カテゴリー別アーカイブ: ちょっと余談

_S1C2224_sss

医師の転職・相談・求人『社会保険に加入するには』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

本日は、案外知っているようで知らない(自信が無い)方が多い、
社会保険の加入条件についてお話します。

私自身もリノゲートへ入社するまでは、
正直なところ恥ずかしながら、皆無と言って良い程、知識がありませんでした。。

そのような状況の中、コンサルタントになり先生方より
社会保険に加入するにはどうしたら良いのか?と言った
質問を受けるケースが何度かあり、
その際にアナウンスさせて頂いております内容を、
この場を借りお伝えしたいと思います。

以下↓が加入条件となります。
——————————————————————————-
~社会保険への加入条件~
➀.勤務日数、勤務時間共に常勤の3/4(75%)以上勤務している。
例:週5日勤務の医療機関であれば最低週3.75日、
週4日勤務の病院であれば最低週3日
➁.1ヶ月の給与が88,000円以上、年収で106万円以上の場合。
➂.1年以上継続して勤務している、もしくは勤務する見込みがある場合。
➃.学生ではない事。
➄.週20時間以上の勤務している場合。
——————————————————————————-
以上の条件5つを全てクリア出来ていれば加入対象になります。

補足ですが、501人以上が在籍している法人(企業)であれば➀以外の➁~➄の条件のみで
加入が可能になります。

※雇用保険に関しましては、週20時間勤務以上勤務している場合であれば加入が可能になりますので
参考迄にご確認頂ければと思います。

社会保険や雇用保険は常勤医として、フルタイムで勤務されている先生であれば
加入出来て当然と思われているかもしれませんが、
何らかのご事情で日数を減らし、非常勤医として勤務されている先生方や
フリーランスで掛け持ち勤務をされている先生方は気にされる点では無いでしょうか?!

いざそのような状況下に置かれ、不安な先生がおりましたら、
担当コンサルに質問を投げかけてみて下さいませ。
その際は丁寧に回答させて頂きたいと考えております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
 ↓ ↓ ↓ 
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら
>>>精神科医専門の転職サイト「精神科医の転職相談室」はこちら 
>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_MG_3050

医師の転職・相談・求人『常勤医師の働き方・心構えについて』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

先生方の働き方として、
常勤先を持たれて週4日~5日で常勤医(正職員)として勤務されている先生、
又は複数件を掛け持ちで勤務されている、フリーランスの先生、
働き方はこの2パターンに分かれるのではないでしょか?

今日は常勤医として、1カ所の医療機関で勤務する場合のメリットや
僭越ながら心構えについてお伝えしたいと思います。

————————————————————————————————–
まずメリットについてです。
・何と言っても安定です。ご家族が居る先生は特に「安定」は意識されるのではないでしょうか?
※医療機関側との雇用契約の中で「契約(雇用)期間」を定めているところもありますが、
何か双方に問題が無い限り、契約を打ち切られる事は滅多にありません。

・社会保険「雇用保険、労災、健康保険、厚生年金」などの福利厚生を受ける事が出来ます。

・学会参加費用の補助、退職金、賞与、有給休暇につきましても常勤医の場合、
受けられるケースがほとんどです。
※有給休暇以外は医療機関によってまちまちですので、入職前にしっかりと確認が必要です。

・患者様、病院職員からの信用や信頼を得やすいです。常勤医師の場合、非常勤医師と違い、
最低でも週4日は院内に居るかと思いますので、
入院患者様が体調を崩した、予期せぬトラブルが発生した場合に
直ぐに相談する事が可能で指示を仰ぎやすく、他職種の職員との信頼関係も構築しやすいのです。
————————————————————————————————–
常勤医(正職員)として勤務するメリットは以上の事が挙げられるのではないでしょうか。
今一度、確認頂けれれば幸いです。

また、常勤医として働く上での心構えについてお伝えさせて頂きます。
「心構え」とは一体何なのかと申しますと、
一番重要なのは「責任」「病院・患者様・地域への貢献」では無いでしょうか?
一般的には、入職直後は担当患者数や業務量に関して、
いきなり多くを与えられる医療機関が多くありませんが、
慣れと共に徐々に業務量が増えていく事が予想されます。

そこで起こる問題としては、入職時に聞いていた担当患者数や当直回数よりも
実際に多く求められるケースです。
断りたくなるのが、本音ではあると思いますが
常勤医(正職員)として雇われている以上、職種問わず起こり得る事なのです。

ここで問われるのが病院への忠誠心ではないでしょうか。
物理的に難しい場合は、何かやむを得ない理由がある際を除いて、
話を受ける・受けないの前に聞く耳はしっかりと持ちましょう。

もちろん、極端な話やあまりにも理不尽過ぎる場合は引き受ける必要が
無い場合も十分に考えられると思います。

安定した給与を貰い、働いている以上は思い通りにいかない事が起こるのは
致し方ありません。
ですが、正職員として勤務している以上、上記のような「責任」がある事を
ご理解頂ければと思っています。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
 ↓ ↓ ↓ 
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら
>>>精神科医専門の転職サイト「精神科医の転職相談室」はこちら 
>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

0c54afed47cf81fdb1e95de9c6628c71_s

医師の転職・相談・求人『期が変わりました:医療機関の採用活動について』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

1日遅れですが、昨日より期が変わりました。
本来であれば「入学式」「入社式」「転職(転勤)先での勤務開始」等
新たな生活の幕開けのはずであったかと思いますが、
憎いコロナウイルスの影響で予定通り事が進んでいない方も多いのでは
ないでしょうか?
先日も申し上げましたが、不要不急の外出を避ける事や手洗いうがいの徹底等、
周りにも呼びかけながらやれる事を確実にやっていこうと考えている日々です。

本題ですが医師転職市場についてはどうなっているのでしょうか?
まず、先生方から弊社へ頂く相談については大きく状況は変わらず
引き続き頂いている状況です。
相談内容については、
・半年後を目途に転職を考えられている先生
・来年4月頃を目途に転職を検討されている先生
・転科を考えられている先生
・来年4月より後期研修先(3年目)として勤務出来る病院を探されている
初期研修2年目の先生
etc..

私共としましても、先生方の意向に合わせる形で
医療機関とのやりとりは常に行っており、情報をご提供する事は可能です。
但し、見学・面接といった時間を先方に設けて頂けるか否かといった点では
エリアや病院の考え方によって大きく割れます。

A病院の場合…海外渡航歴がここ最近で無く、体調も良好であれば問題ありません。
B病院の場合…様子を見ている段階ですが、4月いっぱいは少なくとも採用活動は
控え、1か月程は様子を見て判断します。
C病院の場合…コロナが落ち着くまでは採用活動を控えています。
etc..

医療機関の担当者様からの声ですが、確認してみない事には当然わかりませんので
1件1件丁寧に確認作業を行っております。

私共リノゲートは、通常通り営業しておりますので、
これまでと変わらずに今後のキャリアプランでお困りの先生、
直ぐにでも転職したい先生等、そのような状況下にある先生からであっても
ご一報頂ければサポートに尽力致します事をお約束します。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
 ↓ ↓ ↓ 
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら
>>>精神科医専門の転職サイト「精神科医の転職相談室」はこちら 
>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

34d246d6db928fd7392b4ee0975f3850_s

医師の転職・相談・求人『有給休暇を纏めて取得する事について』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

突然ですが、
皆様は有給休暇を何の為に取得されていますか?
私はこれまでに多かったのは、
・旅行に行くため
・家族と出かける、たまにはゆっくり過ごす。
・冠婚葬祭のため
・体調を崩し出社が困難であった際
・実家への帰省
・転勤や転職前の準備、引越し準備
・理由は特にありませんでしたが有給残日数が多く残っていた為、
取得し自宅でまったり且つ趣味の時間に費やす
etc..
色々ありましたが、パッと思いつくのはこんなところでしょうか、、

有給を取得する際は、雇用主側には明確な理由は伝える必要はありません。
有給休暇は一定の期間勤続した労働者に必ず与えられる
「正当な権利」であるからです。
とは言うものの、職場によっては上長を納得させなければ、
休む事を認めてもらえないといった話を聞く事も多々あります。
本来おかしな話ですがそのような医療機関・企業が残っているのも
事実のようです。
※本来は「私用の為」←これで問題ありません。

ここで本題に入りますが、
本日のテーマの「有給休暇を纏めて取得する事について」ですが
こちらは非常に難しい問題です。
転職を考えられている先生方からも、
「有給休暇をある程度まとめて取得出来る病院はありませんか」?と、
相談頂く事があるのですが、働いてもいない段階で確約をもらうのは
非常に困難ですし、先生の印象が悪くなってしまう事が確実に予想されます。

確かにある程度纏めて取得出来れば、誰しもがそうしたいと思うのではないでしょうか?
ですが、仮にも一週間丸々誰かが休んでしまった場合、そのしわ寄せを受けるのは
周りの先生方です。
当然、まとめて取得する権利はありますが、周りへの影響や迷惑を考えた際に
フルで取得する事が困難であるケースが多いのです。

但し、これまでの先生の病院への貢献度や医局内での先生に対する周りからの
ご印象等が良ければ気持ち良く取得出来るケースも十分に考えられます。

最後にお伝えしたい事は、有給休暇をなるべく残さずに使われたいという先生は
なるべく細めにお休みを取られる事をオススメします。

有給休暇取得が原因で病院側と揉めてしまったなんてお話も稀に耳にしますが
非常に勿体ない話ですので、周りの事も考えながら計画的に有給休暇を
取得して頂ければと僭越ながら思っています。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
 ↓ ↓ ↓ 
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら
>>>精神科医専門の転職サイト「精神科医の転職相談室」はこちら 
>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

医師の転職・相談・求人『給与交渉をする上で大切な事』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

当たり前のお話と思わるかもしれませんが職種問わず、労働者として就業先で働けば
雇用主側より給与が支払われます。
給与に関しては、普段の生活の質に直結するものでもあり、
多く貰えるに越した事はありませんよね。

多く貰う為に必要になるのは、職場への貢献度が必須です。
もちろん、現入職した段階で満足のいく金額を貰えていれば給与アップを
求める必要は無いかもしれませんが、一定以上の成果や結果を出した際は
それなりの評価をしてもらいたいとお考えになるのでは無いでしょうか?

給与アップ(昇給)は大きく分けると3パターンに分かれます。
一つ目のパターンは勤務年数に応じて給与が上がる年次昇給です。
二つ目のパターンは個人の成果や結果(貢献度)に応じて決められたタイミングで
昇給するパターンです。
三つ目は昇級ではありませんが、職場に対して貢献度が高いにも関わらず、
ほとんど評価してもらえないというパターンです。

三つ目のパターンの、貢献しているにも関わらず、評価してもらえずといった状況では
モチベーションを保つ事が難しくなる事が予想されます。
先生方から頂くご相談の中にもある程度の業務量は熟しているにも関わらず、
昇給が一切無く、このままこの病院で勤務を続けるべきか、
スパッと転職してしまった方が良いのか悩んでいるといったお話を頂く事も
少なからずあります。

まず、こういった状況では転職をお考えになる前にまずは今の職場に対して
先生ご自身で交渉される事をオススメします。
「交渉」のポイントについて以下に簡単に纏めてみます。
まずは先生が現状、どれだけの業務量を熟し患者様がこれだけ付いているといった
具体的な数字(入院患者数、外来患者様)をデータとして交渉材料として
病院側との面談の場でお話される事が重要と考えております。
当然ですが、数字を提示するからには他の先生方よりも
数字が良く(高く)なければ説得力が全くありません。

もう一つ大事な事は病院側との関係性(信頼度)です。
更に噛み砕きますと、
「給与を上げてでも先生に残って欲しい」「〇〇先生は手放したくない」
と、思って頂ける存在かという事です。

もしも、病院側から見た先生への評価が芳しくない場合は
極論ですが「高い給与額を出してもらえる病院へ移ったらどうですか?」のような
悪い意味でまさかの展開になる可能性があります。

ですので、はじめにお伝えしました数字として結果や成果を交渉材料として
交渉する事も非常に重要なのですが「病院側から先生への評価・印象」が
給与アップ成功に繋がるといっても過言ではありません。
評価や印象を良くする事は医局内(院内)での周りへの立ち振る舞いや、
病院側に喜んでもらえる事を普段から意識的に行うといった事を
行うのも大事になります。

繰り返しになってしまいますが、説得材料も無しに交渉するのは、
これまでの関係性や信頼を失う事にもなり兼ねません。
また、交渉時の態度や言葉の選び方一つで結果が左右すると言っても過言では
ありませんので、交渉される前に一度シュミレーションを行った上で
病院側にお話される事をおすすめ致します。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
 ↓ ↓ ↓ 
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら
>>>精神科医専門の転職サイト「精神科医の転職相談室」はこちら 
>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

fe7d99e7ab07b13e471ebf26d8426d5a_s

医師の転職・相談・求人『最近感動した医療系の番組』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の一杉です。

突然ですが私、お笑いが好きなのです。 (笑)
中でもサンドウィッチマンが一番好きでして、先日興味深い内容のTV番組を見ました。
それはサンドウィッチマンの二人が病院に出向いて施設内にラジオブースを作り
2日間にわたり出張ラジオ局を開設するという内容でした。

更に詳しく説明すると
DJは勿論サンドウィッチマンの二人で開設している病院の患者様やその家族・職員の
方といった人たちをゲストに招いての様々なトークを繰り広げておりました。
そのトーク内容というものが感動的で患者様の今抱えている本音や病気との向き合い方
を聞き出していき、日頃なかなか言えない職員の方や家族に対しての感謝の気持ちを
ゲストが放送を通じて伝えていくという内容のものでした。
患者様、その家族、医師、看護師など病院に関わる人達のリアルな気持ちを垣間見る
事が出来き、新しい形のドキュメンタリーを見ているようでした。

本日は余談にはなりましたが、最近感動した番組をご紹介させて頂きました。
ちなみに『病院ラジオ』という番組です。
不定期に放送しているようなのでご興味ある方は是非ご覧になってみて下さい。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_S1C2191_sss

医師の転職・相談・求人『リノゲートについて』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

これまでに私共リノゲートと利用された事のある先生、無い先生双方の先生方に
今日は少しだけリノゲートの内情についてお話したいと思います。㊙
どうでも良い話と思われるかもしれませんが、先生方がご勤務されている
医療機関にも通ずるお話です。

まずコンサルの人数は大手紹介会社と比べますと、
コンサルの人数は桁が違います。苦笑
ですが少ない人数だからこそのメリットもあります。
あくまで私個人が感じている部分でもありますが、社内皆が同じ事を
思っていると信じて以下記します。笑
まずは社内での情報共有が細めに出来る事です。

日々の業務内での医療機関様とのやりとり、先生方とのやりとりの中で
何気ない一言でも我々としては貴重な情報として貯蓄出来るような
出来事、ワードがゴロゴロしています。
人数が少ない分、全員が社内に揃う事が多く、その日得た情報や知識を
惜しみなく皆で共有し高め合っています。
その貯蓄された知識・経験を活かすべく、新しくご相談頂いた先生方へは
惜しむ事無く情報提供します。
各々が淡々と己の成果の為だけに働いていては、会話すら生まれない
会社になってしまいます。
※私はそんな雰囲気の社内に居るだけで蕁麻疹が出てしまいそうです、、泣

次に強く感じているのは高いパフォーマンスが発揮できる職場である事です。
一番に思う事は、個人の裁量で業務にあたる事ができ、
一人の先生に対してコンサル1名で全て対応(情報収集~面接同行)します。
分業型には分業型のメリットはあるかとは思いますが、
1名のコンサルが医療機関様、先生方の間に入り対応する事により
双方のお考えになられている事を的確に捉える事ができ、
満足度の高いパフォーマンスを発揮できるのです。

また、少し角度に違った視点からリノゲートを見てみますと、
残業時間が極端に少ない集団です。
ちなにみ私は18時前には95%退社しています!、、(定時は17時半です)
サボっている訳ではありませんよ?、、汗
会社全体の考え方が、グタグタと非効率的な働き方はしないで
時間内でどうすれば仕事が終わるのかという事を常に追求し続けています。

コンサルによっては、時期柄忙しい時がありますが
周りの人が残っているから、帰りづらいなんて雰囲気は流れていません。
メリハリを付けなくては、人間集中力には限界がありますので
高パフォーマンスは維持できないのです。

【重要】
※残業は極端に少ないと申しましたが、
先生一人一人へのメール・電話対応に関しましては
24時間365日対応可能ですのでお気遣い無くご連絡を頂ければと思います!

今日は少しだけですが、リノゲートの内情についてお伝えさせて頂きました。
また、ふとした時に「こっそり」と口を滑らせたいと思います。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

1c3175edea1dd185e66aee549859feb9_s

医師の転職・相談・求人『予防対策していますか?』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の一杉です。

最近、連日ニュースで新型コロナウイルスが取り上げられ
中国を中心に猛威を奮っている様子が伝えられています。
中国国内での死者数はSARSを超えており、
更なる感染拡大や被害が懸念されています。
これに伴い中国の武漢市ではバスや列車・フェリーや飛行機などを含め都市
全体が封鎖された状態にあり、まるで映画のワンシーンかのような都市が閑散
とした状況になっています。
感染力はインフルエンザと同等ともみられているみたいなのでそれも新型
コロナウィルスの怖い所でもあります。

ちなみにどのように感染していくかについては現時点では主に
飛沫感染(ひまつかんせん)と接触感染の2つが考えられています。

※飛沫感染….くしゃみや咳、つばなどと一緒にウイルスが飛沫して
別の人がそれを吸い込み感染する事。

※接触感染….ウイルスの付いた手で(咳やくしゃみなどをしてそれを手で
押さえた場合など)モノに触れ別の人がそのモノを触りウイルス
が手に付着してその状態で口や鼻に触れ粘膜から感染する事。

日本国内でも感染者が出てきているので感染拡大を防ぐ為にも、
しっかりと予防対策を行う事が必要になってきています。

感染を防ぐ最善の対策は、
こまめな手洗い・うがい・マスク着用の徹底が挙げられます。
手洗いのタイミングとしては、主に帰宅後ですが人が多く利用するトイレなど
の使用後も石鹸をつけてしっかりと手洗いをする事が重要です。
また、うがいについてはドラッグストアなどで市販のうがい薬が売っているので
それを使うと消毒・殺菌ができより効果的に予防が出来ます。

私も医療業界に携わっている身として
気を引き締めて感染症予防を徹底したいと考えております。

皆さんも感染症を含め体調管理には十分お気をつけください。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

医師の転職・相談・求人『ブランクがある先生へ』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

今日はピンポイントになってしまいますが、何らかのご理由で
ブランクがある先生、休職中の先生へお話をさせて頂きます。
弊社では僭越ながら常勤・非常勤、エリア等を全く問わず幅広く先生方の対応を
しておりますが、その中には数年のブランクや諸事情により休職中の先生も
いらっしゃいます。

ブランクがある事、休職中といった事実は当然変えられませんので
復職される際はいかにポジティブに医療機関にお話出来るかが
ポイントになります。
理由次第ではありますが、全てを正直にお伝えしてしまうと
医療機関側に悪い印象や、採用にあたり不安を抱かせてしまうといったケースにも
発展してしまいます。
そのような事にならないようにする為には、紹介会社と先生との間で
意志統一や情報共有をしっかり行った上で面接に臨まれる事を
オススメ致します。

また、もう一つ大事なのが「やる気」を見せる事です。
精神論をでは無く、やはり現場から離れてしまっている場合は
職業に関わらずスキルは落ちている事は間違いないかと思いますので、
感覚を少しでも早く取り戻す為に業務に励むといった旨をしっかりと
お伝え出来れば印象も大きく変わってきます。

私共(リノゲート)でも、これまでに対応させて頂きました先生で
休職中から無事復職を果たされている先生も多くおりますので、
まず先生のご状況や現在の状況に至る経緯を少しずつで構いませんので
お話頂ければ幸いです。
その後先生の復職に向けて、情報提供や諸々のサポートに尽力致します。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_S1C1604_sss

医師の転職・相談・求人『先生方からよく頂く質問➃』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

以前より、先生方から多く頂く質問をご紹介させて頂いておりましたが、
本日も幾つか紹介したいと思います。

——————————————————————————————————-
Q..私は九州で転職先を探しているのですが、
リノゲートさんは九州も対応していますか?

A..はい。支店はございませんが国内であれば何処でも対応しております。
病院見学のみならず面談等でも伺わせて頂きます。

Q..1年以上先の転職を考えているのですが現在の医療機関の募集状況を
お教え頂く事は可能でしょうか?

A..はい。全く問題ございません。但し一点注意点としまして現在の募集状況と
先生が実際に見学等のアクションを起こされる場合の状況が
変わってしまっている可能性がある事はご了承下さい。
ですが、早い段階から情報収集をされる事自体は、
医師転職市場の状況を把握する意味でも恐縮ながらオススメします。

Q..「以前はお世話になりました。私ではないのですが、
友人で転職を考えている医師がおり、〇〇先生をご紹介させて頂きたいのですが
〇〇さんの連絡先をお教えしても問題ないでしょうか?」
※〇〇さんは私共コンサルです。

A..私で宜しければ是非ご紹介下さいませ。お知り合いの先生の転職成功に
向けて尽力致します。
——————————————————————————————————-

時期的にも半年後の夏頃や2021年1月~4月頃の転職を考えている先生が
多くなってきました。
時期云々では無く、情報収集のアンテナを常に張っておくのは転職を行う上で
間違いなく大事な事になりますので、今現在の医療機関の医師募集状況だけでも
知りたいという先生も遠慮なくご相談頂ければ幸いです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆