齢や、
お持ちの資格などを相手方に伝えて可能性を探っていく事をします。
この時点では何ら問題は無いのですが、仮に複数の紹介会社に依頼した場合、
同じ医療機関に対して何度も問い合わせをしてしまう可能性が出てきます。
時には担当者に対して多大な迷惑を掛けてしまう事に繋がる場合もあるのです。
また対応する病院の担当者は同じような内容の問い合わせが複数来れば、
同じ先生であると察する事にも繋がります。

このような事にならないようにするためには、そもそも利用する紹介会社の数を
絞って利用されるなり、紹介会社ごとに対応するエリアを分けるなど、
予め交通整理を行っておく事がスムーズな活動を行う事に繋がると思います。

目に見えにくい部分だと思いますが実はとても重要だったりもします。
初めて紹介会社をご利用されるような場合には尚更です。
不要なトラブルなどを起こさないためにも、上手い紹介会社の利用方法について
一度ご検討頂ければ幸いです。ご不明な点などございました際には、
いつでもご相談に応じます。お気軽にお申し付け下さいませ。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
 ↓ ↓ ↓ 
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら
>>>精神科医専門の転職サイト「精神科医の転職相談室」はこちら 
>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_MG_3621

医師の転職・相談・求人『メールでのやり取りの危険性』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

転職をご希望されている先生方とのやり取りの仕方には
いくつかの方法が存在します。
メール、電話、直接お会いしての面談、という感じです。

日々の業務がお忙しい先生方にとりまして、
電話や面談でのやり取りをするのはとても難しい場合があります。
そのような状況で最も活躍するのがメールでのやり取りになります。
メールであれば先生方のご都合やペースに合せてやり取りが可能です。
実際に今までにやり取りをさせて頂いた先生方もメール中心に
対応させて頂く事が多かったです。

しかしその反面、メールでのやり取りに関しては、
細かなニュアンスなどをお伝えする際に伝え辛いという問題があります。
下手をすれば誤った情報を共有してしまうような事もありますので、
十分な注意が必要になります。

転職活動を行う際には、ちょっとした情報が後々大きな影響を
及ぼす事も多々ございます。そのような点を踏まえて考えますと、
先生方と私共との間での情報共有は絶対に間違いないようにすべきです。
そのためには全てをメールでの対応で済ますのではなく、
時には電話でのやり取りや、直接お会いして面談をするなどの、
コミュニケーションを取る事も重要だと考えております。

そのためのお時間を取って頂く事は大変気が引けてしまうのですが、
可能な範囲でご協力頂けますと幸いです。もちろんどうしても難しい場合は
メールメインでの対応も可能でございます。

極力先生方のご要望に合わせて対応させて頂きますので、
ご希望などございました際には、遠慮なくお申し付け下さいませ。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
 ↓ ↓ ↓ 
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら
>>>精神科医専門の転職サイト「精神科医の転職相談室」はこちら 
>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_S1C2305_sss

医師の転職・相談・求人『匿名相談を是非ご利用ください』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

今回は改めてのお願いという事になりますが弊社がご案内しております
「匿名相談」についてのご紹介になります。

転職活動という言葉を思い浮かべますと多くの方々が求人探しや面接、
応募書類の作成などをイメージされる事が多いのではないかと思います。
確かに転職活動を具体的に行うフェーズまできますと、上記のような
アクションを起こしていく事になりますが、転職というのは、そもそも
「転職するかどうか?」から考え始めるのが一般的です。
という事は、その段階から相談出来るようなシステムがあった方が、
転職の件で悩まれている先生方にとりましては都合が良いのではないでしょうか。

そこで私共の方で考えてご案内させて頂いているのが「匿名相談」です。
これはニックネームとメールアドレスさえお教え頂ければ、
どのような内容でもお問い合わせ頂く事が可能なサービスとなっております。

過去に実際にお問い合わせを頂いた例としましては、
・転職した方が良いのかしない方が良いのか?
・転職するとした場合、どんな流れで転職したら良いのか?
・転職するとしたら具体的な求人はどんな物があるのか?
・自分のキャリアだとどれ位の給与が貰えるのか?
・今の勤務先よりも条件の良い求人は出てくるのか?
・医局からの退局方法を教えて頂きたい。
・どのタイミングで転職するのがベストなのか教えて欲しい、、、。
以上のような相談がとても多くなっております。

これらの内容をよく見て頂ければご理解頂けると思いますが、
多くの場合が具体的に転職活動をスタートする前の段階の相談事なのです。
多くの先生方が、そもそも転職活動をするかしないかの段階で、
悩みを抱えていらっしゃる事がよく分かります。

このように具体的なアクションを起こす前の段階でも構いません。
また実名で相談するには抵抗があるような場合には、
匿名でのご相談でも構いません。
実際の転職活動を行う際のきっかけの一つにして頂ければ幸いです。
まずは弊社の「匿名相談」サービスをご利用頂きまして、
転職についてお気軽にご相談頂ければと考えております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
 ↓ ↓ ↓ 
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら
>>>精神科医専門の転職サイト「精神科医の転職相談室」はこちら 
>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_MG_3594

医師の転職・相談・求人『求人が出てくるタイミングについて』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

過去に転職活動を行った経験をお持ちの先生方でしたら
ご経験された事があるかと思いますが、求人を探す際にはタイミングが
非常に大事であるという事です。

どうしても入職を希望する医療機関があったとしても、そこで人材の募集を
行っていなければ採用して頂くのは無理になってしまいます。
つまり転職活動を行う際には、ご自身が活動を行っているタイミングと
同時期にどんな求人が出ているのかが非常に大事な訳です。

このような書き方をしてしまいますと万が一、転職活動を行っている時に
気になる求人が無ければ時期を改めて求人を探せば良い案件が出てくるのではと
思われてしまうかもしれません。もっと待てば良い求人が出てくるかも的な発想です。

確かにタイミングを改める事で良い求人が出て来る可能性はゼロではありません。
しかし、そのような求人がいつのタイミングで出てくるのかを正確に測る事は
現実的に不可能になります。そもそも、そのような案件が出てくるかどうか自体も
不確定という事になります。つまり待てば良い求人が出てくるかもしれない、
という考え方が転職活動を行う際には、非現実的な考え方と言えるのです。

ではどのような方法で活動を行うのがベターなのかと言いますと、
以前にもお伝えしましたように求人の相場を調べておく事が大事になります。
相場と比べてみて、あまりにも内容がかけ離れた求人なのか、
むしろ相場よりも良い条件になっているのかを確認してみる事になります。
この作業を行う事で実際に応募する求人の価値が見えてくる事になります。

求人情報に関しては先生方の横のパイプを使ってお調べ頂く事も可能ですし、
場合によっては弊社のような紹介会社に相談してみるというのも
方法の一つではないかと考えております。

良い求人は待っても出ては来ません。そのような状況の中で大事な事は
よりベターな求人を見つけ出す目を鍛える事だと思います。
転職活動を行う際には是非、ご参考にして下さいませ。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
 ↓ ↓ ↓ 
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら
>>>精神科医専門の転職サイト「精神科医の転職相談室」はこちら 
>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

b44699c74dcbf7999fefe51df59d3d09_s

医師の転職・相談・求人『どこまで経営について意識出来るか?』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

今回は直接的に転職とは関連性のないお話になりますが、とても興味深い事でしたので
共有させて頂きたいと思います。
以前、対応させて頂いた先生(A先生)から以下のような事を聞いた事がありました。
「医師という立場であっても診察の事だけを考えている訳にはいかない。
常に病院全体の経営にも目を向け、より良い経営を意識する事が大事である。」
という内容のお話です。

そもそもこのような考えに至った背景について確認させて頂いたところ、
この先生は元々、四国の山奥の病院で勤務されていたようなのですが、
その地域の人口は年々減少の一途を辿っており、その影響を受けて
近隣の病院に来院される患者の数は大幅に減少し経営難に陥っているような
医療機関が多数存在したようです。中には病床数を削減する事になったり、
経営不振でやむを得ず閉じる事を求められるような所も多々あったようです。

そのような現状を見てA先生が勤務されていた病院では、どのようにすれば
この状況の中で生き残っていけるのか医師だけではなく職員も含めて本気で
考えるようになったようなのです。

そして思い付く事を実践し少しずつ結果を出してく中で、
現在は近隣では唯一、完全な黒字経営をしている病院に生まれ変わったようです。

このような状況に変化した時にA先生はある事に気が付いたようです。
「病院の経営が悪かった時は職員含め全員が暗く落ち込んだ雰囲気の中で
仕事に取り組んでいました。それは気持ちに一切の余裕が無かったからです。
しかし病院が黒字化したとたん、医師をはじめ職員全体に気持ちの余裕が
生まれてくる事になりました。その結果、仕事の質やスピードが上がり、
更なる相乗効果をもたらす事になる。」という事なんです。

そうなんです。病院の経営が良化する事が結果的に診察にも影響するのです。
そして来院される患者のためにも繋がるというプラスサイクルが生まれるのです。
患者を守ってあげる事は大前提ですが、それを実践するためには
まずは自分自身の立場を守る事も大事なんだと思います。
日々お忙しくされている先生方ですから診察以外の事に目を向けるというのは
簡単な事ではないのかもしれませんが一度、これを機会に意識改革をしてみる事が
結果的にプラスのサイクルに繋がると考えます。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
 ↓ ↓ ↓ 
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら
>>>精神科医専門の転職サイト「精神科医の転職相談室」はこちら 
>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

PAK75_karutemitenayamu20141025131412_TP_V

医師の転職・相談・求人『相場を知る事の重要性』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

転職活動を行う際に先生方より質問を受ける事として多いのが、
「自分の年齢、持っている資格、経験値から判断し、どれ位の年収が妥当なのか?」
という事についてです。
つまり給与額の相場について知りたいとお考えの先生が多いという事です。

相場を考える際ですが必要になる情報としては一般的には
先生方のご年齢、お持ちの資格、経験値、経験年数などが挙げられます。
ここにもう一つ大事な要素が加わってくるのですが、それが「地域格差」になります。
地域によっても給与の相場というのは大きく変動する事になります。
例えば東京や神奈川、大阪など都市部に関して言いますと、
給与相場は低くなる傾向にあります。その理由は都市部で勤務したいと考えている
先生方の数が多いため、各医療機関は医師の採用において、
地方の医療機関ほど苦戦する事が少ないからです。
つまり給与を沢山出さなくても、ある程度採用が見込めてしまうのです。

一方、地方というのは先生方が勤務する事を望まない場合が多くなり、
医師の採用で苦戦してしまう医療機関が多くなるのです。
そのために少しでも先生方に興味を持って頂く作戦として給与を高めに提示して
先生方の興味を引こうとする訳です。

この違いによって、都市部では給与相場は低くなる傾向があり、
逆に地方では給与相場が高めになる傾向があるという事になります。

この相場感を把握した上で給与交渉を行う事と
何も知らない中で交渉を行うのとでは相手に与える印象にも大きな差が生じます。
あまりにも相場とかけ離れた条件で交渉してしまえば、
時には「常識の欠けた先生」という悪い印象を与えてしまう可能性もあります。
やはり常識の範囲内での交渉を行う事が望ましいと思われます。

また相場の範囲内での交渉の方が叶う可能性も高くなります。
あり得ない内容で交渉してしまえば、その時点で話が頓挫する事もあります。
このような事を考えますと予め相場を把握しておく事がとても大事である事が
ご理解して頂けるのではないかと思います。

相場についてご不明な点がありましたら、私共の方から情報をお伝えする事も
可能です。お気軽にご相談下さいませ。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
 ↓ ↓ ↓ 
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら
>>>精神科医専門の転職サイト「精神科医の転職相談室」はこちら 
>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

IMG_5586

医師の転職・相談・求人『非常勤の求人を探す』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

医師の転職市場についてですが毎年、年明け1月~3月頃というのは
4月からの勤務先を既に決めてしまった先生方が多くなる時期であり、
常勤としての転職活動をしている先生の数が少なくなる時期です。
※もちろん今からでも常勤の転職をご案内する事も可能ですので、
ご希望される先生がいらっしゃれば遠慮なくお申し付け下さい。

逆に今後、増えてくるのが非常勤としての勤務先をお探しになる
先生方の数です。常勤先が決まり勤務スタイルがある程度見えてきますと、
今度はお休みの時間などを利用して非常勤で勤務する事をお考えになる
という事になるのです。私共の方にも非常勤の求人を探したいう事で
多くのご相談を頂きます。

非常勤の求人をお探しする際に一つポイントになる事があります。
それは、どの曜日に勤務を行うかという事になります。
非常勤の求人を探す場合ですが、ほとんどの場合「~曜日のみ募集」
という感じで曜日指定で求人を行う場合が多くなっております。

中には複数の曜日で募集を掛けている場合もあるのですが、
非常勤というのは、そもそも常勤の穴埋め的な役割になりますから、
常勤での転職の時ほど融通が利かない事が多くなります。
そのため曜日が合わなければ応募しても採用して頂ける可能性は
限りなく低くなってしまいますので出来れば勤務可能な曜日が
明確になった段階で求人をお探しする事をお薦め致します。

私共の方では非常勤のご案内も対応させて頂いております。
ご不明な事やお困りの事などございました際には、
お気軽にご相談下さいますよう、宜しくお願い致します。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
 ↓ ↓ ↓ 
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら
>>>精神科医専門の転職サイト「精神科医の転職相談室」はこちら 
>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆