カテゴリー別アーカイブ: 医師転職の心得

134959

医師の転職・相談・求人『仕事と向き合う際の考え方』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

私自身は今までに仕事を通じて、先生方をはじめ看護師や薬剤師、臨床検査技師など
医療に携わっている方々と多く接する機会がありました。そんな方々から聞いた事を
整理致しますと医療業界で勤務している方々は「経営重視」「利益追求」「規模拡大」
というような、いわゆる「お金」に関するキーワードと仕事を結び付けようとすると
とても大きな抵抗感を感じてしまう方々が非常に多い印象を持っております。

その理由は医療というものの本質が利益追求つまりお金稼ぎのために行う物ではない、
というように考えている人が多いからではないかと思います。確かに医療というのは
病気やケガで苦しんでいる患者を救う事が最大のミッションであり時には奉仕活動
のような意味合いを帯びてくる事も有るからではないかと思います。

とは言いつつも医療機関にせよ利益が無ければ存続が難しくなります。
そう考えますと完全に医療と利益を切り離すというのも難しい事だと思います。
ではそんな環境の中でモチベーションを低下させる事なく仕事に取り組めば良いかと
と言いますと、それは仕事への取り組み方(考える方向性)を変えてみる
という事で解決出来るのではないかと思っております。

皆さんがお金にまつわる話に嫌気が差してしまう最大の理由は、
お金のために働く(経営者だけが儲かるような仕組み)が嫌になる事です。
そこで目線を変えて少し違った観点で考えて頂くと如何でしょうか?

具体的な考え方としましては「良い仕事をすれば、お金も自然と入ってくる」
というような発想です。つまり良い仕事をして相手に納得してもらえれば、
利益は後から付いてくる、という事です。患者に感謝されるような良い仕事を
行っていれば自ずと利益もアップするという考え方です。こういう考え方に
頭をシフトする事が出来れば、やっている事は全く同じだとしても、
仕事への満足度は大幅にアップすると思います。

お金のことを先に考えるか後に考えるかという事になりますが、
少し目線を変えるだけで大きく仕事への取り組み方が変わると思います。
是非、一度お試しください。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

b9cf0e1debaaaf8ecc77cca74623e3cd_s

医師の転職・相談・求人『経営者の目線で将来を探る』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

転職先を探す際の重要ポイントの一つに勤務先の「将来性」というのがあります。
今後、どんな方向で活動していくのか、経営者はどんな事をイメージしているのか
このような点に関しましては、とても気になる部分の一つではないかと思います。

また、これに近い話としまして経営者がどんな事に重点をおいて活動しているか、
その辺りについてもしっかりと見定めておく事は新たな勤務先を探す際にとても
大事なポイントになること間違いないと思います。

そこで医療機関に面接や見学に訪問し理事長や院長といった組織のトップの方々と
お話をさせて頂く際に、どんな点に耳を傾けるべきなのかまとめてみました。

①将来のビジョン
経営者が将来の方向性をどんなふうに考えているのか確認してみる事です。
法人で抱えている施設の件数を増やし規模を拡大していく路線なのか、
現状の規模を維持して量よりも質を重視していく戦略なのか、という事などです。
拡大路線を目指しているという事になれば、勤務している先生方に対しましても、
それなりの負荷がかかる可能性もあります。ただ上手く組織が大きくなれば、
役職などのポジションの数も増えます。そうなれば重要な役職に就いて
勤務するようなチャンスの可能性も広がります。
逆に安定志向であれば、大きな変化はなく落ち着いた環境の中で勤務する事が
可能だと思いますが、それ以上に組織が成長する見込みは薄くなりますので、
新たに役職などにつけるチャンスは少なくなるかもしれません。

②従業員に対する考え方
経営者によって従業員に対する考え方はバラバラです。
従業員をとても大事にする経営者もいれば、自らの保身のために従業員を
こき使うような場合もあります。これらを見抜くにあたり一番分かりやすいのは、
労働条件という事ではないかと思います。従業員を大事にする組織に関しては
給与、福利厚生、労働環境などの面で従業員に対しての配慮が徹底しています。
一方でこれらの配慮が欠けている、不足しているような職場と言いますのは、
多くの場合、従業員よりも経営者自らを守ろうとする意識が強い場合が多いです。
当然の如く、前者のような職場に出会えるに越した事はないと思っております。

以上のように経営者がどんな目線で考えているのかを探る事で、
その組織の良し悪しや、おおよその将来の展望を推測する事が可能になります。
このような情報を収集する事で間違いのない勤務先をお探しして頂ければ
私共としても嬉しい限りです。

ご検討頂く際には私共の方から候補をご提案させて頂く事も可能です。
必要な場合には、是非、お気軽にご相談下さいますよう、宜しくお願い致します。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

9507108743_4f0586b2c7_b

医師の転職・相談・求人『事前交渉の弊害』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

転職する際ですが出来る事であれば自身が希望している事を極力反映した条件で
採用して頂けるに越した事はありません。それもあって転職先を決める際には、
入職が確定する前の段階で交渉を行い出来る限り自分の希望に近付くように
手を打つ事になると思います。

ただし事前の条件交渉に関しては、あまり強気にやり過ぎてしまいますと、
条件云々という以前に先生の評価を下げてしまう事にも繋がりかねません。

入職する前に条件交渉を行うこと自体は決して悪い事でありません。
ご入職して頂くにあたり本来目指すべき事は医師としての職務を全うする事です。
万が一、条件が見合わない事が理由で本来の職務に影響が出てしまうようでは
それは本末転倒という事になってしまいます。先生方が職務を行うにあたり
最善のパフォーマンスを発揮して頂くだけの交渉は行うべきだと思います。

しかし必要以上(病院のルールを度外視してワガママの域に達するような内容)の
交渉を行ってしまう事になれば、それは一方的なワガママな交渉になってしまい
先生の評価を下げてしまう事に繋がります。下手をすれば採用すること自体が
白紙になってしまうような事も考えられます。

そのような事にならないようにするためには一方的な交渉は避けるべきです。
また事前の交渉は程々にして頂き、ご入職して頂いた後に職務を行う中で
実績を残しつつ交渉を行うという方法もあります。勤務先としましては、
実績を残した人への評価は高くなるものです。まずは実績を残す事を目指し
職務に取り組んで頂くという姿勢も大事かもしれません。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

85792f31e80f9d00b43515a11ae7f46e_s

医師の転職・相談・求人『待てば良い求人が出てくるものなのか?』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

求人探しを行う際に非常に重要になるのが、ご希望に見合う求人案件が、
どれだけ出てくるのかという事になります。
当然の如く、それは条件次第という事になりますが、
直ぐに見つかる場合もあれば、いくら探しても見つからない事もあります。

直ぐに見つかれば何ら問題はないのですが特に問題になるのは良い求人が
見つからなかった場合という事になります。基本的には見つかるまで探してみる
という事になりますが、そのような時に考えがちな発想としましては、
「今のタイミングでたまたま見当たらなければ、少し待っていれば
そのうち良い案件が出てくるだろう」という楽観的な発想になります。
では本当に待っていれば良い求人というのは出てくるものなのでしょうか?

その答えは残念ながらノーという事になります。
時と場合によっては待つ事で条件に見合う求人が出てくる可能性はあります。
しかし大方の場合、余程の事が無ければ急激に求人の内容が変わったり、
大幅な条件アップなどは見込めないとお考え頂いた方が良いと思います。

また求人を行う医療機関というのは、いつのタイミングにおいても
大きく顔ぶれが変わらない事も多いです。つまり時間を掛けて待ったとしても
真新しい顔ぶれの求人が出てくるような可能性は非常に低い事が言えるのです。
つまり時間を掛けて待ったとしても良い案件が出てくる可能性というのは
限りなく低いという事になります。

以上のような事から考えましても求人探しにおいて「待つ」という判断は
良い判断だとは言えません。それよりも、そもそもの条件を変えてみるなど
別の角度から探してみるような方法の方が良いと言えます。
待っても良い求人は出て来ません。そこをイメージしつつ転職活動を行う事を
お薦め致します。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

754221f5ad36a2ccd592c69e56e35e57_s

医師の転職・相談・求人『非常勤で働く際の注意点』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

今回は非常勤として勤務して頂く際の注意点について記載したいと思います。
非常勤として勤務する際の最大のメリットとして多くの先生方が捉えている
ポイントとしては以下のような事が挙げられます。
・都合の良い曜日だけ勤務する事が可能
・常勤として勤務するよりも給与の割が良い
・割り切って働く事が可能なので常勤のような責任を負う事が無い
・時短勤務等も可能な場合もあり子育て中の女医先生でも気軽に勤務可能
・常勤先では経験できないようなスキルを身に付ける事が出来る

以上のような事が挙げられるのではないかと思います。

この中で一つ、十分に注意して頂きたい事があります。
それは責任の重さという事でございます。
非常勤であれば責任が軽いので気軽に休みやすい、辞めやすいというように
「非常勤は融通が利くものである」という事をメリットとして捉えている
先生方も多いように思います。

しかし実際には、そのような事はありません。
むしろ非常勤として勤務しているが故に動きにくい事も有ります。
例えば非常勤でクリニックでの外来を勤めていたとします。
急にプライベートの都合で休みを取りたいとなったとしましても、
いきなり外来で穴を空けるような事はできません。
非常勤の先生の場合にはバックアップして頂けるような別の先生が
いらっしゃらない場合も多いので突然の休みなどは取りにくい事もあります。
(常勤の先生であれば、他の常勤の先生がいらっしゃる可能性もあり
急なお休みなどにも、むしろ対応しやすいという状況もあるのです。)

非常勤=楽というような認識は捨てた方が良いと思います。
勤務されるのであれば最後まで責任を持ってご勤務して頂く事が大事です。
これは医師としてだけではなく人としても大事な要素だと思います。
是非、今後のご参考にして頂ければ幸いです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

b44699c74dcbf7999fefe51df59d3d09_s

医師の転職・相談・求人『生涯年収で考える重要性』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

給与額の事を考える際にとても重要なポイントがあります。
それが生涯年収で考えてみるという事になります。
給与額に関しては誰もが高いに越した事は無いと考えていると思います。
ただし目先の事ばかりを考えしまうと思わぬ落とし穴にはまってしまうような
可能性も十分に考えられます。では具体的にどのような落とし穴なのか、
ご説明させて頂きたいと思います。

求人票を見て頂いた際に「週4日で1,300万円」出して頂ける病院と
「週4日で1,500万円」出して頂ける病院の2つの候補があったとすれば、
この条件だけを見れば、ほとんどの先生方が後者の病院を選びたくなる
という事だと思います。

しかしここで一歩踏み込んで考えて頂きたい項目があります。
それが昇給についてという事になります。昇給に関しましては病院毎に
規定や捉え方に違いがあります。中には昇給は基本行わないという所もあります。

ちなみに今回の二つの病院に関しては前者の病院は昇給の可能性あり、
後者の病院は昇給の可能性は無しという病院になっていました。

つまりスタート時点で給与が高めに設定されている後者の病院に関しては
その金額のままずっと推移していく事になりますが前者の病院にかんしては
勤続年数が長くなればなるほど、金額が上がっていく可能性を秘めています。
つまり将来的には前者の病院が後者の病院を追い越してしまう可能性が
十分に考えられるという事になるのです。実際に前者の病院で長い期間勤務を
行っていた先生の場合には週4日で1,700万円や1,800万円の給与を受けている
先生方もいらっしゃるようです。

このように長い目で考えて頂きますと最終的にどちらが得をするのか損なのか、
また違った見方が出来るのではないかと思っています。ここまで含めて
ご検討頂ければ本当に良いのがどちらなのか見えてくる事になると思います。
ただし昇給に関しましては、黙っていれば上がるものでもございません。
先生方のお仕事への取り組む姿勢や実績を元に判断される事になりますので、
まずは仕事で結果を出す事が大事な要素になる事もお忘れないようにして下さい。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_S1C2446_sss

医師の転職・相談・求人『非常勤求人を探す際の大原則』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

先生方の中には常勤先での勤務とは別に非常勤(外勤)をされている先生方も
大変多いかと思います。常勤先のお休みの日を利用して、ご勤務されるような事が
多くなるかと思います。

常勤先とは別に非常勤先にて掛け持ちで勤務する事に関しましては、
ある意味、医師の特権と言っても良い事になります。一般の企業などでは
副業など主たる職場以外で勤務すること自体が就業規則などで禁止されている
ような事がほとんどになります。

非常勤勤務に関して以前こんな事がありました。
転職する事が決まり新たな常勤先が決まったA先生の件ですが、A先生はもともと
ある医療機関で非常勤として毎週木曜日に勤務を行っておりました。
そのため新たに常勤として勤務させて頂く予定のB病院で入職後の勤務曜日、
当直曜日、お休みの曜日について決める際、今後も木曜日の非常勤勤務を
継続していきたいというご要望があり、それを前提に調整して欲しいという事で
ご依頼を受けました。

しかし、このB病院では木曜日は人手が少なくなっており、
出来ればA先生には勤務して頂きたいという希望がありました。そこでA先生にも
その状況をご理解して頂こうとご説明させて頂きましたが、
やはり出来る事であれば木曜日は休みたいという強いご意向をお持ちでした。

その時にB病院から言われた事ですが、
「常勤先と非常勤先の優先順位の捉え方が逆ではないか」という事でした。
つまり非常勤というのは常勤先の休みに合わせて行うものであるという事です。
この順序を間違えてしまうと常勤先からの反感を招いてしまう事にも繋がります。

非常勤先と言いましても先生方にとりましては様々な背景があるかと思いますので、
一概に言えない部分もございますが大前提としまして非常勤での勤務というのは
あくまでも常勤の補助的な意味合いと捉えて頂けると良いのではないでしょうか。
やはり常勤先が第一優先である事をご理解頂いた上で非常勤勤務をして頂ければ、
より良い労働環境を築いて頂く事が出来るのではないでしょうか。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ec7e98cfd6126968426b1c3dec6ffd6e_s

医師の転職・相談・求人『有給休暇について』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

今回ですが意外と間違いやすい有給休暇の規定について確認したいと思います。
有給休暇については法律で定まっている部分とそうでない部分が混在します。
その点で誤った認識を持つ事で損してしまうような事にも繋がりかねません。
そのような事にならないようにするためにも改めてご説明させて頂きます。

①付与日数について
有給休暇の付与日数についてですが、これもいくつかのルールがあります。
まず法定通りの場合には週5日勤務の先生の場合で入職後6ヶ月後には10日分の
有給が付与される事になります。そこから更に1年経過しますと11日付与され
更に1年経過で12日付与、その後は1年毎に14日、16日、18日、20日分の有給が
付与されます。
※ちなみに週4日勤務かつ週30時間未満の勤務の場合には半年後に7日付与、
そこから1年経過後に8日付与、更に1年経過後に9日付与という事で5日勤務の
先生に比べて付与される日数は少なくなります。

②付与されるタイミングと繰り越し期間
有給を付与されるタイミングは法定通りであれば入職後6か月後には付与されます。
ただし例外もあります。就業先の規定で入職後すぐに付与して頂ける場合もあります。
また付与された有給休暇は最長で2年間は繰り越しが可能となっております。
例えば入職後、半年で付与された10日の有給はそこから2年間キープ出来るのです。
逆に言いますと2年以内に利用しない場合は自動消滅してしまいますので、
そのようになる前に使い切る事が出来れば、それに越した事はありません。

有給休暇について最低限知っておいて頂きたい事項は以上でございます。
ちなみに上記は法定通りの場合であり最低限のルールという事になっております。
つまり職場の規定によっては入職後すぐに有給が付与されたり付与される日数も
法定以上の日数を付与して頂ける事もあります。逆に法定よりも条件が悪い場合には
法令違反になりますので即、職場に対して交渉を行った方が良いと思います。

以上を頭の隅に入れて頂き、損をしない利用方法をご理解下さいませ。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_S1C2407_sss

医師の転職・相談・求人『やはり重要なのはお人柄!』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

ここ最近ですが東京や神奈川など1都3県にて先生方のご案内をさせて頂く際に
良くお見受けする場面があります。それは同じ医療機関に対して同じタイミングで
複数の医師が応募しており、最終的にどの先生を採用するかどうかについて、
検討しているような医療機関の数が多くなってきたという事でございます。

つまり東京、神奈川、千葉、埼玉周辺の医療機関では各医療機関に対して
応募してくる医師の数も多く、時には1人の採用枠に対して同時に複数の医師が
応募するような事もしばしば起きています。このような状況にになりますと、
当然、医療機関側としては応募して来られた先生方の中から最も相応しい先生を
優先的に採用しようと考えます。その時に医療機関側が重要視するポイントは
何かと言いますと、先生のお人柄を見て判断するような事が多くなっております。

もちろん先生方の腕前という事も重要な部分ではございますが、
それよりも何よりも医療機関という組織で動いている以上、組織に馴染める先生、
身勝手な行動などをせずチームワークを重んじて頂けるような先生が最も好まれる
傾向にあると言っても過言ではありません。つまり先生方のお人柄について
見定めている医療機関が多くなっているという現実がございます。

これらの点を踏まえて面接などにご参加して頂くだけでも十分な対策になります。
現在の医療機関側のニーズについてご理解頂き、先生方のアピールポイントを
間違えないような転職活動を行って頂く事をお薦めします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

754221f5ad36a2ccd592c69e56e35e57_s

医師の転職・相談・求人『開業する予定あり!はNGワード』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

先生方の中には将来的に開業を目指している先生も多い事だと思います。
そして開業する事を前提に今後のプランを考えていらっしゃる先生方も
多い事だと思います。

このように将来的に開業を目指している先生が多い事は採用する側である
医療機関が側も当然のごとく認識している場合が多くなります。
それもあって時には先生方の面接を行っている際に「将来的に開業する
ご意向はあるのですか?」という事でストレートに質問を投げかけて来る
医療機関も多く存在しています。

ここで先生方に気を付けて頂きたい事は、仮に開業についてのお考えが
あったとしても、それを面接の場で正直にお答えしない方が良い場合も
あるのです。何気なく「開業志向があります」という回答をしてしまう事で
転職活動がスムーズにいかなくなってしまう事があり得るからです。

開業志向があるという事は将来的には勤務先を退職する事になります。
退職する時期が1年後になるのか5年後、10年後になるのかについては
定かではない部分もあるのですが、いずれは職場を退職する事になります。
それを採用面接の時点で大っぴらにしている事と同じ事になるのです。
つまり初めから将来辞める事が分かっている人を採用するほどの
お人好しの職場がどれだけ存在するのか、という事になります。
多くの場合、早かれ遅かれ退職する事が分かっているような人に関しては
前向きに採用して頂けないような場合が多くなるのではないでしょうか。

このような状況を考えますと「開業する予定あり」という事は
言わない方が良い印象を与える事に繋がります。この点を頭の隅に入れつつ
面接へのご参加をお薦め致します。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆