カテゴリー別アーカイブ: 実際にあった出来事

images (6)

医師の転職・相談・求人『現在の自分に出来る事を意識する大事さ』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

今回は先生方に関するお話ではないのですが、改めてご自身のウリを意識する事、
他人と比較して客観的に自分の立ち位置などを確認しておく事の大事さを
感じる出来事がありましたので、そのお話をさせて頂きたいと思います。

先日、私が転職のお手伝いをさせて頂いたKさんから相談を受けた事になるのですが、
KさんはMRとして製薬企業で勤務していた経験があります。その後はご出産されて
専業主婦として数年間、過ごされてきた経緯がありました。
このKさんが改めて治験業界に転職したいという事で考え始めたようなのです。
そこで募集を行っている企業に対して履歴書や職務経歴書を提出したのですが
思うような結果が出ず困って私共の所に相談に来られたという経緯がありました。

何故上手くいかないのかKさんご本人の意見を聞いてみると「自分のウリを
明確にアピールする事が出来ていない事が最大の理由ではないか」という事でした。

そこで私共の方でKさんがご自身で作成した履歴書、職務経歴書を見せて頂き
志望動機や自己PRについて確認させて頂きましたところ、正直なところ
大きな問題は見つからなかったのです。むしろ他の人が書いた物と比べても
とてもしっかりとした内容になっていたのでした。

では何故、上手くいかなかったのか、その答えを考えた結果、
ある1つの答えが見えてきました。それが「Kさんの今までの経験値」になります。

事前に過去にMRとして勤務していた経験があるという事で伺っていたので、
医薬品についての知識を持っており、それを活かせば治験業界への転職についても
十分可能性があると考えておりました。しかし実際のお話をお伺いしてみると
MRとして勤務していたのは約1年であり、残念ながら人に誇れるような結果を
出す事が出来なかったようなんです。つまりMRとしては半人前だったという事です。
恐らくこの点が評価されずに結果的に不合格になっていたという事に気が付きました。

今回の件について考えるにあたり最も大事だと思った事がありました。
それは他の人と比較してKさんの強みが何かを見出す事よりも、そもそもKさんが
治験業界に転職したいと考えたこと自体が真っ当な選択であったのかどうか、
という事になります。つまりKさんが過去に経験してきた事、身に付けてきた事が
治験業界で評価されるのかどうか、という事になります。

転職する時に考えるべき事は大きく分けて2つあると考えています。
1つは今までの経験を活かして「経験者」として転職する事、
もう1つは今までには経験した事がない新たな分野に転職する事、
つまり「未経験者」という立場で転職することになります。

ほとんどの場合、経験者を採用したいと考えている場合が多く、
未経験者でも可という求人の件数は圧倒的に少なくなります。
また未経験者の方が採用して頂ける可能性が低くなりますので転職する際の
難易度は大幅に上がる事になります。そのような点を考えた時にKさんが考えた
治験業界への転職という選択肢はどうなのか?という事を考えるべきです。

実は治験業界への転職というのは、ここ最近、難易度がグッと上がってきており
未経験者が転職する際のハードルはかなり高い状況になっているのです。
そんな中でKさんは治験業界での勤務経験がなく、未経験者としての応募になり
大変残念ながら採用して頂く事は出来なかったのです。

転職する際には闇雲に転職活動を行うのではなく、今の自分には何が出来るのか、
そしてそれが転職した先で活かす事が出来るのかどうか、ここのマッチングを
しっかりと行う事が大事ではないかと思います。今の自分に何が出来るのか、
改めて整理する事が大事ではないかと思います。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_S1C2741_sss

医師の転職・相談・求人『口は災いの元』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

過去に私共の方で転職のお手伝いをさせて頂いた先生方の中には、
そもそも転職をしようと考え始めたきっかけが職場内でのトラブルに巻き込まれ
それが原因でという先生も少なからずいらっしゃいました。

具体的にどんなトラブルに巻き込まれたのか詳しくお話をお伺いしますと
意外に多い理由が「余計な事を話してしまったが故のトラブル」という事になります。
そうです、正しく「口は災いの元」という事になるのです。

ではどんな事を話してしまったのか、という事になりますが、
過去に聞いた話の中で最も多かったのは「給与額についての話」という事です。
良くある話としては院内にて他の先生に対してご自身の給与額を話してしまう
という事になります。それを聞いてしまった先生がご自身の給与額と比較して
「多い」、「少ない」という事で揉め事に発展してしまうという事になります。

同じ職場で一緒に勤務している先生方ですから全幅の信頼を寄せている事も多く、
何気なくお話してしまうような場合が多いと思いますが、余程の事が無い限り
職場では余計な事は話さない方が賢明です。よくビジネスライクという言葉を
使う事がありますが、仕事と割り切って勤務している人も多く存在しています。
このようなタイプの人に不用意な事を話してしまう事で一大事に発展してしまう
なんて事も十分に考えられます。

職場内においては、その辺りの見極めもしっかりして頂き、軽はずみな
発言や不用意な発言をしないように十分お気を付け下さいませ。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

862a0ab9cf59350b1d5c5b7b129d686c

医師の転職・相談・求人『結果的に成功する方法』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

以前、私共の方でご案内させて頂いた先生でつい半年ほど前に開業された先生が
いらっしゃいます。有難い事にその後の状況報告という事でご丁寧にご連絡を
頂戴した訳です。そのついでに医師の求人についてもご依頼を頂く事になりました。
そこで、その背景をお伺いさせて頂きました所、患者数が急増しており、
院長先生お一人では手に負えない状況になってきたという事で医師を増員したい
という理由で求人を行う運びになったようでした。

そこで先生に対して、これだけ急成長されている理由について、
何か綿密な戦略でもあるのだろうと思い状況についてお伺いさせて頂きましたところ、
意外な回答が返ってきたのです。その回答としては「特に戦略など無い」という
回答だったのです。来院される患者一人一人に対して丁寧に対応する事で
再来して頂く事に繋がり、更には知人に対しての紹介につながるのだ、
という事を仰っておりました。

つまり何か特別な事をする訳では無く、目の前の事に対して全力で取り組む、
患者に対して良い医療を提供する、良い仕事をする事が結果的に良い結果を生む
という事でした。

今の世の中、お金稼ぎに目がくらんでしまう事も多いかと思います。
そのためであれば汚い事をする政治家や大企業の幹部も沢山います。
お金は沢山あるに越した事は無いと思っておりますが、良い仕事を沢山して
良いお金を稼ぎたい、改めてそんな事を考えさせられる出来事でした。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

PAK75_karutemitenayamu20141025131412_TP_V

医師の転職・相談・求人『複数の紹介会社を同時に利用する事の弊害』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

転職活動を行う際に弊社のような紹介会社に依頼して活動する事を検討されている
先生方も多数、存在している事と思います。また利用する紹介会社の数は1社ではなく
複数の会社にお願いしてみようと考えている場合も多いのではないかと思います。

確かに複数の紹介会社にお願いする事で、より多くの情報収集が可能になったり、
相性の良いコンサルタントを見つけ出す事が出来る可能性も高まると思います。
しかし一方で複数の紹介会社にお願いしたがために起きてしまう弊害も有り得ます。
それが情報の錯綜という事になります。

先日、実際に起きた事例をご紹介させて頂きます。
弊社にお問い合わせ頂きましたN先生の件ですが先生からご希望をお伺いさせて頂き、
それに見合うような求人をお探ししてみたいと思いターゲットとなる医療機関に対し
コンタクトを取り情報収集を行う事にしました。

そんな中、ある医療機関の事務長とやり取りをしていた時です。
その事務長から「この先生は既に他の複数の紹介会社からも打診が来てます。」
というようなお話を聞きました。つまり他の紹介会社も私共と同じように
各医療機関に対して打診を行っていた事が判明したのです。

ここで注意が必要なのが、その医療機関に対して各紹介会社から伝わる話の内容に
齟齬があったりする事があるようなのです。医療機関の立場からすると、
どの会社が持っている情報が正しいのか分からなくなってしまうようです。
その時点で情報が錯綜してしまっています。

また医療機関の担当者からすれば忙しい時間の合間を見つけて紹介会社の対応を
して頂いているにも関わらず同じ先生の件で何度も相談を受けるというのは、
それだけでも印象を悪くしてしまう恐れもあるのです。

このような状況に陥っていまう可能性も十分に考えられますので、
複数の紹介会社をご利用される際には、利用する紹介会社に対しての
グリップをしっかりと握って頂き、管理する必要があると思います。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_S1C0432_sss

医師の転職・相談・求人『ご入職頂いた後のフォローについて』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

私共のような紹介会社がご提供するサービス内容としましては、
主には新たな職場へ転職するまでのサポートという事になりますが、
ご入職頂いた後のフォローを行う事も重要な作業の一つであると考えております。
実際に先生方から頂くお話の中にも入職後のサポートに関しても
可能な限り対応して頂きたいというご要望を頂く事も少なくありません。

先日ご案内させて頂いたS先生から以下のような話を聞いた事があります。
今の職場へは某紹介からの紹介で入職したようです。当初は入職後には
慢性期の病棟に配属になる予定でしたが、いざ入職してみたところ、
急性期の病棟に配属になったようなのです。そこで話が違う事を紹介会社に
相談した時に信じられない事を言われたようなんです。
「入職後の件に関しては私共の方では一切立ち入る事が出来ないんです、、、。」
というような事でした。

S先生にとりましては、そもそも転職する際の重要なポイントとして
慢性期の病棟で勤務したいという意向をお持ちだったようなんです。
そのため、それが叶う病院を探して欲しいという事を紹介会社に伝え
その上で出て来た病院に入職したつもりだったのです。
つまり本来であれば今回の件は入職後の話ではなく、入職する前から
しっかりと詰めておく必要のあった話であったという事になるのです。

こういった出来事がありS先生としては誰も頼る事が出来なくなり、
現在の病院を辞めて転職する事を前提に私共の方にご相談頂いたというような
経緯がありました。

このような事があったためS先生は紹介会社に対して疑いの目で見ていました。
もちろん私共に対してもそうでした。それも当然だと思います。
そこで、まずはそのような疑念を晴らす事からスタートし少しずつ先生との
信頼関係を築いていく事にしました。そして無事に新たな職場にご入職頂き、
現在でも引き続きご勤務して頂いております。

こういった対応をする紹介会社が存在していると、全ての紹介会社が同じような目で
見られてしまう事になります。本当に残念な話です。逆にこんな事にならないよう
私共としましては最善の対応をさせて頂きたいと考えております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

IMG_5731

医師の転職・相談・求人『闇雲に求人を紹介する紹介会社』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

先日、私共の方でご案内しておりましたB先生の件ですが、
B先生は私共以外に別の紹介会社にもご相談をしておりまして、
そちらの会社からも既にいくつかの求人の提案を受けていたようでした。

にも関わらずB先生が私共の方にご相談頂いたきっかけは何かと言いますと、
それは先に相談していた紹介会社から提案される求人の内容が先生が希望している
求人案件と比べて全く的外れの内容のものが多く不安を感じてしまい、
選択肢を増やしたいという事で私共の方にご相談頂いたという経緯でした。

そんな中、私共と面談を実施して頂く事になり、とある喫茶店で話をしていました。
その際ですがちょうど先に相談していた別の紹介会社からメールが届きました。
新たな求人を紹介する趣旨のメールだったようです。
早速その内容をお教え頂きましたところ先生が不安を感じてしまう理由が
リアルに分かりました。

B先生は常勤としての転職を希望しているにも関わらず、非常勤の求人を紹介したり
中にはB先生は内科の先生にも関わらず整形や外科の案件が混ざっていたりと、
全く的外れな案件が複数、紛れ込んでいたのです。

これには流石のB先生も驚いていました。
正直なところ同じ紹介会社として私共も恥ずかしい思いをしてしまいました。

現実として、このような提案をしてくる紹介会社が存在しているのです。
たまたまB先生を担当していた会社もしくはコンサルタントが異例だったのか
そこは定かではありませんが、中にはこのような対応をしてくる事もありますから、
先生方におかれましても、ご利用される紹介会社の選定に関しましては
慎重に取り組んで頂きたいと考えております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_MG_3448

医師の転職・相談・求人『事前の情報共有の重要性』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

先生方の転職活動を行う際に非常に重要なポイントの一つが先生方と私共の間での
情報共有という事になります。私共は先生方からお伺いした情報を元に
医療機関等に対して情報を提供したり交渉を行うようにしております。
万が一、その情報にズレが生じてしまうような事がありますと、医療機関からの
信頼が一気に失墜してしまう事に繋がってしまいます。

先日こんな事がありました。
ご案内させて頂いていたS先生の件ですが、私共がS先生よりお伺いしていた
そもそもの転職理由ですが「今の病院では経験できない症例を扱ってみたい」
というような、いわゆるスキルアップ的な事が第一の理由であると
お伺いしておりました。そのため事前に医療機関とやり取りをさせて頂く段階では、
転職理由として上記のような事をお話しておりました。

そして某医療機関との面接の日を迎えました。
私共と医療機関は先生がスキルをアップしたいために転職したいと認識しています。
にも関わらず実際の面接の場でお話しした内容はスキルアップではなく、
前職場への不満がきっかけでの転職である、という事をお話しされたのです。

それ自体が決して悪い事では無いと思いますが、この手の内容に関しては
その中身が非常に重要です。あまりにも相手方を批判しすぎるような内容だと
流石に悪い印象を与えてしまう事もありますので話す際には注意が必要です。

今回の場合、私が心配していた事が的中してしまい先生が現職場の事を、
一方的に批判するような発言を連発してしまったのです。それだけでも印象は
よろしくないのですが、更に当初お伝えしていた転職理由とは違っていた事もあり
医療機関側からの評価が大幅に下がってしまう結果になりました。
結果的には、それが足を引っ張る事になり不採用という事になりました。

明らかに事前の情報共有が出来ていなかった事が招いた事例となります。
このような事は事前の対応で全てクリア出来る問題だと考えております。
転職活動をよりスムーズに進めるためにも「事前の情報共有」この点については
しっかりと行う事をお薦め致します。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

OZP73_komattasensei20140321_TP_V

医師の転職・相談・求人『求人は熱いうちに打て』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

先生方に対してのご案内としまして、一番大事な作業の一つに先生方のご要望に
見合った情報(求人)をご提案させて頂く作業がございます。
私共の方で医療機関や企業などに対してコンタクトを取り、ご案内中の先生方の
ご希望に見合う案件をお探しする作業です。

私共の方では良い案件を見つけた際には直ぐに先生方にご紹介させて頂くように
心掛けています。その理由は様々な事が存在しておりますが、
中でも「求人は生ものである」という事が挙げられるためです。

求人の内容は人材採用の状況が変わる事で内容も大きく変わる事があります。
時には早々に人材の採用を行う事が出来て、求人自体が充足してしまうような
事も考えられるのです。

先日、こんな事がありました。
私共の方でご案内させて頂きましたO先生の件でございますが、
ある医療機関の案件をご紹介させて頂きましたところ、大変興味をお持ちになり
前向きに検討したい、という事でお返事を頂きました。
しかしその後しばらくは具体的に応募したい、などの返事を頂く事は無く、
約1ヵ月程の空白の時間が出来てしまったのです。

すると1ヵ月以上が経過したある日、忘れかけた頃に先生から連絡があり、
当時ご案内させて頂いたT病院やS病院に正式に応募したいという事で
ご連絡を頂きました。そこで改めてT病院、S病院にコンタクトを取りまして
引き続き医師の募集を行っているのかどうか確認してみましたところ、
なんとT病院は、その間に新たな医師を採用する事になったようで、
求人は一旦充足、S病院に関しては引き続き募集を行っていたものの、
別の候補の先生が出て来たようで、その先生で決まってしまえば充足、
という状況になっていたのです。完全に出負けした印象でした。

「鉄は熱いうちに打て」ではありませんが、求人に関しましても、
まだまだ熱いうちに鮮度が高いうちに手を付けてしまう事をお薦めします。
後で後悔しないようにするためにも早め、早めの対応が重要だと思います。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_MG_3149

医師の転職・相談・求人『面接に同席させて頂く理由』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

私共の方では先生方が医療機関や企業との面接を実施する際に、
余程の理由が無い限り、その場に同席させて頂くようにしております。
その理由はと言いますと、まずは面接に参加した際にどんな印象だったのか
先生方からの反応を確認したり、逆に採用する側の意向を確認しつつ、
上手くマッチングさせるためには何をしたら良いのかを考えたりするためです。
また面接時の内容を確認させて頂く事で、その後の対応を進めていく際の
参考にさせて頂いたり、今までにやり取りしてきた内容がしっかりと
守られているのかの確認などを行うためになります。

先日、私共の方で対応させて頂きましたM先生の件ですが、
ある病院と面接を実施する事になったのですが、先生ご自身からのご要望で
面接時の同席を行わない事がありました。それでも面接は無事に終了しまして
何ら問題なく病院からもオファーを頂く事が出来ました。
そして、こちらの病院にご入職する運びになったのです。

しかし、ご入職されてから約2ヵ月程が経過した時にM先生からご連絡があり、
「実は面接の際に聞いていた給与額と実際に支給されている給与額には
大幅な差があり、残念ながら納得する事が出来ていない。」というような
ご相談を頂きました。私共としては当然の如く事実確認をしたいと思い、
当該病院に確認してみたところ、確かにM先生の現状に関しましては
先生から聞いた通りの内容になっていたのでした。

そこで早速、病院側にコンタクトを取り説明をして頂こうと思いましたが、
自分自身が面接に同席しておらず、面接の際にどのような内容でやり取りが
行われたのか一切分からなかったため確認や交渉のしようが無かったのです。
そのお話をM先生にお話したところ、先生ご自身が同席する事を拒んだ事に
対して大変悔やんでいらっしゃいました。同席して頂いていれば、
このような事にはなっていなかったかもしれない、、、。という事です。
※結果的には諸々の状況を確認し状況を改善する事が出来ました。
その結果、M先生も引き続き同じ病院にてご勤務されております。

私共は先生方のアシスタントとして活動しております。
面接に同席させて頂く事で先生方に対して不利益になるような事は
ありませんので、その点に関しては十分にご理解頂ければ幸いです。
中には同席される事に不安を感じていらっしゃる先生方いらっしゃるかと
思いますが、その点については是非、ご安心下さいませ。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

tayou85_officedash20140823100308_TP_V

医師の転職・相談・求人『転職活動とスピード感』

いつも当ブログをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
リノゲート㈱の野中です。

今回のテーマですが転職活動を行う際のスピード感について実際の事例を含め
ご説明させて頂きたいと思います。

過去に私共の方でご案内させて頂きました先生方の事を振り返った際に
「もう少しスピード感をもって対応していれば、もっと良い結論を導く事が
出来たかもしれない、、、。」と思うような事例が幾つかありました。
転職活動を行う際にもスピード感というのは、とても重要な要素になり得る
という事になるのです。

では具体的にどのような場面でスピード感が重要になってくるのか、
実例を交えて2つほど、お話をさせて頂きたいと思います。
以前ご案内させて頂いたH先生の事例になりますが、こちらの先生ですが、
私共の方から複数の求人をご紹介させて頂きました。その中で気になる物があれば
一度、見学を兼ねて面接を実施してみませんか?という事でお話をしていました。
しかしご紹介させて頂いてから、しばらくの間、先生からのお返事は一切なく、
1ヵ月程度の時間が過ぎてしまいました。私の方でも諦めかけていた時でしたが、
先生から突然の連絡があり、ご紹介させて頂いた求人の中から気になる案件を
2つほどチョイスして頂き、そこの見学・面接に参加してみたいという事で
ご連絡を頂いたのです。そこで改めて求人先に問い合わせしてみたところ、
なんと、この1ヵ月の間に別の先生から応募があり2件とも、その先生で
決まってしまった、という報告を受けました。こうなると、もう手が付けられない
状況になります。結果的にH先生は転職を諦め現職場に戻られました。
また機会があればチャレンジしたいという事でお伺いしましたので
次回のチャンスが来るのを祈るばかりです。

続いての事例はB先生の件になります。B先生は、とある病院の面接に参加して頂き
無事に内定を頂き、後は先生がそれを受け入れるか否かの判断を下すのみ、
という所まで進んでいました。先生としては初めての転職という事もあり、
かなり慎重に時間を掛けて検討しているような印象でした。
一方、内定を出した病院側の状況はどうだったのかと言いますと、
前任の先生が急遽お辞めになった事実があり1日でも早くご入職して頂きたいと
考えておりました。

そんな時、別の医師からの応募がありB先生に対しても、その事実をお伝えし
早めのお返事を頂きたいとお伝えしていましたが、いっこうにお返事を頂けず、
後から応募した医師で正式に入職が決定してしまったのです。
結局、その後にB先生からは入職したいとの申し出があったのですが、
採用枠は全て埋まってしまい結局、入職に至らなかったのです。

いずれのケースも、もう少しスピード感をもって対応していれば、
何ら問題なく決まっていたケースではないかと考えております。
上手く事を進める為には相手方の状況も理解しつつ、スピード感をもって
対応する事が大事ではないかと考えております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
転職に関するお問い合わせ・ご相談の際にお名前を出す事に
抵抗がある先生は以下をご利用下さい。

(ニックネームとメールアドレスのみでOKです!)
↓ ↓ ↓
匿名相談バナー

>>>リノゲートのホームページはこちら

>>>CRC(治験コーディネーター)の転職・求人ブログはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆