カテゴリー別アーカイブ: ちょっと余談

_S1C2263_sss

医師の転職・相談・求人『プライベート時間の使い方』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

今回は転職活動とは直結しないような内容になるかもしれませんが、
先生方のプライベートな時間の使い方について考えてみたいと思っております。

私共では、よく今までにお世話になった先生方をお誘いして一緒に食事にいく事が
あります。そのような場合には転職に関するお話はもちろんですが、
趣味やプライベートのお話など様々な事について気楽にお話をさせて頂いています。
先生方は皆さん、お忙しくされている事が多くお誘いするのは気が引けてしまう
部分もあるのですが何とかお時間を割いて頂き楽しい時間を過ごさせて頂いています。

そんな場面でよく思う事があります。それは先生方のプライベートの時間の使い方
という事になります。日々、お忙しくされている先生方ですからプライベートな時間を
確保する事も大変な状況かと思いますが、そんな中でも充実したプライベート時間を
過ごされている先生も少なくありません。

しかもプライベートが充実している先生ほど、仕事も充実している傾向があるように
思っています。仕事にしてもプライベートにしても時間を有効に使う事が出来る能力
というのはとても大事な事であると改めて感じてしまいます。
※ちなみに時間を有効的に使う場合、とても大事なポイントは何かと考えた場合、
物事の優先順位の付け方という事ではないかと思っています。
これは仕事にも当てはまる事だと思います。やはり時間のマネジメント能力、
これは仕事でもプライベートでも当てはまる事なんだと感じます。

過ぎ去った時間だけは絶対に取り戻す事が出来ません。
私自身も悔いを残さない人生を送るためにも有効な時間の使い方について
意識したいと考えております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_S1C2743_sss

医師の転職・相談・求人『知人紹介による転職について』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

先生方が転職をお考えになる際、知人からの紹介での転職したり知人を介して
転職する機会というのは他の職業と比べて割合的に高いと思われます。
(実際に私共の方でご案内させて頂いた先生方の中にも同じような方法で
転職された先生方も多数いらっしゃいました。)

確かに知人の先生からの紹介や医療機関からのお誘いであれば、
大きな安心や信頼を得る事が出来ますので、つい頼りがちになると思います。
しかし知人や仲の良い医療機関だからこそ気を付けないといけない落とし穴も
存在しています。それは変な所で気を使ってしまったり仲が良いが故に
断れないなどの弊害が生じてしまう事になります。
「本当は物申したいが相手が知人のため言い出せない」
「実は退職したいが知人を差し置いて辞めるのは気が引けてしまう」
「これをきっかけに知人との仲が破断してしまった」
といったように他では有り得ないような悩みが生じる事もしばしばございます。

私共のような企業でも同じような事が起こり得ます。
元はとても仲の良かった人達がチームを組んで起業したとしても
数年先に、その関係性が一変してしまい分裂してしまったというような話を
耳にする機会も多いです。

このように人間関係には利害が関わってきますと、そこから何らかの
亀裂を生じさせてしまうような事が多々あります。初めは自分達に限って
そんなことは絶対に無いと考えていても、同じような結果に行き着いてしまう事は
本当にたくさんあります。「知人紹介=絶対安心」ではないという事は
念のため頭の中に入れておいて頂いた方が良いのではないかと思っております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

5f9cdcc810c6845bc96b77416ea4c56a_s

医師の転職・相談・求人『webで見かけるランキングサイトの罠』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

先生方が転職に関する情報収集を行う際ですがPCやスマートフォンを利用して、
インターネットにて情報検索を行う事が多いのではないかと思います。
ちょっと検索を行えば数多くの情報が出てくると思います。またwebに広告を
掲載している紹介会社も多数存在し、しかもそれぞれが自社の広告媒体を
より良い物に見せるために試行錯誤している事も多くなります。
そのため一度ネットで検索を行えば様々なサイトが出て来ます。
中には先生方に転職を誘発するようなサイトも存在しているのが現実です。

そんなサイトの中に先生方も一度はご覧になられた事があるかと思いますが、
医師の紹介会社ランキングサイトというような物が存在しています。
実在する紹介会社に点数を付けて点数の高い上位5社を実名で
紹介しているようなサイトです。

初めて見る人からすれば、とても気になる情報のように思えてしまいますが、
そもそも何を根拠にしている点数なのか疑問に感じる事だと思います。
実はこのランキングサイトですが、これは自作自演の場合が多くなっています。
どういう事かと言いますとランキングの上位に指名されている企業が自らを評して
上位ランキングにランクインさせ、あたかも他人が評価したように見せかけ
先生方に選んで頂けるように仕向けているという事になるのです。
つまりランキングサイトのランクや記載されているコメントというのは
何の根拠もない作り話である場合が多いのです。

紹介会社を選んで頂く際には、どこの紹介会社にお願いすべきなのか、
とても迷われる事だと思いますが、ご検討頂く際にはネット広告などに
惑わされる事の無いように十分お気を付け頂きたいと思います。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

images (2)

医師の転職・相談・求人『医療機関と企業の違い 続編』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

今回ですが前回に続き医療機関と企業の違いについて私が感じた事をまとめて
お伝えさせて頂きたいと思っております。今回は昨日の続きとしまして、
医療に携わる方々が「利益」や「営業」という言葉に対して敏感に反応するのか
という事について記載させて頂きたいと思います。

そもそも医療機関にて勤務している方々の仕事に対する目的は何かといえば
何と言っても「病気で困っている患者を救う事」という事ではないかと思います。
そこには利益であったり営業であったり駆け引きという言葉が必要無いような
世界でご勤務されているという事ではないかと思います。
そのような環境で勤務していく事が当たり前の世界に在籍されていた方々が逆に、
利益を追求する事が当たり前、営業や駆け引きをして相手に打ち勝つのが当たり前
というような世界観を感じてしまった時に、とても大きな違和感を感じてしまう
という事に繋がるのではないかと思っております。

このギャップに関しては出来る限り多くの方々にご理解して頂く事で
医療→企業への転職、企業→医療への転職がよりスムーズに行える事を目指し
私共の方から何度も説明を試みて参りましたが、ほとんどの方が理解する事が
出来ないというのが現実でした。このギャップの大きさを感じてしまった時に
私達の方でも医療機関と企業の違いがとても大きなものである事を実感しました。

この相容れる二者を上手く結び付ける事が出来るのか、結びつける事で
何らかの相乗効果は期待できるのか今後もこの点について追求していきたいと
考えております。先生方におかれましても仕事を行う際の、そもそもの
目的は一体何か?これを考えて頂く事で何をすべきかが見えてくると思います。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

d5c8be44b9ebf02667c80c2403d88f81_s

医師の転職・相談・求人『医療機関と企業の違い』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

今回のテーマですが先生方の転職やご勤務に対して直接的に影響を与えるような
事は少ない事なのかもしれませんが、第三者から見た違いを記載させて頂く事で
何かしらの参考にでもして頂けますと幸いです。

実は私ですが過去に看護師や臨床検査技師、薬剤師の転職の支援をしていた
経験があります。その際ですが、これらの資格を持っている方々を一般の企業に
紹介させて頂くお手伝いをさせて頂いておりました。

実は今まで臨床の現場で勤務していた方々の中には臨床の現場で働く事に対し
強い憧れのようなものを持っている人も多く臨床を離れて企業に転職したいと
いうことで、ご相談を受けるような事も多々ありました。

しかし、いざ転職してみますと長続きせずにすぐに辞めてしまう人も多く、
転職の案内をしている我々からすれば、とても難しい作業に思えていました。

では何故、早期で退職してしまうのかその理由が気になる所ですが、
実際に退職した人から聞いた話を基に推測してみますと、どうやら企業が持つ
「利益体質」に対して大きな抵抗を感じてしまい嫌になってしまう人が
圧倒的に多いように感じました。企業の目的の多くは利益を上げる事で儲けを出し
拡大を図っていく事になりますが、過去に医療に関わる仕事をしていた人にとって
利益のため(企業の発展のため)に仕事をするという考え方自体が肌に合わない
という事で抵抗を感じてしまうような人が多かったように思います。

これと同じような事が先生方のご案内をさせて頂いている時にも感じる事が
あります。それは私共が先生方に対して「利益」や「営業」などを
ちらつかせるような言葉を放ったり対応してしまう事で一気に私共に対する
温度が下がるのを感じる事が多々あります。その瞬間に私共の方では
「やはり!」という事を感じ取る事があります。

もちろん自分達も対応してくれる相手が露骨にこのような対応をしてくれば、
気分は良いものではないかもしれませんが、医療に携わってこられた方々の
反応は明らかに私共以上に敏感に反応されていると感じる事が多いです。

では何故、医療に携わる方々が敏感に反応してしまうのか、
その点に関する私の意見に関しては次回の書き込みでご報告させて頂きます。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_S1C1077_sss

医師の転職・相談・求人『医療機関の医師採用ご担当者様へ』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

今回は医療機関にて医師の採用を担当されている方々にお願いがあり
ご連絡をさせて頂きました。

弊社では先生方により多くの質の高い求人をご紹介させて頂くために
日頃から各医療機関様にコンタクトを取らせて頂き最新の求人情報について
確認させて頂いております。

医療機関様側からすれば多くの紹介会社から毎日のように電話があり、
お忙しい時間を電話対応のために割くというのは、多大が労力を
お掛けしてしまう事になるかと思います。

このような状況を考えますと大変心苦しい限りではございますが、
無理を承知で、ここで一つお願いがございます。
それは転職をご希望されている先生方により良い求人をご紹介させて頂く
ためにも、質の高い求人をご紹介させて頂くためにも、少しの時間で
構いませんので私共からのお電話に耳を傾けて頂けますと幸いです。

医師の採用でお困りの医療機関に対して私共としても出来る限り
良い先生をご紹介させて頂きたいという想いで取り組んでおります。
そのためには、まずは先生方に求人を如何に魅力的に感じて頂けるかが
大事だと思います。そのための情報収集は医療機関様からお伺いするしか
方法が無いのです。

医療機関様の中には実は医師の採用で困っているにも関わらず、
私共の方からお電話をさせて頂いた際に「業者」と分かった時点で、
一方的にお電話を切られてしまうような場合も多々ございます。
少しでもお話をお伺いさせて頂く事が出来れば何らかのお手伝いを
させて頂く事が出来るかもしれません。

そのような機会を逃さないようにするためにも、
どうか私共にもチャンスを頂ければ幸いです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

images (6)

医師の転職・相談・求人『悔いを残さない転職の重要性』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

今年も早いもので既に8月になりました。昨日から甲子園では夏の風物詩でもある
高校野球が開幕しました。私自身も高校時代には硬式野球部に所属していた事もあり
この時期になると今でも高校野球にくぎ付けになってしまうのです。

そんな高校野球を見ていて毎年思い起こしてしまう事があります。
それは「悔いを残さない」という事です。自分自身が高校野球をやっていた時の事を
振り返ると後悔する事ばかりで「真面目にやっておけば良かった」と今更ながらに
思う事があるのです。

何故、後悔するのかと言いますと「やり尽す事が出来なかった」事です。
一生に一度しかない場面ですから当然あとでやり直す事は出来ません。
にも関わらずやり残した事があるというのは後悔以外に何も残りません。

実はこれと同じ感覚に陥るのが転職です。
現在の仕事を辞めて新しい職に就くというのは意外と簡単な事かもしれません。
だから嫌な事などがあると簡単に転職しようと考えてしまいがちになります。
実際に自分も過去に目の前の仕事が嫌になってしまい逃げるように転職をした事が
ありました。その時の事を今になって振り返る事があるのですが、
残念ながら、その時に学んだ事はほとんど無い事に気が付かされます。
学んだ事が無い事は時間を無駄にしただけという事になるのではないでしょうか。

本来、転職するというのは今までよりも前進する事が前提だと思います。
経験値、給与額、ポジションなど、どれを見ても今まで以上の何かを得られるように
する事が大事ではないかと思うのです。悔いが残るような転職、つまり前進出来ない
転職であれば、してはいけないのではないかと思う次第です。

転職するのであれば悔いが残らない転職、前向きな転職が出来ると
良いのではないでしょうか。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

9507108743_4f0586b2c7_b

医師の転職・相談・求人『人間関係と承認欲求の関係』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

今回ですが少々転職のお話からはそれてしまうかもしれませんが、
先日ある知人とお話をしていて、とても共感出来る事を聞きました。
現在の世の中を最も反映している事と言っても良い事だと思いましたので
ご報告させて頂きたいと考えております。

ここ最近ですが世の中のあちこちで自分の存在や考え方、価値観などを
他の人から承認して欲しい人がもの凄く多くなっているというテーマです。
SNSなどを見ていても自分の見た事、聞いた事をネット上に公開して、
それに対する承認(いいねやフォロワーの数など、、、。)を求める人が
本当に多くなっている事に気が付きます。特に日本人は自信が無い人が多かったり、
相手に気を使い合わせようとする傾向が強い事もあって承認欲求が強い傾向に
あると言われています。

そもそも承認欲求は誰しも持ち合わせている事です。マズローの欲求5段階説では
生理的欲求、安全欲求、社会的欲求、承認欲求、自己実現欲求というように
4番目の欲求として捉えられています。つまり人間にとって自らを承認してもらう
という事はとても重大な事になるのです。

という事は一言で言えば人は相手から認めてもらえれば満足感が増し、
逆に認めてもらえなければ不安感や不快感を感じてしまう事になります。
では職場やプライベートなど自分の周りの人と接し方を考えた場合に、
この承認欲求を上手く活用する事が出来れば上手な円滑な人間関係を
築き上げる事も可能ではないか、というのが今回の最大のポイントです。

そうなんです。人間関係を構築していく上で最も大事な事は何か、
それはズバリ「まずは相手の話を聞き相手を認めてあげる事」だと思います。
相手を認める、褒める事で相手との距離は一気に縮まる事になるでしょう。
そうすれば相手との関係も良好になり円滑な関係が築けると思います。

転職のお手伝いをさせて頂く際に、人間関係の悪化を理由に転職に踏み切る
場合もかなり多いのが現実です。そのような話を聞いていて、いつも思う事は
必ずお互いに相手を攻撃しているという事です。承認する事とは真逆な行為です。
そもそも攻撃するに至る前の段階で何らかの形で相手を承認する事が出来ていれば
また違った結果が見えいたかもしれません。

今の世の中、相手を承認してあげるだけで大きな打開策に繋がるケースが
多々潜んでいるように思います。今まで相手を承認したり褒めたりする事は
少なかったと感じられる際は是非、実行してみて下さい。
新たな結果を見出す事が出来ると思います。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
 ↓ ↓ ↓ 
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら
>>>精神科医専門の転職サイト「精神科医の転職相談室」はこちら 
>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

b9cf0e1debaaaf8ecc77cca74623e3cd_s

医師の転職・相談・求人『病院のカラーは院長先生によって大きく変わります。』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

今日のテーマに関してですが当然だろうと思われる先生方も多いと思いますが、
実際に交代された病院を見ていますと想像している以上に大きく変わるような
事があるようです。

関東にありますH病院ですが、こちらは数年前に現院長先生に交代しました。
実はそれまでH病院というと近隣では悪名高き病院という評価が蔓延っており、
どれだけ良い条件を提示しても応募する医師は居らず、医師の採用について
常に手を焼いている病院でした。

そんな中、現在の院長先生に交代し院内の改革を行ったようなんです。
院長先生自身が院内の職員の手本になれるように誰よりも多くの仕事をこなし、
率先して嫌な仕事なども引き受けるようになったようなんです。
すると職員たちの仕事に対する姿勢が少しずつ変化してきたようで、
それまで以上に職員が積極的に仕事に取り組むようになったようです。
その効果もあって院内の雰囲気も活気の無い物でしたが、徐々に活気を取り戻し
とても明るい病院に変わっていったようです。

すると面白い事に病院に訪れてくる患者の数も増えてきたようで、
職員一人一人の仕事量が増加しはじめ、職員の増員を考えたようなんです。
しかし過去の悪しき噂が今でも根強く残っている事もあり、
医師をはじめ、その他の職種についても一切応募が来ない状況で
全く増員出来ない状況が続いてしまったようです。

その話を聞いて私自身も実際の病院の雰囲気を確認してみようと思い
病院を訪問してみる事にしました。事務長から病院について詳しく
ご説明して頂くと同時に院内の見学をさせて頂きました。
すると確かに医師をはじめ勤務している職員が生き生きと仕事をしており、
見学している最中に自分とすれ違う職員は皆、笑顔で挨拶をしてきます。
また入院している患者の多くが笑顔で職員と会話をしていました。
これが院内の雰囲気の全てを物語っていると感じました。

つまり病院の評価は院長先生によって大きく変わる事になります。
今までは残念ながら評判が悪かったような病院でも院長先生が交代する事で
180度変わる事も有り得ます。仮に院長先生が交代した病院や経営の上層部が
交代したような病院があったとすれば、今までのイメージでは
見てはいけないかもしれません。そのような病院は将来的に生まれ変わる
可能性もあり、今まで以上に更に良くなる可能性を秘めた病院と言えます。
病院の情報を収集する際には、そのような情報も併せて収集してみると
より深い情報を得る事が出来るかもしれません。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
 ↓ ↓ ↓ 
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら
>>>精神科医専門の転職サイト「精神科医の転職相談室」はこちら 
>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_S1C1604_sss

医師の転職・相談・求人『何事においてもフォローは大事です』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

先日、私が転職のお手伝いをさせて頂いたI先生についてですが、
(30代の女医先生)ご案内をさせて頂いていた当時に先生よりお伺いした
ご相談内容について記載させて頂きたいと思います。

こちらの先生ですがお子様を出産され、その後に育児休暇に入られました。
そのため臨床からはしばらく離れていたのですが、ようやく休暇も終わり
仕事に復帰したいという事で私共の方にご相談頂きました。

復職するにあたりI先生の中でいくつかの不安を抱えていらっしゃいました。
それはしばらく臨床から遠ざかっていたため、復帰したとしても
直ぐに勘を取り戻す事が出来るかどうかという事でした。

I先生は既に専門医もお持ちでいらしたので病院に対して
先生の経歴書を出せば即戦力として捉えられてしまう場合がほとんどです。
むしろ病院としては即戦力となり得る先生に来て頂きたいと考えている所が
多い事もありI先生に対する期待感がより増幅してしまうのです。
そのように病院側からの期待が大きくなればなるほどI先生としては
余計に不安を感じてしまう事に繋がってしまう訳です。

そこで先生としては面接を受ける際に病院に対して本音をお伝えしようと
考えていたようですが、果たして本当に本音を言っても良いものかどうか
答えが出ずに私共の所にご相談されたという経緯があったようです。

そのお話をお伺いし私共の方では以下のような回答を出しました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
先生のお気持ちをお伝えする際には言い方が大事です。
あまりにも自信無さげに重苦しくお話されてしまえば、
逆に病院側が先生に対して不安を感じる事になってしまいます。
(この先生は本当に大丈夫なのだろうか?)という感じです。
そこでお伝えする時は出来る限りサラッと伝えるようにして頂き、
・「可能な限り周りの先生方には迷惑をお掛けしないようにする」
・「とはいえ1日でも早く勘を取り戻すように尽力する」、、、など
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
自分自身の中で如何にしてフォローしていくのかまで
言及された方が良い事をアドバイスさせて頂きました。

その結果、病院からは先生のお気持ちを理解して頂く事が出来ただけではなく、
院長先生が直々に指導役を勤めて頂く事になり不安解消に至りました。

ただ一方的にお願い事をしてみたり、不平や不満を漏らすだけではなく、
それをどんな形でフォローする事が出来るのかについてまで、
考える事が出来れば対応としてはバッチリです!

ただただ相手方に不安や要望を突きつけるだけではなく、
その代わりにどんな事が出来るのかなど、何か挽回するだけの
要素があれば、お伝えしてみる価値があると考えています。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
 ↓ ↓ ↓ 
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら
>>>精神科医専門の転職サイト「精神科医の転職相談室」はこちら 
>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆