月別アーカイブ: 2018年12月

_S1C2611_sss

医師の転職・相談・求人『今年も大変お世話になりました。』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

本当に早いもので今年も残すところあと僅かとなって参りました。
歳を重ねるごとに思ってしまう事は年々、時間が経過するのが早いと
感じてしまう事です。自分の親から良く言われてきた事なのですが、
いざ自分が同じような経験をしてしまうと何となく悲しい気持ちにもなります、、、。

改めまして今年も一年間、大変お世話になりました。
先生方、医療機関の皆様のおかげで弊社は今年も無事に一年を過ごす事が出来ました。
ただ改めて思う事としては医師の転職市場を掴むのは難しいという事です。
その他の職種に関して言えば、おおよそ年が変わったとしても傾向が変わる事は
ほとんど無いのですが医師に関しては、その年によって大きく変わる事が多いです。
毎年、先生方が転職活動を開始する時期が違ったり、給与相場が変わったりと、
その年、その年で傾向が違うような事がとても多いのです。

そんな中で私共は、その傾向をいち早く察知し、それを踏まえたうえで
先生方のご案内をさせて頂く必要があります。そういった意味では
毎年「安定」という言葉は存在せず毎年毎年、生き残るための試練を
乗り越えていく努力が必要となっております。

このような事を繰り返していくうちに私共も成長していきます。
そして今以上に力を付けて更に先生方、医療機関の方々のために
お役に立てるような活動が出来れば良いと考えております。
改めまして来年もリノゲート株式会社を宜しくお願い致します。

年末年始は何かとお忙しい時期でございます。
くれぐれも体調などお崩しになられぬようお気をつけくださいませ。
来年も相変わらぬご高配を頂けますようお願い申し上げて、
歳末のご挨拶とさせて頂きます。
それでは良いお年をお迎え下さいませ。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_S1C2407_sss

医師の転職・相談・求人『転職にもコミュニケーション力だ大事』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

ここ最近ですが医師の採用や転職に関するお話をしている際によく耳にするのが
「コミュニケーション力」という事になります。採用する側の医療機関側の
考え方の中にコミュニケーション力の優れた先生を採用したいというような
考えを持っている所が非常に多くなっているという事になります。

よく医療機関とやり取りする際に「良い先生」というキーワードを耳にします。
良い先生を紹介して下さい、良い先生を採用したいと考えている、といった感じです。
確かに良い先生に越した事はありませんが、余りにも漠然とした表現ですので
改めて私共のほうで、その意味を考えてみた事がありました。
その時に出て来た意見の多くがコミュニケーション力の長けた先生という事でした。

それは何故かと言いますと医療と言えども極端な事を言えば人と人の繋がりが
ベースにあります。人と人の繋がりを大事に出来る先生は患者だけではなく
職員からも好かれるであろう、というような発想の下の考え方です。
やはりどんな場面においても人から好かれるというのは、とても大きな武器に
なるという事が言えるのではないかと思います。

人から好かれるにはどうすれば良いのか、人に対して何をすれば良いのか、
こういった事を考える事は結果的に仕事での成功にも結び付くと思います。
是非、頭の隅にでも入れておいて頂ければ幸いです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

5c3a9e8966fab29bd3bcc11c674b95ea_s

医師の転職・相談・求人『パターン化した面接設定』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

先生方が医療機関との面接を組む際ですが、時には候補となる求人が複数存在し、
どこの面接に参加したら良いのか悩んでしまうような事があるかと思います。
出来る事であれば全ての面接に参加して各医療機関の情報を収集する事ができれば
それに越した事は無いと思いますが、日々お忙しくされている先生方にとって
それは現実的に難しい事になると思います。

そんな中で効率が良くて内容の濃い面接を実施して頂く際の方法をご紹介します。
それは候補となる医療機関をパターン化してみるという事になります。
どういう事かと言いますと複数の案件を
「高額案件であればココ」「QOL重視であればココ」「仕事内容重視であればココ」
という感じでポイント別に、それぞれの求人をパターン化する事です。

パターン分けが出来たら、その中で優先順位を付けて優先度の高い所から
面接を組んでい行くようなイメージです。
例えばA・B・C・D・E・Fという6つの候補の求人があったとします。
まずは、この6つを上記の3つのパターンに分類してみます。
・AとEは高額系(AとEではEの方が優先度高)
・BとCはQOL重視(BとCではBの方が優先度高)
・DとFは仕事内容重視(DとFではFの方が優先度高)
以上のように分類したとします。

そして、それぞれの優先度の高い方の面接を実施する。
というような流れになります。

こうする事で、高額求人、QOL求人、仕事内容重視求人それぞれの
おおよそのイメージがつくと思います。そうする事によって先生の中では
どの要素を重視すべきなのかという点について頭の中で整理が出来ます。
そして最終的にどの選択肢を選ぶべきなのかが見えてくる事になります。

こんな感じで面接を実施して頂ければ時間的に効率よく対応する事も可能で、
更に先生方にとって、どんな求人が良いのかが分かりやすくなります。
候補が多くて面接設定でお悩みの場合には是非一度、お試ししてみて下さい。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

4f9eb1353ec80509585196469ba076bf_s

医師の転職・相談・求人『年収額とキャリアのバランス』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

転職する際に最も大事なポイントの一つになるのが年収額です。
当然の如く年収額は高くご提示して頂けるに越した事は無いと思います。
また先生方の中には年収額をアップしたいという目的のために転職をお考えになる、
というパターンも少なからず存在している状況です。

しかし年収額についてご検討頂く際ですが一つ気を付けて頂きたい点があります。
それが年収額とキャリアのバランスという事でございます。

年収額とキャリアのバランスを考える際に重要になってくるのが給与相場です。
地域や年齢、勤務歴などから判断し算出された、おおよその給与相場というものが
存在しております。この給与相場と照らし合わせた時に、明らかに相場とは
かけ離れた給与を貰っている場合、転職する際に要注意という事になります。
特にご年齢がお若い先生の場合、この傾向が顕著になります。

先日、ご案内させて頂きましたJ先生の件ですが、
30代前半というお若いご年齢でしたが、現職場から貰っている給与額としては、
40代、50代の先生でも貰えないような高額な給与を得ていたのでした。
しかもJ先生は諸々の事情より年収額を下げたくないという要望を掲げて
転職先を探しておりました。しかし、この条件がネックになってしまい、
条件に該当するような求人が出て来ない状況に陥っていました。

これが正に今回、最も警告したい部分なのです。
余りにも相場とかけ離れた給与を得ようとしてしまいますと、
どうしても転職したいと思った時に見動きが取れなくなってしまうのです。
もしくはやむを得ず給与額を下げなくてはならないような事も考えられます。

このような状況になった先生の多くが是が非でも給与を出して頂ける
医療機関を探し出そうと躍起になる事が多いのですが、このような高額な
給与を提示して頂けるような医療機関というのは背景としてそれなりの理由が
潜んでいる事が多くなります。にも関わらず給与額重視で転職してしまった結果、
短期間で再び転職する羽目になるという事も多いです。

このような負の連鎖に陥るような事が無いようにするためにも、
適正な金額で転職して頂く事をお薦め致します。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

637052704b946054df1e8e9d08461cc0_s

医師の転職・相談・求人『福利厚生について』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

今回は福利厚生について考えてみたいと思います。
福利厚生に関しましては厚い内容であるに越した事はありません。
そのため就職や転職を考えた際に福利厚生が充実している職場ほど求職者から
選ばれやすいという事実もあります。

この福利厚生ですが大きく分けて「法定福利厚生」と「法定外福利厚生」の
2つに分ける事が出来ます。法定福利厚生というのは雇用保険、健康保険、
介護保険、労災保険、厚生年金保険といった法的に整備しなくてはならない物
という事になります。言い換えますと、どこの勤務先であったとしても
これらは完備されていなければならない、という事になります。

一方、法定外福利厚生というのは住宅手当や交通費、家族手当、慶弔関連、
レクリエーションなど、その勤務先によって用意されているものの内容が
変わってくる事になります。

就職、転職活動をする際に意外なポイントになる事としましては、
「法定外福利厚生」が大きく関わってくる事が考えられます。
その理由ですが、こちらは法定外ですから必須ではありません。
にも関わらず敢えて勤務先が用意しているものという事になる訳です。
という事は法定外福利厚生が厚い所というのは、労働者に対して
出来る限り働きやすい環境を提供したいという勤務先の意志の表れです。
という事は労働者に対し優しい勤務先であるという事が言えるのではないかと
推測する事が出来る訳です。

ただし一つだけ注意点があるとすれば福利厚生の利用率ではないでしょうか。
良くある話ですが有給休暇が付与されても、それを利用できる環境でなければ
全く意味がありません。単なる見せかけの物という事になってしまいます。
この辺りの情報を収集する事でも各勤務先の良し悪しを測る事も可能です。
新たな勤務先を探す際の参考にして頂ければ幸いです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

134959

医師の転職・相談・求人『常に医師の募集を行っている医療機関』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

医師を募集している医療機関は、それぞれ様々な理由で医師の募集を行っています。
「増員の為の募集」「欠員補充のための募集」「僻地の為、医師が集まらない」
「施設基準を満たすための募集」、、、などです。
この募集背景についてですが実は非常に大事なポイントになっておりまして、
これによって、その医療機関の内情が見えてくると言っても過言ではありません。

もう一点、ポイントになるのがピンポイントで募集を行っているのか、
継続的に募集を行っているのか、という事です。
僻地でもなく増員の為でもないにも関わらず継続的に募集を行っている
という事になりますと、その理由として考えられる事としましては、
「何らかの理由で医師が応募してこない」「入職した医師がすぐに退職してしまう」
というように何らかの目には見えない理由が潜んでいる可能性が高くなります。
逆に言いますと普段は滅多に医師の求人を行わないような病院がタイミング良く
募集を行っていたとすれば、それは朗報と受け取っても良いかもしれません。

この辺りの情報をしっかりと確認するだけでも、各医療機関の現状についてが
見えてくるのではないかと思います。転職活動を行う際には各医療機関の
募集の背景についてしっかりと確認するようにしてみて下さい。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ec29b40837fa1ba2440cee3b5937b330_s

医師の転職・相談・求人『複数の医療機関に応募する場合』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

先生方が転職活動を行う際ですが多くの場合、複数の医療機関に対して
同時並行で応募される先生が多くなっております。その理由としましては、
複数の医療機関からお話をお伺いし見学をさせて頂く事で他の医療機関と
比較検討した上で、最終的にその中から一番良いと思える所に決める事が
出来るためです。

私共としましても先生方に良い所にご入職して頂く事を第一に考えますと
やはり複数の所に応募して頂き比較検討して頂いた上で最も良い所に
転職先を決めて頂けるに越した事はないと考えております。

しかし複数の所に応募する場合、デメリットも存在しています。
その最も大きな理由が面接日時など、複数の所と調整させて頂くことでは
ないかと考えております。日々多忙を極める先生方にとって複数の医療機関と
同時並行で対応する事はとても難しい事ではないかと思います。
また面接後に複数の医療機関と同時並行でやり取りして頂くというのも
かなり至難の業ではないかと思います。

またもう一点、これが非常に大事なポイントになるのですが、
面接をどの日時で組むのかという事になります。例えばA院、B院、C院と
3つの医療機関に対して同時に応募する事をご検討頂くとします。
例えばA院は12月1日に面接を組み、B院は12月5日、C院は12月25日
という感じで面接を設定したとします。A院とB院は日程的にも近いのですが
C院だけは少々先の日時で実施する事になります。
このように面接日と面接日が離れてしまった場合にどんな弊害が
起こり得るのかと言いますと、いずれかの病院を待たせてしまうという
可能性が起こり得るのです。

どういう事かと言いますと一番先に面接を実施するA院が一番最初に
面接の結果が出てくる可能性があります。しかし面接結果が出たとしても
B院、C院の結果が出揃い、内容を比較検討した上で返事をしたいのが
本音ではないかと思います。そうなるとA院に対しては最短でもC院の
面接が終了する12月25日まではお待ち頂く事になってしまうのです。

問題なく待って頂ければ良いのですが、中には他の候補者が来ており
そう長くは待って頂けないような場合も有り得ます。
つまり複数の面接を設定する際には出来るだけ近い日時で組むようした方が
良いという事になります。
そうすればお待たせする可能性はグッと下がる事になります。
このような些細な調整をしていく事も転職活動を上手く遂行していく
戦略の一つではないかと考えております。ご参考にして頂ければ幸いです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

IMG_5810

医師の転職・相談・求人『私達が考える理想の面接』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

私共が先生方の面接を設定する際に一番に考えている事があります。
それは面接を実施する前に私共の方からご提供させて頂いた情報と
実際に面接に訪問し確認して頂いた情報に齟齬が無いようにするという事です。

そもそも先生方が面接に参加したいとお考えになられた背景としましては、
ご提供させて頂いた情報をご確認頂き、その内容にご興味をお持ち頂いたため、
という事だと思います。という事は事前にご提供させて頂いた内容と
面接にお伺いし確認した情報に違いがあった場合、それは先生方が当初より
ご希望していた物とは違った内容になってしまうという事になります。

では私共の方で、そのような事が起こらないようにするために
どんな対応を行っているのかと言いますと先生方に情報をご提供させて頂く前に、
医療機関に対して先生方のご要望をぶつけます。そしてその内容をクリアできた
医療機関のみを先生方にご紹介させて頂く方法を取らせて頂いています。
つまり面接に伺う前の段階で既に大方の条件がマッチしてる状況を作るのです。

あとは先生方に実際の病院の雰囲気や勤務している他の先生方、職員など
実際の目で見て聞いて頂く必要のある部分を面接の場でご確認頂くような
流れが取れたらと考えております。

先生方からお伺いしたお話の中には、面接に参加したのはいいものの、
色々と話を聞いてみたら希望していた内容とは大きな乖離があったという事で
面接に参加した意味が無かった、なんて事例もあるようです。
日々お忙しい先生方の時間を無駄にしないようにするためにも、
事前のすり合わせ作業、ここを徹底して行う事はとても大事な作業になります。
引き続き理想の面接実施を目指して対応していきたいと考えております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_S1C0110_sss

医師の転職・相談・求人『転職理由を聞かないコンサルタント』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

ここ最近ですが私共の方で対応させて頂いた複数の先生方から聞いたお話ですが、
他に登録した紹介会社から紹介される求人案件は紹介される件数は多いものの、
内容に関しては(先生方が)希望しているものからかけ離れた内容の物も多く
とても残念に思う事がある、というようなお話を聞く事が増えています。

では何故そのような事になるのか、先生方からお伺いさせて頂いた事から
私共の方で推測してみましたところ、ある事に気が付いたのです。
それが「転職理由」について詳しくヒアリングされなかったという事です。

担当するコンサルタントの中には先生方からお問い合わせを頂いた段階で、
転職するものだと勝手に決めつけているような人もいます。
そのため「勤務日数」「当直可否」「給与額」「転職希望時期」といったような
いわゆる条件的な事にしか触れて来ないコンサルタントも多いようなのですが、
そもそも転職する事が確定している訳でもなければ先生方によって転職する理由は
まちまちです。

確かに条件的な部分についても大事な要素である事は間違いないと思いますが、
それよりも前の段階で「そもそも何故、転職しようと考えたのか?」
「そもそも転職する意思はどの位あるのか?」といった根本的な事について
しっかりとヒアリングが出来ていないような場合も多いようなのです。
ここが把握出来ていない中で先生方に見合った求人をご紹介させて頂くのは
ほぼ不可能に近い事ではないかと考えております。

今後、先生方が紹介会社をご利用されて転職をお考えの場合には、
「転職理由」や「転職意思」などについても、しっかりと確認してくるような
コンサルタントかどうかを確認する事で、コンサルタントの良し悪しを
見抜く事が出来るのではないかと考えております。
実力のある良いコンサルタントを頼る事で転職も上手くいくはずです。
是非お試しください。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_MG_3511

医師の転職・相談・求人『謙虚な気持ちはとても好印象を与えます。』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

これは私個人的にも常日頃、気にしている事ではあるのですが、
謙虚な気持ちを持つ事、これはとても大事な事だと思っており仕事の場でも
プライベートの場でも常に意識している事であります。

例えば転職活動において言えば、面接の場面が挙げられます。
以前にもご説明させて頂きましたように面接官が見ている事、聞いている事は
何かといえば質問に対する回答の中身よりも態度であったり言葉遣いであったり、
つまりお人柄であったり性格的な部分を見ている事も多くなります。

ここで高圧的な態度を取ってしまったり、ワガママな態度を取ってしまうと
その瞬間に一気に評価が下がります。逆に謙虚で丁寧な対応をする事が出来れば
相手方の評価は一気にアップする事になると思います。

これは余談になりますが、対人関係を考える際ですが、
相手方に対してこちらが腹を割って対応すると相手も同じような
対応をしてくる事が多いです。仕事をしていますと相手との駆け引きに
負けないようにと戦略を練って対応する事が多いのですが作戦を練れば練るほど、
相手方も同じ事を考えます。そうなってしまうと非常にやり取りがし辛くなります。
そこで思い切って腹を割ってストレートにやり取りをさせて頂きますと、
とてもシンプルなストレートなやり取りをする事が出来て、
かえってやり取りがスムーズに進む事も多いです。

少し話は逸れてしまいましたが結局、対人関係を考える際には
相手の心象というのがとても大事であるという事が言えるのです。
相手から如何に好かれるか、逆に敵を作らないようにするにはどうすべきか、
このような事を考える事が良い結果に繋がる気がします。

その点において常に謙虚な姿勢を保つというのは、相手の心象を考えた場合、
とても大事な事ではないかと考えております。謙虚な姿勢、是非お忘れなく。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆