月別アーカイブ: 2019年12月

_S1C2611_sss

医師の転職・求人・相談『年末の御挨拶(リノゲート株式会社)』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

医師の皆様、医療機関の皆様とは今年も一年間、
良いお付き合いをさせていただき厚く御礼申し上げます。
来年も更に皆様のお役に立てるよう尽力してまいりますので、
より一層のご支援を賜りますようリノゲートコンサルタント一同、
心よりお願い申し上げます。

さて年末年始の私共のスケジュールですが、
私共は日々医師の先生方個人と向き合っておりますので、
特に年末年始の休みはありません。

もし年末年始に
「どうしても早急に相談がしたい!」「今すぐに転職の相談がしたい!」
という先生方がおられましたらお気軽にご連絡下さい。
「年末年始は休みだろうから相談は控えよう」というお気遣いは不要です。

年末年始も引き続きご相談は24時間受け付けております。
(お電話でご連絡を頂く際には出れない場合もございますが、
携帯電話より折り返しのお電話をさせていただきます。)

リノゲート株式会社 社員一同

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

0e69c42f72ea49067110e8a81f390eb0_s

医師の転職・相談・求人『転職軸を持つという事』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の一杉です。

先日の通勤時間についてのブログでも少しお伝えさせて頂きましたが
転職を検討される際、
転職によって何を叶えたいのかをお考えになるかと思います。

例えば
・症例を集めて精神保健指定医を取得したい
・専門医を取得したい
・転科して精神科の経験を積みたい
・当直は無しが良い
・QOLを高めたい
・自分のスキルを活かし専門性のある医療機関で働きたい
・給与額は年収○○○○万円以上希望
・家庭の事情があり勤務状況を改善したい
・そろそろ落ちついた患者様(慢性期)を診ていきたい
・出身地で仕事がしたい
・通勤時間は1時間圏内がいいなど
etc…

以上のように色々とご理由・ご希望は挙げられると思います。

ではこのような複数ある転職理由の中で絶対に譲れない条件(軸)は何でしょうか?

先生のご希望条件が全て叶うところがあればそれに越した事はありませんが
複数のご希望を持つことで元々の転職軸がズレてきてしまう事があります。
そうなってしまうと本来の軸となっていた目的が達成できずに
転職してしまったなんてことに陥りかねないのです。

絶対に譲れない転職軸を持って頂く事で今後の活動にブレが生じる事もなくなりますし
求人を絞り込んでいく際に優先順位を明確する事が出来ます。

まずはご自身が何の為に転職をするのかという事を
改めて考えられる事をおススメ致します。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2e8ac716e5a67106227f8ec3c2fe4896_s

医師の転職・相談・求人『質の高い(良い)求人』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

転職活動において、欠かせない「求人」の「質」について、
本日は改めて考えていこうと思います。

私共、リノゲートコンサルですが求人に対しての考え方として
数も大事である事は重々承知していますが、
数よりも上記にて述べました「質」を一番重要視して医療機関様から貴重な情報を
日々収集しております。

求人の数を先生方へご紹介する事は極論ですが、経験の浅いコンサルや
病院について詳しく無いコンサル等、誰にでも出来る作業かと思います。
「質」を追い求めるとなるとそうはいきません。
新鮮な情報をご紹介する為には、その都度コンサルが情報を医療機関より収集し、
確認・交渉を行った上で先生方にご紹介するというのが
筋では無いかと日々、思いながら活動しております。

求人の質とは何なのかと言いますと、求人の中身は各紹介会社によって
内容が異なっているというお話を先生方より耳にします。
では、どのような情報の記載があれば質が良い求人なのでしょうか?

以下、幾つか挙げてみたいと思います。
・院長先生を含めた先生方の出身大学、どのようなタイプの先生方が勤務している等
先生方の情報が詳しく載っている。
・近隣の病院との連携や、合併症対応についての記載がある。
・コメディカルの体制(配置人数・医師との連携等)について記載がある。
・医療機関の特徴、取り組み等どのような病院なのかイメージが沸くような
記載がある。
etc..

4つ程挙げさせて頂きましたが、福利厚生面等、条件面が一番気になってしまう
人間心理も当然理解出来ます。※事実、私も転職時活動時はそうでしたが、、
しかし、実際に長く勤務する為には
「病院の内情」について詳しく記載のある求人や情報を持っている
コンサル(紹介会社)を上手く活用し、ご入職頂くというのがベターかと思っています。

「数」が強みの会社様もあれば私共のように「質」を強みとしている
紹介会社様も存在しているのは事実でございます。
どちらが良い・悪いという事にはならないかと思いますが、
一度、お時間がある際に送られてくる求人の内容を見比べてみる事も、
病院選択をする上で大事かもしれません。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

photo0000-2901

医師の転職・相談・求人『通勤時間の考え方について』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の一杉です。

ご転職理由の中に通勤時間を優先して考えられている
先生方も多いのではないのでしょうか?

通勤時間といえば、
自宅から1時間程かけて自転車で高校まで通っていた頃を懐かしく思います。

話が逸れてしまいましたが 
通勤時間を短縮したいという希望は立派な転職軸になります。
ただそこには何故短縮したいのかというご理由もポイントになってきます。

例えば、ご相談頂くご理由としては以下のような事が挙げられます。
—————————————————————————

・お子様が保育園に通われていて送迎の関係でご自宅からなるべく近い場所で考えている
・公共交通機関をご利用されていて満員電車での通勤に疲れてしまった
・年齢を重ねた事もあり長時間の通勤が難しいなど
etc…
—————————————————————————

又、通勤時間を短縮する方法としては、

①近隣で医療機関を探す
②車通勤や新幹線通勤といった交通機関を活用する

というパターンが挙げられます。
通勤時間短縮の際には①のような近隣で医療機関を探されている事が多いのではないでしょうか?
医療機関によっては「新幹線通勤可能で交通費支給あり」、
「高速代支給あり」といった条件のところもございますので
そういった医療機関を選択しの一つとしてご検討頂くのも良いかと思っております。

転職軸をブラさない事で何かしらの選択支や方法が見つかる場合もございます。
本日は通勤時間についてお伝えさせて頂きましたが
転職に関して何かお困りの事があればご遠慮なくご相談下さい。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

4439ebd42f440e29c120f3bf749311f4_s

医師の転職・相談・求人『売り手市場と言えど・・・』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

ご存じの先生方も多いとは思いますが、ここ数年の医師転職事情は、
先生方が有利な「売り手市場」となっております。
その背景にはやはり「医師不足」の要因が強いかと思います。
具体的に、何が有利かと言いますと、勤務条件面等の交渉を行う上で
先生方の希望が通りやすい・交渉しやすいといった状況です。

本日お伝えしようと考えていましたのは、
売り手市場=面接に行く=内定(オファー)は成り立たないという事です。
特に一都三県を中心とする医療機関様は、医師の体制が十分とは言えずとも、
極端に困っているといったお話は地方の病院様に比べると、
数として多くありません。
求人に対しての応募も、定期的には来ますよと採用窓口の方も
仰っています。
ですので、面接に来たドクターを絶対に採用するとは限らないのです。
少し経てば、他の医師からの応募や伝手経由で紹介があると医療機関側も
考えておりますので、ご経歴や、お人柄等じっくりと吟味した上で
ジャッジされます。

実際にこれまでに対応させて頂きました先生方の中でも
少し極端ではありますが、、3件面接に行って1件もオファーを
頂けないといった事案もございます。

理由としましては、色々ありますが、
一番お断りされてしまったケースで多い理由は、面接時の態度や言葉遣いです。
あからさまに上から目線な言動を取ってしまいますと、
これから一緒に働く上でこんな人と働きたくないと
思われてしまっても致し方ありません、、
※目線を合わせず、質問されているにも関わらず、ほとんど会話しない等、
コミュニケーション面が原因でお断りされてしまうケースもあります。

転職回数が多く、ネガティブなイメージを持たれてしまい
不採用となる場合もありますが、
何だかんだ最後は「お人柄」が大事になってくると面接に同行させて頂く度に
強く感じております。
あくまで雇って頂く立場というのを忘れずに臨まれる事もポイントです。

売り手市場だからと言って、安易な気持ちで面接に行くのでは無く
真摯な面持ちで面接に臨まれ、双方気持ち良く面接を終える事が
出来るよう、少しでも意識して頂ければ幸いです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

4f9eb1353ec80509585196469ba076bf_s

医師の転職・相談・求人『医療費の社会保障制度改革案について』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の一杉です。

政府は昨日、
医療、年金、労働などの社会保障制度改革についての発表を行いました。

中でも目を引いたのが医療費についての改革案でその内容は、

①紹介状なしの場合、大病院での負担の増額
②75歳以上の医療費を一定の所得で2割負担にする(それ以外は1割負担)
というものでした。

下記に改定案の目的と説明を記載させて頂きます。

まず①の効果としては
現在の負担額より上積みする事で患者様が大病院に集中する事を防ぎ、
本来の目的である重い症状の人は大病院へ風邪などの軽い症状の人はクリニックへ
という効率的な医療体制に繋げていくという考えです。
ちなみに増額分は病院への収入ではなく医療保険財政に投入する方針です。

②の医療費負担について簡単にご説明すると
現在、70歳~74歳までは所得の高い人を除いて原則2割負担、
75歳以上は原則1割負担となっております。※どちらも現役世代並みの所得がある世帯は3割負担

政府は第一次ベビーブームに生まれた団塊の世代が75歳となり(高齢者増加に伴い)
医療費の増加が見込まれる2022年を目安に2割負担へ引き下げたいという考えで
現役世代の負担を抑えてすべての世代が安心できる制度の構築をすると述べております。
※負担の割合条件等の具体的な線引き等はこれから詰めていくという事です。

つまり現役世代ばかりに負担の比重が傾かないようにバランスをとりましょうという事ですね。
これから少子高齢化で高齢者が増えますます医療費の増加が見込まれます。
このような問題に直面している事をまずは私達がしっかりと把握しておく事が
大切だと考えております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

HOWtokaidousenE231_TP_V1

医師の転職・相談・求人『転職活動時のスピード感』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

今日は少し前に対応させて頂きましたY先生とのやりとりで、
「転職活動時におけるスピード感」
もう少し意識して動いていれば、理想の病院へ入職出来たかもしれないといった
事例を挙げさせて頂きます。

当時の状況を振り返ります。
ご相談の内容では、特に変わった内容ではなく、
「2019年4月頃の転職を考えており、精神保健指定医の資格が取れる
精神単科病院で勤務したいです」といった形成外科→精神科へ
転科をお考えになられている先生でした。
弊社へご相談頂きました時期は2018年10月上旬頃でしたので、
アクションを起こす時期としては理想(半年前)の時期でした。

簡単な時系列を下記に記します。
まず、私から幾つか精神保健指定医の取得が可能な医療機関を
ご紹介させて頂きました。

その後、Y先生より情報提供への感謝と併せ、数日検討してみますとの事で
連絡を頂戴し、連絡をお待ちしておりました。

しかし連絡はお待ちしていても(1ヶ月程)一向に来ず、
フェードアウトしてしまったのかと思いつつ、状況確認の意味も踏まえてして
メールをさせて頂いたところ翌日にお返事を頂けました。

お返事を頂けなかった理由としては、多忙により疲弊しており
転職活動に割く時間が取れなかったとの事でした。
※ご理由としては致し方無い部分であります。

そんな中でもY先生は勤務の合間や休日等を使用し、ある程度見学に行ってみたい
医療機関は絞られており、12月に2件程纏めて伺いたいというご意向を頂きました。

時系列はざっくりですが、このような流れになりますが
ここからが先生方に一番お伝えさせて頂きたい部分になります。

以下続きになります。
先生より見学の希望日時を頂戴し、いざ私の方で日程調整を医療機関と行う為、
コンタクトを取ってみました。
すると、A病院では1ヶ月に医師の採用が1名決まり来年度の体制は整ったとの事で
見学のお時間を頂く事が出来なくなってしまいました。
もう一つのB病院ですが、こちらは採用枠自体は埋まっていないが
2名程選考が進んでいる医師がおり、1名の先生にはオファーを出した段階で
先生からのお返事を待っているとの事で、もう1名の医師は見学の日時が決まっており
当日を待っている段階と回答を頂きました。
状況としては「キャンセル待ち」のような状況で
1名入職が決まってしまえばその時点で求人はクローズとなります。

そんな中、B病院より数日後に
「先日お伝えしていた医師の入職が決まりました」と連絡があり
応募が不可能となってしまいました。
その後数ヶ月もA.B双方の病院が医師の募集を行う事は無く
結果としまして、Y先生は転科を断念し形成でのご勤務を続ける事と
なりました。

先生方が日々多忙なのは私共も重々承知しておりますが、
もう少しスピード感を持ちアクションを起こす事が出来ていれば、
Y先生のご経験・お人柄を考えますと。
何ら問題なく決まっていたケースではないかと思ってしまいます。
理想の転職を叶える為には、医長機関側の状況も理解しつつ、
スピード感をもって対応する事が重要である事をご理解頂きたいのと
同時に、私も改めて考えさせられる一部始終のやりとりでした。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

19e67d99b236c2efac6c8976f75a5618_t

医師の転職・相談・求人『退職する際のポイント』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の一杉です。

ご転職活動を行われる中で退職の申請をする事も大きなポイントになります。
雇用側からすれば退職される先生の代わりを見つけなければならない為、
条件面などの交渉をし引き留めをするケースが多くみられます。
場合によってはなかなか辞めさせてくれないといったご相談を先生方から頂く事もあります。
その為、なるべくスムーズに退職したいと考えられると思いますがそこには1つポイントがあります。

それはお辞めになる医療機関側と入職時に結んだ雇用契約内容です。
必ず最後の方に「退職時に関する項目」の記載があり
その中に退職の申し出についての記載があると思いますのでそちらの期限を極力守って頂きたいと思います。
基本的には医療機関側も退職される先生の代わりを探す準備期間が必要ですので
大体3ヵ月~半年程の間で決められているケースが多くなります。

具体的にお伝えすると

〝退職をする〇ヶ月前までに申出をする事〟と記載があるかと思います。

ここの期間を守りご退職の申請をして頂ければ、
医療機関側に迷惑も掛からずスムーズな退職に繋がる訳です。

ご参考にして頂けると幸いです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

b69fa457e0b81c701bad753731dd13b7_s

医師の転職・相談・求人『転職活動が完結するまでのフェーズについて』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

転職活動をされる際は、ご入職迄に幾つかのフェーズを
踏んで頂く必要があります。

※私共、紹介会社を経由しての転職活動に限ってのお話です。
まず、そのフェーズについて簡単に順を追ってお伝えしていきます。
————————————————————————————-
➀、先生方から私共へ相談・登録を頂く。
➁、ご希望や現在の状況についてお伺いし、先生方の希望に近い求人情報を
お探しする為、こちらで医療機関に対し確認作業を行う。
➂、収集出来た情報を先生方にお伝えする。
(ご紹介方法は色々ありますが、メールやご面談が多いです)
➃、先生方で比較検討し、見学・面接に行ってみたい医療機関がその中に有るか否かを
ご判断頂く。
➄、もし、見学・面接に行きたい医療機関があれば希望日時をお伺いし、
私共の方で諸々の調整を行う。
➅、実際に見学・面接に赴く。(私共、コンサルも同行します)
➆、オファーを頂けた際は、条件書を医療機関側より作成頂き、先生方に
その後ジャッジをして頂く。
➇、ご入職を決められた際は勤務曜日等の細かい調整を私共の方で行う。
➈、全ての調整が完了した後、先生と医療機関側の雇用契約を書面で結ぶ。
※入職日当日に契約結ぶケースも中にはあります。
➉、ご入職を迎える。
————————————————————————————-

上記が一般的な転職活動の流れになります。
ある程度、転職活動をこの期間で終わらせたい等、
スケジューリングをしっかりお考えになられている先生方は
早くて一か月弱で全てのフェーズが終了するケースもあります。

転職活動はじっくり比較検討し、時間をかけて進められるのも大事ですが
慎重になり過ぎ、ご自身の方向性や希望等の「転職軸」
ブレてしまわないように、その点ご注意下さいませ。

先生方から、転職活動にはどれくらいの時間を要するのかといったご質問を
頂くケースが最近続いておりましたので、改めてお伝えさせて頂きました。

お話が進んでいく中で不安な点が出て来た際には、早い段階で
コンサルにその不安をぶつけて頂く事をおススメします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ダウンロード

医師の転職・相談・求人『病院見学に適した日時』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の一杉です。

ご転職に向けての流れの中で病院見学というのは
その病院のカラーや院内の雰囲気を知るのにとても大事なポイントになってくるかと思います。
それは院内環境(設備・綺麗さ・導線など)、コメディカルの動き、患者様の様子など
見学により様々な部分を垣間見る事が出来るからです。

先生方も実際に見学に行ってみる事で、
良くも悪くも病院に対するイメージが変わったなんて事はないでしょうか?
当たり前かもしれませんがそう考えると、
見学の際はしっかりと院内の雰囲気を感じ取る事が大切です。

本日は見学に行く際のポイントについてお伝えさせて頂ければと思います。

見学の際には、
普段通りの病院の姿を見る事でよりリアルな情報を得る事が出来ます。
その情報を得る為に必要な状況=ポイントとしては

ズバリ見学をする曜日時間帯です。

上記でもお伝え致しましたが
普段通りの病院の姿を見る事でリアルな情報を得る事が出来ます。
言い換えると職員や患者様の動きのある状況という事になります。
ここでいう動きのある状況というのは、
外来の患者様なども多い日中や夕方までの時間帯を指します。
それ以降になると外来が終わり患者様はもちろん職員の方々も減っていってしまう為
院内は活気がなく静かな印象に変わり、
リアルな院内の雰囲気を感じられなくなってしまうのです。
曜日に関しても、土日など病院がお休みの日に見学が入った場合なども同様の事が言えます。

見学の曜日や時間に関しましては、
病院側と先生のご都合もありご調整が難しい事もあるかと思いますが、
可能であれば普段の動きが感じられる曜日・時間帯に見て頂く事をおススメ致します。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆