カテゴリー別アーカイブ: 医療について

OZP73_komattasensei20140321_TP_V

医師の転職・求人・相談『利益を追求する事の考え方』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中でございます。

私は転職コンサルタントとして医師だけではなく看護師や薬剤師、
臨床検査技師といった医療系の資格を持っている方々で、
それまで臨床現場で勤務してきたような方々を医療機関ではなく
企業などに紹介させて頂くような仕事を行っていた事もあります。

その時にとても苦労した事があります。
それは「利益追求」という考え方の扱い方です。
企業に転職するという事になれば利益を追求するという考え方は
当然の事になるのですが、それまで医療業界で勤務していた方々にとっては、
それは当然ではなく、むしろ全くもって馴染の無い考え方という事になるのです。

そのため企業への転職を希望して、いざ具体的に転職したとしても
「利益追求」についてしっかり理解していなかった人達は
短期間で退職する事になり再び医療業界に戻ってしまうという場面を
何度も目にしてきました。

では何故、医療に関わってきた方々にとって利益追求は馴染めないのか、
その理由の中で最も多いのが「仕事の目的意識の捉え方」という事になるのです。
医療現場で勤務していた時は目の前で病気や怪我で苦しんでいる患者を救う事が
最大の目的であったのに対して、企業で働く際には企業の存続・拡大を目指すために
利益追求が一番の目的になるのです。つまり今までは患者のために働いていたものが、
企業のために働く事が目的になるのです。

その時点で「自分達は企業の為に働くのが目的ではない!」という感覚に陥ってしまい
退職という方向に流れてしまうのです。

実はこのような事が医師の世界でも稀に起きています。
医療機関、特に民間の医療機関に関しては病院と言えども利益を出す事が出来なければ
医療機関の活動を維持していく事自体が難しくなります。そのため医療機関と言えども
多くの利益を確保したいと考えているのが本音です。
そこで先生方に対しても、より効率よく多くの業務量をこなして頂く事を
要求してくるような場合もあるのです。
しかしそれを拒んでしまえば病院自体が立ち行かなくなり、結果的に自分の収入にも
影響を及ぼすような事もあるのです。

このような事を考えますと一概に「利益追求」が悪とは言い切れない一面もあります。
ではどうすれば「利益追求」が悪ではないように捉える事が出来るのか、
その方法が一つだけ存在します。その答えは次回、ご紹介させて頂きます。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!) ↓ ↓ ↓ 匿名相談バナー
>>>リノゲートのホームページはこちら >>>
精神科医専門の転職サイト「精神科医の転職相談室」はこちら >>>
CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

637052704b946054df1e8e9d08461cc0_s

医療機関の皆様へ:採用した医師の過去の勤務先へ在任確認や評価確認をする事はお止め下さい

 

本日は医師の採用を行なっていらっしゃる医療機関様、またこれから医師の採用を検討中の医療機関様に対しお伝えしたい事がございます。
 
それは、採用する医師/採用した医師の過去の勤務先へ在任確認や評価確認の連絡はお止め頂きたいという事でございます。
 
勿論、個人情報の重要性をご理解されている医療機関様にとっては、そのような事を行なってらっしゃらないでしょうし、当たり前の事と思われるかもしれません。
しかしながら、一部の医療機関様が個人情報の保護というコンプライアンスを知らず、そのような事を行なっているという話を聞いた事がございます。
 
 
私共が今回このようなお話をさせて頂いた理由は以下の通りでございます。
—————————————————————
① 転職活動をしている事(今後辞める意向がある事)が現勤務先にバレてしまう。
> これから転職を検討している医師の場合、現勤務先へ退職申請をしていないにもかかわらず転職活動をしている事がバレてしまう事は絶対にあってはなりません。
 
② 過去に辞めた病院側に現在の勤務先が知れてしまう。
> 過去の勤務先と余程良好な深い関係を築いていない限り、過去の勤務先に現在の勤務先まで知られたくないと思うのは当たり前です。
 
③ 病院同士の問題に発展しかねない。
> 院長同士/病院同士が引き抜いた・引き抜いていない等の論議となり両院の関係性が悪化します。
 
④ 過去の病院への連絡が該当医師にバレてしまった場合、雇用関係が悪化し早期退職に繋がる。
> 現勤務先である病院への信頼、良好な関係性が一変し、一気に退職への流れに変わってしまいます。
 
⑤ 病院の悪評が立つ。
> ご退職をされた医師がお知り合いの先生に「この病院は過去の病院(過去の勤務先)に個人情報をバラす」かのようなお話をし、そのようなお話が広がる可能性がございます。
 
⑥ 極度の医師不足に陥る。
> 悪評が立ってしまう事により、医師の募集をしても集まらない、さらには在籍医師の退職にも繋がるという悪いサイクルが生まれてしまいます。
—————————————————————
 
狭い医療業界内での事であり、ちょっとした事から悪い評判などは直ぐに医師間で広がります。
 

 
 
私共、医師専門の紹介会社としましても、そのような事が発覚してしまうと自信を持って先生方へ貴院の事をご紹介が出来なくなってしまいます。
 
また過去の勤務先病院に確認をしても結局のところ何が正しいのかその真意は分かりません。仮に過去の医療機関で良い評価があったとしても、悪い評価があったとしても、それはあくまで一方的な話であって、医師側の話を聞いてみないで判断するのもよくありません。(医療機関側も過去に在籍していた医師の事を話すのは個人情報保護のコンプライアンスに違反しています。)
 
極端な事を申し上げますと、ご勤務を始めてみない事には医療機関と医師間のフィーリングの良し悪しは判断出来ません。
 
是非、採用面接での人物像の確認・お話の内容に重きをおいて頂き、御採用を検討される事をお勧め致します。
 
 

862a0ab9cf59350b1d5c5b7b129d686c

医師の転職・相談・求人『新専門医制度について』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

ここ最近ですが先生方から頂くお問い合わせの中で新専門医制度についてのお問い合わせの件数が非常に多くなってきています。新専門医制度については当初、2017年4月より開始予定という事で進められていましたが結果的には延期という事になり来年、2018年より開始予定という事で準備が進められているという状況になります。

しかし正式に2018年より新専門医制度に移行するという正式な発表が現時点ではまだ行われておらず、先生方をはじめ各医療機関におかれましても今後に備えてどのような対応や準備を進めていったら良いのかはっきりせず迷っている場合も多いようです。そこで情報収集の一環として私共の方にお問い合わせされる先生方の数が多くなってきているという背景が存在しております。

そこで私共の方でも新専門医制度についての情報収集を行うべく各方面に対してコンタクトを取りつつ情報集めを行っているのですが、やはり大変残念な事に現段階では明確な回答を得る事が難しい状況になっております。各方面の担当者の方々も明確な情報が無いために、どのように対処したら良いのかが分からず悩まれている状況が良く分かりました。唯一情報として確認している事は、今月中に何らかの発表があるかもしれない、という事を聞いています。ここで今後の流れについて少しでも見えてくる可能性があるという事ですが、その発表がいつあるのか、本当にあるのかも定かではないという事のようです。

今後、専門医の取得を目指される先生方におかれましては、とても悩ましい状況ではありますが私共の方でも引き続き情報収集を行いまして新たな情報が入り次第、ご報告出来るようにしたいと思います。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>精神科医専門の転職サイト「精神科医の転職相談室」はこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

index_101

医師の転職・求人・相談『医師に求められる要素』

いつもこちらのブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

今回ですが、ここ最近の事情として医療機関側が医師の採用を行う際に先生方に対してどんな要素を求めているのかについて考えてみたいと思います。これは先生方が転職活動を行う際に医療機関が何を望んでいるのか、つまりあらかじめニーズを把握しておく意味でも非常に大事な事になると思います。ここ最近、実際に参加させて頂いた面接の様子も含めて考えてみたいと思います。

先日、ある医療機関の面接に参加した際ですが、そこの病院の院長先生が以下のような事を仰っておりました。「ここ最近は医療もサービス業化し始めている。医師もそのニーズに応えられるような準備をしておかなければならない。」という事です。医療とサービス業の関連については、実はここ最近では他の場面でも同じような事が言われる事があります。それは訪問診療についてです。医療と言えば、それまでは医師が待機している医療機関に患者が足を運び診察を受けるというスタイルが当たりまえでしたが、訪問診療が普及してくるにつれて、その関係性が逆転するような場面も多くなってきました。

そうなんです。医療においてもサービス精神が要求される場面が多くなり始めています。単純に患者に対して医療を提供するだけではなく、その先には医療を提供する事で患者に満足感を感じてもらうための努力をしなくてはいけない時代が来ているのです。既にこのような背景を重要視している医療機関も少なくなく、医師の採用面接において医療的なスキルだけではなく、どれだけサービスを提供する事が出来る医師なのかを見定めるところも多くなっております。

今後ですが人口が減少していく中で、患者の数も減少していく事になります。そのような状況の中で医療機関が生き残るためには、良い医療を提供する事は当然の事であって、更にその先にあるサービスの提供、つまり満足感の提供という所まで意識が及んでいる医療機関になれないと、これからの時代、生き残る事が難しくなってしまうのかもしれません。ではどんな事をすれば患者に満足を感じてもらえるのか、ここが今後先生方に求められる要素になるのです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>精神科医専門の転職サイト「精神科医の転職相談室」はこちら

kan41

医師の転職・求人・相談『副業についての考え方』

いつもブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲートの野中です。

今回は医師の副業についての定義について確認してみたいと思います。
医師の場合、常勤先での勤務以外に非常勤として常勤先以外で外勤を行う事が多々ありますが、私共のように企業で正社員として勤務している場合のほとんどが副業は禁止になっています。では医師の場合と企業で働く人達のルールの違いは一体どこにあるのか確認してみます。

副業の可否については医師でも企業勤務の場合であっても基本的には勤め先の就業規則によります。就業規則に副業禁止という事が記載されていれば副業は禁止となりますが、
そのようなルールが設定されていない場合には副業をしても良いという事になるのです。
※ちなみに常勤や正社員として掛け持ちで複数の職場で働く事も法的には問題ありません。ただしその場合には1日8時間以上勤務した分に関しては時間外労働という事になり、
通常の給与の1.25倍した金額、つまり時間外手当として給与を支払う事になりますので、このような条件で雇ってくれる先があるかどうかというのがポイントになってきます。

ただし業務の中心はやはり常勤先というのは変わらないと思います。外勤先で勤務している時に常勤先からの急な呼び出しなどが発生した場合に外勤が理由で対応が出来ないという事になるのは問題になります。このような事な起こらない範囲で勤務される事をお薦めしたいと思います。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

先生、今、やりたいことをやっていると胸を張って言えますか?

新年度が迫っていますね!
院長との面談、確定申告など・・・。
給与面や仕事面などで今年度を振り返る機会も多いと思いますが、
思い残すことなくやりきることはできたでしょうか?

もし心残りがあるとすれば、それは来年度、達成できそうでしょうか。

「本当は別にやりたい仕事、働きたい病院があるけれど家庭のことを考えると
ふんぎりがつかない」

「そろそろ退職したいけれど、病院がきっと辞めさせてくれないだろうなぁ」
本当に本当にそれでよいですか?

もし明日地球が滅んでも後悔しませんか?

給料は正直、交渉次第で何とかなったり、
節約すれば今の手取りで何とかなるかもしれません。

「家族のために」と言う人も多いですが、
先生が我慢していることをご家族は望んでいるのでしょうか?

私が一患者として診察を受ける際にも、
イキイキしている先生に診てもらうとただそれだけで
症状が多少よくなった気がするんです。

 

日本の多くの先生が輝いた表情でいられるように、
今日もリノゲートは地道にサポートさせて頂きます。
これを読んで何か胸の中にひっかかるものがおありでしたら、
下記にお問い合わせください。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
★ 医師転職はリノゲート 匿名相談 ★

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

 

医師の転職・求人・相談 『 本当にオススメ出来る精神科求人! ~厚木市・病院~ 』

 

「転職コンサルタントの良いという言葉を信じて入職したものの、実際は違った・・・」というご経験はありませんか?
こんにちは!リノゲート株式会社の「みつ」です。

本日はそんなご心配もご無用の本当にオススメ出来る求人を一つご紹介します。

————————————–
『 神奈川県厚木市の病院求人(常勤)』

募集科目: 精神科
勤務日数: 週4日~5日
給与: 1400万~2100万
当直について: 回数は相談 ※当直代は別途支給

◇職務内容:外来(20名程/コマ 週1~2コマ程)・病棟(20~30名程)
◇就業時間:週4日→9:00~18:00 週4.5日~5日→9:00~17:00

■指定医をお持ちでない先生は指定医の取得も可能です。
■勤務内容は決して忙しくありません!体制もしっかりしている為オンオフしっかりをお約束出来ます!(休暇は連続で1週間程の取得も可能です!)
■在籍されている先生方の年齢層は幅広く、理事長・院長先生は温和で非常に良い先生方です。
■m-ECTを行ないたい先生も是非ご相談ください!
■光トポグラフィーも導入済みですのでご経験を積む事も可能です!
■事務方との連携がしっかりしている為、先生方が医療に集中できる環境にも定評があります!

E146_ishidaiseikou_TP_V 医師拳

<コンサルタントメモ>
ここまで医師にやさしい病院はありません!
高額提示も可能!ご通勤圏内でしたら是非オススメしたい病院です!
福利厚生充実!医師と事務方との連携も非常に良いです!1週間程度の休暇連続取得もOK!
————————————–

以上にご興味のある先生はお気軽にご連絡下さい。
お問い合わせの際には「ブログに掲載していた厚木市の精神科求人」と仰って頂ければ幸いでございます。

【ご連絡先】
リノゲート株式会社
TEL:03-5355-1260
メール: info@renogate.co.jp

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

医師の転職・求人・相談 『 医師ドラマあるある 』

 

医師関連のドラマは視聴率が高いらしい!
こんにちは!リノゲート株式会社の「みつ」です。

これまでに放送された医師に関連したドラマは非常に多いですよね!
医師の先生方の中にはご覧になった事がある先生も多いと思います。

ちなみに・・・
ご覧になってどう思いました?

「実際の医療現場はこうではない・・・。」と思いませんでしたか?

私が仲良くさせて頂いている医師の先生方は、皆さんそのように仰っていました。

医師関連のドラマは実際の医師の監修の下、撮影が行われていると思います。(詳しい事は分かりませんが。)
しかし、出来上がったものは実際の医療現場と違うところが多々ある。
つまり、着色しているんですよね。
こうした方が面白いであろう。視聴率が取れるであろう。と作成者側の意図があるわけです。
さらに言うと、世論の期待(勝手なイメージ)も加えているのかもしれません。
例えば『医師は皆、首から聴診器を下げている』とか『院長には必ず院長秘書が付いている』とかです(笑)

実際の医療現場を知らない視聴者は、そういう勝手なイメージがあるのです。
そうであってほしいと思ってしまうのです。

 

では、そろそろ本題に入ります (笑)

医師の先生方がご転職をされる時、紹介会社を利用するという選択肢のウェートが近年高まってきています。
もはや紹介会社を通して転職をするという事は当たり前になっています。
また、特に初めて大学医局を出る先生方は紹介会社を利用することが初めてだと思います。

では紹介会社のイメージって何でしょうか?

IMG_5729

営業的な感じが強く、悪いイメージをお持ちの先生もいらっしゃるかもしれません。

しかし、これだけは言いたいのです。

勝手なイメージを紹介会社に持つのは勿体ない!

もしかしたら先生がお持ちのイメージが覆るかもしれません。
「ここまでしてくれるのか!」「こんな医療機関を紹介してくれるのか!」と期待を上回る事があるかもしれません。これまでご自身ではどうにも進まなかった転職活動が、スムーズに進むかもしれません。

正直なところ、会社によってコンサルタントのレベルは違いますが、一度相談をしてみる事をオススメ致します。
そして数ある紹介会社の中から、リノゲートをご利用頂ければこれほど嬉しい事はありません。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
★ 医師転職はリノゲート 匿名相談 ★

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

医師の転職・求人・相談 『 常勤医としての心構え 』

 

極端な言い方ですが、医師の先生方の考え方は「(医療機関で)働かせてもらっている」 or 「働いてあげている」どちらでしょうか?
こんにちは!リノゲート株式会社の「みつ」です。

4月から新しい医療機関でのご勤務が始まる先生方も多いかと思いますが、そもそも常勤医とは何なのでしょうか?
僭越ながら、本日は常勤医として働く心構えについて触れたいと思います。

 

そもそも開業医を除く常勤医とは、医療機関に雇われた正職員(正社員)です。
正職員は毎月安定した給与を頂きながら、地域の患者様に貢献し、医療機関の医療や収益に貢献しなければなりません。

正職員ですから、緊急な事態が起きた時には、その対応をお願いもしくは相談される事もあります。

例えば、
普段は「当直なし」という条件で働いていても、医療機関側から『先生、急遽今日の当直の先生が来れなくなってしまったので、スポットで当直に入ってくれませんか?』と相談を受ける事もあるでしょう。
普段は「療養病棟の管理」という条件で働いていても、『先生、診れる範囲で構いませんので一般病棟も少し診て頂けませんか?』と相談を受ける事もあるでしょう。

 

しかし「それでは条件が違う!」と突っぱねてしまう、さらには退職を考えてしまう・・・。

これが本当に常勤医の在り方でしょうか?

やむを得ない理由で出来ないという事を除き、しっかりと耳を傾けるべきです。
何でもかんでも先生が引き受ける必要はありませんが、本当に患者様の事、医療機関の事を思っているのであればそれなりの対応が出来ると思うのです。

常勤医として働くとは上記の事、上記の責任がある事をご理解下さい。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
★ 医師転職はリノゲート 匿名相談 ★

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

2016年1/11~1/20の医療関連ニュースまとめ

先生、本日も診療お疲れ様です。また、いつも本ブログをご覧頂いてくださっている先生方、医療関係者の皆様、医療機関採用担当者の皆様、ありがとうございます。今週も医療関連ニュースをまとめました。

 

【 2016年1/11~1/20の医療関連ニュースまとめ】

精神科救急、各地で対応能力強化の試み- 医療スタッフ研修や事例集作成も
「精神科救急入院料」(スーパー救急病棟)の認可施設が、2015年10月時点で130施設と増加傾向にあるとのことです。

37年ぶり新設の医学部、志願倍率24・63倍に
数年後、東北薬科大(仙台市)卒の研修医が後輩になるケースも出てきそうですね。

■先進医療、平均患者負担73万円
金額は過去最高とのこと。重い心臓病の治療では400万円を超すケースもあった。

■不妊治療への助成拡大、初回は30万円に倍増
現行の15万円から30万円へ。対象や所得制限は変わらず。安倍首相が掲げる「1億総活躍社会」の実現に向けた施策の一つ。

■たばこ「健康影響の警告表示強化を」 110団体が要望
海外のたばこのパッケージを見ると、注意表示が大きく驚きます。日本も数年後はそうなるのでしょうか?

 

 

◆ リノゲート株式会社 ◆ お問合せ電話番号: 03-5355-1260
メールアドレス:
 info@renogate.co.jp

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に抵抗がある先生は以下をご利用下さい。
(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆