月別アーカイブ: 2018年8月

_S1C2233_sss

医師の転職・相談・求人『掲載されている求人が全てではありません』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

転職をお考えの先生方であれば一度や二度はご覧になられた事があるのでは
ないかと思いますが、私共のような紹介会社ではWEB上に多くの求人案件を
掲載する事で先生方に対し求人の存在をアピールさせて頂いております。
紹介会社の中には抱えている求人数の多さを売りにしている所もあるように
紹介会社の力加減を見定める要素の一つとして「持っている求人の数」
というのが一つの参考になる事もあるのではないかと思います。

確かに求人案件というのは、ある意味、紹介会社の立場から見れば商品でもあり、
商品の数は少ないよりは多い方が対外的なアピール度は高まると思います。
しかし実際のところ、求人案件の数だけで紹介会社の力関係を完全に見抜く事が
出来るかどうかと言えば、その答えはNOという事になります。

そもそもWEB上に掲載されている求人案件というのは多くの場合、
他の紹介会社が持っているものと被っている場合も多くオリジナリテーに欠ける
ような場合も多くなっております。つまりマンパワーを沢山持っている会社なら
求人数を増やす事は意外と容易な事になります。
一方でバリューの高い求人案件がどのような物かと考えますと、
レア度の高い物、つまり普段はあまり出て来ない求人を獲得する事が出来た時です。
レア度が高い求人は誰でも獲得する事が出来る訳ではなく病院から信用して頂けた
紹介会社でなければ獲得する事が出来ません。
つまり求人数が多いだけが紹介会社の本当の良し悪しを決めるための
基準になっていないという事に繋がる訳です。

実は掲載されている求人数が少ない会社というのは、それ以外の部分において
絶対的な自信があるからこそ、求人数だけにこだわっていないというような
背景もあるのです。このような背景を十分にご理解して頂きつつ、
間違いのない紹介会社選びをして頂ければ幸いです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
 ↓ ↓ ↓ 
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら
>>>精神科医専門の転職サイト「精神科医の転職相談室」はこちら 
>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

images (2)

医師の転職・相談・求人『急ぎでの転職活動はネガティブな印象を与える!?』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

今回ですが転職活動をスタートさせる際にあまりにも焦って急ぎでの転職活動を
行ってしまう事が思わぬ弊害を生んでしまう可能性があるという事について
ご説明させて頂きたいと思います。一体どんな弊害があるのか、
何故そのように思われてしまうのか、その辺りについて記載してみます。

一般的に転職活動をスタートするタイミングとしましては転職をご希望される時期の
半年ほど前からスタートするのが理想です。つまり医師の場合には毎年、区切りの良い
4月からの転職をご希望される場合が多く、そのタイミングを考えますと、
その半年前にあたる9月~10月頃から転職活動をスタートする事が多くなります。

他の職種で考えた場合ですが、半年前から転職活動を開始するというのは、
明らかに「早過ぎ」である印象を持たれてしまう人も多いかもしれませんが、
医師の転職に関しては、むしろこの程度の期間を空けて転職活動をして頂いた方が、
一般的であるという事が言えるのではないかと思います。

理由は医師という立場を考えた場合、辞めたいからと言って身勝手な辞め方をすれば
病院や患者に多大なご迷惑をお掛けすることにもなります。
また退職者が出てしまった場合、病院側としては後任の手配をする必要があります。
しかし医師の場合には、そう簡単に後任を採用する事は難しいため、
出来るだけ早い段階で医師採用の手配をしたいと考えているのです。
このような点で退職については出来れば早い段階で申告しておく事が、
結果的に周りに迷惑を掛けずに済むのです。

しかし、稀に短期間で一気に辞めていかれる先生もいらっしゃいます。
そのような先生が別の医療機関に転職する場合ですが、
「何故急いでいるのか?」
「何か急いで転職する理由があるのか?」
「何かネガティブな理由があって首になったのか?」
など、急ぎで転職活動をしている医師に対してはその理由に対して
何らかの理由があるのでは?と疑いの目で見られてしまう可能性が高まります。

このような事を思われないようにするためにも今までお世話になった職場に
迷惑を掛けないようにするためにも転職活動を行う際には、
それ相応の時間を空けて対応された方が良いのではないかと思います。

その点を考えますと、あまりにも無茶な転職は避けた方が良いかもしれません。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
 ↓ ↓ ↓ 
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら
>>>精神科医専門の転職サイト「精神科医の転職相談室」はこちら 
>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

8850c0a6a42b264900ed9bc06e5032ad_s

医師の転職・相談・求人『経歴書の利用方法について』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

先生方の転職活動をお手伝いさせて頂く際に先生方に対して
必ずお願いしている事があります。それが履歴書など、いわゆる経歴書の
ご提示をお願いしている事でございます。経歴書は先生方の個人情報が
沢山記載されておりますので、先生方の中には提示する事に対して
抵抗を持たれる場合もあるかと思います。しかし転職活動を行う際には
必ず必要になる事も事実でございます。そこで今回はご提示頂きました
経歴書の利用方法について念のためご説明させて頂きたいと思います。

先生方よりご提示頂きました経歴書の利用目的としては大きく分けて
2つの目的が存在しております。
目的①:医療機関や企業など求人を出している先に提示するため
目的②:私共が先生方のご案内をさせて頂く際に参考にさせて頂くため

以上の2つの目的という事になります。
私共の方で拝見させて頂くだけであれば大きな問題は無いと思いますが、
重要なポイントは外部(病院やクリニック、企業など)に提示する際に
誤ったやり方をしてしまう事で個人情報のバラまき状態になってしまう
可能性があるという事です。

では実際に経歴書を外部に提示する際には、どのような管理方法にて
対応しているのかについてご説明致します。

転職活動を進めていく際に、どこかのタイミングで外部に対して経歴書を
お送りする必要があります。書類選考の意味合いで選考を行って頂くためです。
面接を実施するためには、まず書類選考をクリアする必要があるのです。

書類選考の段階では先生方のお名前、住所、電話番号、直近のお勤め先名など、
個人を識別出来るような情報は一切明かさずに提示しております。
しかも提示する際には先生方が希望された先にしか提示しておりません。

最終的に先生の個人情報を全てお伝えするタイミングとしては
面接を実施するタイミングという事になります。この段階で正式な履歴書を
ご提示させて頂く事になります。

以上のような流れで先生方より頂いた経歴書の管理を行っております。
そのため外部や第三者に対して先生方の個人情報をバラまくような事は
一切ございませんので100%ご安心頂ければと考えております。

経歴書を作成して頂く事は先生方に対して多大なご心配とご苦労を
お掛けしますが、転職活動をより円滑に行うためにも是非、
ご協力頂ければ幸いです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
 ↓ ↓ ↓ 
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら
>>>精神科医専門の転職サイト「精神科医の転職相談室」はこちら 
>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

15e2b5e88a100fc06de3317ecb1a22da_s

医師の転職・相談・求人『公的病院なのか?民間病院なのか?』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

今回は将来的に専門医などの資格取得を目指している先生宛に、
勤務される病院選びについてお話させて頂きたいと思います。

先生方の中には転職を志望する理由の一つとして資格の取得を目指したり
更なるスキルアップを目指して転職を考えている先生方も数多く存在しています。
資格を取得したいと考えているものの今の勤め先の病院で取るのは難しい、
経験値をアップするには今の病院では難しいというような場合に
それらを実現出来るような病院への転職をお考えになるという事です。

そのようなご希望をお持ちの先生方から転職する際のご要望として
必ずと言ってよいほど挙がってくるご要望としましては
・「研修、教育体制がしっかりした病院」
・「過去に資格を取得した実績のある病院」
以上のような事をお考えの場合が多くなります。
私共の目線からしましても、このような理由は当然と言うべきか、
理にかなった事であると考えております。

一方で上記のように教育、研修体制が整っており、尚且つ労働条件的に見ても
好条件の所を探してみたいと考えている先生方がいらっしゃるのも事実です。
もちろんそれ自体が悪い事ではなく、むしろ両立出来るような病院があれば
それに越した事はないというのが本音ではないかと思います。

しかし現実的には両立出来るような病院を探すというのは非常に難しいのが
現実です。では何故難しいのかと言えば一言で言えば双方を兼ね備えた病院自体が
非常に少ないという現実があるからなのです。

教育機関という位置付けで考えれば大学病院など公的機関の方が圧倒的に
体制が整っており実績も豊富にあります。しかし労働条件などに関してみれば
民間病院の方が上回っている事の方が多くなります。
言い方を変えますと公的病院レベルの教育体制や実績を民間病院に対して
求めてしまうのはとても難しい事ですし、逆に民間病院レベルの労働条件を
公的病院に求めてしまうのも困難な事になる訳です。

つまり双方を両立させるという事はとても難しいので、
やはり何を最優先にして転職するのか、ここが最大のポイントになるのです。
それによって転職先の候補として選ぶのが公的病院になるのか、
民間病院になるのか、その辺りの見極めが大事になると考えます。

今後の転職活動を行う際の参考にして頂ければ幸いです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
 ↓ ↓ ↓ 
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら
>>>精神科医専門の転職サイト「精神科医の転職相談室」はこちら 
>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_S1C0110_sss

医師の転職・相談・求人『面談を通じて分かる事』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

先生方のご案内をさせて頂く際に毎回思う事があります。
それはお電話やメールでやり取りをさせて頂いていた時の印象と
実際にお会いさせて頂いた時に感じる印象に大きな差がある事です。

これは正直に言いますと良くも悪くもという事になりますが、
やはり人の印象というのは実際にお会いしてみなければ分からない
というのが私共の本音でございます。それもあり私共としましては
出来る限り先生方とお会いさせて頂き面談を実施したいと考えています。

では面談を実施して先生方の印象を正しく把握する事がどんな事に
繋がるのかと言いますと、ご紹介させて頂く医療機関に対して
先生方のご説明をさせて頂く時などに、よりリアルなお話をする事が
可能になります。つまりより具体的に先生方のアピールをする事が
可能になるという事に繋がります。

ご紹介させて頂く医療機関側が思う事は、事前にどんな先生なのか
出来る限り知りたいと考えているものです。もちろん面接に参加する事で
どのような先生なのかを見て頂く事は可能な訳ですが、その時の印象と
私共の方から予めご説明させて頂いた印象が同じであれば、
医療機関側は何の疑いもなく先生方に対して良い印象を持って頂けます。

以上のような事からも、転職のお手伝いをさせて頂くにあたり、
事前に先生方の面談を実施させて頂きたいと考えております。
その際に是非、先生方のありのままの姿を見せて頂ければ幸いです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
 ↓ ↓ ↓ 
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら
>>>精神科医専門の転職サイト「精神科医の転職相談室」はこちら 
>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_S1C0508_sss

医師の転職・相談・求人『転職には理由を考えておく事が重要です。 』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

転職活動を行う際ですが、ここ最近では各医療機関に応募した際に、
その理由について問われる事が多くなってきました。

例えば東京出身の先生で現在も都内の病院にて勤務されているにも関わらず、
敢えて北海道の病院に転職したいというご希望をお持ちの場合、何故、敢えて
北海道を選んだのか、その理由について聞かれる場合が多くなります。

また専門医などの資格を取得中の先生が取得が終わっていないにも関わらず、
その途中段階で別の病院に転職を希望されるような場合もあります。
普通に考えますと完全に取得出来るまでは現職場にて勤務した方が良いのでは
ないかというように捉えられてしまう事も多くなります。

更には初期研修中の先生が別の病院に転職したいとお考えになる場合や、
後期研修中に他の科に転科したいとお考えになるような事もあります。

どのパターンを取りましても、その理由について確認したくなってしまうのです。
つまり、このような話を医療機関側の採用担当者が聞いた時に頭をよぎるのは
その背景には何かネガティブな要素などが含まっているのではないかという事です。
当然そのような要素を抱えての転職という事であるならば医療機関側から
前向きに採用したいと思って頂ける可能性は低くなってしまうのです。

そこで転職活動を行う際には、どのような場合においても、その理由について
予め考えておく事が大事です。雇用する側が聞いた際に納得出来るような理由を
準備しておく事がとても大事になります。

過去に対応させて頂いた先生方からお伺いしたお話から判断しますと、
ご自身の中では正論だと思って考えていた理由が実は、そうではない事も多いです。
一度相手に伝えてしまってからでは取り返しがつかなくなります。
そのような事にならないためにも、事前に確認しておく事をお薦めします。
もちろん私共の方でもそのお手伝いをさせて頂く事が可能です。
いつでもお気軽にお申し付け下さいませ。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
 ↓ ↓ ↓ 
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら
>>>精神科医専門の転職サイト「精神科医の転職相談室」はこちら 
>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_S1C2743_sss

医師の転職・相談・求人『紹介会社の利用しすぎも考えものです。』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

先生方が転職活動を行う際の一つの方法として私共のような紹介会社に
サポートを依頼する方法もございます。もちろん私共の立場で考えますと
出来る限り多くの先生方に紹介会社を利用して頂きたいと考えているのが
本音ではありますが、先生方の立場で考えた場合、紹介会社の利用方法
間違ってしまいますと、先生方の転職活動の足を引っ張る事に繋がります。
実際にあった例を参考にどのような事で先生方の足を引っ張るのか、
その理由についてご説明させて頂きたいと思います

先日、私共の方でご案内させて頂いていたA先生の件ですが、
やり取りをさせて頂く中で、とある病院の情報を知りたいという事で
具体的な病院名を挙げてこられました。
私共としては少しでも早く先生に対して情報をご提供させて頂きたいと思い
早急に当該の病院にコンタクトを取りA先生宛に情報をご提供させて頂くように
試みようと考えておりました。

そして当該の病院にコンタクトを取り医師の採用担当者とやり取りしたのですが、
その際に担当者から「この先生、他の紹介会社からも複数回にわたり
お問い合わせが来ていますね。」というようなお話を聞きました。
この状況を簡単に整理しますと、恐らくA先生は私共だけではなくて、
複数の別の紹介会社にも声掛けをして転職のサポート依頼をしていたようです。
そのため私達以外の別の紹介会社からも当該の病院に対しての
お問い合わせがあり、担当者の方で容易に同じ先生である事が察知出来たようです。

と、ここまでは特に大きな問題ではないのですが、ポイントはこの後です。
病院の担当者からすれば、複数の紹介会社から同時期に問い合わせが来る、
というのはあまりに不自然な動きであり、何か転職を考える際に特別な理由などが
背後に潜んでいるのではないか?という疑念を持つようになっていました。
実際にはそのような事は無いのですが、なにもしていない段階から
病院側から悪い印象を勝手に持たれてしまったようです。

そうなんです。紹介会社を利用するにしても片っ端から声を掛けるのではなく、
ある程度、絞り込んだ中から利用してみる方法をお薦めします。
その方が誤った情報が外部に流出してしまうようなリスクも下がりますし、
何よりも先生方にとりましても目の届く範囲が広がりますので、
安心して転職活動を行って頂けるのではないかと思います。

多くの紹介会社に登録すれば、それだけ多くの情報を収集する事が可能である
という考え方は今や時代遅れな考え方です。今後は本当に先生の転職活動に対し
相応しい対応をしてくれる紹介会社に絞り込んで活動される事をお薦めします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
 ↓ ↓ ↓ 
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら
>>>精神科医専門の転職サイト「精神科医の転職相談室」はこちら 
>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_S1C2583_sss

医師の転職・相談・求人『職場の違いとモチベーションの関係』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

先生方を含め医療機関にて勤務されている方々の給与額を決める際の
評価軸として一般的に扱われる項目としては
・年齢
・経験年数(勤務開始からの年数)
・保有している資格
・役職
・お人柄、、、など、
ざっと以上のような項目が挙げられます。

一方、企業にて勤務している場合には上記の項目に加えまして
「仕事の評価」というものが加わってくる事になります。
分かりやすい所で言いますと営業職など結果が求められるような仕事の場合には
成果に応じて給与額や賞与額が決められる事になります。
そのため、より多くの給与額を得る事が出来るようにと成果を出す事に注力します。
違う言い方をすれば、そこが仕事のモチベーションになっている事も多いのです。

では医療機関にて勤務している方々にとっての仕事のモチベーションは何か、
その回答についてある医療機関の事務長からお話をお伺いした事があります。
医療機関では当然のごとく病気の患者を治してあげる事に尽きる、というような
回答を伺いました。しかし治すと言っても医療的な指示を出す事が出来るのは
先生方のみでコメディカルは先生方の指示に従って忠実に職務をこなす事が
仕事という事になります。また治療に関しては最善を尽くしたとしても思い通りの
結果が伴わない事も多い訳です。つまり企業のように数字で結果が出にくい仕事のため
職員一人一人に対して適正な評価を下す事が非常に難しいと言えます。

この点が企業と医療機関で勤務する際の最も大きな違いになると思います。
これから先の時代、人口が減少してくる事が明確になっている中で、
企業にしても医療機関にしても働く先が少なくなってくる事が考えられます。
その時に生き残れる要素は何か、ズバリ自分の能力という事になります。
医療機関では今まで他の職員と差をつける事が難しい状況でしたが、
これからは他の人に負けない何か、それを持てるか否かが生き残り戦争の中で
とても重要な要素になってくると思います。改めて自分が他人に負けないもの
それが何か考えておく必要があるのではないでしょうか。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
 ↓ ↓ ↓ 
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら
>>>精神科医専門の転職サイト「精神科医の転職相談室」はこちら 
>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

637052704b946054df1e8e9d08461cc0_s

医師の転職・相談・求人『過去にトラブルや不祥事のあった病院について』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

先生方もご存知の通り病院の中には過去に何らかの不祥事を起こしてしまい
評判の悪い病院があったり、一度は経営が傾いてしまい民事再生を適用して、
新たに経営の立て直しを図っているような所があるかと思います。

一見、過去に何らかのトラブルや不祥事が起こったような病院となりますと
いわゆる「ブラック病院」という事で見てしまいがちですが、そうは言っても
実際には消える事なく存続し続けているような病院も多いです。
ではこのような病院、一体何故、消えてなくならないのでしょうか?

私共が過去にこのような病院とやり取りしてきて感じている事は、
何らかのトラブルや不祥事を起こしてしまった後、さすがに同じことを
繰り返さないようにと各病院が改善の努力をしている場合が多くなります。
つまり中身は当時と比べて大きく変貌している場合が多く想定していた以上に
良い病院へと進化している事も多いです。

私共でも偏見の目で見てしまいがちになる事もあるのですが、
いざ蓋を開けてみると意外や意外、なんて可能性も十分にあり得ます。
なので仮にそのような病院が求人を行っていたとすれば、
一度、実際の目で見て確認する意味でも訪問してみる事をお薦めします。

また、この手の病院は悪い評判がまかり通ってしまっている事もあり、
応募してくる医師の数が非常に少なく医師の確保で苦しんでいる可能性が
圧倒的に高くなります。そのため医師を確保するためにの手段として
思いがけないような好条件でオファーを出す事もあります。

とは言っても不安が付きまとうとお考えの先生に対しましては、
予め私共の方で事前スクリーニングを行う事も可能でございます。
少しでもリスクを少なくする方法もございますので、ご希望される際は
お気軽にお申し付け下さいませ。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
 ↓ ↓ ↓ 
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら
>>>精神科医専門の転職サイト「精神科医の転職相談室」はこちら 
>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

b9cf0e1debaaaf8ecc77cca74623e3cd_s

医師の転職・相談・求人『転職には謙虚な気持ちが大事です』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

先日、私が10数年にわたってお仕事の面でお世話になっているある会社の社長と
食事にご一緒させて頂く機会がありました。いつもと同じように初めは仕事の
話から始まるのですが、その会話の中で、とても気になる事がありました。
それは人材の採用を行う際ですが、この社長は経験者よりも、むしろ未経験者を
優先して採用しているという事を仰っていたのです。一般的には即戦力となる
経験者を採用したいと考える雇用主が圧倒的に多い中で、何故このような事を
考えているのか非常に気になってしまったのです。

そこで、その意図について詳しくお話をお伺いしてみたところ、入社後の経験者の
振る舞いに対してかなり神経質になっているという回答が返ってきました。
確かに経験者は実務の経験があるので即戦力としての活躍には期待できるが、
実はそれ以上に扱いが難しいという難点があり、トータルで考えてしまうと、
戦力に成長するまでに時間は掛かるものの未経験者を採用した方がプラスになる
というのが社長の考え方でした。

経験者の場合、入社した後に自分の経験値を掲げて好き勝手にする人が多く、
会社の指示に従わない事も多いようです。また本人にとっては過去の職場で
経験してきた事が絶対的な教えであり、新たな事を教えようとしても
一切聞き入れないような頑固な人も存在するようです。

このような感じになってしまいますと、会社という組織で動いているにも関わらず
一切の統率が取れなくなってしまい、結果的に未経験者を採用するよりも
会社の負担が大きくなってしまうという事でした。

ではどうしたら良いのか社長に確認したところ「謙虚な姿勢が大事である」
という事を仰ってました。経験者であろうと、それにおごる事なく謙虚に
振る舞って頂く必要があるという事でした。

先生方の転職に関しましても、ある意味、経験者が転職するのと同じです。
経験があり尚且つ謙虚な先生が居たとすれば、雇用する側からすれば、
それ以上の事は無い訳です。謙虚な姿勢を示すだけでも相手に好印象を
与えられる事は間違いありません。是非、転職活動をされる際には
頭の隅に入れておいて頂けると良いと思います。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
 ↓ ↓ ↓ 
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら
>>>精神科医専門の転職サイト「精神科医の転職相談室」はこちら 
>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆