カテゴリー別アーカイブ: コンサルタントについて

_MG_3511

医師の転職・相談・求人『コンサルタントとの相性について』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の一杉です。

転職活動をする中で弊社のような紹介会社をご利用され
コンサルタントとやり取りをされる事もあるかと思います。

先生の話を聞く中で
『登録した他の紹介会社のコンサルタントとの相性が合わなくてさ….』
と相談を受ける事もあります。

人と人ですから当然相性というものがあります。

コンサルタントによって性格や性別、年齢も異なりますし
転職の進め方や求人提案の方法が変わったりもします。

話しやすい人柄、年齢や性別など人によって相性が良いと感じる部分は様々ですが
このコンサルタントとは相性が合わないなーと感じる事があったら、
他のコンサルタントに交代して欲しいとの意向を紹介会社側に伝える事も必要です。

そのまま転職活動を進めても、上手く進まない、こちらの考えが伝わらないなど
色々な弊害が出てきてしまう場合があります。

実際私も、以前転職活動を行った際、担当してくれたコンサルタントの
転職活動の進め方がどうしても合わずに担当を変更してもらった経験がございます。
その後、新しく担当になったコンサルタントとは相性がよく円滑なやり取りを
行う事ができ無事に転職する事が出来ました。

転職は人生に関わる大きなイベントです。より良い転職に導く為にも、
このコンサルタントと相性が合わない、意思が伝わらないなど不安に感じる事があれば
コンサルタント変更の意向を伝える事も必要です。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

4439ebd42f440e29c120f3bf749311f4_s

医師の転職・相談・求人『コンサルタントの質』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

先生方が転職活動をされる中で一つの手法の中に私共のような紹介を利用し
転職に至るケースは多々あるかと思います。
今日はその紹介会社の中の「コンサルタント」の質について共有させて頂きます。

特に複数の紹介会社に登録され、複数のコンサルとやりとりをされている中で
コンサルのレベル・質の良し悪しで疑問を持たれた先生も多くいらっしゃるのでは
ないでしょうか?

以下は付き合ってはいけないコンサルタント、付き合うべきコンサルタントの一例です。

—————————————————-
【NGコンサル】
・先生からの質問に対し、直ぐに答えられない、的を得た回答を出来ない。
※頭の回転が遅い、引出しが少ない。
・定型文かのように機械的な文章や、話し方しか出来ない。※営業っぽい。
・レスポンスが遅い。
・迷惑メールのように「求人求人」とメールがひたすら送られてくる。
・1件1件の病院の説明もせず、この中から選んでくださいといったスタイルで
話を進めてくる。
・医療機関側からのオファーに対し、大げさに喜んで先生を引き込もうとする。
・面接の際に何もフォローしない。喋らない。
・進捗状況の報告が遅い、最悪の場合は一切無い。
etc…

【good コンサル】
・先生への質問の意図が明確且つ、先生からの質問に対しても的を得た
的確な回答が出来る。プラスαをもたらせる。
・医療機関の内情・情報に詳しい。
・先生の事を理解している為、医療機関の紹介をした際の理由が明確である。
・レスポンスがとにかく早い。
・面接の際に先生が聞きにくい事等をコンサルからベストなタイミングで質問出来る。
・先生方の転職動向や病院の採用状況等を把握しており先生に的確な
アドバイスや情報提供が出来る。
・進捗状況の報告を怠らず先生を不安にさせない。
etc…
—————————————————-

幾つか挙げさせて頂きました。
コンサルとのやりとり中で何らかの懸念を感じられてる際は
コンサルの変更(交代)を依頼するか、スパッと他の会社を利用されるのも
一つの手かもしれません。

もしも、利用している紹介会社を絞りたいと思いつつも、
判断にお困りの先生がおりましたら、一声お掛け頂ければ幸いです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

8719836297_227d416297_c

医師の転職・相談・求人『紹介会社(コンサル)の役割・責任・業務について』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

以前にもお伝えした事がありますが
私も紹介会社(コンサルタントやエージェントと呼ばれる事もあります)を
利用し転職に至った事があります。
最初は2社程、同タイミングで登録し面談した後、
それぞれの担当コンサルから求人情報をはじめとする情報を
頂いていました。

今思えば、2社の担当コンサルのタイプは真逆だったかもしれません。
A社のコンサルは恐らく年齢は20代後半で経験もそこまでは
積んでいないであろう方が担当でした。
一方、B社では30代後半~40代前半くらいのコンサル一筋で働いてきた方に
担当頂きました。

どちらもお人柄は良く、私としてもやりとりがしやすくどちらが一方に
絞ろうと当初は思っていませんでしたが、たまたまB社より紹介頂いた企業に
面接に行った際に、事前に求人として提供して頂いていた情報と実際に企業側の
面接官が仰る業務内容であったり、労働条件・福利厚生面も含めて
極度にかけ離れており情報を送ってきた、コンサル(紹介会社)に疑念を
抱いてしまいました。

冷静に考えてみればコンサルはあくまで紹介会社のコンサルで
実施に企業で勤めている人間ではない為、内情を隅から隅まで把握する事が
難しいのは理解出来ますが、こちらとしては真剣に転職活動を行っている中、
最低限、正確且つ質の高い情報が欲しかったと当時は思っていました。

逆にA社のコンサルはB社のコンサルに比べ、スピード感にはかけておりましたが
提供頂いていた求人情報の中身に関しては、私が転職軸としてお伝えしていた部分が
びっしりと内容の濃い情報が明記されておりました。
実際にA社経由で面接に行った企業と事前に捉えていたイメージ(カラー)は
ほとんど一致しており、結果的に私と縁が出来たのはA社の若手コンサルより紹介頂いた
企業でした。

スミマセン私の話がメインとなってしまいました、、
紹介会社(コンサル)が一番に考えなければならない事は情報量では無く
より質の高い(中身のある)先生に合った情報をご提供する事かと思います。

当然、先生方の状況によってはスピード感・情報量を求められる場合もあるかとは
思いますが、私共のご提案のスタイルとしては、会社で保有している求人情報を
求人屋の如く、皆で使いまわしでご提供するのでは無く、
その都度、1件1件丁寧に直近の医療機関の情報を収集しお送りするスタイルで
対応させて頂きます。当然、スピード感・やりとりのスムーズさも
一気通貫型(両面型)で対応している事もあり自信がございます。

少し営業トークっぽくなってしまいましたが、
先生方、医療機関側との間に入り一人で初めから終わりまで対応致しますので
その流れが高パフォーマンスを生み出します。

紹介会社は沢山ありますので、どこの会社を選ぶかは先生次第ですが
「質」「対応力(柔軟性)」を求めておられる先生は弊社に是非ご相談をお寄せ下さい。
使わなければ良かった、、等と
後悔させる事はありません!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_S1C1668_sss

医師の転職・相談・求人『一気通貫型と分業型について』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の一杉です。

来年度のご転職へ向けて少しづつ動き出されている方も増えてきているのではないでしょうか?
その際は弊社のような人材会社をご利用される場合もあるかと思います。
本日は人材コンサルタントについてお話をさせていただきます。

人材コンサルタントの仕事ですが、職務としては大きく分けて2つあります。
①人材を探している企業向けの業務
②仕事を探している求職者向けの業務

私たちコンサルタントは主にこの二つの職務に従事しています。
又、この二つの職務でございますが、一気通貫型と分業型の2つに分類されます。

■まずは一気通貫型についてですが両面型とも言います。
人材コンサルタントが企業側と求職者の双方に対して直接連絡をとりマッチングを進めていくパターンです。
簡単に説明すると上記でご説明した①②を一人のコンサルタントが通貫して行うという事です。
こちらは、双方と連絡を取り合う事で意見が伝わりやすく、ミスマッチが起きにくいというメリットがあります。

■もう一つが分業型です。
こちらは①企業担当と②求職者担当にコンサルタントが分かれてマッチングを進めていくパターンです。
業務効率性を重視したシステムのため、多くの人材・求人と出会える可能性があります。
つまりコンサルタントが対応する数が多い(企業数と求職者数)という事です。

この2つのスタイルにはそれぞれの上記のような異なる特徴があり、
会社によってスタイルは異なります。

弊社では、企業側と求職者の双方を対応する事により
双方の考え・意思の伝わりやすさやスピーディーな対応などが実現できる為、
一気通貫型を行っております。

これからご転職をお考えの先生で紹介会社のご利用を検討されている場合は、
その会社がどのようなスタイルをとっているかもご参考にして頂ければ幸いです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

5f9cdcc810c6845bc96b77416ea4c56a_s

医師の転職・相談・求人『リノゲートのコンサルはどこにでも駆けつけます』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

つい先日ですが、弊社へ相談をお寄せ頂いた先生とお会いする為に大阪と
長崎へ出張に行ってきました。
と、言いますのもよく相談を頂く先生方や医療機関様より
「リノゲートさんは全国どこでも対応しているんですか?」と質問を受けます。
答えは「YES」です。

当然、相談を頂く先生方は関東を中心とするエリアでご勤務されているケースが
多いですが、地方でご活躍されている先生方からの相談も多数頂いています。
その甲斐もありまして、実際に現場で働かれている先生方から貴重なお話を
頂戴し弊社へは多くの情報が蓄積されています。
弊社でこれまでに積み上げて来ました経験や実績を先生方のサポートを
致します際にフルに活用しお役に立てればと考えています。

そこで、情報をお伝えする手段ですが当然メールでもお伝えする事は可能ですが
実際に喫茶店等でお会いし、面談形式でお話を共有させて頂きますのが
私共としては理想と考えております。
経歴書の中身やメールのやりとりのみですと先生の本音や姿を知れる範囲には
限界がございます。

病院側に先生方の紹介をする際にも実際にお会いした事はあるんですか?
と、聞かれる事も多々あります。そこで嘘をついてお会いした事があると
伝えても実際に見学に伺った際に、聞いてた先生の印象と違うと言われ、
オファーに繋がらないケースも多々あります。

上記のような事からも、お忙しい中お手間になってしまうとは
思いますが、もし可能であれば一度、お会いしお話を共有する場を
設けて頂ければと思っております。
その際には必ずや先生のお役に立てる情報をご提供する事をお約束します。
リノゲートのコンサルは労を惜しまず北から南どこにでもお伺い致しますので
お申し付け下さいませ。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

7fb48449ebf5eb28fe1ad1fbdc1a0902_s

医師の転職・相談・求人『転職コンサルタントになろうと思った理由』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

今回ですが今更と言いますか、改めてと言いますか私が転職コンサルになろうと
思ったきっかけについて記載させて頂きたいと思っております。

私には自分自身、過去に何度も転職を繰り返してきた経験があります。
転職を繰り返してきた理由には様々なものがありましたが、基本的には現状の
仕事(職場)に対して何らかの不満を抱えるようになり、そこから逃げるように
転職する事を繰り返していたように思います。

その時の自分が考えていた事は、そもそも自分に向いている仕事は何か、
第三者からの意見を聞いてみたいという事でした。自分の中で何が得意で
何が苦手なのか、どんな仕事に就いたら良いのか、よく見えていなかったので、
それを第三者から助言して頂きたいと考えていたのです。
そこで思った事ですが、その役割を自分が果たす事が出来れば同じような事で
悩んでいらっしゃる人に対して何らかのアドバイスをしてあげる事が
出来るかもしれない、そう思って転職コンサルタントになる事を決めたのです。

ただ実際にコンサルタントとして活動をしてみると、人というのは
千差万別で人によって考え方が違えば価値観も違う事に気が付きます。
つまり私一人がどう思っても他の人が自分と同じような事を考えているとは
言い切れないのです。ここが、この仕事の最大の難しさだと思います。

こうなれば、あとは推測力がものを言います。
・この人にとって優先すべきポイントは何か?
・どんな情報を提案してあげれば喜んで頂けるのか?
・この人の性格上、このような仕事先は合わないのでは?
・この人が言っていた意図は何処にあるのか?
というような疑問に対する答えについて、どれだけ推測する事が出来るのか、
という事がコンサル力であり、引き出しの数であり、能力という事だと思います。

コンサルタントになりたいと思ったきっかけは「人の役に立ちたい」という事です。
この気持ちが無ければコンサルとしてより成長する事は難しいと思います。
常に向上心を持ちつつ、先生方への適切なアドバイスが出来るように
今後も取り組んでいきたいと考えております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

862a0ab9cf59350b1d5c5b7b129d686c

医師の転職・相談・求人『振り出しに戻らない積み上げ型の転職が理想です』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

今までに先生方をはじめ多くの方々の転職活動のお手伝いをさせて頂いた中で、
実際に見てきた経験談の中で、これだけは絶対にやってはいけない事は何か、
それを考えた時に真っ先に上がってくるのが「振り出しに戻ってしまう転職」
という事になります。

通常、転職する事になる背景としては何らかの原因が潜んでいる事がほとんどであり
その原因を解決するために転職するという事になります。つまり原因を解決する事で
今までよりも一歩も二歩も前進する事が出来て初めて転職した甲斐があったと
言えるのではないかと考えております。

しかし、ごく一部にはなりますが転職した事で前進する事はおろか、
むしろ後退してしまうようなケースも存在します。どのような事かと言いますと、
折角、転職したにも関わらず、再び早期で退職し転職してしまうケースになります。
このような場合、転職した事で得られた物がほとんど無い状況で再び転職します。
結果として何が残るのかと言えば「職歴を汚してしまう」というネガティブな事だけが
残ってしまい結果的に、今までよりも後退してしまう事になります。

転職する以上は今まで以上に前進する事が大事ですし、今までに得た経験値に
プラスして新たな経験値を積み上げていく事で今まで以上にスキルアップを図る
必要があると考えております。積み上げ型の転職が出来るよう、転職は慎重に行って
頂きたいと考えております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

754221f5ad36a2ccd592c69e56e35e57_s

医師の転職・相談・求人『医師の転職は医師専門の紹介会社を利用すべきです。』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

今回のテーマに関してですが医師の紹介を専門に行っている私共が自分で言うのも
変なお話かもしれませんが過去にあった事を振り返ってみますと、実はこれが
非常に大事な要素であるという事に改めて気が付きました。そこで先生方に対し
何故このような当たり前のことを改めてお伝えする必要があるのか、その内容を
ご説明させて頂きたいと思います。

先日、内科のJ先生からこんな話を聞く機会がありました。
「正直なところ紹介会社であれば、どこでも一緒かと思っていたが、
いざ蓋を開けてみたら全く違っていた事に驚いた。」というようなお話です。
実はJ先生には知人の中に紹介会社でコンサルタントをしている人が居り
その人に転職の相談を持ち掛けたようなのです。なぜこのコンサルタントに、
お願いしようと考えられたのかと言いますと、普段は看護師、薬剤師などの
ご案内をしているようで医師と同じ医療業界を相手にしているので大丈夫だ、
と思っていたようです。

そしていざコンサルに会って話をしてみたところ知識云々の前に、
仕事の進め方、方向性に対して「何故」と思うような疑問が生じたようです。
その理由は、会って詳しい話もしていないのに、いきなり病院の情報を
提示して来たようです。それは単純に内科医を募集している医療機関という事で
事前に情報を収集して提示してきたようなのです。

一応、求人に目を通してみたものの希望に見合う物は1つも無かったため、
改めて条件を伝えて探してもらう事にしたようです。後日、改めて求人を
提案して来たようですが、やはり見合った物は無かったという事でした。
※看護師や薬剤師の場合、求人ごとに内容が変わらない場合も多いため、
このようなやり方でも問題なく進んでしまう事も有るようです。

この時にJ先生が感じた事は医師に対する経験値や知識が不足している事は
当初から致し方ない事として捉えていたようですが、それ以上に医師の感覚を
理解していない事、ここに最も大きなマイナス面を感じてしまったようなんです。

つまり今回のコンサルは普段、医師とは接していないため、医師が考える事や
感覚値が想像出来ないのです。そのため提案してくる内容が明らかな一方通行に
なっておりJ先生の希望とは乖離してしまっていたという事でした。

その点において日々、多くの先生方とやり取りをさせて頂いている
医師専門の紹介会社の方が先生方の考え方や志向を理解しやすいという
メリットがあるのです。人はそれぞれの趣味嗜好があります。
他人がそれらを100%理解する事は難しい事ではあると思いますが、
だからこそ「感覚」というのが大事になります。先生方がどう考えているのか、
何を希望されているのか、それを想像する力という事になります。
この点においては医師専門の紹介会社が負けるはずがありません。

転職活動をご検討される際には是非、医師専門の紹介会社をお選び頂き、
更には「感覚」の鋭いコンサルタントをお選びになる事をお薦め致します。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_S1C0498_sss

医師の転職・相談・求人『相手のニーズをしっかり確認する。それがコンサルの基本です。』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

先日、私の娘のメガネを買いに行った時の出来事になるのですが、私共の仕事にも
当てはまるのではないかと思うような事がありましたのでご紹介させて頂きます。

ここ最近、授業中に黒板の字が見えにくくなってきたという事で新たなメガネを
買いに某メガネ屋に訪問しました。気に入ったフレームを選んで視力の検査を
行ってもらい、検査が終了した時点で店員から検査結果の説明をしてもらいました。
すると「前のメガネですと少々見づらい状況のようでしたので両目共に1段階
度数を強くしておきました。この度数でお作りします!」という説明がありました。

この説明を聞いても私的には全く腑に落ちない感じを受けたのです。
目が悪くなっていたので度数を上げるというのは理解できたのですが、
両目共に1段階度数を強くしたとだけ言われても、そうする事でどれだけの変化が
あるのか私達には全く理解する事が出来なかったのです。

そこで私の方から「1段階上げると視力はどの位になるのですか?」という事で
質問してみたところ「両眼で見て07~0.8くらいになっている」という返事が
返ってきたのです。この回答にも全く理解が出来ませんでした。
何故、勝手に0.7~0.8しか見えないメガネを作ろうとしたのだろうか?
という疑問なんです。

娘は黒板の字が見えにくいから新しいメガネが欲しかったのです。
1段階度を上げれば今まで使っていたメガネよりはよく見えるようになるかも
しれませんが肝心な黒板の文字が見えるようになるかどうかは別物です。
今回、眼鏡を買いに来た理由すら聞かず、0.7~0.8程度見えるようにしました、
というその対応に正直驚いてしまいました。

結局、一旦はそのままの度数で作成し実際に黒板の字を見てみたのですが、
やはり希望している程の見え方ではなかったようで、その理由をメガネ屋に話して
更に1段上げた度数にて作り直しをしてもらいました。

これは明らかに店員が私共の要望を聞いていなった事が一番の理由だと思います。
相手のニーズを聞くこと無く相手に満足を提供する事など、ほぼ不可能に近いです。
メガネの作り直しをする事になったメガネ屋の自業自得という事だと思います。

これは私共の仕事にも、そのまま当てはまる事ではないかと思っております。
先生方がどんな事を希望されており、どんな理由で転職を検討されているのか、
それをしっかりと把握する事からご案内がスタートするのではないでしょうか。
まずは先生方のニーズをしっかり確認する、ここを徹底する事で先生方のご要望に対し
的確な対応をしていきたいと考えております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

13cfaabbd296f40434bbe17164747044_s

医師の転職・相談・求人『売り手市場だからこそ対応は慎重に』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

現在の医師の転職市場の状況はと言いますと、いわゆる医師不足という状況もあり、
売り手である医師側が有利な状況が続いております。それもあり先生方にとっては
大変転職がしやすい状況になっております。更には交渉などを行うにあたっても、
先生方に有利が条件で交渉がしやすい状況となっております。

ここまで長い間、このような状況が続いており今の状況が当たり前のように
感じてしまいがちではありますが、このような状況が今後もずっと継続するとは
限りません。

以前、私は製薬系の仕事の転職支援をしていた経験があります。
その時ですが初めの2~3年間は圧倒的な売り手市場となっており、
応募すれば誰でも簡単に採用して頂けるような状況でした。しかしそこから更に
2~3年経過した後、業界の状況は急変しました。ある時期を境に業界全体の動きが
一気に鈍り始め儲けが出せなくなり始めたのです。そこから企業側は人の採用枠を
一気に絞り始め、売り手市場だったものが一気に買い手市場に変貌していきました。

勢いのあった時の様子からは、まさかこのような事が実際に起きてしまうなんて
全く想像が出来ませんでした。この時の経験を踏まえて考えますと
医師の転職市場においても、いつ何が起きるか分からない状況です。
そのような時に焦らないようにする意味も含め、今から取引先である医療機関を
大事にする気持ちが持てるかどうかが、今後の自分達の成長に関わってくるのでは
ないかと思っております。

売り手市場だからこそ謙虚な気持ちで対応する、この気持ちを持つ事が
結果的に先生方、医療機関との間を上手く取りまとめる事に繋がると思います。
今から取り組んでいきたいと考えております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆