月別アーカイブ: 2020年10月

d5c8be44b9ebf02667c80c2403d88f81_s

医師の転職・相談・求人『医療機関側・先生方、双方の求めるイメージについて』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の一杉です。

当然のことながら、転職の際には先生方がどのような医療機関で働きたいのか
勤務イメージを持って求人をお探しになる事かと存じます。

例えば
・急性期の患者様を診ていきたいので、スーパー救急を行っている病院が望ましい
・指定医取得を目指したいので、症例が集まる病院を希望している
・児童思春期に興味があり、児童思春期を診れる医療機関を探している
・慢性期の患者様中心にゆったりと働ける病院を探している

など先生方によってイメージされるものは様々かと思います。

これは医療機関側にとっても同じ事が言えます。
例えば採用側の希望として、入職して頂く先生には急性期病棟を診て欲しい、
指定医をお持ちで教育・指導を行ってくれる医師を採用したいなど。
医師に対しての勤務イメージ(採用者側のニーズ)を持ち、
その考えに賛同してくれる先生を求めることになります。

当然のことながら、どんなに素晴らしいスキルを持っている先生がいらっしゃ
っても採用者側のニーズと先生のニーズが合わなければ、話は前に進みません。

仮に入職が決まってご勤務したとしても、長く働く事は難しいのではないでしょうか。。

何を申し上げたいかと言いますと、先生側と医療機関側の双方の勤務イメージが
マッチする事が重要で、そこが合わなければあまり良い結果には結びつかないという事です。

見学・面接に行く前の段階で医療機関側の求めているニーズを確認する事が、
転職をスムーズに運ぶポイントにもなります。
まずは先生の勤務イメージをまとめて頂き、求人をお探しの際に医療機関側の
求めるニーズを探っていただく事をおススメ致します。

事前に医療機関側に確認することが難しい、どう聞いたら良いのか分からないなど
お困りの事がございましたら是非弊社までご相談下さい。
先生のご希望やお考えをしっかりと把握した上で、先生のお考えに合う医療機関を
ご紹介させて頂きます。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_S1C0432_sss

医師の転職・相談・求人『希望条件は高めに伝えた方が良いのか』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

私共、紹介会社のコンサルタントは恐らくどの会社も、
相談や登録のあった先生方とまずはメールやお電話にてコンタクトを取り、
希望条件や現在のご状況についてお伺いさせて頂き、その後は先生のペースに
合わせた形でお話を進めていく流れになるかと思います。

「希望条件」についてですが、先生方一人一人多種多様です。
100%同じ希望条件をお持ちの先生はまず見た事がありません。
その希望条件を、本当に叶えられる範囲のものなのか、逆に難しいものなのかを
先生、私共で摺合せや話し合いを行い、ある程度話が纏まった段階で、
確認作業に移らせて頂いています。

では希望条件とは何を指すのか。
今日は一番わかりやすい「希望給与額」を例に出しお話していきたいと思います。
給与については、叶うならば現在の額よりも多く貰えるに越した事はないですよね?

そこで給与をアップさせたいが故に、病院見学時(面接)にあえて高めの希望額を
伝えておいた方が、給与が上がる可能性が高くなるのか…
いいえ、99%話がそこで終わってしまう(断られる・不採用)可能性が高くなります。

もちろん、先生方の中にはお子さんの養育費やご家族の介護等で
どうしても給与を重視した転職をせざるを得ないといった状況の先生が
いらっしゃるのも私共は理解しています。

ですが、いくら理由を述べたところで病院側としては、出せないものは出せないのです。
今現在勤務されている先生方よりも数百万高い額を仮に提示してしまい、
その話がその先生方の耳に入った暁には、批判の嵐になってしまい、
医局が崩壊して恐れもあります。

では希望条件は誰にどのタイミングでぶつけたら良いのか?
それは相談(登録)をした段階で担当コンサルタントにぶつけて下さい。
私共は、各医療機関の可能提示額はイレギュラーなものを除き全て把握しています。
ですので、先程もお伝えしましたが先生方と最初の段階で
希望条件の摺合せや調整を行わせて頂き、私共の方で先生の希望条件に
極力沿う形で折衝を行って参ります。

繰り返しになりますが、これだけは譲れない等の希望条件がある際は
医療機関を前にしてではなく、私共コンサルタントにぶつけて下さい。

先生方の希望条件をお伺いするだけではなく、
その希望条件が先生が勤務を希望するエリアで妥当なものなのか、
無茶なラインなのか転職市場全体のお話も交え共有させて頂きたいと
思っています。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_S1C1143_sss

医師の転職・相談・求人『狙い目な求人とは』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の一杉です。

弊社では日々全国の医療機関とコンタクトを図り、
求人情報や転職の際のノウハウなどが蓄積されております。
それらの情報は私共からご転職をお考えの先生方へ惜しみ
なく提供をさせて頂いております。

まずは先生方のご状況やご希望条件をお伺いし、それを基に
ご希望条件に合う求人をご紹介させて頂く運びとなります。
求人を探す作業において全国の様々な医療機関にコンタクト
を取り状況の確認を行う事になるのですが、
日々医療機関とコンタクトを取る事により、
医療機関側の医師の募集背景が見えてくることになります。

例えば医師募集状況としては

①医師の数が足りておらず、早期に募集を行っている又は継続的に募集を行っている。
(地方エリアに多い傾向になります)
②医師数は足りてはいるが、診療体制をより整える為に増員募集を行っている。
③今まで採用を行っていなかったが急遽辞める医師が出てきた為、
欠員補充で募集を出している。

大きく分けてこの3パターンになるかと思います。

ではこういった募集状況においてどのパターンの求人が狙い目になるのか
というとズバリ③になります。

その理由と致しましては、
今まで全く医師の採用を行っていなかったような医療機関が突然募集を行う
場合においては、医師の定着率が高く常に医師体制が整っていることから
募集を行う必要性が無かったという推測が出来ます。
つまりは医師の定着率が高い=働きやすい環境の良い医療機関であるという
可能性が高いのです。

こういった医療機関は募集している事自体も珍しい為、希少な求人と言えます。
もし転職活動を行いこのような求人に出会った際には積極的にご検討して頂く
事が良いかと考えております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

医師の転職・相談・求人『社会保険、雇用保険へ加入する為には』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

これまでも何度かお伝えしておりますが、
先生方との会話の中で「社会保険」に加入する為の条件について、
ご質問頂く機会が増えておりますので、
非常勤勤務をお考えの先生、週4日勤務をお考えの先生には
一度お読み頂ければと思っています。

早速ですが、社会保険への加入条件について以下に記載致します。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
➀.勤務日数、時間共に常勤医師の3/4以上勤務している事。
➁.1ヶ月の給与額が88,000円以上、年収で106万円以上の場合。
➂.1年以上継続して勤務している、又は勤務する見込みがある場合。
➃.学生ではない事。
➄.週20時間以上、勤務している事。

補足1
→501人が在籍している病院(法人)であれば、➀を除く➁~➄の条件を
クリア出来ていれば加入が可能となります。
企業でも同じ事が言えます。

補足2
→雇用保険につきましては、週の労働時間が20時間を超えた場合に
加入の対象となりますので併せてご確認下さい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

社会保険は「加入出来て当たり前」という感覚を持たれている方も多いかと思いますが、
転職や勤務スタイルの変更に伴い、思わぬところで落とし穴に嵌る可能性がありますので
いざという時に為に、覚えておいて損はありません。

もし周りでお困りの方が居た際は是非とも共有頂ければと思っております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

photo0000-2901

医師の転職・相談・求人『遠方からご転職をお考えの場合について』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の一杉です。

転職の際には、お住まいのエリアを変えて新しいご勤務先をお探しのなるケー
スもあるかと思いますが、本日は転居を伴う際の注意点についてお伝えしよう
かと思います。

まず労働条件について全国どのエリアでも一緒かというとそうではありません。
地域毎に労働条件などが大きく異なってまいります。
その中でもわかりやすいのが給与相場についてです。

関東地方の一都三県や大阪などの都心エリアの場合、全国から多くの医師が応募し
てくる為、給与相場が低く設定されているケースが多くなります。
逆に医師が集まりにくい地域では、募集を促す為に給与相場を高く設定してい
る傾向になります。

その為、遠方から都心エリアへご転職をお考えの際には、
給与額が少なくなる可能性が十分に考えられるのです。

転職の際には幾つか条件面を決められ、それに基づいて医療機関をお探しに
なられると思いますが、エリアの相場などを知らずに動かれると、
当初思い描いていた条件面とは大きく異なってしまいスムーズに転職が進まない
可能性も高くなります。

そういった場合は弊社のような紹介会社をご利用される事をおススメ致します。
多くの紹介会社はエリア毎の求人情報をもっており、
エリアの相場などを理解している場合が多くなります。

遠方からご転職をお考えの場合は、エリア毎の情報を集めるという意味でも
紹介会社をご利用されるのが良い手段ではないかと考えております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_S1C1559_sss

医師の転職・相談・求人『面接時に言わない方が良いことについて』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

最近先生方の面接に同行する際に、
「何か注意した方が良い事はありますか?」
「自分の方から言わない方がいい事はありますか?」
と質問を頂く事が多くなっておりましたので、
これから面接を控えている先生、今後転職を検討されている先生は
ご一読頂ければと思います。

それでは早速、箇条書き形式でご紹介したいと思います。

■➀.給与額の希望を先生から話題を振りはっきりと伝えてしまう
→給与(お金)のお話に関しては非常にデリケートな部分ですので、
私共としても面接時にはなるべく避けたい会話内容です。苦笑
但し、病院側から「先生は希望の年収額があればお教え下さい」といった
質問が不意に飛んでくる事がありますので、その際は事前に私共より先生方に
お伝えしていた給与額に近い範囲でお答え頂いて構いません。
※くれぐれも欲の出し過ぎには注意が必要です。

➁.有給休暇等、休みの事ばかり質問してしまう
→確かに有給休暇が取りやすい環境か否かは働く上で非常に重要になりますし、
働き始めて、事前に聞いていた話と違うなんて事が避けたい気持ちも
十分にわかります。汗
こちらの質問に関しては、病院側に聞いて頂く事自体は問題ないのですが
質問に対して質問で返す等、深追いはNGです。
「この先生は真面目に働く気があるのだろうか?」「休みばかり考えているのだろうか?」
等、ネガティブな印象を持たれてしまう可能性が非常に高いです。

➂.退職理由や転職検討理由を聞かれて際の答え方について
→面接の中では必ずといって良い程、採用する側は(雇用主)
今勤務している病院を何故辞めようとしているのかを先生側に
確認してきます。
もちろん、ある程度は正直に答えて頂いて全く問題ございません。
完全な嘘を付く必要も全くございません。
注意点として、仮に職場に対して不満が募り退職を考えられていたとしましても
悪口をぶちまけるように全てを話してしまうのは宜しくありません。
多少お話して頂いた上で、ポジティブな話の方向にもっていきましょう。
ポジティブな話というのは、今後自身が行っていきたい医療や
面接を受けている病院で叶えたい事や取得したい資格についての話等、
話題を転職理由→志望理由に上手くシフトする事が非常に重要になってきます。

細かく落とし込めば他にも幾つかありますが、
上記の3点は面接を優位に進める上での大事なテクニックにもなります。
給与や休日休暇については、私共コンサルタントが先生の代わりになり
面接前、面接後に医療機関側へ確認や交渉を致しますのでご安心下さい。

面接の経験があまり無い先生やそもそも転職がはじめてという先生は、
担当コンサルと事前に打ち合わせ行ってから、当日臨まれる事をオススメします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

bd517b7c76f5da2370f9f87c70a28f34_s

医師の転職・相談・求人『将来のキャリアについて考える』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の一杉です。

最近は初期研修医の先生方から後期研修先をお探しのご相談を頂く機会も増え
てきました。
まずは先生方が将来キャリアについてどうお考えなのかによって、
当然の事ながら進むべき道が変わってきます。
本日は年代別のキャリア構成についてお話をしようと思います。

①20代から30代
まず20代~30代については、
医師としてのご経験を積まれる大事な時期になります。
初期研修後、専攻科目を選択しその分野において様々なご経験を積まれていく
事となります。
資格の取得など、ここでしっかりとご経験を積まれることが次のステップアップ
を図る為の大事な要素となります。
ちなみに、後期研修医の時点で「週4日・当直無しの勤務が理想」という省エネ
志向の先生方も中にはいらっしゃいますが、まずは医師としてご経験を積むべき
大切な期間であるという事を意識して頂ければ幸いです。

②40代から50代
ズバリ医師として脂の乗った時期とも言えます。
資格取得後、医師としてのご経験を積まれスキルを身に付けられた先生方は医療
機関にとって大変魅力的な存在になります。
野球で例えると、FA宣言をしている有望選手といったところで、即戦力という
立場になります。
先生方が今まで培ってきた医師としての経験やスキルを活かして、より高く評価
をして頂ける環境に移る事が出来ます。
つまり好条件で医療機関を探すことの出来る時期になります。
例えば週4日・当直無しの希望条件が通りやすいタイミングでもあります。

③50代から60代
20代~40代に比べると少しずつ業務量を減らしていく時期になります。
定年退職を考える年代にもなりますので、引き続き臨床に携りたいとお考えの先生
は腰を据えて長く勤務出来る医療機関を探すなど、年齢や体力に見合った医療機
関を探していく事になります。

④60代以上
定年規定を超えていく年代になりますので、雇用形態は常勤ではなく嘱託や非常勤
扱いになるパターンも多くなります。
ご自宅から通勤しやすくゆったりと働ける医療機関をお探しになる時期になります。

以上が簡単ではありますが、大まかな流れになります。

将来のキャリアプランについてお考えの際には、
少しでも上記をご参考にして計画して頂ければ幸いです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

742ca84a503da381d681e75904533cf5_s

医師の転職・相談・求人『紹介会社をはじめて利用される先生へ』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

私共は先生方の転職のお手伝い、サポートをさせて頂く立場ですが、
日々ご相談を頂く先生方は、
紹介会社をこれまでにも利用された事のある先生、
逆に存在すら知らないと仰るような先生どちらもいらっしゃいます。
どちらが良い悪いという話ではありません!

今日は後者のはじめて紹介会社を利用される先生へ、
不安を少しでも解消出来ればと思いまして、
実際に先生方から過去に頂戴した質問を元にお伝えさせて頂きます。
————————————————————————————————
A先生からの質問→利用料金は本当にかからないのでしょうか?

→料金は一切かかりません。サービスを利用する際の料金ももちろんですが、
私共が先生との面談時にかかる交通費や面接同行時の交通費も一切かかりませんので
ご安心くださいませ。

B先生からの質問→そもそも紹介会社さんはどのような役割を果たしているのですか?

→簡単に説明させて頂きますと、転職に関するご相談のみならず職場でのお悩み相談も
受け付けております。
メイン業務は先生への求人情報のご提供、面接日時の調整、面接・見学の同行になります。

C先生からの質問→仮に御社を介して医療機関に入職した場合、
入職後に再度転職したい場合や困った事が出てきた際は
再度相談に乗って頂く事は可能なのでしょうか?
入職したら終わりですと先行きが不安です、、

→紹介会社によっては対応が異なるようですが、私共(リノゲート)では
入職後のフォローや、再度転職がしたいといった際も責任を持って対応致します。
※当時担当したコンサルがそのまま担当させて頂く流れが基本ですが、
担当変更を希望される場合は変更する事も可能でございます。
————————————————————————————————
3つ程挙げましたが、はじめて紹介会社の利用を検討されている先生方は、
似たような疑問、不安を持たれるのではないでしょうか?

転職のご相談の前に、上記のような不安をお持ちの先生は
利用される紹介会社に対し、はじめの段階で確認して頂く事をオススメします。
紹介会社側の初期対応で不安を覚えてしまうような事があれば、
極論フェードアウトしても何ら問題はありません。

はじめて紹介会社を利用される先生方、
過去に利用した事があるが、対応に不満を持って違う会社に相談しようと
考えられている先生方、どこに相談しようか迷われているようでしたら
リノゲートを一度お試し下さいませ。
先生方にご満足いただけますよう、誠心誠意対応致します事をお約束します。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_MG_3104

医師の転職・相談・求人『常勤先を検討する際の1つの選択肢について』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の一杉です。

転職活動を行う際は、弊社のような紹介会社をご利用されたり、
先生方ご自身で医療機関の情報を集められたり、
お知り合いの先生経由でお探しになられたりと様々な方法があるかと思います。

今回は常勤先をご検討される上で、一つの選択肢として挙げられる方法をお伝えいたします。

それはズバリ「非常勤医として色々な医療機関で働く」という事です。

様々な職場を経験してみる事で、「自分にとってどんな病院が働きやすいのか?」
「自分はどんな職場を求めているのか?」がより鮮明に見えてくるかと思います。
つまりご自身が理想とする病院の雰囲気やイメージが掴みやすくなります。

また実際に働く事で非常勤先から常勤医へのお誘いがあったり、
働きやすい職場であれば常勤医へのご相談をしてみる事もありだと思います。

まずは非常勤で様々な医療機関で働いてみるという事も
将来、転職活動をされる際に1つの有効手段になるのではないでしょうか?

弊社では非常勤先のご案内もさせて頂いておりますので、
是非お気軽にご相談下さい。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

images (6)

医師の転職・相談・求人『科目選択を迷われている初期研修中の先生方へ』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

今日は題名の通り、現在初期研修医の先生方で科目選択に悩まれている先生方へ
向けたお話をさせて頂きたいと思います。

私がこれまでに担当させて頂きました先生方の中にも
初期研修医の先生は多くいらっしゃいました。

その中で実例も交えた形で、先生方が科を決められる際の
背景やきっかけについてお伝え致します。

・ローテートで様々な科を回っている際に、自身の適性科を考え、
向いていると思ったその科に決めた。
・先輩医師や親族の医療従事者から勧められその科に決めた。
・ほとんどの医療機関で後期研修医の募集を行っており、
進路決めや後期研修終了後に将来性があり、キャリアプランを考えやすそうで
その科を選択した。
・開業思考があり、需要が今後も高まりそうな科を選んだ。
・勤務条件面重視で(勤務日数、当直回数、残業の有無、給与が良い)
最終的に科を選択した。
etc..

5つ程挙げさせて頂きました。
今現在、科を選択する上でお悩みになられている先生方は参考迄にご一読下さい。
未だ焦る必要はありませんが、周りとのペースで大幅に後れを取ってしまいますと
逆に焦りが芽生え、短期間で転科せざるを得ないといった状況にも繋がる可能性が
あります。
ですので、お一人で考える時間も重要かと思いますが、
第三者に助言を求めるのも、進路を決める上で先生を後押ししてくれる
材料になるのではないかと思います。

その第三者として、私共リノゲートコンサルも先生方の
進路決めのお役に立てればと考えていますので、一度お試し下さいませ。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆