Monthly Archives: 5月 2021

医師の転職・相談・求人『面接時のNGワードについて』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

今日は題名の通りですが、
面接時にお話しない方が良い事(NGワード)について
お話していきたいと思います。

「そんなの当然でしょ」と思われる先生は大丈夫かと思いますが、
「えっ?なんで?」と思わる先生は少し注意が必要です。

早速、以下にまとめていきます。
➀.転職理由等の話の際に、前職やや現職場への悪口を言う。
→必要最低限にお話せざるを得ないケースを除き、
職場への悪口を言うのはNGです。
お話の内容からすると、皆興味を持つ部分ですが
採用する側が、一方的に悪口を言う人に対して良い印象を抱く事はありません。
本音としてお話したい気持ちは十分に理解出来ますが、
転職理由をお話される場合は違う切り口で発言する事が重要になります。

➁.開業について。
→先生方の中には開業志向をお持ちの方が多くいらっしゃるかと思います。
開業する事が良い悪いではなく、面接の段階でお話されるのはよろしくありません。
理由は当然ながら、開業=数年後には辞めてしまう事が分かっている。
と、解釈できるからです。
ですので、開業志向が仮におありだとしましても、
面接時や入職して直ぐのタイミングではお話されるのは避けた方が無難です。
あえて、先生に対して面接時に確認に意味も含めて、
質問が飛んでくるケースがありますので、
動揺せず「開業は特に考えていません」と回答出来るのが理想です。

➂.「勉強したい」「一から学びたい」のような発言を連発する。
↑は一見、謙虚な発言ではないか?と思わるかと思いますが
ある程度経験を積まれている先生が発してしまうと、
「この先生これまでちゃんと働いてきたのかな?」
と、頼りない印象を抱かれてしまいます。
初期研修を終えたばかりであったり、転科され初めての科でこれから経験を
積まれていく先生であればお伝えしても良い内容ですが、
同じ科で臨床経験が数年ある先生でしたら、上記のような発言を安易にする事は
逆に良くない印象を抱かせてしまう可能性がありますので注意が必要です。

今日は思い当たものを3つ程挙げてみましたが、
どのような印象を持たれましたでしょうか?

もしも、先生ご自身で面接時にお話しようと思っている事で
「これは話しても悪影響を及ぼす事はないだろうか?」と、
不安な場合は担当コンサルタントと事前に打合せを行ってから、
面接に臨まれる事をオススメします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

医師の転職・相談・求人『新幹線通勤という選択肢』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の一杉です。

さてご転職をお考えの際には様々なご希望のもと、
その条件に見合う求人を探していく事になります。

ではご希望条件とはどのような内容になるかと申しますと
基本的には下記のような項目になります。
——————————————————————–
■労働条件■

・勤務日数
・当直について
・給与条件
・希望勤勤務施設
(病院・クリニック等)
・医療機関のカラー(特徴)
(認知症専門の病院、急性期医療を行っている病院)
・勤務エリア(通勤時間)

——————————————————————–

上記のご希望条件をもとに医療機関をお探ししていきますが、
ポイントとして、どの地域で求人情報を探していくのかというのが
とても重要な要素になります。

例えば勤務日数や当直回数などは医療機関との交渉の上、
調整を行う事が出来ますが、通勤時間については上記のように調整や
融通がきかない要素になります。
その為、お探しする医療機関にある程度限りが出てきます。

ここで1つご提案をさせて頂きたいのが、新幹線を利用しての通勤についてです。
例えば、地方エリアなどの場合、都心エリアに比べて医師の採用に困っている
医療機関も多く存在し、労働条件面や給与面を上げて先生方からのご応募を募る
傾向があります。そのような医療機関においては、新幹線代を支給して遠方からの
先生方にも来ていただけるような体制を整えております。

医療機関をお探しの際には、限られたエリアだけでなく、
新幹線通勤を1つの選択肢としてご検討頂ければ、都心エリアなどにはない
新鮮な求人が出てくる可能性があります。

今後医療機関をお探しの先生方においては是非、新幹線通勤という交通手段
も含めて求人をお探しして頂く事をおススメ致します。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

医師の転職・相談・求人『紹介会社によって対応は様々です:面接同行~入職後のサポート編』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

今日は紹介会社へご相談された先生がその紹介会社を介し、
ご入職されたという事を前提としてお話をしていきます。

まず、紹介会社利用時のおおまかな流れを以下に記します。
➀.先生が紹介会社へ登録・相談をする。

➁.コンサルタントから先生の現状や希望のヒアリングを行う。

➂.求人紹介

➃.面接・見学

➄.オファーを受けるか否かのジャッジを先生が行う。
※面接後にお断りする事も出来ますし、入職を決められた場合は
現職場への退職の申し出を行う必要があります。

➅.入職~入職後のフォロー

紹介会社を利用された事がある先生は頷かれているのではないでしょうか?
殆どの紹介会社は上記の流れで対応しているかと思いますが、
中には➃~➅のフェーズになるとサポートの質が下がる会社があります。
具体的に申し上げますと、
面接の日程調整は行いますが、あくまで調整のみの役回りで
実際に面接に伺うのは先生のみですと面接に赴く事が決まった段階で
先生にアナウンスし、先生が困ってしまうという事案が発生しているようです。

基本的に医師のご紹介におきましては、担当コンサルタントが同行し
面接前の日程調整や面接時のフォロー、面接後の交渉や調整を行うのが通常の流れですが、
中には違う対応方法を取っている会社もあるという事を捉えています。

会社の方針やコロナ渦であるという理由もあるかとは思いますが、
「先生に入職してもらえればそれで良し」のような対応をされていると
感じられている先生もいらっしゃるようですのでそれは、
紹介会社に立場として如何なものかと思います。

また、先生が面接に行かれた病院へご入職を決められ、
無事に入職を果たした途端、コンサルタントからの連絡が素っ気ない対応になり、
後に連絡が途絶えてしまい、不快な思いをされたという話もよく耳にします。

弊社では上記のような対応は100%致しませんので、
これまでにコンサルタントの対応で不信感を抱かれた事のある先生は
一度、リノゲートをお試しくださいませ。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

医師の転職・相談・求人『面接ウケが良い先生とは』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の一杉です。

最近の医療機関の医師採用状況として、
応募~採用までのハードルが上がってきている印象です。
中でも都心部は先生方から医療機関に対しての応募が多く集まる為、
複数の候補者の中から絞り込みをかけて採用を決定する事になります。

弊社では今まで数多くの採用担当者とお会いし仕事をしてまいりました。
その中で「面接ウケが良い先生とはどういう先生か」という部分について
見えてきた事があります。今日はそちらについてお伝えしようと思います。

下記にまとめてみましたのでご覧ください。
———————————————————————

■挨拶がしっかりできる

■マナーや常識をわきまえている。
(身だしなみ含め)

■コミュニケーションが円滑に図れる
→医療機関という組織の中で働く上で職員の方々と上手くコミュニケーション
を図る事は非常に大切です。
その為、面接な場において、同席されている医療機関の方々と円滑に
トークを展開される事も大事なポイントになります。

■質問に対しての答えが端的に的を得ている

■面接する医療機関に対して、質問を準備している

■自分の長所をしっかりとアピールできる
→過去の経験やスキルなど

■転職理由に一貫性がある

———————————————————————
簡単ではございますが、以上になります。

当たり前の部分も含まれていると思われるかもしれませんが、
この当たり前が出来るかどうかで医療機関側の先生方に
対する印象も大きく変わってきます。

これから面接を控えていらっしゃる先生方においては
少しでも参考にしていただければ幸いです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

医師の転職・相談・求人『紹介会社によって対応は様々です:求人の質編』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

これまでに紹介会社を利用された事のある先生は、感じられた事がおありであろう事を
お話していきます。

転職時にはより多くの情報網やアンテナを張っていた方が有利に進められる可能性が
高くなりますが、それを意識するあまり同じ病院の情報でも条件面が異なっていたり、
求人内に記載されている内容に齟齬がある等、
どの情報を信じて良いのか分からなくなってしまった事がある先生は
案外多いのではないでしょうか?
※転職時に使う紹介会社は必ず1社と決めている先生は該当しません。

複数の紹介会社を使うメリット・デメリットはこれまでにも何度か
お伝えしておりますが、紹介会社により求人情報の中身が
少なからず異なる部分があるのは確かです。

では何故、そのような事が起きてしまうのでしょうか?
それは一人一人の先生仕様で求人を1件1件確認・交渉しているか否かで決まってきます。
求人は紹介会社のある意味重要な財産です。
=会社に保管されているものですので、皆で回して使う事も出来ます。
「使う」=「物」のように聞こえますが、現に物のように求人を先生方にばら撒くような
対応をしている会社がまだまだ存在しています。
先生方から紹介会社選びで失敗したといったお話を伺っていますと明白に分かります。

あくまで会社のやり方やマニュアルに沿った形で対応しているかと思われますが、
求人というのはその時々で募集内容や募集背景が異なりますので、
本来、古いものを使う事や他のコンサルタントと同じものを共有し、
完コピして使うという行為はあってはならないのです。

募集内容が異なるのと同時に先生方、一人一人気にしているポイントや
希望条件は百人百様ですので、その内容をしっかりと盛り込んでいる求人を
本来お送りするのは私共の仕事かと思います。

営業トーク等ではなく、実際にリノゲートコンサルタントそのように
機械的に仕事を行うのではなく、先生一人一人に合った対応方法で
誠実に対応する事を各々が心がけております。

もしも、このような方法を望まずとにかく求人だけを早く送って欲しいという先生は
他社様を利用された方が賢明かと思います。
もちろん、弊社でも求人を直ぐにお送りする事は可能ですが、
「求人(情報)の質」が下がってしまい、先生の転職活動を有利に進める為にサポートが
十分にできなくなってしまう可能性があります。

最後に一つお伝えしたいのは、紹介会社への登録直後に直ぐに送られてくる求人については
少し疑いの目をもって頂きたいという事です。
「その求人はいつのものですか?」「今日現在で確認を取ったものですか?」
↑上記のような事をコンサルタントに聞いてみても良いかもしれません。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

医師の転職・相談・求人『通勤手当について』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の一杉です。

さてご転職をお考えの際には、
候補となる求人をお探しする上で「給与額」は大事な要素の一つになるかと思います。
また弊社のような紹介会社をご利用される場合は、求人ご案内の際に求人票というもの
を作成し病院の特徴や労働条件などを記載し、先生方に見て頂く形になります。

ここでポイントとして確認して頂きたいのが、
給与額とは別に通勤手当の支給についてです。

例えばA病院とB病院の求人があり、求人票には、

A病院 年収1000万円(通勤手当含む)
B病院 年収1000万円+通勤手当別途支給

という記載があったとします。

つまり「A病院は通勤手当無し」、「B病院は通勤手当の支給があり」という事になります。
当然の事ながら、給与とは別に通勤手当の支給があった方が交通費用の負担も軽減され
働く側としてメリットを感じる事が出来る為、B求人の方が魅力的になります。

では、そもそも通勤手当とは何なのか
通勤手当の意味ですが、
医療機関(企業など)側が職員に対して通勤に必要な費用を負担する事を指します。
これは医療機関側が任意で定められる手当であり、支給の有無や支給額なども医療機関
によって異なります。
また通勤手当は一定額まで非課税対象になると国税庁で定めています。

具体的には↓
■車通勤の場合は片道の通勤距離によって非課税限度額が定められています。
※詳しくは国税庁のHPに記載がありますので気になる方はご確認下さい。

■公共交通機関を利用しての1ヵ月あたりの非課税限度額は15万円になります。

医療機関によって限度額まで支給されるところや、法人や病院規定で○○万迄と
定めているところなど様々です。

現在のお勤め先ではどれ位まで支給されているのか、
これから転職を考えられている方は、通勤手当の有無や支給額について
一度確認してみてもいいかもしれません。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

医師の転職・相談・求人『自身の強み、アピールポイントを明確にする』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

医師の転職市場は、先生方の希望が通りやすい、先生が勤務先を選ぶ事が出来る、
いわゆる「売り手市場」と呼ばれる状況が続いていましたが、
安易に「売り手市場」と言える程、甘い状況ではなくなってきています。
では完全に買い手市場なのかと問われると、そうでもありません。
医師不足や医師の偏在という言葉がある通り、採用が難しい地方の病院様や
他の病院と比べ、条件面で見劣りしてしまう病院様は医師を欲している状況に
変わりはありません。

しかし、日々各コンサルタントが全国の医療機関様とやりとりをしていますが、
その中で見えてきたのが、常に医師の募集をしており採用の間口を開けていた病院が、
「4月で2名採用出来たので充足しています」←一例です。
上記のように仰る病院様が非常に増えてきているのです。

この状況が何を意味するのかと言いますと、
当たり前の事ですが転職検討時における候補となる求人数が少なくなるといった
状況になってしまうのです。

ではこのような状況の中、ライバルである候補者に差をつける、優位に進める為には
どうしたら良いのか、、
あくまで一つの作戦になりますが、
題名の通り「先生の強み」「アピールポイント」について先生ご自身で
把握・分析しておく事が重要になります。
具体的には
・現在勤務している病院がかなり外来に力を入れているので、
外来は多くの人数を診る事を厭わない。
・勤務日数、当直回数、勤務曜日等は病院側の希望に全て沿う事が出来る。
・ある特定の疾患を診てきたので、その経験を還元したい。
※売上・経営面でも病院の助けになれる事も意味します。
・若手医師への指導をこれまで行ってきたので、日々の陪席業務や
資格取得に必要なレポート添削を今後も継続して行いたい。
・身体面の診療(外科、内科的)、メンタル面の診療どちらも経験があり、
どちらもある程度のレベルで対応できる。
etc..
あくまで一例に過ぎませんので、
強み(長所)に関しましては、病院のニーズに合っていない余程的外れな事を
お話しない限り、アピールする事が出来ます。

今後、ご転職をお考えになる先生方は
お時間がある際にでも、一度自身の強みについて考えてみる時間を
設けて頂く事をオススメします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

医師の転職・相談・求人『育児中の先生方へ』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の一杉です。

女性の先生方には結婚や妊娠、育児などのライフイベントの変化に
より、働き方を変えてご勤務される方も多いかと思います。
また育児中の先生方で転職先を探す際には、お子様のご年齢に
よってどのような事に配慮を行う必要があるのかも変わってくる事に
なるかと思います。

本日は育児中の先生方へ、転職活動時に意識するポイントについて
お伝えさせていただければと思います。

では具体的にどのような点を意識すれば良いのでしょうか。
年齢別に具体例を挙げたいと思います。

◆まず、未就学児の場合は
・保育園などの預かり場所の確保
・利用する保育園が通勤時にスムーズな場所にあるか
・熱が出たなどの緊急時に、家族(両親)などのサポート体制が得られるか

◆小学生以上の場合は
・学童が利用できるか
・進学校の周辺状況について(受験)

◆共通している点
・近隣に救急対応可能な病院はあるか
・地域の治安
・生活の利便性

簡単ではございますが、以上になります。

ポイントとしてはどこに優先順位をつけ、それを叶える為には
どういう働き方が必要になるのかを整理して頂く事が大切になります。
整理できると勤務条件も定まってくると思いますので転職に向けて
スムーズなスタートを切って頂けるかと考えております。

育児中で転職をお考えの先生は参考にしていただけると幸いです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

医師の転職・相談・求人『採用面接時(見学)に評価を上げる為のちょっとしたポイント』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

今日のお話につきましては、面接へ苦手意識を持たれている先生、
過去に面接で落とされてしまった経験のある先生、
単純に題名を見て興味を持たれた先生に一読頂きたいと思っています。

転職をする上では面接は避けて通れません。
その面接時において、どうすれば相手からの印象が良くなるのか、、
服装や表情等も重要ではありますが、
それ以外のポイントを以下に記していきます。
■写真付きの履歴書を用意する。
→医師の面接の場合、写真を求められる事はケースとして多くありませんが、
写真を貼り付けるに越した事はありまえん。
他の医師が貼り付けていないのであれば、逆に良い意味で目立つ事が出来ますので
最近撮影した写真がご自宅に余っているようでしたら、担当コンサル迄お渡し下さいませ。

■院内見学時の職員への挨拶
→面接時の院長先生や事務長への挨拶等も当然、重要になりますが
院内を見学して回る際には多くの職員やコメディカルとすれ違います。
面接後に事務長から先生に対しての印象や評価を伺う際に、
「病棟スタッフが絶賛していました」とのお言葉を頂き、
そのまま内定に繋がったといったケースもありました。
これが何を意味するかと申しますと、何気ない挨拶や自己紹介が
スタッフ間で非常に評判が良かったという事です。

■面接前の下調べ
→面接はコミュニケーションの場でありますので、
話が盛り上がるに越した事はありません。
面接時のどのタイミングでアピール(お話)出来るかはケースバイケースですが、
ホームページや私共からお送りした情報を面接前に再確認頂く事で、
面接が盛り上がる可能性があります。
医療機関側としましては、
病院に対して興味が無ければ下調べはしないと思いますし、
意欲的な先生だなという印象を植え付ける事が出来ます。

以上、当たり前と思われる先生方もいらっしゃるかと思いますが、
当たり前の事を当たり前に実行に移す事が出来れば、
自ずと面接時の評価や印象は良くなります。

もっと細かい部分まで話を聞いてみたいという先生は担当コンサルへ
打診頂ければと思っています。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

医師の転職・相談・求人『転職活動を有利に進める為には』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の一杉です。

さて弊社では日々全国の様々な医療機関とやり取りを行っていますが
近年、採用において応募から面接に行くまでのハードルも上がってきたように感じます。

では具体的にどのような事かと申しますと、
まず面接にいくまでの流れとして「医療機関へ応募」→「書類選考」→「面接」
という形になりますが、書類選考時に落とされてしまうケースも年々増えてきて
おります。
特に都心部エリアの場合は、交通網の多様化や生活の利便性から医療機関に対して
先生方の応募も集中する背景もあり、最初の段階でふるいにかけられることになります。

ではここでどうすれば医療機関側に前向きに検討していただけるかというと、

①先生方ご自身の強みをアピールする
→これまで○○症例の患者様を専門的に診てきた

②労働条件面の柔軟性などをアピールする
→当直は週1回入れます!土曜日勤務も可能です!など

以上の事をポイントにして頂ければ、
他の候補者との差別化が図れ、転職活動を優位に進める事が出来ます。
またこのポイントは書類選考時だけでなく面接時にも大切になります。

採用する側からすれば、複数いる候補者の中から絞り込みをかける際には、
少しでも経験値や強みのある先生方や入って欲しい勤務曜日や当直等に柔軟に
ご対応いただける先生方の方が、採用の優先順位としては高くなる可能性が
ございます。

転職活動を優位に進める為には、
先生ご自身の強みを整理して伝える事や医療機関に対して労働条件の柔軟性を
アピールしていただく事をお勧めいたします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら