作成者別アーカイブ: リノゲート株式会社

9507108743_4f0586b2c7_b

医師の転職・相談・求人『事前交渉の弊害』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

転職する際ですが出来る事であれば自身が希望している事を極力反映した条件で
採用して頂けるに越した事はありません。それもあって転職先を決める際には、
入職が確定する前の段階で交渉を行い出来る限り自分の希望に近付くように
手を打つ事になると思います。

ただし事前の条件交渉に関しては、あまり強気にやり過ぎてしまいますと、
条件云々という以前に先生の評価を下げてしまう事にも繋がりかねません。

入職する前に条件交渉を行うこと自体は決して悪い事でありません。
ご入職して頂くにあたり本来目指すべき事は医師としての職務を全うする事です。
万が一、条件が見合わない事が理由で本来の職務に影響が出てしまうようでは
それは本末転倒という事になってしまいます。先生方が職務を行うにあたり
最善のパフォーマンスを発揮して頂くだけの交渉は行うべきだと思います。

しかし必要以上(病院のルールを度外視してワガママの域に達するような内容)の
交渉を行ってしまう事になれば、それは一方的なワガママな交渉になってしまい
先生の評価を下げてしまう事に繋がります。下手をすれば採用すること自体が
白紙になってしまうような事も考えられます。

そのような事にならないようにするためには一方的な交渉は避けるべきです。
また事前の交渉は程々にして頂き、ご入職して頂いた後に職務を行う中で
実績を残しつつ交渉を行うという方法もあります。勤務先としましては、
実績を残した人への評価は高くなるものです。まずは実績を残す事を目指し
職務に取り組んで頂くという姿勢も大事かもしれません。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

862a0ab9cf59350b1d5c5b7b129d686c

医師の転職・相談・求人『最低でも3年間勤務してみる事の重要性』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

仕事への取り組み方についてですが今の世の中、以前とは違って大きく
変わってきた部分も多く見受けられます。その一つが終身雇用についてです。
以前の日本では初めて勤務した勤務先で定年を迎えるまで勤務するのが
当たり前という事で転職する事は一般的には受け入れられていない考え方であったと
私の父親の代から聞いた事がありました。

しかしここ最近では転職する事は、ある意味当たり前の事と認識されており、
そのような風潮もあって私共のような紹介会社が乱立するような状況に
なったのだと思います。

そういう意味では転職がしやすくなったという事が言えるのですが、
かと言って転職する事が全て受け入れられる訳ではありません。
やはり転職のし過ぎ(回数が多い)や勤務期間が短いなどというのは
悪い印象を与えてしまう事に繋がります。つまり転職する理由や背景によっては
今でも転職=悪いイメージを植え付けてしまう事に繋がるのです。

ではそのようなイメージを払拭する転職とは一体どんな物でしょうか。
その一つの考え方が最低でも3年間は勤務しているかどうかという事になります。
これは医師に関わる事だけではなく、その他の職種にも当てはまる事ではありますが、
一般的に3年間勤務する事で、その仕事のノウハウ、その職場の雰囲気を
一通り確認する事が出来ると言われています。言い方を変えますと、
いわゆる一人前に成長するためには最低でも3年は勤務する事が必要である
というような見方をされる事が多くなります。

同じ職場にて3年以上勤務する事が出来れは、それなりに学ぶ事や身に付ける事は
多くなると思います。そして自身のスキルアップにも繋がると思います。
また3年間勤務してきたという事は、それなりの忍耐力などを持ち合わせた人材である
というイメージを与える事にも繋がります。

以上のような事からも転職した後には出来れば最低でも3年間は勤務した方が
色々な意味でプラスになる事が多いと思います。最低でも3年間勤務については
是非、頭の隅に入れてご検討頂ければ幸いです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_S1C2191_sss

医師の転職・相談・求人『弊社の強み』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

改めてという事になりますが先生方の転職のお手伝いをさせて頂くにあたり、
弊社リノゲートが強みとして考えている点についてご説明させて頂きます。
ここ最近では医師の紹介会社という事で弊社の競合他社も多数存在しています。

そんな中で自分達が特に力を入れている点は「コンサルタント」の質になります。
先生方への提案力や医療機関との交渉力などコンサルタントとしての力量は
さる事ながら、実は最も重視しているのが「人柄」という事になります。

何故ならばコンサルタントというのは、そもそも、ご案内させて頂く先生方から
好かれる人材でなければならないと考えております。
「この人に相談したい」「この人なら信用できる」「この人は話がしやすい」
このように思って頂けなければ先生方との距離を縮めることはおろか、
本音を聞き出す事は難しいと思うのです。人と接する仕事をしている以上、
相手から好かれるというのは非常に重要な要素ではないかと考えている次第です。
それが「人柄」を重視しているという理由の最大のポイントになるのです。

社内には優秀なコンサルタントが複数名在籍しています。
一人一人、個々の特徴を持ったコンサタントになっております。
それぞれが究極の目標として掲げている事としましては全ての先生方に対し
差が無いご案内をさせて頂く事と考えております。その目標に向けて
今後も引き続き切磋琢磨していきたいと考えております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_S1C0432_sss

医師の転職・相談・求人『非公開求人について』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

先生方が転職活動を行う際ですが、情報収集を行う際の手段として真っ先に
行うのがインターネットでの情報収集という事になるかと思います。
インターネットで「医師 求人」「医師 転職」などのキーワードで検索し
情報収集を行う事が多いのではないかと推測します。

そのような時に先生方の目に一度は飛び込んできた事があるだろうと
考えているのが「非公開求人」というキーワードです。
諸々の理由で敢えてネット上に公開していない求人の事を指していますが、
一見とても希少価値が高そうなイメージがあり是非一度、見てみたいという
意欲をかき立てるような文言になっております。紹介会社の中には
「非公開求人多数」というような文言を大々的に掲載し、より先生方の意欲を
増幅させるような広告を出している場合も見受けます。

確かに中には実際にレアな求人が潜んでいるような事も考えられます。
しかし実際に求人開拓を行っている私共の立場からすれば、
希少価値の高い求人というのは、そこまで沢山存在するものではないと
考えております。逆に余りにも他と条件が違うような求人があったとすれば
その背景には何らかの、そうせざるを得ない理由が潜んでいる事が多いです。
そこまで疑ってみようと考えてしまいます。
つまり非公開求人=レア(良い)求人という事は結び付かない事も多いです。
そこは是非、頭の隅に入れておいて頂きたいと考えております。
※そもそも非公開求人なんて、ほとんど存在しない場合もあります。

転職をご検討されている先生方の立場になって考えた場合、
確かに求人を多数抱えている紹介会社の方が少ない会社よりも
魅力的に感じられるかもしれません。
しかし実際には数で勝負ではなく如何に先生方に見合った求人を多く
ご紹介出来るかだと思っています。その差こそが弊社の強みです。
このような強みを活かして最後には先生方に満足して頂けるようなご案内を
させて頂きたいと考えています。
転職についてお考えの際には是非、お気軽にご相談下さい。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_S1C1077_sss

医師の転職・相談・求人『オリジナル求人を作り上げる能力』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

日々、私共が行っている業務の中に求人開拓の作業があります。
これは弊社にお問い合わせ頂いた先生方向けに見合った案件をお探しするための
目的と単純に弊社の方で抱えている求人数を増やすための二つの目的があります。

この二つの目的の中で特に紹介会社の実力が反映されてくるのが、
前者の求人開拓という事になります。医療機関側とやり取りをしながら、
時には先生方よりお伺いした条件にピッタリの案件が出て来ないような場合には
私共の方から医療機関に掛け合って条件を飲んで頂くような交渉を行いつつ
求人獲得を進めていくような事があります。
この事を私共の方では「オリジナル求人を作り上げる」という言い方をしています。

つまり元々、求人として存在していたものを獲得するのではなく、
極端に言えば何もない真っ新な状態の中から、こちらからの働きかけをきっかけに
新しい求人案件を生み出すという事を指しております。

現在の医師の転職市場が売り手市場である事を考えますと、
既存の求人案件を獲得する作業というのは、そう難しい事ではありません。
ただし先生方からお伺いした条件ピッタリの求人を獲得するという事になれば
その難易度はグッとアップする事になります。先でも述べましたように
ピッタリの案件が見つからない事も多々あり得るのです。
そのような時には先生方にマッチしたオリジナルの求人そのものを作り上げる
というような必要性も出てくる訳です。

このような対応が出来れば先生方に対して、ご提案出来る情報の幅は広がります。
その分、先生方にもメリットがあるという事が言えるのではないでしょうか。
そこで私共としましては、単なる求人開拓に留まることなく先生方に対しまして
他の紹介会社では提案出来ないような部分にまで幅を広げた対応をしていきたいと
考えている所存です。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

85792f31e80f9d00b43515a11ae7f46e_s

医師の転職・相談・求人『待てば良い求人が出てくるものなのか?』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

求人探しを行う際に非常に重要になるのが、ご希望に見合う求人案件が、
どれだけ出てくるのかという事になります。
当然の如く、それは条件次第という事になりますが、
直ぐに見つかる場合もあれば、いくら探しても見つからない事もあります。

直ぐに見つかれば何ら問題はないのですが特に問題になるのは良い求人が
見つからなかった場合という事になります。基本的には見つかるまで探してみる
という事になりますが、そのような時に考えがちな発想としましては、
「今のタイミングでたまたま見当たらなければ、少し待っていれば
そのうち良い案件が出てくるだろう」という楽観的な発想になります。
では本当に待っていれば良い求人というのは出てくるものなのでしょうか?

その答えは残念ながらノーという事になります。
時と場合によっては待つ事で条件に見合う求人が出てくる可能性はあります。
しかし大方の場合、余程の事が無ければ急激に求人の内容が変わったり、
大幅な条件アップなどは見込めないとお考え頂いた方が良いと思います。

また求人を行う医療機関というのは、いつのタイミングにおいても
大きく顔ぶれが変わらない事も多いです。つまり時間を掛けて待ったとしても
真新しい顔ぶれの求人が出てくるような可能性は非常に低い事が言えるのです。
つまり時間を掛けて待ったとしても良い案件が出てくる可能性というのは
限りなく低いという事になります。

以上のような事から考えましても求人探しにおいて「待つ」という判断は
良い判断だとは言えません。それよりも、そもそもの条件を変えてみるなど
別の角度から探してみるような方法の方が良いと言えます。
待っても良い求人は出て来ません。そこをイメージしつつ転職活動を行う事を
お薦め致します。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

637052704b946054df1e8e9d08461cc0_s

医師の転職・相談・求人『退職時の法的ポイント』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

先生方が転職を行う際ですが、先生方のご要望に見合った新たな勤務先を
探し出すこと以外に、非常に手を焼く作業があります。それが退職申請です。
医療機関にとって先生方の存在は、いわば企業でいう「トップ営業マン」と
同じような立場になられます。先生方が一人欠けてしまうだけで、
その医療機関にとっては非常に大きな痛手になってしまう事に繋がります。

そこで医療機関としては先生方から万が一、退職の申請などがあったとすれば
全力でそれを阻止したいと考える事になります。何とか退職されないように、
先生方が懸念を抱いている事を極力改善するように手配したりします。

中には厄介な職場もあり、先生方からの退職の申し出に対して、
それを受け入れる事をせずに拒絶してしまうような強硬手段に出るような
場合もあります。こうなると転職する以前に退職する事が出来ないという
問題にぶち当たってしまうのです。

仮にこのような状態になってしまったとしても、揉め事を荒げない意味でも
出来る事であればお話合いで解決していきたい所でございます。
しかし相手方の態度によっては、話し合いではすんなりと進まない事も
あり得るのです。そんな時の手段の一つとして法律を盾にする方法があります。
最終手段的な方法ではありますが、念のため先生方にもお伝え致します。

勤務している側が法律によって守られている点は大きく分けて2点あります。
1つは職業選択の自由です。労働者から退職したい、転職したいとの申し出が
あった場合に雇用主はそれを拒否できない事になります。
つまり申し出を拒否する事は出来ない訳です。

もう一つ、退職する際ですが、民法上、申し出をしてから最短で2週間で
退職する事が可能であるとなっています。ただし例外があります。
それは期間付きの雇用契約を締結している場合は雇用契約の期間が優先されます。
また契約書内に「退職の申し出」についての記載があった場合には、
極力その内容を守る事になります。

以上のルールさえ守って頂ければ、相手方がどんな対応をしようと関係なく
退職する事が出来ます。ただし法律を盾にする事になれば、
ほとんどの場合、後味の悪い結果になりがちですので、
その点を考慮して対応する事をお薦め致します。

退職申請でお困りの先生方がいらっしゃれば、一度ご参考にして下さい。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_S1C2305_sss

医師の転職・相談・求人『匿名相談を設けた理由』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

先日とある先生から以下のようなご相談を頂きました。
「転職したい気持ちはやまやまなのですがプライベートな事で色々な問題があり、
そこを解決しなければ転職する事が困難な状況となっております。
そこでまずは匿名でやり取りをさせて頂きつつプライベートの問題を解決次第、
転職活動に本腰を入れていきたいと考えております。」

以上のような内容です。
ここでは敢えてプライベートの問題がどのような内容だったのかは
伏せた状態にさせて頂きますが、確かにお話をお伺いさせて頂いた限りでは
問題をクリアしなければ転職すること自体が難しい状況でした。
そこで私共としては転職支援の一環としてプライベートの問題に対しても様々な
ご提案をさせて頂き何とか無事にクリアする事が出来ました。
そして先生も念願の転職を果たす事が出来るに至ったのです。

この案件を扱った時に改めて感じた事は「匿名相談を設けて良かった」
という事になります。一般的な転職相談フォームを使っていたとすれば、
今回の先生のような問い合わせには対応する事が出来なかったと思います。

元々、私共が匿名相談を設けた最大の理由ですが正しく「相談からスタート」
という事がテーマとなっていました。転職する事ありきではなく、
まずは相談からでも構わないので、お気軽に問い合わせして頂きたいという事でした。

正にそれが現実的になった事例でした。
結果的に転職して頂く事になれば、それは私共にとりましても嬉しい事ですが、
転職に至らなかった場合でも、それが先生方のお役に立てれば本望です。
まずは匿名相談をご利用頂きまして、お気軽にご相談下さいませ。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_MG_3511

医師の転職・相談・求人『紹介会社のもう一つの利用方法』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

私共紹介会社の一番の役割としましては、お問い合わせ頂きました先生方に
見合った求人をご紹介させて頂いたり、医療機関との間での交渉を行うなど
先生方の転職活動のお手伝いをさせて頂くという事になるかと考えております。

それとは別に私共が得意としている事があります。それは取引をしている
医療機関についての情報を持ち合わせている、という事になります。
多くの先生方の転職のお手伝いをさせて頂く中で数多くの医療機関とやり取りを
させて頂く機会があります。その都度、医師の採用に関する諸々の情報を
教えて頂く事も多く、その情報を蓄積してくる事で各医療機関の様々な情報が
蓄積されてくる事になります。

これは単に情報として先生方にご提供させて頂く事が可能になるだけではなく、
逆に医療機関に対して先生方をご紹介させて頂く際にも役に立つのです。
それぞれの医療機関がどのような先生を好んでいるのかを把握している事は
先生方と医療機関を上手くマッチングさせて頂く際に大変、役に立ちます。
つまり先生方の志向と医療機関側の志向、双方を理解しているというのは、
その間に立っている私共の最大の強みでもあり双方の事を知っているが故に
上手くマッチングを行う事が可能になるのです。

求人だけを紹介する会社であれば「紹介会社」というネーミングでも
間違いは無いと思いますが、実際にはマッチングの作業も行っています。
その観点で考えますと紹介会社というよりは転職に関するコンサルティング会社
という呼び名の方が合っているのかもしれません。
改めて私共の立ち位置をご理解頂けますと幸いです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

754221f5ad36a2ccd592c69e56e35e57_s

医師の転職・相談・求人『非常勤で働く際の注意点』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

今回は非常勤として勤務して頂く際の注意点について記載したいと思います。
非常勤として勤務する際の最大のメリットとして多くの先生方が捉えている
ポイントとしては以下のような事が挙げられます。
・都合の良い曜日だけ勤務する事が可能
・常勤として勤務するよりも給与の割が良い
・割り切って働く事が可能なので常勤のような責任を負う事が無い
・時短勤務等も可能な場合もあり子育て中の女医先生でも気軽に勤務可能
・常勤先では経験できないようなスキルを身に付ける事が出来る

以上のような事が挙げられるのではないかと思います。

この中で一つ、十分に注意して頂きたい事があります。
それは責任の重さという事でございます。
非常勤であれば責任が軽いので気軽に休みやすい、辞めやすいというように
「非常勤は融通が利くものである」という事をメリットとして捉えている
先生方も多いように思います。

しかし実際には、そのような事はありません。
むしろ非常勤として勤務しているが故に動きにくい事も有ります。
例えば非常勤でクリニックでの外来を勤めていたとします。
急にプライベートの都合で休みを取りたいとなったとしましても、
いきなり外来で穴を空けるような事はできません。
非常勤の先生の場合にはバックアップして頂けるような別の先生が
いらっしゃらない場合も多いので突然の休みなどは取りにくい事もあります。
(常勤の先生であれば、他の常勤の先生がいらっしゃる可能性もあり
急なお休みなどにも、むしろ対応しやすいという状況もあるのです。)

非常勤=楽というような認識は捨てた方が良いと思います。
勤務されるのであれば最後まで責任を持ってご勤務して頂く事が大事です。
これは医師としてだけではなく人としても大事な要素だと思います。
是非、今後のご参考にして頂ければ幸いです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆