作成者別アーカイブ: リノゲート株式会社

_S1C1412_sss

医師の転職・相談・求人『面接時の服装=印象?』

いつも当ブログをご覧頂き誠に有り難うございます。
リノゲート(株)の一杉です。

以前、第一印象についてお伝えいたしましたが、
本日は『面接時の服装・身だしなみ』についてお話していこうと思います。

医療機関への面接前によく先生から
「面接時にはどのような服装で臨めばいいですか」とご質問を頂く事があります。
先生へのご返答としては以下を伝えております。

服装に関しては、理想はスーツです。(女性の場合はジャケットなどの羽織ものでも良いです)
カジュアルでもせめてジャケット+シャツスタイルが好ましいです。

以前と少し重複致しますが、面接は第一印象で8割~9割決まってくるといいます。
その際、パッと見た目で印象付ける事ができるのが服装と身だしなみです。
先生のご経歴やお人柄は変える事は出来ませんが、
服装・身だしなみは変える事ができ、相手側の印象を変える事が出来るのです!
以下に2パターンの例を記載致します。

A先生:シャツがしわしわ、髪に寝ぐせ・ぼさぼさ、靴汚れている
B先生:ピシッとしたシャツ、整えられた髪型、靴がピカピカ

A先生とB先生がいて同じ時期に同じ医療機関に面接を行ったと仮定しますと、
印象として医療機関側はどちらの先生を採用したいと思うでしょうか?

勿論、答えはB先生です。

A先生に関しては、この先生は勤務態度や時間にルーズでだらしないんじゃないか?
というマイナスイメージが生まれるのではないでしょうか。
一方B先生に関しては、清潔感があり患者様からの受けも良さそう!
真面目に働いてくれそう!などのプラスイメージが働きます。

こういった服装・身だしなみを整えるだけで相手側に好印象を与える事が出来るのです。
正直服装によってマイナスイメージを与えてしまうのは非常に勿体ない事です。
マイナスイメージの要素があればそれを事前に払拭しておく事が必要で、
こういったTPOをしっかりと行っておくことが面接では重要なのです。

服装・身だしなみに気を付けて面接に臨んでみては如何でしょうか。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

eb5f33493f541624d913b797912df0d6_s

医師の転職・相談・求人『関東圏以外でご勤務されている先生方へ』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

今日は改めて一点お伝えさせて頂きたい事がございます。
最近、弊社へご相談頂く先生方は関東圏のみならず地方でご勤務されている
先生方が増えている傾向にあります。

私共リノゲートは少数精鋭で運営している事もありまして、拠点を各エリアに
構えてはおりませんが、北から南の端から端まで全ての地域において
対応可能です。
コンサルAは〇〇エリア担当。コンサルBは〇〇エリア担当等分業体制は
敷いておりません。このスタイルはずっと貫き通していますので
どのコンサルも苦手なエリアや土地勘が無いエリアはありません。

また、事前面談であったり見学に同行して頂けるのか否かといった
ご質問を先生方から頂く事がありますが、
フットワークの軽さを活かし、何処へでもお伺い致します。

冒頭でもお伝え致しましたが、
以前よりも関東圏以外でご勤務されている先生方からご相談をお寄せ頂く機会が
増えている傾向にあり、その甲斐もありまして地方の病院様とコンタクトを取る機会が
各段に増えており、その都度情報が蓄積されています。

情報に関しましては一切の惜しみ無く先生方へご提供致しますので
今後共、リノゲートを宜しくお願い致します。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

0c6c5381c3e9f4aab3cb99279c045458_s

医師の転職・相談・求人『開業を考えられている先生へ~面接時の注意点~』

いつも当ブログをご覧頂き誠に有り難うございます。
リノゲート(株)の一杉です。

今週1週間、関東地方はずっと雨予報ですっきりしない天気が続くみたいですね。
今更ですが梅雨の時期に揃えたレイングッズを活用しております!

さて最近は開業を目指されている先生からのご相談も非常に増えてきております。
そういった先生方からのご質問で
「面接時に近年(1~2年後)開業を考えている事を
医療機関側に伝えても大丈夫ですか?」とご相談されるケースがよくございます。

答えはNOです。

開業する時期や医療機関側の募集状況によっては異なりますが、
多くの医療機関は、入職してくれる先生には今後長くご勤務をしてもらいたい
という想いが前提にあります。
特に人手不足の医療機関でしたら尚更です。

面接時に開業を考えている事を伝えると
医療機関側は下記のような懸念点を持ちます。

・この先生は入職しても長く働かずいずれ辞める事になる。
・再度新しく先生を探さなければいけない。
・もし近隣で開業された場合、患者様を取られる可能性がある。

勿論中には、
精神科の経験を積み指定医を取得した後に辞められる事を想定した上で
採用を行っている医療機関もございます。
ただ割合としては圧倒的に前者のようなケースが多いという事です。

開業に関する話題に関しては、扱いが難しい場合が多いので、
ご遠慮なくご相談下さい。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

大阪城1

医師の転職・相談・求人『医師転職動向について』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

お盆も明けまして、日常生活に戻られて方が多いのでは無いでしょうか。
私は実家に帰省していましたが、未だ休みボケが抜けずピリッとしません(笑)
暑さの幾分和らいだ感じがしますが、秋になるにはまだまだ時間が
かかりそうですね、、

そんな中、今日は盆も明けたタイミングという事もあり8月末~9月の
医師転職動向について共有させて頂きます。

お盆のみならず、年末年始やゴールデンウィーク等の
長期連休中にお問い合わせ(ご相談)を頂く事は極めて少ないのが現状です。
但し、長期連休が明けますと特にお盆明けに関しては来春(4月入職)の
ご転職をお考えの先生からのお問い合わせが大幅に増えて参ります。
中には契約の都合上(12月が契約更新)1月から勤務出来る病院を
お探しの先生方もいらっしゃいます。

お問い合わせを頂くその内容が転職をするとなって場合には
その先生がご勤務されている病院が逆に欠員が出てしまい採用を
しなくてはならないというサイクルが生まれます。

先生方もですが、医療機関側も長期の休みが明けた後は何らかの動きが
ありますので我々も注視してコンタクトを取っております。

これまでにも何度もお伝えさせて頂いておりますが、
来春の転職をお考えになる際、動かれる理想の時期としては9月~10月が
理想で、医療機関側からの印象良く話が上手く進むケースが多いです。
早いに越したことはないですが、遅くなれば遅くなるほど、
周りの事が考えられない先生なのではないか?
急ぎで転職したいという事は何か訳アリの先生なのではないか?
等、懐疑的な目で見られてしまうケースが散見されます。
※真っ当な理由があれば話は別です。

転職をお考えになる際は、まずは情報集めがファーストステップの段階に
なるかと思いますが、情報は早いうちから集めておくに越した事は
ありません。
当然、求人は生ものですので状況が変わってしまう場合もありますが
今の時期はどこの病院が求人を出しているのか等、頭に入れておくだけで
次に動きを出す際にスムーズに動ける事が予想されます。

「転職」は人生におけるターニングポイントになるケースも多々あるかと
思いますので「用意周到」に足場を固めておく事を推奨します。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

754221f5ad36a2ccd592c69e56e35e57_s

医師の転職・相談・求人『給与額の提示って変わるの?』

いつも当ブログをご覧頂き誠に有り難うございます。
リノゲート(株)の一杉です。

弊社では先生の転職のサポートを行うにあたり
先生のご経歴やご希望などをお伺いし
その条件に合った医療機関のご紹介をさせて頂きます。
つまりオーダーメイドの求人です。

その際は、なるべく明確に給与額の提示を含めて求人情報をお送りするのですが、
よく先生から
「この情報に記載のある給与額は固定ですか?」
「これ以上上がらないのですか?」
とのご質問を頂く事がございます。

結論から申し上げますと

上がる可能性は十分ございます!

医療機関側からするとまだ面接をしてない段階なので、
お人柄を含め先生について明確に知る事が出来ていないからです。
先生がご入職を決められる場合も、
実際に医療機関を見学しご自身の目で見て院内の雰囲気などを
確認しないとご決断ができないかと思います。

医療機関側もまた同じなのです。
なので、面接後に医療機関側とのニーズに合致すれば給与提示は
上がる可能性はあるという訳なのです。

今回の給与提示についてだけでなく
ご転職に関しわからない事やご不明点などあれば遠慮なく
担当のコンサルタントに聞いて頂ければと思います。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

DSC_0443

医師の転職・相談・求人『遠方から通う場合の(持ち家から通う場合)飛行機代、新幹線代について』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

最初にお伝えします。
余談から少し入らせて下さい。苦笑
私は旅行が以上なくらい好きです。
北は北海道、西は沖縄、九州、中国・四国、関西、東海、北陸、東北の各地域に
仕事の出張以外でも訪れた事があります。

体力とフットワークの軽さには自信があるので、お金と時間があれば
毎週でも何処かに出かけたいと思っています。
旅行の前の日は気分が高揚し眠れません。笑
旅行となると移動手段が予定を組む際にかなり重要なポイントに
なってきますよね?!

ここでやっと本題に戻ります。笑
ケースとしては多くないですが、たまにですがエリアフリーの先生より
ご相談を頂く事があります。
名の通りエリアに拘らず希望の条件や環境に見合う医療機関があれば
転職したいといったお考えをお持ちの先生です。

エリアフリーと言いましても完全に病院が建っている地域に
完全転居されるケースのみでは無く、持ち家から通うケースや
元々勤務していた県に持ち家があるケース、実家等に月に1回くらいは
戻りたいとお考えの先生も中にはいらっしゃいます。

そこで問題として浮上して来るのが、通勤や帰省に際する交通費等を
医療機関側がどこまで負担して頂けるかです。
これに関しては、病院の懐の深さ次第であったり、
過去に同じように勤務されていた先生がおり、前例の有り無しで
検討頂けるか否かが変わってきます。
地方から関東に転職をお考えの場合ですと、交通費等を負担頂ける医療機関は
皆無に等しいですが、地方で採用にお困りの病院は柔軟に対応頂けるケースが
あります。

もしも、少しでも検討されている、今までとは全く違ったエリアでのご勤務を
お考えの先生がおりましたらご相談下さい。
事例等も共有させて頂きながら進めて行ければと思っています。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_S1C2263_sss

医師の転職・相談・求人『お盆について』

いつも当ブログをご覧頂き誠に有り難うございます。
リノゲート(株)の一杉です。

現在、お盆休みでご実家に帰省されている方も多いのではないでしょうか?
私もつい先日帰省をしたのですが、
時間の流れが都会とは違い、ゆっくりと過ごす事が出来ました。
帰りの際は渋滞にハマりこれもまたゆっくりでした  (笑)

本日は余談になりますが、お盆について調べてみました。

『お盆』とは簡単に説明すると、
正式名称を「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と言い、
亡くなった家族やご先祖様の精霊(しょうりょう)をお迎えし、
供養する事を指します。

お盆期間は地域によって異なりますが、
多くが8月13日~の4日間を指すもので初日に迎え火を行い
15日又は16日に送り火を行います。
※迎え火は、亡くなった家族やご先祖様の精霊が現世に戻ってくる目印になります。
※送り火は、お盆の間に一緒に過ごした亡くなった家族やご先祖様の精霊を送り出すものです。

地域や宗派によって異なりますが、
迎え火・送り火の際には、精霊馬と呼ばれるご先祖様の精霊が
この世とあの世を行き来するための乗り物として
ナスやきゅうりで作る動物を用意する事があります。
皆さんも一度はご実家のお盆の際やTVなどで見た事があるのではないでしょうか?

きゅうりは足の速い馬と見立てられ、
ご先祖様の精霊が早く帰ってこれるように迎え火の時におきます。
送り火の際はご先祖様の精霊に少しでも長く過ごしてもらえるよう、
牛に見立てたナスの乗り物で帰ってもらう意味が込められています。
またご先祖様が供物をたくさん持ち帰れるように、という意味合いもあると
いわれているようです。

お盆の期間は、
地域や宗派によって異なりますが、ご先祖様と一緒に過ごす数少ない機会です。
又、普段なかなか顔を合わす事が出来ない親族と合える機会でもあると思いますので
ゆっくりと過ごしてみては如何でしょうか。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

0e69c42f72ea49067110e8a81f390eb0_s

医師の転職・相談・求人『先生方からよく頂く質問➁』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

少し前に先立って先生方から多く頂く質問・疑問を3つ程紹介しました。
本日も先生方から最近多く頂く質問を3つ程挙げさせて頂きたいと思います。

——————————————————————————————————-
Q..紹介会社を使うのがそもそも初めてなのですが流れ等教えてもらえますか?

A..まず、先生方のご希望条件や現状についてをお伺いしまして、
その後候補となる医療機関へ打診し条件交渉を行いながら先生へ情報提供を
させて頂くような流れになります。その後先生が希望されるようでしたら、
病院見学にご足労頂き(私共も同行致します)その後オファー頂けた際、
先生にジャッジして頂くような流れになります。何れも私共が
医療機関側とやりとりを先生の代理人として行いますので先生方へご負担に
なるような事はございません。
※医療機関へ打診する際は当然、匿名で相談致しますのでご案内下さいませ。

Q..医局を退局し、民間病院への転職を考えているのですが円満に辞める為の
退局の方法等のご相談に乗って頂く事は可能でしょうか?

A..はい。これまでにも医局の辞め方等についてご相談を受け無事民間の病院へ
転職された先生を何名も対応させて頂いておりますので、先生のお役に立てる
情報を惜しみなくご提供致します。

Q..メールだと話しづらい内容の為、面談の場を設けて頂く事が出来ますか?

A..可能でございます。場所は先生のご勤務されている病院の周辺や
最寄り駅周辺にお伺いしますので先生に日時、場所共に先生に
合わせて対応致します。

——————————————————————————————————-

先生方のご状況であったり今後お考えのキャリアプラン等によって
様々な質問や疑問を頂いており、似たような状況下にあった先生方の
お話も参考程度にお伝え致しますので少しでもお役に立てればと思っています。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

fe7d99e7ab07b13e471ebf26d8426d5a_s

医師の転職・相談・求人『在宅医療について』

いつも当ブログをご覧頂き誠に有り難うございます。
リノゲート(株)の一杉です。

最近、TVで「ガイアの夜明け」を見たのですが、
老人ホームの選び方やブラック施設について特集をしており
今後について色々と考えさせられる内容の放送でした。

という事もあり本日は在宅医療についてお伝えさせて頂きます。

現在日本は高齢社会であり、少子高齢化に伴い今後はより一層
医療・介護ニーズが高まっていきます。
特に団塊の世代が75歳以上となる2025年に向けてはそれが顕著に表れ、
首都圏を中心とする都心部を中心に高齢者数が増加する事が予想されます。

さらに日本の人口構造の変化から、
現在1人の高齢者を2.6人で支えている社会構造から
少子高齢化が一層進行する2060年には、1人の高齢者を1.2人で支える
社会構造になると想定され、『支え手の減少』も危惧されております。
このような背景や、
今後更なる医療費増加に伴い、早期退院を目指した療養病棟の縮小、
介護老人保健施設や特別養護老人ホームなどへの入居者が増加する見込みから
在宅医療の需要や必要性が増えてきます。

今後先生方に関し、
日本社会では在宅医療のご経験が必須になってくるのではないでしょうか。
日本社会・医療業界のキーとなる在宅医療、
ご転職をお考えの際は選択肢の一つとして考えてみてもいいのかもしれません。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

IMG_5729

医師の転職・相談・求人『転職回数について』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

「転職」というワードを聞くと世間一般的には
ネガティブな印象を浮かべる人は多いのでは無いでしょうか?
今日は、そんな中でもどんなキャリアを歩んできた先生が一番不利かという
お話を改めて共有出来ればと思います。

まず、転職をする際には「履歴書(経歴書)」が必ず必要となります。
私共も先生方とのやりとりの中で、履歴書の送付をお願いする事があります。
経歴が全く同じという先生方は現実的にまず居ないと思いますが、
お送り頂いた履歴書の中で真っ先に目が行くのは、『学歴・職歴』
という履歴書であれば必ず設けている箇所です。

記載の仕方は必ず〇〇でなくてはいけない等の決まりはありませんが
行数がかなり多いと一瞬怯んでしまう事もあります、、苦笑

と、言いますのも私共の対応の流れの中で医療機関側に
先生の履歴書であったり、キャリアシートを匿名で提示しなくてはならない
タイミングが遅かれ早かれ存在します。
医療機関側もまず、履歴書のどこを確認するかと言いますと
やはり学歴・職歴欄を真っ先に確認し、ネガティブな要素が無いかを
確認されます。

確認した後、不明な点があれば私共に確認を頂く場合もありますが
フォローする頂く間も無く、この先生はウチでは難しいですと
書類の段階でNGを喰らってしまうケースもあります。

NGを喰らう際の理由として一番多いのは、
「短期で転職を繰り返している事」
圧倒的に多い印象です。短期と言いましても捉え方は人・病院によっても
それぞれですが、3ヵ月、1年、2年程の間で転職を繰り返していると
病院側も懸念材料として採用のリスクを考えてしまいます。

転職はやりたい事が見つかった際、目標に向かってのステップアップ時等
当然必要なケースが出てくるのも医療機関側も十分理解はしています。
ですが、人間関係のトラブルを起こした事がある、
患者様からのクレームが多い等、
採用した際に同じ事を繰り返してしまう可能性がある理由で
転職を繰り返している先生はそのお話を出した時点で断られてしまいます。

とは言いましても当然、過去は変えられませんので
私共、コンサルには腹を割ってお話をお聞かせ頂ければ幸いです。
自身にプレッシャーをかけるようですが、その後は私共の
腕の見せ所と考えています。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆