カテゴリー別アーカイブ: 医師の転職理由

9507108743_4f0586b2c7_b

医師の転職・相談・求人『後だしじゃんけんはNGです』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の一杉です。

先生のご入職が決まった際には、必ず医療機関側と先生との間で
「雇用契約」を締結する事になります。
勤務時間、日数、当直の有無、給与条件、他各種条件面において
最終的にまとまった内容で締結する事になります。

しかし、雇用契約の締結後に急遽先生の方から勤務曜日など条件面
において再調整の依頼を受けるケースもございます。
しかも安易に変更できるのだろうとお考えの先生もいらっしゃいました。

そうではないのです。

医療機関側は今在籍している先生方の兼ね合いも含めて
調整を行っていることになります。その為、急に変更して欲しいとの
お申し出があれば多大なるご迷惑をお掛けする事になります。
こうなってしまうと医療機関側からの先生の印象は….。
ましてや入職する前ですから最初から先生イメージを下げてしまう
というリスクも伴います。

このような事にならないように
契約を締結する際には慎重な対応をされる事をお薦め致します。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

OZP73_komattasensei20140321_TP_V

医師の転職・相談・求人『医師の退職理由、転職を考えるきっかけについて』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

題名だけ見るとネガティブな印象を受けるかもしれませんが、
先生方は退職を考える際に、
「自分の退職理由は理由として通るのか?」
「こんな事を考えているのは自分だけではないのか?」
と、ふと不安になられる先生も居るのではないでしょうか。

そんな先生方の不安なお気持ちを少しでも解消出来ればと思い、
具体的に退職理由や転職を考えるきっかけはどのようなものがあるかご紹介します。
※実際にご相談頂いた先生方からのお声です。

・家族の転勤の都合で退職せざるを得なくなった。
・大学の人事であちこち飛ばされるのはうんざりしている。
・とくかくハード過ぎる。まともな休みが日曜日しかなく身体を壊しそう。
・管理職に興味があり、院長候補等で検討してもらえる病院へ転職したい。
・医療機関側から突如契約の更新はしないと告げられ退職せざるを得なくなった。
・周りの医師よりも業務量を熟し、売上に貢献しているのみ昇給が一切無い。
・医局の雰囲気に馴染めない。特定の大学の医師同士でグループ化してしまっている。
・資格取得を考えはじめ、取得出来る医療機関への転職を考えている。
・経験は十分に積んだ為、QOLと給与重視で良い条件の病院があれば転職したい。
・パワハラまがいの事を受けている。
・せっかく精神科に転科したのに元々が身体科出身という理由で
身体面ばかりを診させられている。※逆パターンも然りです。
・子育てしながらでも勤務出来る病院に転職したい。
・売上・利益重視思考の考え方や押し付けにやり切れない気持ちを抱いている。

如何でしたでしょうか?

近々、またご紹介出来ればと思っていますが、
退職理由や転職を考えるきっかけは先生には先生の考え方や状況がありますので
決して不安に思われなくて良いのです。

進路やキャリアプランについてお悩みの先生は、お知り合いの先生や
私共のようなエージェントに不安や疑問をぶつけてみてください。
きっとモヤモヤが晴れ、何らかのアクションを起こすきっかけになるのではと
思っています。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
 ↓ ↓ ↓ 
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら
>>>精神科医専門の転職サイト「精神科医の転職相談室」はこちら 
>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

d378e1ef720309426cc91e7a741cec41_s

医師の転職・求人・相談『最終的に入職を決めた理由・医師の定着率が高い医療機関とは 』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の一杉です。

先生の転職サポートをさせて頂く際に、大体2~3件医療機関を訪問し(見学・面接)
その中から最終候補となる医療機関を絞られるケースが多くあります。
絞り込みにあたってはまず、下記のような部分で比較されます。
———————————————————————
■患者様の症例や割合
■院内の綺麗さ
■給与条件
■アクセス面
———————————————————————
こういった絞り込みの中、
最終的な判断要素として最も決めてとなった理由を先生方にお伺いすると
院内の雰囲気や院長のお人柄というご回答を頂く事が
多く感じます。

というのも院長先生とは医療機関のトップという立場であり、
病院の方針はもちろん、医師の管理も行います。
勤務医という立場からすれば、信頼・尊敬できる方でないと
長く働くのは困難です。
また、職員(コメディカル・事務方を含め)の方々と医師との関係性が
良好であれば、院内の雰囲気が良く働きやすい環境という事になります。

その為、私共と致しましても医療機関への訪問時には、院長先生や事務長
などのお人柄を含め、受付やナースステーションなどの様子もチェックし
先生へお伝えするようにしております。

面接時には、先生のお人柄が重視されることが多いですが、
逆に先生が医療機関に入職を決める理由として多いのも
院長先生のお人柄や院内の雰囲気(職員の方々のお人柄)
という事も事実です。

長く働ける医療機関・医師の定着率が高い医療機関というのは
職員同士の関係性が上手く築けている環境なのではないでしょうか。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

0e69c42f72ea49067110e8a81f390eb0_s

医師の転職・相談・求人『そもそも転職する理由って何?』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の一杉です。

ご転職をされる場合、
必ず何かご理由があって新しい勤務先をお探しになる事かと思います。
弊社でも日々様々なご理由を持った先生方の転職のサポートをさせて頂いております。

本日は「そもそも転職する理由とは何か?」にスポットを当ててお話しをさせて頂きます。

まずは主な転職理由としては以下が挙げられます。
*************************************************************
・院長先生や理事長などが変わり病院の経営方針が変わってしまった。
(今まで慢性期だったのが→急性期に移行)

・お子様が生まれて生活環境が変わった為、通勤時間や勤務日数を減らして
 働きたい。

・奥様や旦那様の転勤により転居を伴う転職を考えている。

・転科を考えている。

・症例が集まり指定医を取得出来る病院に移りたい。

・大学医局を出て働きたい。

・急性期病院から業務量を落として慢性期寄りの病院で働きたい。

・専門性を高めたい
(認知症に特化した施設や緩和ケア・リエゾンなどが行える医療機関を探している)

・病院ではなくクリニックで働きたい

・常勤先の勤務条件が固まったので非常勤先を探したい
etc…

*************************************************************
ほんの一例ですがざっとこんな感じでしょうか。

転職理由については、医療機関側の採用者も気にするポイントであり
面接時やご応募の際に聞かれる事の多い質問です。
その際は転職する事により何が叶えられるのかをしっかりと伝えられる事が重要です。
また求人をお探しする際にも、転職理由を元に何に優先順位を置いて探すかにより
絞り込みがかけやすくもなります。

「そもそも転職する理由って何か?」当たり前の事かもしれませんがここを
しっかりとご自身の中で整理・明確にしておく事が大切だと考えております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

db74ce13a59ee1f6a2745b4777987faa_s

医師の転職・相談・求人『新しい勤務先でのスタートの切り方』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の一杉です。

3月ももう半ばに差し掛かってきました。
あっという間に4月になりそうですね。苦笑

さて4月というと様々な業界においても転職シーズンのピークという事になります。
つまり4月から新しいご勤務先に入職される方が多く、転職市場において最も落ち
着いた時期となります。

これからご入職される先生方のお気持ちとしては、気合が入り
「一刻も早く新しい職場に慣れて活躍をしていきたい」とお考えの事だと思います。
勿論、そのお気持ちは分かります。ただ入職後、スタートダッシュを切りすぎ
飛ばし過ぎてしまう事にならないよう注意が必要です。
よくあるのが入職後に飛ばし過ぎて息切れしてしまう、
つまり無理をしてしまったが故に、新しい職場に肌が合わないと感じて
辛くなってしまうケースがあるのです。
このような状況に陥らない為にもあくまでも
マイペースで徐々に仕事に慣れて頂く事が大切だと
考えております。(仕事のスピードアップも徐々に)

また、入職当初からペースを飛ばし過ぎてしまうと医療機関側に
それが先生の基準(普通の姿)だと勘違いされてしまう可能性があります。
そうなると後が大変です。少しでもペースが落ちると周りから手を抜いている
んじゃないかと認識されて悪い印象を持たれてしまう場合もあります。
そうならない為にも、まずは仕事に慣れるまでペースを抑え気味にして
いただき慣れてきたら徐々にペースアップするのが得策です。
徐々にペースアップをする事で周りから先生の仕事ぶりについて
仕事が早くなった、という高評価に繋がる可能性が出てくるからです。

【飛ばし過ぎ=先生の負担になる、失速する可能性が高い】為、
まずはゆっくり先生のペースで仕事をされる事をおススメ致します。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

eeb6514e079a1cfa4df761bc7c755f18_s

医師の転職・相談・求人『医師の転職理由にはどんなものがあるのか?』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱のコウです。

弊社にご相談頂く先生方より、転職を考えられている理由をお伺いしますと
先生方それぞれに異なった転職理由があります。
異なった転職理由と先程申しましたが、大枠で見た際には
ある理由が群を抜いて多くなっています。
その、理由が何なのかと言いますと
「人間関係」によるものです。
やっぱりかと思われる方も多いかとは思いますが、何だかんだ人間関係は
モチベーションを保つ上でどんな仕事をする上でも非常に重要です。

他の転職理由もご紹介しつつ幾つかリアルな事例をお伝えします。
~人間関係についての理由~
・入職前の段階では、温和で人当たりの良い先生ばかりと聞いていたが
いざ入職してみると会話がほとんどなくお通夜状態。。
・以前の勤務先で一緒だった先生と偶然一緒で働き辛い。。
・院長や診療部長と反りが合わない。。
・理事長(事務長)が売上売上、検査検査と連呼し利益志向が強く
じっくりと患者を診たい自分には合わない。。
・看護師、コメディカルのレベルが低すぎて仕事にならない。。
etc..

~その他の理由~
・昇給がほとんどなく、個別で評価してもらえる病院に転職したい。
・育児をしながら通える自宅から近い病院へ転職したい。
・〇〇専門医が取得できる病院へ転職したい。
・これまでは比較的都会であったり栄えているエリアでの勤務ばかりだった為、
長閑な地域での転職を考えている。※逆パターンもあります。
・大学を出て民間の病院で勤務してみたい。
・転科を考えているので転科可能な病院を探している。
etc..

まず人間関係ですが、冒頭でもお話ししましたように
どんな業界、どんな職種でも周りに一緒に働く人は居るかと思います。
その人が自分と根本的に合わない人であれば、毎日が億劫ですよね?
そのような状況を変える為に、転職を考えられている先生が
圧倒的に多くなっています。

転職すれば全てが解決するのか?
それは違います。転職は一旦取りやめそのまま残って勤務した結果、
何らかの事情で悩みが解決され、伸び伸びと勤務されている先生方も
いらっしゃいます。
「転職が全てではないです」と、時にはお伝えさせて頂く事もありますが
先生方の状況をお伺いした上で、よりその際に適切な解決策を一緒に
考えていけたらと、僭越ながら思っております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

d5c8be44b9ebf02667c80c2403d88f81_s

医師の転職・相談・求人『転職理由の事前準備』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の一杉です。

先日、身に覚えのない会社から私宛に荷物が届きました。
家族が何か頼んだのかと思い、開梱し中身を確認したのですが
やはり誰も頼んでいないとの事で謎が深まるばかりでした。
会社名も調べたのですが全く知らない会社で誰が何の為に
送ってきたのか理由が知りたくなりました。

気になってしかたなく、『身に覚えのない宅配』などのワードで色々調べたところ
「送り付け商法」という勝手にモノを送り付けて金銭を請求してくる
詐欺があるという事が分かりまさかこれなのでは!?と

この結末としては、依頼主の住所を調べたところ、親戚の住所と合致して
連絡を取り見事送り主が判明しました 笑
どうやら依頼主の箇所が親戚の名前ではなく何故か商品を販売している
会社になってしまい今回のような事が起こったのでした。

誰が何のために送ってきたのかという理由が気になって仕方なく
色々調べた結果解決したわけですが…

余談が長くなりましたが転職活動を行う上で、
医療機関側から転職理由を聞かれるケースも多くなって来ております。

特に聞かれる場合が多いのは下記のようなケースを伴う転職の場合です。

■九州から東京へ転職をしたいなど転居を伴う転職の場合
■初期研修・後期研修中に別の病院へ転職希望がある場合
■内科や外科など他科から精神科への転科をお考えの場合
■指定医や専門医など資格取得途中に転職をご希望の場合

幾つか代表的なケースを挙げさせて頂きましたが、
医療機関側の採用担当者からすると転職理由に何かネガティブな要素が含まれて
いないか確認したくなるものです。勿論、そのような要素が含まれていた場合
には採用の確度が下がってしまう可能性もあります。

そうならない為にも転職理由に関しては、
予めご自身の中で整理され、医療機関側から理由を聞かれた際に
相手方が納得するような返答が出来るよう事前に準備をして頂く事が必要です。

このようなご相談事に関しても弊社の方でお手伝いをさせて頂きますので
何かお困りの事などありましたらお気軽にご連絡下さい。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
 ↓ ↓ ↓ 
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら
>>>精神科医専門の転職サイト「精神科医の転職相談室」はこちら 
>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

7656b5a5259aeefe627b61651da4e513_s

医師の転職・相談・求人『地方求人という選択肢』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の一杉です。

今年の夏にはいよいよ東京オリンピックが始まります!
それにより日本では経済効果など様々な影響が出る事が予想されます。
私たちの環境面では、東京オリンピックに向けて新駅(高輪ゲートウェイ駅)
が開業されたり、バリアフリー設備が整えられたりなど今以上に交通の便が良くなり、
23区内では都市開発も進みより整備され住みやすい住環境が注目されています。

さて、お住まいや勤務先という事で先生方から頂く
転職希望エリアですが、都内、神奈川、埼玉、千葉などの1都3県内をお考えの先生が
多い傾向にあります。

以前も少しお話させて頂きましたが、交通の便や住環境の良さという理由から
23区内や横浜市など東京・神奈川エリアに位置する医療機関は特に年々充足傾向になってきております。
つまりこのエリアは採用に困っている医療機関も少なく
地方に比べて高額な給与提示しなくても医師が集まってくるという事になります。

逆に地方の医療機関は医師が不足して採用に困っており、高額な給与提示があったり
福利厚生面(住宅手当や新幹線代の支給など)においても柔軟に対応してくれる
ケースが多くみられます。
※最近では都心から新幹線通勤をされて病院へ通われる先生も増えてきております。
通勤時間を有意義に使いたい!と考えている先生にはおススメです。

もちろん、好条件というのもありますが、
私共としては困っている医療機関があればなんとか協力したいという想いを持ち仕事をしております。

先生方や医療機関それぞれに満足して頂けるよう、弊社は双方に尽力致します!
転職をお考えの先生は、
地方求人に目を向けて頂くという選択肢も視野に入れて頂けると幸いです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

0e69c42f72ea49067110e8a81f390eb0_s

医師の転職・相談・求人『転職軸を持つという事』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の一杉です。

先日の通勤時間についてのブログでも少しお伝えさせて頂きましたが
転職を検討される際、
転職によって何を叶えたいのかをお考えになるかと思います。

例えば
・症例を集めて精神保健指定医を取得したい
・専門医を取得したい
・転科して精神科の経験を積みたい
・当直は無しが良い
・QOLを高めたい
・自分のスキルを活かし専門性のある医療機関で働きたい
・給与額は年収○○○○万円以上希望
・家庭の事情があり勤務状況を改善したい
・そろそろ落ちついた患者様(慢性期)を診ていきたい
・出身地で仕事がしたい
・通勤時間は1時間圏内がいいなど
etc…

以上のように色々とご理由・ご希望は挙げられると思います。

ではこのような複数ある転職理由の中で絶対に譲れない条件(軸)は何でしょうか?

先生のご希望条件が全て叶うところがあればそれに越した事はありませんが
複数のご希望を持つことで元々の転職軸がズレてきてしまう事があります。
そうなってしまうと本来の軸となっていた目的が達成できずに
転職してしまったなんてことに陥りかねないのです。

絶対に譲れない転職軸を持って頂く事で今後の活動にブレが生じる事もなくなりますし
求人を絞り込んでいく際に優先順位を明確する事が出来ます。

まずはご自身が何の為に転職をするのかという事を
改めて考えられる事をおススメ致します。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

photo0000-2901

医師の転職・相談・求人『通勤時間の考え方について』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の一杉です。

ご転職理由の中に通勤時間を優先して考えられている
先生方も多いのではないのでしょうか?

通勤時間といえば、
自宅から1時間程かけて自転車で高校まで通っていた頃を懐かしく思います。

話が逸れてしまいましたが 
通勤時間を短縮したいという希望は立派な転職軸になります。
ただそこには何故短縮したいのかというご理由もポイントになってきます。

例えば、ご相談頂くご理由としては以下のような事が挙げられます。
—————————————————————————

・お子様が保育園に通われていて送迎の関係でご自宅からなるべく近い場所で考えている
・公共交通機関をご利用されていて満員電車での通勤に疲れてしまった
・年齢を重ねた事もあり長時間の通勤が難しいなど
etc…
—————————————————————————

又、通勤時間を短縮する方法としては、

①近隣で医療機関を探す
②車通勤や新幹線通勤といった交通機関を活用する

というパターンが挙げられます。
通勤時間短縮の際には①のような近隣で医療機関を探されている事が多いのではないでしょうか?
医療機関によっては「新幹線通勤可能で交通費支給あり」、
「高速代支給あり」といった条件のところもございますので
そういった医療機関を選択しの一つとしてご検討頂くのも良いかと思っております。

転職軸をブラさない事で何かしらの選択支や方法が見つかる場合もございます。
本日は通勤時間についてお伝えさせて頂きましたが
転職に関して何かお困りの事があればご遠慮なくご相談下さい。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆