月別アーカイブ: 2018年12月

85792f31e80f9d00b43515a11ae7f46e_s

医師の転職・相談・求人『時間を掛けて転職活動を行う必要性』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

転職活動を行うにあたり最も大事な点は何かといえば当然の如く良い求人を探す
という事に尽きるのではないかと思います。では良い求人を探す際には一体、
どんな事をすれば良いのかと言いますと、出来るだけ多くの情報を収集して、
その中から見合った物を拾い上げていくという事になるかと思います。

しかし、ただ情報を沢山収集すれば良い案件が見つかるかどうかと言えば、
答えはNOという事になるのではないでしょうか。つまり収集した情報の中に
そもそも良いと思える案件がどれだけ潜んでいるのか、場合によっては
全く存在しないのか、そこがとても大事なポイントになると思っています。

これは私共が数多くの医療機関とやり取りをしてきて感じた事ですが、
そもそも良い求人(良い医療機関)というのは人の出入りが非常に少なく、
求人案件自体が表に出てくる事が少なくなります。言い換えますと
良い病院なので退職者が出ず、人材の募集を行う必要が無いなんて事が
言えるのではないかと考えております。良い求人ほど表に出て来づらい
という事が言えるのではないかと推測しています。

ではこのような病院に転職するにはどうしたら良いのかですが、
その答えは次の募集を行うまでタイミングを待つしかないという事になります。
誰かが退職する事になった場合や長期の休養に入るような事態が生じた場合に
人員の確保を行う必要性が出てくると思いますが、そのようなタイミングが
来るまで、ひたすらタイミングを待ち続けるしかありません。

そのような事も考えますと転職を長期的に捉える事も大事になります。
直ぐに良い案件が見つかれば、それに越した事はありませんが、
今までの経験上、なかなか枠が空かない事も多くなります。
そこを見越して早めに情報収集をスタートさせる事も大事かと思います。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

images (2)

医師の転職・相談・求人『年末を有効活用する』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

いよいよ12月の残すところあと3週間を切りました。
歳を重ねるごとに時間が過ぎる速さを感じざるを得ない今日この頃です。
医師の転職市場に関してですが例年、4月から新たな勤務先に転職される先生が
圧倒的に多くなっております。その場合、4月からさかのぼり半年ほど前から
転職活動をスタートさせる先生方が多くなります。

この先生方ですが多くの場合、年内で転職活動を終了するような流れで
活動を進めらえる事が多くなります。つまり12月の後半ころには
翌年の4月からの新たな勤務先が決まるパターンが多くなるのです。

そこで先生方にご提案ですが、12月の中旬に差し掛かりますと、
各医療機関の採用活動も一段落してくる事になるのですが、
逆にまだ採用が決まっていない医療機関も存在します。
また年末から年明け頃に急な退職の話が出て来たリする事もあり、
4月に向けて急ぎで採用活動をスタートせざるを得ないような医療機関が
出てくる事があります。

このような所はズバリ狙い目です。
4月までに時間が無い中で絶対に医師の採用を行う必要があります。
そのため普段では出さないような破格な条件を提示して頂けるような
場合も十分に考えられます。そのような機会を利用する事で
今までとは違った内容で転職活動が出来る場合もあり得るのです。

2019年4月に向けて転職をお考えの先生方、今は正にラストチャンスです。
このチャンスを逃さないようお気を付け下さい。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_S1C1946_sss

医師の転職・相談・求人『医療機関との良好な関係を築く事も紹介会社の腕の見せ所です。』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

私共のような紹介会社の腕の見せ所としてよく見られがちな部分としましては、
対先生方への提案力やコンサルティング力等が見られてしまう事があります。
確かに私共の立場として考えた場合に、先生方から好んで頂ける事は大前提であり、
先生方からのお問い合わせを頂く事が出来なければ「商売あがったり」という事に
なってしまいます。

上記のような事もあり紹介会社の腕=医師への対応という事で見られがちに
なってしまうのですが、そこで私共が考えている事が対医師への対応だけではなく
対医療機関への営業力強化という事を課題として考えております。

何故、医療機関への対応強化が重要なのかと言いますと、医療機関との関係を
良好に保つ事が出来る事で、先生方が転職活動を行う際に他の紹介会社経由では
引き出す事が出来ないような特別な条件にて交渉が出来たりする事もあるのです。

相手が医療機関と言えども実際に対応して頂くのは理事長や院長であったり
事務長であったりその医療機関で勤務している人という事になるのです。
相手が人であれば感情という物が影響を与えます。紹介会社に対して悪い印象を
持たれてしまうよりも良い印象をお持ち頂けた方が絶対に有利に働くものです。

そのような事を考えますと、私共の方では各医療機関と良好な関係を築く事、
これも非常に大事な要素であると考えているのです。
先生方の転職を上手く進めるため、その方法の一つとして
対医療機関への営業力強化をうたっています。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_S1C2233_sss

医師の転職・相談・求人『求人問い合わせを頂いた際の対応』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

私共の方にお問い合わせを頂く際ですが方法が幾つか存在しております。
その中の一つに私共がウェブサイトに掲載している求人案件に対して
お問い合わせ頂く「求人問い合わせ」という方法がございます。

求人問い合わせから、お問い合わせを頂く際ですが多くの先生方が
「この求人が具体的にどこの求人ですか?」という事で、具体的な医療機関名を
知りたいという目的でお問い合わせして頂く事が多くなっております。
そのようなお問い合わせを頂いた際には、もちろん具体的なお名前をお答え
させて頂くようにしております。

しかし残念な事に、それ以降何のお返事も頂く事が出来ずに、
そのままフェードアウトしてしまうような場合も少なくありません。
もちろんその判断は先生方個々のご判断に委ねる事になるのですが、
私共の希望としましては、出来れば一歩足を踏み込ませて頂き、
お問い合わせ頂いた求人以外にも別の求人情報をご提供させて頂きたいと
考えている次第でございます。

そこで私共の方では先生方からのご要望について詳しくお話をお伺いし、
その内容に見合った求人をご紹介させて頂きたいと考えております。
新たな求人をご紹介させて頂く事で比較検討を行って頂き、
最終的にお気に召すところに転職して頂きたいと考えております。

個人情報の漏洩などを考えますと、個人の詳細情報を他人に教える事には
とても抵抗があるかもしれませんが、まずは詳しくお話をお伺いさせて頂ければ
私共としましても有難い限りです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_S1C0508_sss

医師の転職・相談・求人『一度お断りした病院に対して再度、応募する場合』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

先生方の中には過去に一度応募して面接に参加した経緯がある病院に対して、
当時は何らかの理由でお断り(辞退)してしまったが、改めてその病院に対して
応募したいとお考えになる先生方もいらっしゃいます。

このような場合にポイントになるのは、
・その時の募集状況
⇒当時とは既に状況が変わっており、そもそも募集を行っていない可能性もある。
・募集条件は当時と変わっていないか
⇒当時と全く同じ条件で募集しているとは限りません。場合によっては当時は
有だったものが現段階では受け入れて頂けないような物もあります。
・過去にどんな理由で辞退したのか
⇒やむを得ない理由による辞退という事であれば、再度の応募に関しても
受け付けて頂ける可能性はかなり高いです。ただし一方的な理由での辞退であったり、
当時から病院からの評価がよろしくなかったような場合には再度の応募が難しい
場合も考えられます。

以上のような点になります。
一般的には一度辞退したところに対して再度応募するというのは難しいような
イメージもありますが、上記のような点に関して問題なくクリア出来るような
状況であれば再度の応募も可能です。

具体的にご検討されていらっしゃる場合には遠慮なくお申し付け下さいませ。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_S1C2263_sss

医師の転職・相談・求人『プライベート時間の使い方』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

今回は転職活動とは直結しないような内容になるかもしれませんが、
先生方のプライベートな時間の使い方について考えてみたいと思っております。

私共では、よく今までにお世話になった先生方をお誘いして一緒に食事にいく事が
あります。そのような場合には転職に関するお話はもちろんですが、
趣味やプライベートのお話など様々な事について気楽にお話をさせて頂いています。
先生方は皆さん、お忙しくされている事が多くお誘いするのは気が引けてしまう
部分もあるのですが何とかお時間を割いて頂き楽しい時間を過ごさせて頂いています。

そんな場面でよく思う事があります。それは先生方のプライベートの時間の使い方
という事になります。日々、お忙しくされている先生方ですからプライベートな時間を
確保する事も大変な状況かと思いますが、そんな中でも充実したプライベート時間を
過ごされている先生も少なくありません。

しかもプライベートが充実している先生ほど、仕事も充実している傾向があるように
思っています。仕事にしてもプライベートにしても時間を有効に使う事が出来る能力
というのはとても大事な事であると改めて感じてしまいます。
※ちなみに時間を有効的に使う場合、とても大事なポイントは何かと考えた場合、
物事の優先順位の付け方という事ではないかと思っています。
これは仕事にも当てはまる事だと思います。やはり時間のマネジメント能力、
これは仕事でもプライベートでも当てはまる事なんだと感じます。

過ぎ去った時間だけは絶対に取り戻す事が出来ません。
私自身も悔いを残さない人生を送るためにも有効な時間の使い方について
意識したいと考えております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

IMG_5731

医師の転職・相談・求人『闇雲に求人を紹介する紹介会社』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

先日、私共の方でご案内しておりましたB先生の件ですが、
B先生は私共以外に別の紹介会社にもご相談をしておりまして、
そちらの会社からも既にいくつかの求人の提案を受けていたようでした。

にも関わらずB先生が私共の方にご相談頂いたきっかけは何かと言いますと、
それは先に相談していた紹介会社から提案される求人の内容が先生が希望している
求人案件と比べて全く的外れの内容のものが多く不安を感じてしまい、
選択肢を増やしたいという事で私共の方にご相談頂いたという経緯でした。

そんな中、私共と面談を実施して頂く事になり、とある喫茶店で話をしていました。
その際ですがちょうど先に相談していた別の紹介会社からメールが届きました。
新たな求人を紹介する趣旨のメールだったようです。
早速その内容をお教え頂きましたところ先生が不安を感じてしまう理由が
リアルに分かりました。

B先生は常勤としての転職を希望しているにも関わらず、非常勤の求人を紹介したり
中にはB先生は内科の先生にも関わらず整形や外科の案件が混ざっていたりと、
全く的外れな案件が複数、紛れ込んでいたのです。

これには流石のB先生も驚いていました。
正直なところ同じ紹介会社として私共も恥ずかしい思いをしてしまいました。

現実として、このような提案をしてくる紹介会社が存在しているのです。
たまたまB先生を担当していた会社もしくはコンサルタントが異例だったのか
そこは定かではありませんが、中にはこのような対応をしてくる事もありますから、
先生方におかれましても、ご利用される紹介会社の選定に関しましては
慎重に取り組んで頂きたいと考えております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

134959

医師の転職・相談・求人『仕事と向き合う際の考え方』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

私自身は今までに仕事を通じて、先生方をはじめ看護師や薬剤師、臨床検査技師など
医療に携わっている方々と多く接する機会がありました。そんな方々から聞いた事を
整理致しますと医療業界で勤務している方々は「経営重視」「利益追求」「規模拡大」
というような、いわゆる「お金」に関するキーワードと仕事を結び付けようとすると
とても大きな抵抗感を感じてしまう方々が非常に多い印象を持っております。

その理由は医療というものの本質が利益追求つまりお金稼ぎのために行う物ではない、
というように考えている人が多いからではないかと思います。確かに医療というのは
病気やケガで苦しんでいる患者を救う事が最大のミッションであり時には奉仕活動
のような意味合いを帯びてくる事も有るからではないかと思います。

とは言いつつも医療機関にせよ利益が無ければ存続が難しくなります。
そう考えますと完全に医療と利益を切り離すというのも難しい事だと思います。
ではそんな環境の中でモチベーションを低下させる事なく仕事に取り組めば良いかと
と言いますと、それは仕事への取り組み方(考える方向性)を変えてみる
という事で解決出来るのではないかと思っております。

皆さんがお金にまつわる話に嫌気が差してしまう最大の理由は、
お金のために働く(経営者だけが儲かるような仕組み)が嫌になる事です。
そこで目線を変えて少し違った観点で考えて頂くと如何でしょうか?

具体的な考え方としましては「良い仕事をすれば、お金も自然と入ってくる」
というような発想です。つまり良い仕事をして相手に納得してもらえれば、
利益は後から付いてくる、という事です。患者に感謝されるような良い仕事を
行っていれば自ずと利益もアップするという考え方です。こういう考え方に
頭をシフトする事が出来れば、やっている事は全く同じだとしても、
仕事への満足度は大幅にアップすると思います。

お金のことを先に考えるか後に考えるかという事になりますが、
少し目線を変えるだけで大きく仕事への取り組み方が変わると思います。
是非、一度お試しください。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

b9cf0e1debaaaf8ecc77cca74623e3cd_s

医師の転職・相談・求人『経営者の目線で将来を探る』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

転職先を探す際の重要ポイントの一つに勤務先の「将来性」というのがあります。
今後、どんな方向で活動していくのか、経営者はどんな事をイメージしているのか
このような点に関しましては、とても気になる部分の一つではないかと思います。

また、これに近い話としまして経営者がどんな事に重点をおいて活動しているか、
その辺りについてもしっかりと見定めておく事は新たな勤務先を探す際にとても
大事なポイントになること間違いないと思います。

そこで医療機関に面接や見学に訪問し理事長や院長といった組織のトップの方々と
お話をさせて頂く際に、どんな点に耳を傾けるべきなのかまとめてみました。

①将来のビジョン
経営者が将来の方向性をどんなふうに考えているのか確認してみる事です。
法人で抱えている施設の件数を増やし規模を拡大していく路線なのか、
現状の規模を維持して量よりも質を重視していく戦略なのか、という事などです。
拡大路線を目指しているという事になれば、勤務している先生方に対しましても、
それなりの負荷がかかる可能性もあります。ただ上手く組織が大きくなれば、
役職などのポジションの数も増えます。そうなれば重要な役職に就いて
勤務するようなチャンスの可能性も広がります。
逆に安定志向であれば、大きな変化はなく落ち着いた環境の中で勤務する事が
可能だと思いますが、それ以上に組織が成長する見込みは薄くなりますので、
新たに役職などにつけるチャンスは少なくなるかもしれません。

②従業員に対する考え方
経営者によって従業員に対する考え方はバラバラです。
従業員をとても大事にする経営者もいれば、自らの保身のために従業員を
こき使うような場合もあります。これらを見抜くにあたり一番分かりやすいのは、
労働条件という事ではないかと思います。従業員を大事にする組織に関しては
給与、福利厚生、労働環境などの面で従業員に対しての配慮が徹底しています。
一方でこれらの配慮が欠けている、不足しているような職場と言いますのは、
多くの場合、従業員よりも経営者自らを守ろうとする意識が強い場合が多いです。
当然の如く、前者のような職場に出会えるに越した事はないと思っております。

以上のように経営者がどんな目線で考えているのかを探る事で、
その組織の良し悪しや、おおよその将来の展望を推測する事が可能になります。
このような情報を収集する事で間違いのない勤務先をお探しして頂ければ
私共としても嬉しい限りです。

ご検討頂く際には私共の方から候補をご提案させて頂く事も可能です。
必要な場合には、是非、お気軽にご相談下さいますよう、宜しくお願い致します。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆